« 2010年7月22日 | トップページ | 2010年7月24日 »

2010年7月23日

2010年7月23日 (金)

金元死刑囚の来日、蓮池透氏「政治パフォーマンスだ」(23日)

北朝鮮による拉致被害者で帰国した蓮池薫さんの兄透さん(55)は23日、東京都内で講演し、政府が被害者家族との面会を目的に、大韓航空機爆破事件実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚を招いたことについて「貴重な情報があるなら警察が聴取すべきだ。政治パフォーマンス」と批判した。

 透氏は講演で「情報をほしい、何にでもすがりたいという家族の気持ちは否定しない」と話した。そのうえで、金元死刑囚が北朝鮮にいたのは1987年の爆破事件以前であることから「23年前の思い出話を聞いて感傷に浸っている場合ではない。(今回の)来日を拉致問題の戦略にどう位置づけるのか。政府にビジョンがあるのかと、疑問に思う」と述べた。

 また、世間の注目を集めたことについても「拉致問題があったと喚起しても仕方ない。どう解決したらいいか、国民が一緒に考えてくれなければ意味がない」。また、事件当時、金元死刑囚が日本の偽造旅券を使っていた疑いがある点を指摘し、「チャーター機、ベンツに乗せて軽井沢に連れて行き、ヘリコプターで遊覧させて何の意味があるのか」と批判した。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー運転手逮捕 東京・墨田区ひき逃げ(23日)

東京・墨田区で22日夜遅く、男性がひき逃げされて死亡した事件で、警視庁は、自動車運転過失致死などの疑いで埼玉・越谷市のタクシー運転手・藤本清隆容疑者(60)を逮捕した。

 警視庁によると、藤本容疑者は22日午後11時半過ぎ、墨田区菊川の路上でタクシーを運転中に男性をひいて、そのまま逃走した疑いが持たれている。男性は搬送先の病院で死亡した。

 藤本容疑者は、足立区のタクシー営業所で身柄を確保され、警視庁の調べに対し、容疑を認めているという。死亡した男性は道路上に寝ていたということで、警視庁は事故の原因を詳しく調べている。

Banner011 http://www.news24.jp/articles/2010/07/23/07163400.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)

パフォーマンスと言われる訳

【治安解説】
212

今回の金賢姫元工作員の訪日は「民主党のパフォーマンス」だったのか異論のあるところである。しかし、このニュースに注目したい。

ARF=ASEAN地域フォーラム出席のためベトナム・ハノイを訪問している北朝鮮の代表団の一人が、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員について「国と家族を裏切った」と初めて言及した。

 北朝鮮の代表団の一人は、ANNの取材に対して「(金賢姫元工作員は)国と家族を裏切った者だから話したくない」と述べたという。北朝鮮はこれまで、1987年に起きた大韓航空機爆破事件以来、一貫して「事件はでっち上げだ」と主張していて、また、金元工作員の存在についても認めていませんでした=テレビ朝日

 それが、今回の訪日で認めたのなら、その意味では、今回のミッションを「パフォーマンス」だけで片づけてしまうのには、ちと無理があるように思います。勿論、北朝鮮が国家として認めることはあり得ないが……

 確かに、自民党の言う「大韓航空機爆破事件の実行犯であり、VIP待遇で鳩山由紀夫前首相の別荘に泊めるとか、パフォーマンスとしか言いようがない。国際的に日本はテロをどう考えているのか、理解が得られない」とする指摘も当然である。

 「テロリストを国賓並に扱っている」と、欧米の一部マスコミは既に批判している。北朝鮮に金元工作員の暗殺計画が存在していた可能性があったとすれば、今回の日本のオペレーションは最低。敵に情報提供するかの様に、ヘリコプターに搭乗させたり、宿泊場所を公開するなどは金元工作員に対して失礼であり、警備・警護の面から絶対にやってはならないこと。それを堂々とやったことに「パフォーマンス」と言われてもしかたがない訳がある。国家公安委員長が「そんなこと言うなら情報を持っている人を呼べない」と開き直っていたが、欧米の治安機関は失笑するだろう。

