« 2010年7月6日 | トップページ | 2010年7月8日 »

2010年7月7日

2010年7月 7日 (水)

アマゾンランキング警察・消防1位

51cvxg4zpol

 

5つ星のうち 5.0 タイトルは超辛口、でも内容は警察への愛情が詰まっている, 2010/6/6
レビュー対象商品: 日本警察が潰れた日 (単行本)
先日、柳葉敏郎の写真の上に「落としの金七」と書かれている新書が書店に平積みになっていて、おや、と思って手に取ったところ、隣に並んでいたのがこの本だった。
前著ではある刑事の半生を暖かく描いた筆者が、次に取り組んだのが警察組織。
それは至極自然な流れなのだけれど、なんて挑戦的なタイトルなんだろう、警察大好きな方のようだと思っていたのに、と思いつつ、読んでみた。

話は新潟県で9年間行方不明だった女性が保護された事件から始まる。 この事件から露呈された警察内部の隠ぺい体質、そしてその1年前、この問題がこれ程取り上げられる原因となった神奈川県警の相次ぐ不祥事等の数々の問題を、警察庁が政治的介入を防ぎつつ、どうやって正していったかを描いたノンフィクションだ。
桶川ストーカー殺人事件など、警察官にとってはきっとあまり触れて欲しくないだろう事件をも扱いつつ、やはり本書に一貫して流れているのは、著者の警察に対する熱い思いだ。

この頃、頻出していた不祥事に対する対応は警察刷新会議で決着をみるが、その会議から今年でちょうど10年経つ。
よく町で#9110の警察相談電話のポスターを見かけるが、これもこの会議の結果、生まれたものなのだろうか。
きっかけは非常に酷いものであったけれど、振り返ってみれば警察という無二の組織の原点を見なおすよい機会になったのだろうと思う。

この辛口のエールをどう受け取り、どう自らを処していくか、それは現場の警察官に掛かっている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

倉庫放火で高1男子生徒逮捕 同級生3人の家にも?(7日)

東京・府中市で、倉庫に火をつけて全焼させたとして高校1年の男子生徒(16)が逮捕されました。この生徒は、中学時代の同級生3人の家にも火をつけるなどの行為を繰り返していたとみられています。

 逮捕された高校1年の男子生徒は今年1月、東京・府中市で、倉庫に火をつけて全焼させたほか、隣の住宅にも燃え移らせた現住建造物等放火の疑いが持たれています。警視庁によると、この生徒は倉庫への放火に前後して、中学時代の同級だった女子生徒3人の家にも火をつけたり石を投げつけるなどの嫌がらせをしていました。

 警視庁の調べに対し、男子生徒は「3人に好意を持っていた。同級生ばかり狙うとあしがつくと思ったので、関係ないところにも放火した」と話しているということです。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗難防止解除装置 男を逮捕(7日)

自動車の盗難防止機能を解除する装置をめぐって大手メーカーの商標の文字が不正に記された装置を販売目的で所持していたとして、会社員の男が警察に逮捕されました。この装置は窃盗事件に悪用されるケースがあり、警察は男がインターネットのオークションで売りさばいていたとみて調べています。

逮捕されたのは北海道帯広市の会社員、田中淳貴容疑者(32)です。愛知県警察本部の調べによりますと、田中容疑者はトヨタ自動車が商標登録している「TOYOTA」の文字が不正に記された「イモビライザー」と呼ばれる盗難防止機能の解除装置を販売目的で所持し、トヨタの商標権を侵害した疑いが持たれています。

イモビライザーは、車に登録されたものと同じIDコードを持つ鍵でなければ、エンジンがかからない仕組みです。警察によりますと、田中容疑者が持っていた解除装置を使うと、鍵のIDコードが消去され、別の鍵でもエンジンをかけることができるということで、これまで車の窃盗事件で使われたケースがあるということです。

調べに対し、田中容疑者は容疑を認め、「インターネットのオークションで装置を売っていた」と供述しているということです。解除装置をめぐる事件が摘発されたのは全国で初めてで、警察は入手先や販売ルートなどを調べることにしています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100707/k10015595581000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

賭博問題、暴力団摘発が焦点 恐喝未遂容疑で立件検討(7日)

