« 2010年7月7日 | トップページ | 2010年7月9日 »

2010年7月8日

2010年7月 8日 (木)

POLICEチャンネルに広告掲載

●日本警察の不祥事を組織の裏側から描いたノンフィクション POLICEチャンネルに広告http://www.police-ch.jp/

Nipponkeisatsu_banner1

 テレビ朝日系のドラマスペシャルでドラマ化が決定した「落としの金七事件簿」著者の最新作!警察組織幹部の信じられない振る舞いと、それらを覆い隠そうとする仲間意識、そして政治家の思惑が日本警察をピンチに立たせます。

<主な内容>
第1章 新潟県警不祥事
第2章 国家公安委員会の危機
第3章 桶川ストーカー殺人事件
第4章 神奈川県警の連続不祥事
第5章 警察刷新会議
第6章 不祥事の構造と改革
番外編 警察官秘話(警察官と拳銃、生活安全相談)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

賭博関与力士らの口座も捜査 金の流れ解明めざす(8日)

大相撲の野球賭博事件で、警視庁が、賭博に関与した力士や賭博の仲介者らの銀行口座を捜査していることが関係者への取材でわかった。同庁は、それぞれの口座の出入金状況を調べて、野球賭博の裏付けを進めるとともに、金の流れの面から仲介者と胴元側との関係解明も目指す。

 力士らは、阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士(34)と現役幕下力士(34)や、トレーナーの男性(42)らを仲介役に、野球賭博をしていたとされる。関係者によると、力士らは仲介者を通じて胴元側から携帯メールで、プロ野球の試合開始約2時間前に賭けのハンディを伝えられ、勝敗の予想を仲介者にメールで連絡して賭けていたという。賭け金は仲介者に後払いし、毎週月曜日に精算することが多かった。賭け金は1回1万円からだったが、1回数十万円を賭けるケースもあったという。

 賭け金などは力士らと仲介役との間で手渡しすることが多かったとされるが、口座に振り込むこともあったという。

 組織犯罪対策3課は7日の相撲部屋などに対する家宅捜索で、賭博に関するメールのやりとりに使われたとされる携帯電話のほか、力士らの預金通帳も押収した。また、パソコンや賭博に関係する事柄が書かれたメモ類なども押収したとみられる。

 同課は、力士らの口座の金の動きを分析し、直接の賭け金や勝ち金の振り込みがないか確認する。また、賭け金として使うための現金などの引き出しや、受け取った勝ち金の入金の可能性がある出入金を調べ、事情聴取の内容や携帯電話の通信記録と照合して賭博の裏付けを進める。

 さらに、仲介役の口座については、胴元側との資金の移動がなかったか分析を急ぐ。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サムターン被害→自分にもできる→練習し空き巣(8日)

 郵便受けから棒を差し込んで、玄関ドアのカギを開ける「サムターン回し」という手口で空き巣を繰り返したとして大阪府警は8日、大阪市中央区、無職李芳宏容疑者(34)を窃盗容疑などで送検したと発表した。

 李容疑者は4年前、マンション自室で、同じ手口で被害に遭いそうになった経験から「自分にもできる」と考え、3か月にわたり練習。逮捕時は15秒で鍵を開けられるようになっていたという。

 発表によると、昨年12月、大阪市福島区のマンションに侵入、出てきたところを警戒中の捜査員に現行犯逮捕された。府警は大阪、兵庫両府県内で300件(被害総額約3400万円)の犯行を裏付け、大阪地検はうち8件を起訴した。

 李容疑者は自室でサムターン回しの練習を重ねたといい、同じ賃貸マンション会社のドア構造が似ている物件ばかりを狙っていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

郵便局強盗:中日新聞販売員を逮捕 長野県警(8日)

長野県警大町署は8日、同県大町市の郵便局に押し入り現金を奪ったとして、同市大町、中日新聞大町専売所社員、本村茂樹容疑者(40)を強盗容疑で緊急逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後1時40分ごろ、同市常盤の「一本木郵便局」で、局員に包丁のような物を突きつけて脅し、現金約40万円を奪ったとしている。当時は男性局長(50)と30代の局員2人がいたが、けがは無かった。

 県警捜査1課によると、逃走しようとした同容疑者の軽乗用車に、局長がカラーボールを命中させ、県警が付近で車を発見。車を普段使っている同容疑者が聞き込みなどで浮上し、事情を聴いたところ容疑を認めた。同市内では5月に現金計約58万円が奪われた強盗事件2件があり、関連を調べている。【小田中大】

 勝美浩・中日新聞販売局次長の話 当社と取引関係にある販売店の従業員が起こした不祥事で、大変遺憾に思います。二度とこのようなことが起きないよう店主を通じて厳しく指導します。