 問題は、中井洽拉致問題担当大臣の「拉致被害者の田口八重子さんは6~7年前までピョンヤンで元気でいたという情報に接している」とした発言だ。

 韓国の北朝鮮拉致被害者家族の「拉北者家族会」代表、崔成龍氏は前日「田口八重子さんが現在、平壌の万景台区域にあるアパートで暮らしていると北朝鮮関係者から聞いた」ことを明らかにした。
 崔成龍代表は、情報源を明らかにすることで真実性を訴えている。ところが中井氏は情報源を明らかにしていない。無責任な話しである。もし、情報機関のしっかりした情報なら政府の「次の一手」に期待すべきであり、何れにせよ、今回のパフォーマンスを生かすか殺すかは今後の北朝鮮に対する政策手腕にかかっている。

首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (3) | トラックバック (0)

覚せい剤2・4キロ密輸容疑 ハローワーク職員ら逮捕(23日)

大阪府警薬物対策課と大阪税関関西空港税関支署は23日までに、覚せい剤約2・4キロを密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)の疑いで東京都小金井市桜町、ハローワーク立川非常勤職員大岩秀子容疑者(58)と東京都文京区湯島、無職大矢純子容疑者(33)の女2人を逮捕した。

 また、薬物対策課などは、同容疑で住所不詳、指定暴力団九州誠道会系組幹部遠藤誠容疑者(48)を指名手配した。

 薬物対策課によると、大岩容疑者が、遠藤容疑者に大矢容疑者を紹介したとみられる。同課は覚せい剤が暴力団の資金源になっていたとみて、背後関係を捜査する。

 逮捕と指名手配の容疑は、2日、マレーシアから香港経由の航空機で関西空港へ到着した大矢容疑者のスーツケースに、お茶の紙箱3箱に詰めた覚せい剤約2・4キロ(末端価格約2億1654万円相当)を隠し、国内に密輸した疑い。

 薬物対策課によると、大矢、大岩両容疑者は容疑を否認している。

47newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072301000702.html

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金賢姫元工作員が帰国の途に 金元工作員と横田さん夫妻との面会映像公開(23日)

飯塚 耕一郎さんとの料理風景や横田さん一家との面会場面が公開され、その中心にいた金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員が、23日午後、帰国の途に就いた。
飯塚さん親子と金賢姫元工作員との面会。
長野・軽井沢の別荘で、金元工作員と一緒に料理を作ったという飯塚 耕一郎さん。
飯塚 耕一郎さんは、「手料理はプルコギとキムチのチヂミと、ナスをチヂミみたいにしたものです」と話した。
23日午後、金賢姫元工作員と横田さん夫妻との軽井沢での面会の様子を撮影した映像が公開された。
音声は非公開で、どんな会話をしているのかわからないが、うち解けた様子が見て取れる。
横田 早紀江さんは、「(金元工作員から)めぐみちゃんは猫が好きで、たくさん猫を飼っていると。猫を拾ってきて小屋の中で、ミルクをあげていたことを思い出して、やっぱり相変わらずやっているんだなと懐かしい思いで聞かせていただきました」と話した。
日本滞在最終日の23日、宿泊しているホテルを午後3時前に出た金元工作員。
23日も厳重な警備態勢の中、羽田空港に向かった。
午後3時16分、金工作員を乗せた車が、羽田空港に到着した。
金工作員は、来た時と同様、パラソルに隠されながらチャーター機へ乗り込んだ。
その目には、大きなサングラスがかけられていた。
4日間の日本滞在。
拉致問題で新たな情報は出なかった一方で、ヘリコプターでの40分の「遊覧飛行」には批判の声も上がっている。
この問題について23日、中井拉致問題担当相は、「調布から都内までどれだけ込んでいるかご存じでしょう。5分だけ飛ぶというのも、その機会にちょっと東京上空を見せようと。これなんか、非難されることとは思わないな」と述べた。
さまざまな波紋を広げながらも拉致被害者家族と交流を図った3泊4日の旅。
その日程を終え、金元工作員は午後3時半ごろ、帰国の途に就いた。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

Logo4_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーを乗り逃げされ、川に沈められる(23日)

23日午前9時50分頃、茨城県かすみがうら市牛渡の集落センター敷地で、土浦署の男性巡査部長(34)が行方市の男(55)を職務質問中、男にパトカーを乗り逃げされた。