大相撲の野球賭博問題で、警視庁は7日、角界に広がっていた野球賭博の実態解明を目指し、本格捜査に乗り出した。狙いは、賭博を申告した力士や親方の背後にいるとみられる暴力団の摘発だ。

 組織犯罪対策3課は今年3月、元大関琴光喜側から恐喝被害の相談を受け、捜査に着手。今年1月に口止め料名目で350万円を脅し取ったとして、6月24日、元力士の古市満朝容疑者(38)を恐喝容疑で逮捕した。古市容疑者は琴光喜側にほかにも1億数千万円を要求したとされる。

 春場所中の今年3月、大阪市内で設けられた古市容疑者との交渉の場には元大嶽親方(42)が同席。古市容疑者側には男1人が立ち会ったという。元大嶽親方は朝日新聞の取材に「男は名乗りもしなかった」と証言。同課は、この男が古市容疑者と関係のある暴力団関係者とみて特定を急いでおり、今後、古市容疑者らによる1億数千万円の恐喝未遂容疑の立件を検討する。

 これとは別に、同課は力士らが参加していた野球賭博の全容解明を目指す。関係者の証言などによると、阿武松(おうのまつ)部屋に所属していた元幕下力士(34)や床山(29)、各部屋の力士と契約していたトレーナーの男性(42)が賭博の仲介役をしていたとされる。元大関琴光喜と元大嶽親方はこの元幕下力士を窓口に、3、4年前から賭博をしていたという。

 関係者によると、元幕下力士は、胴元が暴力団関係者だと認識していたという。

 賭博にかかわっていた力士らは、携帯電話のメールで、賭けのハンディを伝えられ、勝敗予想を携帯電話で伝えていたという。組織犯罪対策3課は、力士らの通信記録を調べるなどして、賭博行為の裏付けを進めるとともに、胴元側に切り込む手がかりを得たい考えだ。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中3男子2人を集団暴行 傷害容疑で10人逮捕(7日)

沖縄県警浦添署は7日までに、中学3年の男子生徒2人=ともに(14)=に集団で暴行を加えて重傷を負わせたとして、傷害容疑などで男子高校生4人を含む16~19歳の少年9人と、風俗店従業員の男(20)の計10人を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 県警によると、男子高校生4人は被害者と同じ中学校の卒業生。10人のうち3人は「身に覚えがない」と否認している。

 逮捕容疑は5月17日夜、同県西原町内の小学校に男子生徒2人を呼び出して「先輩への態度が悪い」などと因縁を付け、ゴルフクラブで殴ったり、顔を踏み付けたりして2人に顔の骨を折るけがを負わせた疑い。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル1

首都東京体感治安(7、8日単位・レベル)

ルーツは中国?ニッポン?

【治安解説】
1

 警察官などを装ってキャッシュカードをだまし取る振り込め詐欺事件で、中国に潜伏する中国人の男2人を首謀者として、山形県警などが警察庁を通じて中国当局に捜査協力を要請していたことが分かった。

 7日の読売新聞電子板によると、犯行グループは中国からインターネット・プロトコル電話(IP電話)で日本の被害者と話をしていたことも判明。中国当局が回線切断に協力していたという。日中捜査当局のさらなる協力関係の緊密化が望まれる。

 捜査当局によると山形や新潟、茨城など13県で平成21年頃から、警察官や銀行員などをかたり、だまし取ったキャッシュカードで現金を引き出す振り込め詐欺が続発。山形県警などはこれまでに、犯行に使う銀行口座を用意する「道具屋」、現金を引き出す「出し子」ら中国人7人、日本人9人を逮捕している。被害は40件、約1700万円に上るという。

 これとは別に、今年初めには茨城、静岡など5県の警察本部は、中国から日本に振り込みを促す詐欺電話をかける「かけ子(電話連絡係)」が暗躍し、日本で詐取した金銭を中国の犯罪組織に渡していた大掛かりな振り込め詐欺集団を摘発している。

 警察庁によるとこのように中国人と日本人が役割分担するグループが、日本国内で暗躍しており、これら振り込め詐欺集団は、警察官を装い、高齢者宅に電話後、直接訪問してキャッシュカードや通帳をだまし取る手口が大半で、昨年1年間に逮捕された中国人は33人にのぼっている。