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100709k0000m040065000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金賢姫元死刑囚、20日来日で調整 (8日)

 「横田めぐみさんと会った」と証言しているキム・ヒョンヒ元死刑囚が、今月20日から23日頃まで来日し、横田滋さんらと面会する方向で、日韓両政府が最終調整していることがわかりました。

 キム元死刑囚は去年、「北朝鮮でめぐみさんと会い、いろいろな話をした。ご両親に会って直接お話ししたい」と証言しています。

 公訴時効が成立していない大韓航空機事件で、偽のパスポートを使った容疑についても、既に警察庁が韓国に出向いて事情聴取を終えています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4472345.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル1

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)

自殺者を防ぐ政策をsign03

【治安解説】
1

 自民党が掲げている参院選マニフェストに自殺問題対策がある。「鬱病の早期発見対策の充実などで自殺者数を今後6年間で平成21年度比で30㌫減とする」という。

 今年上半期(1~6月)に全国で自殺した人数は1万5906人で、昨年同期比で1280人の減で、10ヶ月連続で減少しているという。

 このうち約7割に当たる1万1354人は男性で、月別にみると3月が最も多く、2932人。この時期は企業の決算期にあたり、詳しい分析はないが、正社員以外の派遣社員などの雇用契約が切れるなど経済問題に起因する自殺が増加したと見られる。

 昨年1年間の自殺者数は3万2845人だが、20歳代3470人、30歳代4794人で20、30歳代の自殺者が最悪を記録している。

 動機面では仕事に関係する項目が目立っており、やはり厳しい経済情勢の中で若者が追いつめられている状況が浮き彫りになった。

 かつて自民党・小渕総理と民主党の鳩山由紀夫代表の党首討論が行われ、鳩山氏が「嘘つきは警官の始まり」と治安を揶揄した。結果、数字治安は悪化した。間もなく参院選の投票日。各党の政策をしっかり目極め、嘘のない政治の実現を目指しましょう。

 7日午後0 時過ぎ、杉並区高円寺北のビルの2階に入っている不動産関連会社の玄関ドアに拳銃の弾が撃ち込まれた跡が3カ所見つかる事件が発生した。が、死傷者がないのと連続性がない。報道も静かなので体感治安には影響を与えないので「レベル1(グリーン)」とする。
 「日本列島振り込め詐欺」
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル1"

| コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏の07年分虚偽記載容疑、7月議決へ 検察審(8日)

小沢一郎・前民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、東京第一検察審査会は7日までに、2007年分の政治資金収支報告書をめぐる小沢氏の政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑を不起訴とした東京地検特捜部の処分について、担当検事を呼んで意見を聴いた。不起訴の理由などについて説明を求めた模様だ。審査は大詰めを迎え、7月中に1回目の議決を出すとみられる。

 小沢氏については、04、05年分の同容疑について別の市民で構成される東京第五検察審査会が先に審査し、4月末に「起訴相当」と議決。再捜査した特捜部が5月に再び不起訴としたため、2回目の審査中。次も起訴すべきだという「起訴議決」が出れば、小沢氏は強制的に起訴される。

 告発されたのは、陸山会が04年に約3億5千万円の宅地を購入した際に原資となった小沢氏からの借入金4億円を07年に返済した事実を記載せず、登記も05年にずらすなどした一連の容疑。

 04、05年分と07年分に分けて市民団体が告発したため特捜部もそれぞれ判断し、いずれも小沢氏を不起訴とした。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男からの脅迫電話で林間学校中止 長野市の小学校(8日)

 長野市の小学校に「野外学習の行事を中止しないと子供たちの命がどうなるか分からない」と脅迫電話があり、学校側は行事を中止しました。

 脅迫電話があったのは、長野市の松代小学校です。長野市教育委員会によると、5、6年生114人は7日の朝、2泊3日の予定で飯縄山登山などをする「高原学校」の行事に出発しました。その後、学校に男から立て続けに電話があり、「飯綱を中止させろ。早急に中止しないと子供たちの命がどうなるか分からない」などと脅迫したということです。電話は宿泊予定の施設にもあり、学校側は行事を途中で中止しました。警察は、威力業務妨害の疑いも視野に調べています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200708023.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元力士、聴取に「胴元は弘道会系組長」(8日)

大相撲の野球賭博事件で、力士と胴元との仲介役とされる、阿武松部屋の元力士が、警視庁の事情聴取に対し、「賭博の胴元は山口組弘道会系の組長だった」と話していることが分かりました。この組長は1年前に病気で死亡していて、警視庁は供述の真偽について慎重に調べています。