 約30分後、パトカーは現場から約4キロ離れた川に半分沈められた状態で見つかり、同署は、付近に潜んでいた男を窃盗容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、付近住民から「道を尋ねてきた男の様子がおかしい」と同署に通報があり、巡査部長がパトカーで駆けつけた。

 巡査部長は、男をパトカーの後部座席に座らせて職務質問していたが、車外に出て同署と連絡を取っている間に、内側からカギをかけられたという。

 同署の平沢雄平副署長は「今後このようなことがないように、再発防止に努めたい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

750本の盗撮動画 新潟県警の巡査を懲戒免職(23日)

新潟地検は23日、女性のスカート内を盗撮したとして、新潟県迷惑行為防止条例違反の罪で新潟西署交通課の巡査、斎藤壮容疑者(27)を起訴した。県警は同日、懲戒免職処分にした。

 斎藤被告は6月1日夜、新潟市内の100円ショップで20代の女性の背後から携帯電話のカメラでスカートの中を撮影した疑いで、7月3日に逮捕された。

関連記事

記事本文の続き 県警によると「個人的に楽しむ目的だった。非常に恥ずかしいことをした」と供述。携帯電話にはスカート内を撮影した動画が約750件記録されていた。

 新潟県警の住友一仁警務部長は「信用を損なう行為であり、厳正に対処した。再発防止を図り、信頼回復に努めたい」との談話を出した。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「速やかに受けたい」聴取要請で小沢氏の元秘書、石川議員 検審批判も(23日)

 民主党の小沢一郎前幹事長の元私設秘書で衆院議員、石川知裕被告(37)=政治資金規正法違反罪で起訴=は23日午前、東京地検特捜部からの再度の事情聴取要請について「速やかに受けたい。弁護団と相談して対応する」と積極的に応じる姿勢を示した。陳情先の農林水産省で記者団に答えた。

 石川被告は、東京第1検察審査会が指摘した水谷建設(三重県桑名市)からの「裏献金」疑惑については「とんでもない」とあらためて否定。「検察審査会は裁判所ではない。在り方をもう一度考える時期が来る」と検察審査会に対する批判も口にした。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100723/crm1007231212011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻?殴られ死亡、傷害容疑で男を逮捕 (23日)

22日正午頃、東京・あきる野市で、40歳の男が妻とみられる女性を木の棒のようなもので殴り死亡させたとして、警視庁に逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、あきる野市小中野の自営業・岩本靖容疑者(40)です。警視庁によりますと、岩本容疑者は22日正午頃、自宅で妻とみられる40歳くらいの女性と口論となり、女性の全身を木の棒のようなもので殴るなどの暴行を加えた疑いが持たれています。

 岩本容疑者が犯行後、「妻がぐったりしている」と通報し、女性は病院に搬送されましたが、およそ5時間後に死亡が確認されました。

 取り調べに対し、岩本容疑者は「些細な事で口論となった」と供述していて、警視庁は、女性の身元の確認を急ぐと共に、容疑を傷害致死に切り替え調べる方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4483978.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪のコンビニ店員強盗殺人未遂、犯人の画像公開(23日)

325304_c1851

捜査1課によると、男は20代で身長約165センチ。肩まで伸びた長髪で、黒色の長袖Tシャツと黒色ジーパンを着用。白のマスクをつけていた。この事件で店員は首に10日のけが。

 情報提供は天王寺署刑事課強行犯係((電)06・6773・1234)へ。

店員切りつけコンビニ強盗 大阪・天王寺区

関連記事

記事本文の続き 天王寺署の調べでは、男は20歳くらいで身長約170センチ。マスクで顔を隠し、黒っぽい服を着ていたという。当時、店内に客はいなかった。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新潟、山形県警が合同捜査 切断死体遺棄事件(23日)

新潟県村上市で5月、山形県酒田市の無職、土田学さん=当時(31)=の切断遺体が見つかった事件で、新潟、山形両県警は23日、殺人・死体損壊遺棄事件として、合同捜査本部を村上署に設置した。

 死体損壊・遺棄の疑いで逮捕された兄のアルバイト店員、崇容疑者(32)は「同居する弟を自宅で殺害した」との趣旨の供述をしており、捜査本部は殺人についても裏付けを進める。