 一方、中国では富裕層を狙った高額の振り込め詐欺事件が平成21年から今年初めにかけて相次いでいるという。捜査員を装って指定した銀行口座に振り込ませる巧妙な手口などで、日本円で数千万円から1億円以上がだまし取られたケースもあった。

 この警察官を装う詐欺、ルーツは日本なのか中国なのかは定かではないが、日中両国が草刈り場となっているのは確かである。「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 警視庁は、このほどミニバイクで追い抜きざまにバッグをひったくったとして、東京都西東京市の電気工(20)と同市内に住む当時19歳だった内装工の男(20)を逮捕。これまでにも、赤いバイクを使ってひったくりをしたとして、指定暴力団住吉会系組員(34)を逮捕するなど、摘発が活発化している。よって首都東京の体感治安は「レベル1(グリーン)」とした。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル1"

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査学び門下生はつらつ活躍中 仙台北署の伊達な青葉道場(7日)

仙台北署が今春、若手警察官の育成を目的に開設した「伊達(だて)な青葉道場」の門下生が成果を挙げている。職務質問や犯人逮捕の技能に磨きをかけようと、6日には署内で競技会を開催。団塊世代の大量退職で、これまで培ってきたノウハウが途絶えないよう、全署員が一丸となって即戦力の強化に励んでいる。
 青葉道場の門下生は、19~35歳の北署員のうち刑事や交通などの専門部署に配属されて2年未満、警察官になって3年未満の計61人。5月以降、ベテランの先輩から捜査の手法を学んだり、柔道や剣道で心身を鍛えたりしている。
 道場の門下生19人でつくる捜査チームが早速、手柄を挙げた。仙台市青葉区のコインランドリーで6月下旬、女性の下着を盗んだ疑いで、青葉区の会社員の男(42)を逮捕。容疑者宅から、下着約290枚を押収した。
 刑事課長らの指導を受けながら、連続発生した手口の特徴や日時を分析。交番勤務の合間を縫い、休日も返上して事件現場の張り込みを続け、不審車を発見した。追跡したところ、ほかのコインランドリー数カ所にも立ち寄ったことを確認し、容疑者を割り出した。
 チームに所属する巡査(23)は「家宅捜索や逮捕状の請求手続きなど、貴重な体験ができた」と振り返った。
 犯人のスムーズな逮捕には職務質問のテクニックが欠かせないと、北署は6日、深夜の巡回中に自転車に乗った不審者と遭遇したとの想定で競技会を実施。門下生12人がベテラン警察官とペアを組み、10分間で相手から聞き出せる内容などを競い合った。
 北署の佐々木昌英署長は「腕を磨き合うことで全署員の士気も高まる。道場の最終目標は市民に最高の治安サービスを提供すること」と話し、今後も若手警察官の育成に力を注ぐ考えだ。

47newslogo1_2 http://www.kahoku.co.jp/news/2010/07/20100707t13036.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県西尾市周辺でまた… 駐車車両に3件不審火(7日)

駐車中の乗用車が燃える不審火が相次いでいる愛知県西尾市周辺で6日夜、新たに3件の同様の不審火がありました。これまでの8カ所に加えて新たに3カ所と、半径約8キロの範囲で合わせて14台が被害に遭っています。

 6日午後9時半ごろ、西尾市上町のリサイクルショップの駐車場で、車から火が出ているのを通行人が見つけました。火はすぐに消し止められましたが、ボンネットの部分が焼けました。
 車の持ち主:「そりゃあショック、(車は)買ったばかり。早く捕まえてほしい」
 また、この後、30分間に西尾市や隣の碧南市で2件の車両火災がありました。けが人はいませんでした。西尾市周辺では、4日から3夜連続で合わせて14台の車が被害に遭い、警察は、同一犯による放火の可能性が高いとみて捜査しています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200707018.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲野球賭博事件 警視庁、阿武松部屋など30カ所以上一斉捜索 携帯電話など押収(7日)