 警視庁は8日も北の湖部屋などを捜索しています。一斉捜索の容疑は、元・大嶽親方らが行っていた野球賭博で胴元との「仲介役」とされる阿武松部屋の元幕下力士らに対する賭博開帳図利容疑で、警視庁はこの元力士の大阪市の自宅も捜索しています。

 その後の警視庁への取材で、この元力士が事情聴取に対し、「野球賭博の胴元は名古屋の山口組弘道会系の組長だった」と話していることが分かりました。

 この組長は去年8月、病気で死亡していて、警視庁は供述の信ぴょう性を慎重に調べています。弘道会をめぐっては、大相撲名古屋場所で幹部が維持員席で観戦していたことも明らかになっていて、実質、山口組を支配する組織として、警察庁が全国の警察に対し取締りの強化を指示しています。

 「本当に反省だけ、申し訳ございません」
 (野球賭博については?)
 「全然分かりませんでした」(北の湖部屋所属・木瀬親方)

 一方、捜索を受けた北の湖部屋に所属する木瀬親方が、愛知県内の宿舎で謝罪しました。(08日11:16)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4472253.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮に不正にぜいたく品を輸出した疑いで貿易会社の経営者と元従業員の男逮捕(8日)

北朝鮮に2009年2月、不正にぜいたく品を輸出した疑いで、鳥取・境港市の貿易会社の経営者ら2人が逮捕された。
逮捕されたのは、境港市にある貿易会社「ファースト商会」の経営者で韓国籍・尹原根(ユン・ウォングン)容疑者(50)と、元従業員・香西典幸容疑者(42)の2人。
2人は2009年2月、北朝鮮に中古ピアノ3台を、境港から中国経由で不正に輸出した疑いが持たれている。
北朝鮮との貿易については、4年前からぜいたく品の輸出が禁止されていた。
香西容疑者は容疑を認めているが、尹容疑者は容疑を否認している。

Logo4

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00180398.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

豚肉と冷めんに7cmの縫い針…栃木のスーパー(8日)

栃木署は8日、栃木県栃木市昭和町のスーパー「ヤオハンプラザアイム店」で、豚肉と冷めんの2商品に、縫い針が各1本混入していた、と発表した。

 同署は偽計業務妨害事件とみて調べている。

 発表によると、7日午後5時45分頃、レジで精算をしていた夫婦が「豚肉から肉汁が漏れている」と申し出て、針を発見。長さ7センチの縫い針1本がパックに入った豚肉を貫通した状態で見つかった。同店では同日、従業員が購入した袋詰めの冷めんからも長さ7センチの縫い針が見つかっており、同署は、形状などから2本の針は同じ種類とみて関連を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

連続車両火災:少年と中3少女逮捕 15台関与供述 愛知(8日)

愛知県警西尾署は8日、乗用車に火を付けたとして、同県碧南市の派遣社員の少年(19)と同県西尾市の中学3年の女子生徒(14)を器物損壊容疑で逮捕した。西尾市と周辺市町では4日夜~7日夜に連日、車計15台を焼く連続不審火が発生。同署によると、2人は連続不審火への関与を認める供述をしているという。

 逮捕容疑は、西尾市上町のリサイクル店駐車場で6日夜、車に火を付け、ボンネットを燃やしたとしている。

 同署によると、2人は交際中。少年は「仕事のストレス発散のため面白半分でやった」、女子生徒は「高級車を燃やすと気分がすっきりした」と供述しているという。西尾市内のコンビニエンスストアから6日夜、ライターのオイル缶を買いに来た不審な男女がいたと通報があり、同署が防犯カメラの映像を解析した。【中村宰和】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100708k0000e040072000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲:勝敗記録見つからず 仲介役、破棄か…警視庁捜索(8日)

大相撲の野球賭博事件で、胴元と力士らをつないだ阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士(34)ら仲介役が保管していたとみられる「付(づ)け帳」が発見されていないことが関係者への取材で分かった。付け帳は賭博客の勝敗などの記録で、賭博事件を立証する有力な物証だが、警視庁は元幕下力士らが破棄したか隠匿したとみている。また、胴元と連絡する仲介役は元幕下力士ら3人で、野球賭博はこの3ルートで角界に拡散した可能性が高いことも判明した。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 警視庁は8日も、相撲部屋などを賭博開張図利容疑で家宅捜索。押収した携帯電話や通帳を分析し、賭博の実態や胴元の特定を進める。