関連記事

記事本文の続き 捜査本部は崇容疑者の供述から、学さんの頭部と両手首が新潟県新発田市藤塚浜の落堀川河口付近に遺棄された可能性が高いと判断。19日から川底や周辺を捜索している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新横浜→新神戸…新幹線使う覚せい剤運び屋(23日)

 JR新神戸駅(神戸市中央区)前で覚せい剤約1・5キロ(末端価格約1億3500万円)を密売目的で隠し持ったとして、兵庫県警が、山口組系暴力団組員福島拓人(40)(大阪市)、ナイジェリア国籍の自動車解体業オジャカ・グレンゴリー・オゴジョンヌ(40)(神奈川県相模原市)両容疑者ら6人を覚せい剤取締法違反(営利目的共同所持)容疑で現行犯逮捕した。

 捜査関係者によると、6人は共謀し、5日午後9時半頃、新神戸駅南側ロータリーに停車中の車内で覚せい剤を共同所持した疑い。

 ナイジェリア人ら3人がJR新横浜駅から新幹線で覚せい剤を運び、新神戸駅前で車に乗ってきた福島容疑者らと取引しようとしたとみられる。捜査していた県警が現場近くで張り込んでいた。車内から2000万円も押収したという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察白書:外国人組織が暗躍 「治安の脅威に」 10年版(23日)

警察庁は23日、10年版警察白書を閣議に報告した。特集「犯罪のグローバル化と警察の取り組み」を組み、世界的規模の犯罪組織が近年、日本で暗躍する実態を解説した。国境を超えた人、カネ、情報の行き来が活発になるなか、外国人犯罪に質的な変化が起きていると指摘。「治安への脅威になっている」と強調している。【鮎川耕史】

 従来の外国人犯罪は、短期滞在の在留資格で来日し、犯行後すぐに海外に逃走する「ヒット・アンド・アウエー」型が典型だった。

 最近は、世界規模で活動する組織が日本を標的にするケースや、多国籍のメンバーで組織を構成しているケースが目立ち、「犯罪のグローバル化」と呼ばれている。

 象徴的な事件として白書は、モンテネグロ人らの組織「ピンクパンサー」が東京・銀座の貴金属店で店員に催涙スプレーを吹きかけ、2億8000万円相当のティアラ(王冠形の髪飾り)を奪った事件(07年)▽ナイジェリア人を中心とするグループが、偽造クレジットカードで家電量販店からだまし取った電化製品を古物商で換金していた事件(06~09年)▽パキスタン人、カメルーン人、スリランカ人、日本人で構成するグループが、自動車や建設用重機を狙って約500件の窃盗を繰り返し、「ヤード」と呼ばれる作業場で解体したうえ、海外へ輸出していた事件(02~08年)--などを挙げている。

 覚せい剤の密売、偽ブランド品の密輸、インターネット上の不正アクセス、マネーロンダリングでもグローバル化は進み、日本の暴力団とのつながりが判明した事件もある。

 警察庁は今年、犯罪のグローバル化に対する戦略プランを策定し、情報の収集・分析を担当する「犯罪のグローバル化対策室」を発足させた。国際刑事警察機構(ICPO)や外交ルートを通じた外国治安当局との情報交換や捜査協力も強化。国外に逃亡した容疑者の特定や所在の確認、犯罪人引き渡し条約に基づく引き渡しなどでも連携を深めている。

 白書は「(犯罪のグローバル化は)わが国の治安に地殻変動を引き起こす要因となりかねない。今後、組織をあげて的確に取り組むことが求められる」としている。

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100723k0000e040042000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強姦:女性会社員に性的暴行 容疑の中3逮捕 北九州(23日)

福岡県警折尾署は23日、女性会社員(22)に性的暴行をしたとして、北九州市立中学3年の男子生徒(14)を強姦(ごうかん)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 容疑は、16日午後10時10分ごろ、同市内で帰宅途中の女性の後ろから手で口をふさいで「声を出したら殺すぞ」などと脅迫。首を絞めるなどして近くの公園に連れ込み性的暴行をしたとしている。

 当時、少年は私服で、凶器などは持っていなかった。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100723k0000e040045000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

性犯罪被害者:愛知・一宮に支援拠点 全国初、官民一体で(23日)