大相撲の野球賭博事件で、警視庁は7日朝から、賭博開帳図利の疑いで阿武松部屋や時津風部屋など関係先の一斉捜索に乗り出した。
元大関・琴光喜の野球賭博事件の発覚からおよそ1カ月半。名古屋場所を直前に控えての一斉捜索。ある警視庁幹部は「場所前に着手したかった」と話している。
7日の捜索カ所は、賭博の温床になっていた阿武松部屋や、親方自らが賭博に手を染めていた時津風部屋、それに武蔵川部屋などの関係先を中心に、30カ所以上にものぼった。
警視庁はこれまで、日本相撲協会の調査で賭博を認めた力士や琴光喜、それに元大嶽親方から任意での事情聴取を進めてきたが、その結果、賭博の胴元に暴力団が関与している疑いが強く、全容解明には強制捜査が不可欠と判断し、大規模な一斉捜索に乗り出した。
7日の捜索では、力士が胴元とのやり取りに使用していた携帯電話やパソコンなどが押収された。
警視庁は、これらの証拠物を分析し、過去の賭博がいつ、どのような状況で行われていたのかを特定する方針。
これまでの調べで、阿武松部屋の床山や同じ部屋の元力士らが仲介役となって、賭博を行っていたことが明らかになり、賭博場を開いた行為に適用される、賭博開帳図利での捜索となった。
また、阿武松部屋以外の部屋については、そこに所属する力士らが、賭博の客だったため、捜索容疑も同じものとなった。
また、今後の捜査について、ある捜査幹部は、「捜索を通じて、野球賭博の胴元の壊滅を目指す」と話している。
今回の捜査を担当しているのは、組織犯罪対策第3課で、主に暴力団による犯罪を捜査している部署。
今後の捜査で、賭博のバックにいる暴力団にまで迫ることができるかどうかが、焦点となる。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ため池に遺体、元勤務先の社長ら3人に逮捕状 三重(7日)

三重県四日市市のため池で5月、同市赤堀1丁目の無職手代木(てしろぎ)政幸さん(当時36)が遺体で見つかる事件があり、県警は、手代木さんが以前勤めていた人材派遣会社の社長ら3人が事件に関与した疑いがあるとして、殺人と死体遺棄容疑で逮捕状をとった。7日にも逮捕する方針。捜査関係者が明らかにした。

 3人は、同市石塚町、派遣会社社長相沢洋史(37)、同市大井手2丁目、同社派遣社員鈴木久哉(31)、同市赤堀南町、同伊東浩二(36)の3容疑者。3人は同社の別の従業員を暴行したとして先月、暴力行為等処罰法違反罪で起訴されている。捜査関係者は、相沢容疑者が殺人と死体遺棄容疑について否認している、としている。

 県警によると、手代木さんは5月25日午前10時半ごろ、同市楠町吉崎の漁港近くのため池で浮かんでいるのが見つかった。死因は激しい暴行による外傷性ショックだった。手代木さんは今年1月まで約半年間、同社の派遣社員として働いていたという。

 県警は、別の従業員に暴行した日時と、手代木さんの死亡推定時刻が近いことなどから、手代木さんに対する殺人・死体遺棄容疑について、3Logo2_2人の関与を調べてhttp://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=いた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

美容整形など高額請求のトラブル相次ぐ(7日)

「脂肪吸引」や「レーザー脱毛」といった美容整形などの医療サービスで、高額の料金を請求されるトラブルが相次いでいるとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。

 消費者からは「『無料モニター募集』と書かれた広告を見て病院に行ったところ、高額の手術契約を強引に迫られた」といった相談が1年に700件以上、寄せられ、契約金額は平均で80万円を越えるということです。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4471000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

客同士がわいせつ行為見せ合う「ハプニングバー」摘発 経営者の男ら6人現行犯逮捕(7日)

客同士がわいせつな行為を見せ合ういわゆる「ハプニングバー」が警視庁に摘発され、経営者の男ら6人が現行犯逮捕された。
警視庁の摘発を受けたのは、東京・台東区のハプニングバー「アルカディア」で、客のわいせつな行為をほう助したとして、経営者の辻 幸雄容疑者(60)ら4人が、また客の男女2人が公然わいせつの現行犯で逮捕された。
辻容疑者は、アダルトビデオ業界では「帝王」と呼ばれるなど、監督や男優として知られており、2009年9月ごろから店を開業していたという。
辻容疑者は「客が勝手にやっていること」と、容疑を否認している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00180326.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