 関係者によると、力士らが予想したプロ野球の勝敗や賭け金の額を集計して胴元に伝えていた仲介役は▽元幕下力士▽恐喝容疑で逮捕された古市満朝容疑者(38)の弟で同部屋の現役幕下力士(34)▽複数の力士と契約を結んでいたトレーナー(42)--の3人と判明した。前大嶽親方(42)=元関脇・貴闘力=や元大関・琴光喜関(34)らの野球賭博を仲介していた同部屋の床山(29)は、元幕下力士に伝える役割で、胴元と直接の連絡はなかったという。

 日本相撲協会は親方や力士ら27人が野球賭博に関与したと認定したが、ほとんどの力士らは3人のいずれかのルートで賭博をしていたという。このため警視庁は仲介役の3人の関係先として、賭博に関与した力士らが所属する相撲部屋などの捜索を続けている。

 仲介役は、賭博客とのトラブルを防止するために賭博客の勝敗表や賭け金などを付け帳に記録しておくのが通例。警視庁は仲介役3人も付け帳を保管していたとみているが、周辺からは見つからず、押収できていないという。警視庁は元幕下力士らが摘発を免れるため、元琴光喜関への恐喝事件が発覚した5月以降に破棄された疑いがあるとみている。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100708k0000e040070000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国4万件…児童虐待7割は実母、2割が実父 専門家「地域で防げ」(8日)

 増え続ける児童虐待。全国の相談処理件数は、平成20年度で4万2662件にのぼり、5年度の26倍の水準に達した。児童相談所(児相)は人手不足に加え、虐待の多くは実の父母が加害者となっているため、親からの保護と親子の関係改善という、相反する2つの仕事を受け持つジレンマを抱える。痛ましい事件の防止に向け、何をすべきか。専門家は「児相だけでなく、地域の中でいかに防ぐかということを考えなければ」と指摘する。

関連記事

記事本文の続き ■右手でたたき、左手で握手…高齢者行政の余波で人手不足

 大阪市によると、21年度の虐待認知案件のうち、加害者が実母だったケースは66.4%、実父は20.7%。両者で全体の9割近くを占める。

 「児相の仕事は、よく『右手でたたいて、左手で握手する』というふうにいわれる」。ある児相の担当者が打ち明ける。虐待を受ける子供を親から引き離すことと、再び円満な家庭環境を形成することの両方の役割を求められることを、そう例えるのだという。担当者は「矛盾した仕事を抱えるのが日本の児相の特徴。当然難しいケースもある」と話す。

 一方、34年間にわたり神戸市児童相談所で勤務した元同相談所長の児童福祉司、日下知久さん(75)は「今でこそ虐待が問題化しているが、昔は社会の認識も低かった」と振り返る。行政は高齢化問題への関心が高い半面、児童虐待に対する姿勢は鈍りがちだったといい、「結局そのあおりを受け、児相が人手不足になった」という。

 大阪市のように、最近では虐待に対応する専門職員の増員に動く自治体も出てきている。だが、日下さんは「職員数を増やすにも限りがあるし、増やすだけでは解決にはならない」と指摘する。

 児童福祉司らは、家庭訪問など日々の担当業務だけで手一杯になりがちで、学校や病院、周辺住民といった、虐待につながる兆候をキャッチしやすい施設との連携がなかなか取りづらいという。地方都市では、専門職の人数が少なく、採用が難しいケースもある。

 「児童福祉司らの情報は、点と点だけの関係に陥りがちだ」と日下さん。厚生労働省は、児相の権限について「強い権限でもあり、現行制度で児相以外に移譲するのは不可能だ」としているが、日下さんは「虐待防止には、地域社会の協力が不可欠。点と面との関係になるためには、児相が持つ一部権限の民間移譲を可能にするなどして、弾力的な運用を図るべきだ」と提言している。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

会津小鉄会など4暴力団を再指定へ 国家公安委(8日)

 国家公安委員会は8日、暴力団対策法に基づき会津小鉄会京都市)、共政会(広島市)、合田一家山口県下関市)、小桜一家(鹿児島市)を指定暴力団に再指定することを確認した。

 いずれも7回目の指定で、期間は7月27日から3年間。今後、4府県の公安委員会が官報に公示し再指定する。

 警察庁によると、4月時点での構成員数は、会津小鉄会が約470人、共政会が約290人。合田一家は約170人、小桜一家は約100人。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100708/crm1007081236011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

D&G、シャネルなど偽ブランド3千万円売り上げか 容疑の作業員逮捕(8日)

 高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」の偽ブランド品を自宅で販売目的で所持していたとして、警視庁府中署は、商標法違反(販売譲渡目的所持)の現行犯で、大阪市浪速区敷津西土木作業員、宮野健容疑者(28)を逮捕した。