性犯罪被害者が治療や捜査の過程で受ける精神的負担を軽くしようと、愛知県警は民間の被害者支援団体と連携し、被害の申告や治療、相談などに1カ所で対応する拠点「ハートフルステーション・あいち」を26日、同県一宮市の大雄会第一病院内に設ける。警察庁のモデル事業。官民一体で性犯罪被害者を支える取り組みは全国初という。

 県警住民サービス課によると、性犯罪被害者はこれまで、事情聴取や治療のために警察と病院を行き来し、被害について何度も説明を求められるなどの負担を強いられてきた。このため被害の申告をためらう被害者も少なくないとされ、警察の被害把握が遅れ、証拠採取の時期を逃したり事情聴取が遅れたりすることもあった。

 拠点には社団法人「被害者サポートセンターあいち」の女性支援員と女性警察官の計2人が常駐する。電話や面談で被害者から相談を受け、警察や支援団体、病院で情報を共有。必要に応じて臨床心理士や弁護士など専門家への連絡や付き添いもする。業務時間は日曜、祝日と年末年始を除く午前9時~午後8時。連絡先は電話0570・064・810で、時間外は県警本部に転送され、担当者が応対する。愛知県警によると、09年に認知した県内の強姦(ごうかん)被害は80件、強制わいせつ被害は389件だが、氷山の一角との指摘もある。同課は「被害者の負担軽減はもちろん、犯人の早期逮捕も期待できる」と話す。【中村かさね】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100723k0000m040172000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸山会事件:石川議員に聴取要請 「不起訴不当」議決受け(23日)

小沢一郎・民主党前幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は22日、事件で起訴された元秘書の衆院議員、石川知裕被告(37)と元公設第1秘書、大久保隆規被告(49)に任意の事情聴取を要請した。小沢氏を「不起訴不当」と議決した東京第1検察審査会が再捜査を求めたため、中堅ゼネコン「水谷建設」側からの資金提供の有無などについて改めて事情を聴くとみられる。

 石川議員と大久保元秘書は資金受領を否定しており、大久保元秘書側は聴取要請には応じないとみられる。再捜査で新たな証拠が得られる可能性は低く、小沢氏は再び不起訴となる見通し。

 これまでの調べに対し、水谷建設元幹部は04年10月に石川議員に5000万円、05年4月に大久保元秘書に5000万円を渡したと説明したとされる。審査会は元幹部の供述を「信ぴょう性はかなり高い」と判断。「小沢氏と元秘書が政治資金収支報告書の虚偽記載の動機を共有していることの裏付けになる」と再捜査を求めた。

 第1審査会は、一連の事件のうち07年分の政治資金収支報告書の虚偽記載容疑の審査を担当。04、05年分を審査している第5審査会は4月に小沢氏を「起訴相当」と議決した。第5審査会が第2段階の審査で再び起訴すべきだと判断した場合、小沢氏は強制的に起訴される。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100723k0000m040157000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(23日)

振り込め詐欺で「だまされたふり」作戦 1日で2件成功 埼玉県警

Head_logo1

 県警の“だまされたふり作戦”に協力したのは、川口市の女性(53)とふじみ野市の女性(78)。ともに20日昼、被害者のおいを装った男から自宅に電話がかかってきたが、親類に確認するなどして振り込め詐欺と気づき、警察に相談した。

関連記事

記事本文の続き その後、駆けつけた署員の指示に従いながら、数回にわたって男と電話でやりとり。最終的に男らは100~500万円の金を要求し、「宅配業者が取りに行く」と言ったため、署員が自宅周辺に張り込んでいたところ、宅配業者を名乗る男が現れたため、逮捕した。捜査2課では、2つの事件の関連を調べている。

 川口市の事件では、詐欺未遂の現行犯で、東京都足立区六月、無職、松浦一真容疑者(20)が逮捕され、さいたま地検に送検された。ふじみ野市の事件では、同容疑で葛飾区、無職少年(17)と同、無職少年(19)が逮捕され、同地検川越支部に送検された。19歳の少年は現場までの運転手役だった。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(23日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

金元死刑囚、田口さん横田さん以外は知らず 家族会会見(23日)

北朝鮮による拉致被害者の家族は22日午後、大韓航空機爆破事件実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚と東京都内で面会した。家族らは面会後、記者会見し、金元死刑囚について「田口八重子さんと横田めぐみさん以外については、具体的に知らなかった」と話した。