角界にまた衝撃 村山理事長代行「捜査に全面協力指示」(7日)

名古屋場所の初日を4日後に控えた角界に、また衝撃が走った。

 一斉捜索の知らせを受けた日本相撲協会の村山弘義・理事長代行は、疲れた表情で口を開いた。「捜査には全面的に協力するよう、すでに関係者には指示している」

 代行への就任が決まった後、自宅には脅迫電話がかかってきたという。6日には文部科学省やNHKをまわって、賭博に関係した力士らの処分や、不祥事が続く協会の改革などについて説明した。テレビ・ラジオでの生中継の中止は、重く受け止めざるをえなかった。

 元東京高検検事長。捜査を指揮する側から、捜査を受ける組織のトップへ立場が変わった。「警察の捜査によって全容が解明され、出される結果に対し、協会として対応していきたい」と話した。

 一方、愛知県尾張旭市の阿武松(おうのまつ)部屋の宿舎では、約1時間半にわたる家宅捜索が終わると、師匠(元関脇益荒雄)が「お騒がせしてすみません。ただいま捜索を受けましたが、詳しいことはお許し下さい」と頭を下げた。部屋の半数近い力士が野球賭博をしていたとして、協会から降格の懲戒処分を受けている。

 この日の朝げいこでは、名古屋場所を謹慎休場する幕内の若荒雄関や十両の大道関が、若手に交じって汗を流した。しかし、けいこ場の周りには「関係者以外立入禁止」の張り紙とロープが張られ、力士たちは落ち着かない様子だった。

 愛知県扶桑町の境川部屋の宿舎でも、謹慎中の幕内豪栄道関や豊響関らが早朝から通常通りけいこをした。境川親方(元小結両国)は、家宅捜索について「テレビで見て知ったが、東京の部屋からはまだ連絡がない。なかなか土俵外のことが落ち着かなくて、ファンに申し訳ない。力士たちも動揺している」と複雑な表情。その後、宿舎にも捜査員が入った。

 愛知県愛西市に宿舎がある大嶽部屋にも、困惑が広がった。前師匠(元関脇貴闘力)が、野球賭博へのかかわりが悪質だったとして協会を解雇された。前日に手続きが完了し、正式に部屋を継承した大嶽親方(元十両大竜)は、けいこを終えると「(家宅捜索は)うちにも来るでしょうね。何も心配することはないし、捜査があるなら協力したい」と淡々と話した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかりちゃん不明:発生から14年 母親が風化防止訴える(7日)

20100707k0000e040009000p_size51

群馬県太田市で96年7月、両親に連れられパチンコ店に来ていた横山ゆかりちゃん(当時4歳)=同県大泉町=が行方不明になってから7日で丸14年になった。県警太田署捜査本部によると、これまで延べ約11万8500人の捜査員を投入したが、有力な手がかりは得られていない。ゆかりちゃんの母親(44)は毎日新聞の取材に「このままでは、事件は風化してしまう」と訴えている。

 捜査本部によると、ゆかりちゃんが行方不明になったのは午後1時45~50分ごろ。パチンコ店内の防犯カメラには、ゆかりちゃんに話しかける不審な男が映っていたが、顔は判然としない。

 「目を離すべきではなかった。ゆかりに謝りたい」。母親は今も後悔し続けている。事件後はパチンコ店の近くを通っただけで、地元の人の冷ややかな視線を感じた。しかし最近はそういう反応もなくなった。「もう忘れられたのでは」と風化を感じつつも、待っている。「ゆかりは生きていると信じたい」

 ゆかりちゃんは、11日で19歳の誕生日を迎える。【喜屋武真之介】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100707k0000e040016000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり容疑で男ら2人逮捕 警視庁(7日)

ミニバイクで追い抜きざまにバッグをひったくったとして、警視庁捜査3課は窃盗の疑いで東京都西東京市緑町の電気工、杉本卓郎(20)と同市内に住む当時19歳だった内装工の男(20)を逮捕した。同課によると、2人は容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 同市や練馬区では1~3月、同様の手口で徒歩や自転車に乗った女性が被害に遭う事件が十数件発生しており、同課が関連を調べている。