 同署は宮野容疑者宅からD&Gのほか、人気ブランド「ルイ・ヴィトン」「シャネル」などの偽物とみられる財布やキーケースなど14点を押収。宮野容疑者は偽ブランド品を携帯電話のインターネットオークションで販売していたといい、平成19年8月からこれまで計約3千万円を売り上げていたとみられる。

 同署によると、宮野容疑者は「大阪市内の露店で偽ブランド品を売っていた韓国人男性から偽物を入手していた」と話しているといい、この男性の行方を追っている。

 逮捕容疑は、今月6日午前10時ごろ自宅マンションでD&Gの文字が入った偽物のベルト1本を販売目的で所持していた。

Topbanner01logo1

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100708/crm1007081314017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元力士とトレーナー、2ルートで拡散か 8日も相撲部屋を捜索へ(8日)

大相撲の野球賭博事件で、賭博に関与した複数の力士は、元力士(34)を中心に阿武松(おうのまつ)部屋を介するルートと、複数の力士と個人契約を結んでいた男性トレーナー(42)を仲介役とする2ルートで、賭け金や勝敗を胴元に伝達していたことが8日、関係者への取材で分かった。これらの2ルートは、いずれも暴力団とみられる同じ胴元につながっていたとみられ、警視庁は力士らの賭け金が暴力団の資金源になっていたとみて胴元の特定を急ぐ。

関連記事

記事本文の続き 警視庁は8日も賭博開帳図利容疑で、所属する力士や親方が賭博に関与した相撲部屋と関連先の家宅捜索を行う見通し。

 関係者によると、阿武松部屋に所属していた仲介役の元力士は現役時代から野球賭博に関与。18年5月の引退前後から、同じ阿武松部屋に所属する床山(29)を通じ、他の力士の賭け金や勝敗予想を胴元に伝える仲介役の中心的役割を果たしていた。同部屋に所属する元幕下力士の古市朝満容疑者(38)=恐喝容疑で逮捕=の弟の幕下力士(34)も、他の力士から賭博の注文を受け付けていたという。

 日本相撲協会から解雇処分を受けた元琴光喜関(34)=元大関、本名・田宮啓司=と、元大嶽親方(42)=元関脇、貴闘力、本名・納谷忠茂=も床山と元力士を通じて賭博を行っており、阿武松部屋が角界の野球賭博の中心となっていたとみられる。

 元力士は警視庁の聴取に対し「指定暴力団傘下組織が胴元として賭博に関与していた」と供述している。

 一方、トレーナーは数年前から横綱白鵬関(25)など複数力士のマッサージや治療を担当。本場所中に支度部屋に出入りしていた。警視庁の事情聴取に対し、野球賭博への関与を認めた複数の力士が「トレーナーから賭博に誘われた」と供述しているという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性警察官小柄でもOK、群馬県警が条件緩和(8日)

群馬県警は今秋の警察官採用試験から、「身体外形検査」の合格基準を緩和する。

 女性の身長「155センチ以上」を「150センチ以上」に引き下げ、「45キロ以上」だった体重の基準を廃止することで、小柄な女性の警察官への道が開くことになった。

 男性は「78センチ以上」の胸囲の基準が廃止されるが、「身長160センチ以上、体重47キロ以上」は変わらない。

 全国で同様の動きがあり、県人事委員会は「体形に左右されず、優秀な人材を採用するのが目的」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

力士ら携帯メール削除か 仲介役とのやり取り隠す?(8日)

 大相撲の野球賭博事件で、賭博に関与した複数の力士らが、「関係する携帯メールを削除した」と話していることが関係者への取材でわかった。関与を隠すため、仲介役とやりとりしたメールを消したとみられる。警視庁は力士らの携帯電話を押収し、通信記録を分析するなどして賭博の実態解明を進める。

 組織犯罪対策3課が7日、捜索対象としたのは、野球賭博に関与していたと日本相撲協会が認定した27人の関係先など。8日も捜索を続ける。

 関係者によると、阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士(34)と現役幕下力士(34)、トレーナーの男性(42)が主に賭博を仲介していたとされる。同部屋の床山(29)も連絡役を務めていたという。胴元側が設定した賭けのハンディは、携帯メールで、仲介役から力士らに伝えられ、勝敗予想もメールで仲介役に連絡していたとされる。

 同課は、これらの仲介役について、利益を得る目的で賭博を開いたとする賭博開帳図利(とり)容疑を適用。それぞれの仲介役の関係先として、相撲部屋などの捜索に踏み切った。

 捜索では、力士や仲介者ら約30人を対象に携帯電話を押収した。中には、賭博問題が表面化したあと、関係する携帯メールを削除した形跡がある力士らが複数いるという。「機種を変更した」「壊れた」などとして、賭博をしていた当時使っていた携帯電話を押収できなかった力士らもいるという。