 金元死刑囚は拉致被害者家族会の6家族と、約90分にわたって都内のホテルで面会。金元死刑囚は、目を赤くしながら、家族の質問に丁寧に回答したという。

 金元死刑囚は「めぐみさんと会ったのは、マカオの女性から中国語を学んでいた1984年だった」と話したという。

 また、北朝鮮はもともと拉致被害者を工作員として使う計画だったが、「外国人は信用できない」と判断し、語学教師として使うことになったと語った。「日本人の夫婦が複数いて、男の工作員はその夫婦から日本語を学んでいると聞いたことがある」と話したという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘリ・警備…金元死刑囚来日、異例ずくめ 乏しい新情報(23日)

日本政府が用意した小型ジェット機で夜明けの羽田空港に降り立ち、前首相の軽井沢の別荘に滞在、ヘリで東京都心上空などを遊覧飛行――。大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚の来日は異例ずくめだ。巨額の費用と人員を投じながら、拉致問題解決につながる新情報は出ていない。それでも、被害者家族は金元死刑囚の言葉に胸を揺さぶられ、希望をつないだ。金元死刑囚は23日、韓国に帰国する。

 「ジェット機を爆破した北朝鮮の元スパイが日本で歓待される」「信じがたいスパイ・ストーリー」。英紙インディペンデントは東京電で、こう驚きを表した。金元死刑囚の日本での処遇を、韓国の大手紙朝鮮日報は「国賓級の歓迎」と伝えた。

 来日を主導した中井洽拉致問題担当相は「パフォーマンスなら(参院)選挙前にやっている」と反論する。一方で、政府関係者は「サッカーのワールドカップが終わり、来日のニュースが注目されやすいこの時期を選んだと聞いた」と打ち明ける。

 金元死刑囚の来日時期は、韓国政府との交渉で一時、5月と決まりかけたが、3月に韓国哨戒艦沈没事件が発生したため、延期されていた。

 韓国の情報関係者は、哨戒艦沈没事件との関係について「事件は北の仕業だ、とする韓国の立場を日本政府が早くから全面的に支持してくれたことで、訪日実現を後押しする機運が高まった」と話す。

 日本政府はすでに金元死刑囚から聴取しており、今回の来日で拉致問題の進展につながる新たな証言が得られる可能性は低いとの見方が強かった。だが拉致問題は、自公連立政権下の2008年8月の日朝実務者協議以降、交渉が止まっている。ある政府関係者は「来日は、拉致被害者家族会の政府への不満が高まるのを避けるため、家族会の要望を実現させ、世論へのアピールもねらったものなのではないか」と話している。金元死刑囚には日本政府から「謝礼」が支払われるという。

 

続きを読む "ヘリ・警備…金元死刑囚来日、異例ずくめ 乏しい新情報(23日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヤードで盗難車解体、9か国63人を逮捕(23日)

 トヨタのワゴン車「ハイエース」などを狙った外国人らによる窃盗事件で、兵庫県警は22日、主犯格でナイジェリア国籍の貿易商ウラシカ・セレスティーン・オークイ・ジョナサン被告(46)(起訴)ら、9か国の63人を逮捕し、捜査を終えたと発表した。

 自動車盗や車上狙いなど15府県で1068件、総額約17億1540万円の被害を確認したという。

 発表によると、和歌山、大阪、愛知、岡山、滋賀、山口各府県警と共同で捜査し、日本人24人、ナイジェリア人16人、ブラジル人14人などを逮捕。五つの実行グループに分かれ、2002年9月~09年7月、ハイエース470台など計839台を盗んだなどとされる。

 盗品は兵庫、大阪両府県内の「ヤード」と呼ばれる自動車解体場24か所に持ち込んで部品に解体。ウラシカ被告らは、実行犯からハイエース1台を20万円で買い取って部品をナイジェリアに輸出し、現地で再び組み立て、1台100万円で転売していたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏、4回目の聴取へ 東京地検特捜部(23日)

民主党の小沢一郎前幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は、東京第1検察審査会が「不起訴不当」と議決した小沢氏に対し、改めて聴取する方針を固めたことが22日、関係者への取材で分かった。小沢氏が聴取に応じれば4回目。