 逮捕容疑は、2月8日午後9時5分ごろ、2人でミニバイクに乗り、練馬区西大泉の路上で自転車を押しながら歩いていた無職の女性(25)を追い抜きざまに、自転車の前かごに入っていた手提げバッグをひったくったとしている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【大相撲野球賭博】阿武松部屋の関係先などを捜索 警視庁 (7日)

 大相撲の野球賭博問題で、警視庁は7日午前、賭博容疑で、阿武松(おうのまつ)部屋(千葉県習志野市)の関係先などを家宅捜索した。一連の問題で相撲部屋への強制捜査は初めて。警視庁は、賭博の仲介役とされる床山(29)や、元幕下力士の古市満朝容疑者(38)=恐喝容疑で逮捕=の弟の現役幕下力士(34)らが所属する阿武松部屋を中心に賭博が行われていたとみており、胴元の特定も含めた実態解明を進める。

 警視庁はこれまで、日本相撲協会に解雇処分を受けた元琴光喜関(34)=元大関、本名・田宮啓司=や、元大嶽親方(42)=元関脇、貴闘力、本名・納谷忠茂=らから複数回にわたり事情聴取を行ってきた。その結果、2人は床山と元力士(34)の仲介で約4年前から賭博に関与。賭け金は元大嶽親方が1回20~50万円、元琴光喜関が1万~5万円だったことが判明している。警視庁は2人を賭博容疑で立件する方針を固め、賭博にかかわった回数や日時、金額の裏付け捜査を進めてきた。

 一方、複数いる仲介役の中で中心的な役割を担っていた元力士は、警視庁の任意の事情聴取に「野球賭博には指定暴力団の傘下組織が胴元として関与していた」などと供述していた。

 元力士は4年前に引退するまで阿武松部屋に所属。同じく仲介役の床山と、古市容疑者の弟の幕下力士も同部屋に所属している。警視庁は一連の捜査で、阿武松部屋を中心に角界への野球賭博が広がったとみて、全容解明には同部屋などへの家宅捜索が不可欠と判断した。

 阿武松部屋では、野球賭博を行ったとして計9人の力士らが協会に謹慎処分、阿武松親方(元関脇、益荒雄)も2階級降格の処分を受けている。

 阿武松部屋は平成7年4月、阿武松親方が所属していた大鵬部屋から独立して設立。元琴光喜関が所属していた佐渡ケ嶽部屋とは同じ二所ノ関一門で親密な関係だった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100707/crm1007070832004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁 賭博容疑で相撲部屋を捜索(7日)NHK速報

大相撲の野球賭博問題で、元大関の琴光喜や元大嶽親方をはじめ、二十数人の力士らが行っていた野球賭博の実態を解明するため、警視庁は、刑法の賭博の疑いで、東京・墨田区の時津風部屋など関係する相撲部屋の捜索に乗り出しました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100707/k10015582141000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

05年「裏献金」も立証へ 小沢氏団体の虚偽記入事件(7日)

小沢一郎民主党前幹事長が不起訴となった収支報告書虚偽記入事件の公判前整理手続きで、検察側が、水谷建設(三重県桑名市)から元公設秘書大久保隆規被告(49)=政治資金規正法違反の罪で起訴=に渡ったとみている2005年の「裏献金」5千万円についても立証する意向を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。

 水谷建設の「裏献金」の存否をめぐっては、検察側が既に、元私設秘書の衆院議員石川知裕被告(37)=同=が04年に受け取ったとみている5千万円の立証方針を固めている。両被告側はいずれも「受け取ってない」と強く反発、公判で証拠調べの対象になるかどうか焦点となりそうだ。

 関係者によると、水谷建設側は東京・赤坂のホテルで04年10月と05年4月、5千万円ずつ計1億円を渡した、と前社長らが東京地検特捜部に証言。小沢氏の地元である岩手県奥州市で建設中の胆沢ダム工事の下請けに参入する目的だったと説明した。

 公判前整理手続きでは、検察側が公判で証明予定の具体的な内容を示し、その証明に使う証拠を法廷で調べるよう請求。これに対し弁護側は同意か不同意かなどの意見や、公判で予定している主張を明らかにする。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070601001025.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福井 自転車盗難防止で鍵装着(7日)