 携帯電話会社などによると、携帯電話の端末でメールが削除されると、メールの復元が難しい例が多いという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

車盗難に悪用「イモビカッター」にトヨタ商標つけた疑い(8日)

自動車の盗難を防ぐための装置「イモビライザー」を解除する小型の装置に、トヨタ自動車の登録商標を不正につけてネット販売しようとしたとして、愛知県警は7日、北海道帯広市西16条南5丁目、会社員田中淳貴容疑者(32)を商標法違反(販売目的所持)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 小型の装置は「イモビカッター」と呼ばれ、トヨタの高級車セルシオなどの盗難事件に悪用されている。装置の流通に法規制がないため、県警はトヨタのマークを不正に使った商標法事件として、全国で初めて摘発したという。

 生活経済課によると、田中容疑者の逮捕容疑は、自宅で7日、「TOYOTA」の文字をはり付けたイモビカッターを販売目的で所持し、トヨタの商標権を侵害したというもの。

 同課は、田中容疑者は「4~6月、ネットオークションで8個販売し、計12万円の売り上げがあった。中国のサイトで1個約6500円で仕入れていた」と話している、としている。

 イモビカッターは、本来、自動車整備工らが修理や検査に使うための電子機器から、イモビライザーを解除する機能だけを、小型機器に移したもの。車内のイモビライザーの連結部分に接続すると電子鍵が解除され、その後、差し込んだ鍵を回すと、エンジンがかかるという。

 そのため、イモビライザーが搭載された高級車を盗むのに悪用される事案が増えているという。捜査関係者によると、愛知県内では今年に入り、この小型装置を使って盗まれたとみられるセルシオは数十台にのぼり、装置数個が押収されているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道頓堀 タクシー暴走7人けが(8日)

8日未明、大阪・ミナミの道頓堀で、タクシーが歩行者を次々とはねたあと、飲食店の案内所に突っ込む事故があり、7人が軽いけがをしました。運転手の男性は「エンジンの回転数が異常に上がって制御できなくなり、気が動転していた」と話しており、警察が事故の原因を詳しく調べています。

8日午前1時半ごろ、大阪・中央区道頓堀で、複数の通行人から「車が、歩いている人を次々にはねている」という通報が消防に入りました。警察と消防が現場に駆けつけたところ、タクシーが飲食店の案内所に突っ込んで止まっており、タクシーにはねられた通行人5人と乗客2人が病院に運ばれました。いずれもけがの程度は軽いということです。現場は、観光スポットになっている、戎橋にほど近い道頓堀の商店街の一角です。警察の調べによりますと、タクシーは、現場から150メートル北側で客を乗せたあと、車の通行が禁止されている道頓堀に架かる歩行者専用の橋を通って、案内所に突っ込んだということです。調べに対し、タクシーの73歳の運転手は「エンジンの回転数が異常に上がってしまって制御できなくなった。気が動転していた」と話しているということで、警察は事故の原因を詳しく調べています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100708/k10015604221000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲賭博、胴元に山口組系暴力団関与か(8日)

大相撲の野球賭博問題で、賭博に関与したとされる複数の関係者が警視庁の事情聴取に対し、「賭博の胴元には山口組系の暴力団関係者が関与していた」などと話していることが7日、警察当局への取材でわかった。

 警視庁はこの日、賭博開張図利容疑で捜索した相撲部屋から携帯電話などを押収しており、通話履歴やメールの解析を通じて、暴力団の関与の裏付けを進める。

 捜査関係者によると、今回の野球賭博では、胴元が試合ごとにチームの戦績などに応じてハンデを決定し、

阿武

(

おうの

)

(

まつ

)

部屋の幕下力士(34)や床山(29)らの仲介役に連絡。こうした仲介役が力士らにハンデを伝え、賭け金を預かるなどのシステムだったという。

 同庁は、野球賭博に関与した力士のほか、幕内力士や床山らからも事情聴取を行うなどした結果、複数の関係者が調べに対し、山口組系の暴力団関係者の名前を挙げて、「胴元に関与していた」などと話したという。今回の野球賭博は胴元に手数料などが入る仕組みだった。同庁は、山口組に手数料の一部が流れ、資金源になっていた可能性もあるとみている。

 一方、阿武松部屋に所属していた30歳代の元力士は、読売新聞の取材に、「野球賭博に暴力団が関与していたことはわかっていた」と証言。元力士によると、阿武松部屋が以前、名古屋場所の際に利用していた宿舎が山口組系暴力団の組事務所に近かったことなどから、暴力団関係者と飲食をともにすることがあったという。元力士は取材に対し、「現役時代に何度かこの組事務所に行き、(暴力団関係者と)一緒にちゃんこを食べた」と話した。