 また特捜部は同日、元私設秘書で陸山会の会計事務担当だった石川知裕被告(37)=同法違反罪で起訴=と元公設第1秘書で元会計責任者の大久保隆規被告(49)=同=に再聴取を要請した。

 小沢氏らへの再聴取は第1検審の議決を受けての再捜査の一環。第1検審は今月15日、平成19年分の政治資金収支報告書への虚偽記載容疑に関し、「不起訴不当」の議決を公表した。議決で「秘書が独断でなしうるとは考えられない」と指摘、「小沢氏に対する取り調べはわずか3回で、追及不足という印象を免れない」などとして、検察側に小沢氏らを改めて聴取するよう再捜査を求めていた。

 検察内部ではこれまでの聴取で捜査が尽くされたとの意見もあったが、検審の指摘を重視すべきとの意見が大勢を占め、再聴取の方針が固まったとみられる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100723/trl1007230200000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山教組教員、機関紙使い“選挙運動” 参院選「輿石氏必勝」数百人に配布(23日)

民主党の輿石東参院議員(74)が3選した参院選山梨選挙区で、輿石氏の支持母体である山梨県教職員組合(山教組)が公示直前、教員に指示し、「輿石氏の必勝」と記載した機関紙を山教組OB数百人に配布していたことが22日、分かった。中には教員が学校の封筒と便箋(びんせん)を使って配布したケースもあった。専門家は「教員による違法な選挙運動にあたる」と指摘。6年前に教員からの違法な選挙資金集めが事件化した山教組の組織的選挙活動の一端が、また明らかになった。

 この機関紙は、山教組が発行する「山梨教育」。5月15日に開催された山教組の定期大会の内容をまとめたものだが、「組織運動の展開」という項目で、参院選で「輿石東議員の必勝に向けてとりくむことが確認されました」「参院選での勝利なくしては、安定した政権運営は困難になる」などと記載されていた。

 関係者によると、山教組本部は参院選公示直前の6月上旬、この機関紙を各支部ごとに県内全域の山教組OB数百人に配布するよう指示。支部からの指示を受けた各学校では、教員らが分担して、OBの自宅に配布したという。

 産経新聞が入手した資料によると、甲府市内の市立小学校に勤務する30代の女性教員は、学校の封筒と便箋を使って配布していた。

 政治的中立が求められる教職員の選挙運動は各種法令で厳しく制限されており、教員の地位を利用した勧誘、特定政党や候補者を支持するために書かれた文書などの配布は公職選挙法、国家公務員法、人事院規則で禁じられている。

 この機関紙は「特定政党や候補者を支持する文書」にあたる可能性があるが、県教委は「教員が政治的内容が含まれた機関紙を外部に配布するのは好ましくない」としながらも、「直接的な投票依頼ではない」として問題視しないという。

 山教組は「数年前から定期的に配布するよう指示しており、活動を伝えるもので、法令違反には当たらない」としている。

 教育評論家の石井昌浩氏の話 「直接的ではないが機関紙を通じ言外に輿石氏への投票を訴えているわけだから、教育の政治的中立性を犯す巧妙で不当な選挙運動だ」

 教育関係法令に詳しい狭山ケ丘高校(埼玉県)の小川義男校長の話 「指示に基づく組織的な行動で悪質。各種法令で禁じた教員の選挙運動にあたる」と話している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100723/crm1007230131001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー警戒の警官4人重軽傷 宮崎、傷害容疑で男逮捕(23日)

宮崎県警都城署は22日、ストーカー行為を警戒していた捜査車両に乗用車を衝突させ、警察官4人に重軽傷を負わせたとして、傷害容疑で同県えびの市原田、会社員松元重男容疑者(51)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は午後4時半ごろ、同県三股町の町道で都城署の捜査員4人が乗り、止まっていた捜査車両に車を衝突させ、4人にけがを負わせた疑い。

 男性巡査長(28)が鎖骨を折る重傷、男性警部補(34)ら3人が胸部打撲などの軽傷。松元容疑者も肋骨を折り、入院したという。

 同署によると、今月中旬、松元容疑者からストーカー被害に遭っていると女性から相談があり、捜査員が関係先を警戒中だった。同容疑者は正面から衝突したという。動機などを詳しく調べる。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072201000939.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月22日 | トップページ | 2010年7月24日 »