 同庁のこれまでの捜査で、胴元と仲介役、力士との間のやり取りは主に携帯電話で行われていたことが判明しており、同庁は8日も引き続き関係先の捜索を行う。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不動産関連会社に“銃弾”3発撃ち込まれる(07/08 00:01)

東京のJR高円寺駅前にあるビルの不動産関連会社に、拳銃の弾が3発撃ち込まれているのが見つかりました。

 7日午後0時過ぎ、杉並区高円寺北のビルの駐車場で、薬きょうのようなものが落ちているのをビルの関係者が見つけ、近くの交番に届け出ました。警察官が駆けつけると、ビルの2階に入っている不動産関連会社の玄関ドアに拳銃の弾の撃ち込まれた跡が3カ所見つかりました。会社が無人だった7日の午前0時から午前8時の間に発砲したものとみられ、けが人はいませんでした。警視庁は、会社にトラブルがなかったかなど関係者から事情を聴いています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200707038.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

医療行為装いわいせつ容疑、医師逮捕 (8日)

埼玉県桶川市の病院で、診療に来ていた10代の女性にわいせつな行為をしたとして、56歳の精神科医の男が逮捕されました。

 準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、桶川市にある「上尾の森診療所桶川分院」の非常勤の精神科医、河村直樹容疑者(56)です。

 調べによりますと、河村容疑者は去年12月、診療を受けていた10代の女性に対し、医療行為と装って身体を触るなど、わいせつな行為をした疑いが持たれています。

 被害者の女性の父親が、事件のあった翌日に上尾警察署に相談、その後、被害届を出していました。

 警察の取り調べに対し、河村容疑者は容疑を大筋で認めているということです。(07日23:35)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4471833.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅員への暴力行為、過去最多の869件(8日)

大手私鉄やJRの駅、車内で、平成21年度に起きた駅員や乗務員への暴力行為は869件で、過去最多となったことが7日、日本民営鉄道協会のまとめで分かった。20年度の752件から大幅に増加。調査対象の鉄道会社は、統計を取り始めた16年度の21社から21年度は25社に増えたが、同協会は「不況によるストレスも影響しているのではないか」と話している。

関連記事

記事本文の続き 869件のうち、加害者が酒を飲んでいたケースが499件と6割近くに上り、午後5時以降の発生が584件。曜日別では、月曜が89件で最も少なく、曜日を重ねるごとに増え、日曜が147件と最も多かった。月別では、飲酒の機会が多い12月が90件と最多。

 場所別は改札393件、ホーム257件、車内105件と続いた。改札で暴れている乗客に声を掛けたところ投げ飛ばされたケースもあった。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国関連の蔵書を狙った切り取り事件が多発(8日)

 東京都立中央図書館(東京都港区)で、中国関連の蔵書を狙った切り取り事件が多発していることが7日、分かった。中央図書館は警視庁に被害届を提出。関係しそうな書籍類を閉架の書庫に移して警戒を強めている。

 中央図書館の関係者によると、今年3月、職員が中国仏教の関連蔵書からページが切り取られているのを発見。その後も断続的に被害が見つかり、4月までに約30冊、被害額は18万8千円に上った。それ以降も被害は止まらず、6月末現在で被害は約50冊に及んだという。

関連記事

記事本文の続き 切り取られているのは、中国仏教関連の蔵書がほとんどで、主に写真部分をカッターなどの刃物で切り取る手口。中央図書館では、もともと貸し出しをしていないため、何者かが館内の死角で切り取ったとみられる。

 現在、利用者が中国仏教関係の書籍の閲覧を希望した場合は、職員の目が届くカウンターのそばで読むよう呼びかけているという。

 中央図書館幹部は「特定分野の蔵書でこれだけの被害が短期間に集中したことは記憶にない。蔵書は都民の財産で、切り取りは犯罪行為。絶対にやめてほしい」としている。

 都内の図書館では近年、利用者のマナーが悪化し、蔵書が切り抜かれるケースが増えている。だが、その対象は週刊誌や料理のレシピなどが主流だ。

 利用者のマナーの悪化から平成20年に本の貸し出し履歴を一定期間、職員が調査できるシステムを都内で唯一導入した練馬区立図書館は「利用者による汚損や破損で区内全館で年間3千点の蔵書を廃棄しているが、雑誌がほとんど。中国仏教の専門書が狙われるケースは聞いたことがない」としている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

群馬の男性刺殺事件、ペルーで容疑者を拘束(8日)

群馬県太田市で2001年、作業員木村唯雄さん(当時69歳)が刺殺された事件で、県警が国際刑事警察機構(ICPO)を通じて殺人容疑で国際手配していたペルー人のリカルド・モイセス・ディアス・サンチェス容疑者(43)が、ペルーの警察当局に身柄を拘束されたことが7日、県警幹部への取材で分かった。

 警察庁を通じて県警に連絡が入った。日本政府はペルー政府に代理処罰を要請している。

 県警によると、ディアス容疑者は01年10月、同市小舞木町の公園のトイレで、地区の運動会に来ていた木村さんの背中などを刃物で刺して殺害した疑い。

 事件後、ディアス容疑者は不法滞在が発覚し、04年に退去強制処分になった。その後、トイレの指紋がディアス容疑者のものと一致。県警は指名手配し、06年2月、ディアス容疑者が現地テレビ局の番組で「潔白だ」などと容疑を否認していたことをつかみ国際手配した。日本とペルーの間には犯罪人引き渡し条約がなく、警察庁などを通じてペルー警察当局に捜査協力を求めた。

 訴追されれば、ペルーで日本の要請を受けた初の代理処罰になるとみられる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

事故:車が歩行者らに次々接触、7人負傷か 大阪・道頓堀(8日)

大阪市消防局に入った情報によると、8日午前1時半ごろ、大阪市中央区道頓堀1で、車が歩行者らと次々と接触、観光案内所に突っ込み、少なくとも男女7人が軽傷を負った模様。目撃者らによると、車は黒のタクシーで、宗右衛門町方面から道頓堀川にかかる橋を南下したらしい。大阪府警南署は運転手から事情を聴いている。

 現場は「かに道楽」などがある大阪・ミナミの繁華街の中心部で、一般車両の通行は禁止されている。現場近くにある飲食店の男性店員らは「『キャー』という女性の悲鳴が聞こえ、ガシャン、ガシャンという音が何度かした。工事で何かが落ちたのかと思った。普通の車は入れない道路なのに」と驚いた口調で話していた。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100708k0000m040142000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲:「賭博の胴元は名古屋の組員」 仲介の元力士証言(8日)

大相撲の野球賭博事件で、賭博の仲介役だった阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士(34)が警視庁組織犯罪対策3課の事情聴取に「賭博の胴元は名古屋の暴力団組員だった」と供述していることが7日、関係者への取材で分かった。同課が確認したところ、この組員は約1年前に死亡していた。元幕下力士は引退した06年ごろから、仲介役として組員との関係を本格化させたとみられる。同課は元幕下力士を中核に角界に拡散し、暴力団の資金源になっていた疑いが強いとみて調べている。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 元幕下力士は98年に阿武松部屋に入門し、06年5月の夏場所を最後に引退した。

 関係者によると、元幕下力士は入門から数年後、名古屋市内の飲食店で組員に声をかけられ名古屋場所の度に会って飲食する仲になった。当初は組員とは知らなかったという。元幕下力士は同課の調べに「組員を通じて野球賭博をするようになった。組員は1年ほど前に死んだ」と話しているという。組員は実在したが、約1年前に病死している。同課は供述の真偽について慎重に捜査している。

 同課などによると、野球賭博の主な仕組みは、阿武松部屋の床山(29)が力士らから試合予想について注文を受け、元幕下力士がさらに胴元との間を仲介していた。元幕下力士が床山と現役幕下力士(34)を賭博に誘ったのをきっかけに、同部屋を中心に参加する力士らが増えたとみられる。日本相撲協会の特別調査委員会の調査では、同部屋では床山と幕下力士のほかに7人が賭博をしていた。

 さらに、床山がまげを担当していた元大関・琴光喜関(34)を誘い、元琴光喜関を通じて前大嶽親方(42)=元関脇・貴闘力=も加わるなど、阿武松部屋以外にも賭博客は拡大。元琴光喜関はその後、直接元幕下力士に発注していたという。元力士、古市満朝容疑者(38)=恐喝容疑で逮捕=は仲介役の現役幕下力士の兄で、元幕下力士の客だった。

 元琴光喜関や前大嶽親方は事情聴取に「3~4年前から野球賭博をしていた」と話しており、同課は元々は賭博の客だった元幕下力士が引退後、本格的に仲介役を担ったとみている。元幕下力士は毎日新聞の取材に「胴元が暴力団とは考えもしなかった。野球賭博で遊んでいるうちに、みんなが集まってきた」と話していた。

 同課は7日、千葉県習志野市の阿武松部屋や大阪市の元幕下力士の自宅など三十数カ所を賭博開張図利容疑で家宅捜索した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100708k0000m040126000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月7日 | トップページ | 2010年7月9日 »