自転車の盗難を減らそうと、福井県敦賀市で、防犯グループの人たちが鍵を掛けていない自転車に鍵を付けて回る、全国でも珍しい取り組みが始まりました。

この取り組みは、福井県敦賀市の地元の警察と市民の防犯グループが始めました。JRの駅前の駐輪場では、メンバーおよそ20人が鍵の掛かっていない自転車を見つけては、ワイヤー製の鍵を掛け、地元の交番の連絡先を書いた紙を取り付けていきました。鍵を掛けたあとは、防犯登録を基に自転車の持ち主に連絡を取り、了解を得られれば、近くの交番で鍵を渡してそのまま使ってもらうことにしています。

 連絡が採れない場合や了解が得られない場合は、速やかに鍵を外すということです。この活動は月に5回ほど行う予定で、全国でも珍しいということです。敦賀警察署の荒井善夫署長は「自転車に鍵を掛けるという意識を高めてもらい、治安のよい街にしたい」と話していました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100707/k10015580741000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

相撲生中継中止、決定の理由は(7日)

NHKは、どのような理由で名古屋場所の生中継の中止を決めたのでしょうか。

 NHKの福地会長は大相撲名古屋場所の生中継を取りやめ、取り組みが終わった午後6時すぎから「ダイジェスト」の形で放送すると発表しました。

 会見に先立って、日本相撲協会の村山理事長代行らは「相撲協会は改革に取り組んでおり、相撲自体は健全なものだ。それを世界に見せていただきたい。力をお借りしたい」とNHK側に生中継の実施を求めていました。

 これに対しNHKは協議の結果、相撲協会が設置する「ガバナンス委員会」は依然メンバーが決まらず、信頼回復への道筋がはっきりしないこと。5日までに視聴者から1万2600件の意見が寄せられ、そのうち68%が反対していることなどを理由に名古屋場所の生中継の中止を決めたということです。

 NHKの相撲中継は1928年からラジオで、1953年からはテレビで続いてきましたが、テレビで生中継が行われないのは今回が初めてです

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4470386.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人:女性殴り殺害…68歳容疑者を逮捕 宮城県警(7日)

同居していた女性を殴って殺害したとして、宮城県警古川署は6日、同県大崎市鹿島台大迫、無職、太田勲容疑者(68)を殺人容疑で緊急逮捕した。女性は09年8月、太田容疑者に瓶で殴られたと110番しており、その後もドメスティックバイオレンス(DV)について県警に2回相談していた。

 逮捕容疑は5日から6日午前8時ごろにかけ、自宅で川崎慶子さん(63)の頭や顔などを拳で複数回殴り、殺害したとしている。太田容疑者は「生活費関係でトラブルになり、殴った」などと供述しているという。

 同署などによると、6日朝、太田容疑者から「妻がうずくまっていて動かない」と119番があり、救急隊員が駆け付けると、川崎さんが居間で倒れており、太田容疑者は酒に酔っていたという。

 川崎さんは県警に相談後、仙台市内の保護施設に入所。今年5月、県警が電話で近況を確認すると「(太田容疑者と)接触していないから大丈夫」などと話したという。【須藤唯哉、垂水友里香】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100707k0000m040084000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

上半期の自殺者数1万5906人、昨年より減少(7日)

 警察庁は6日、今年1~6月に全国で自殺した人が1万5906人(速報値)に上ると発表した。

 昨年同期比で1280人の減だが、依然年間3万人超のペース。

 今年上半期の自殺者のうち、約7割に当たる1万1354人が男性。月別では、企業の決算期で雇用契約が切れる年度末の3月が最多の2932人だが、昨年9月から10か月連続の減少となっている。

 都道府県別で多いのは、東京都269人、大阪府171人、愛知県153人など。北海道で昨年同期より40人減の121人、神奈川県で30人減の135人となるなど、計23道府県で昨年同期を下回った。

 NPO法人「自殺対策支援センターライフリンク」の清水康之代表は、自殺対策の啓発活動や相談窓口設置などの効果が出ているため、とする一方、「国や自治体が気を緩めれば、一気に増加に転じかねない」と指摘している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

阿武松部屋など数十か所、賭博容疑で一斉捜索へ(7日)

 大相撲の野球賭博問題で、警視庁は近く、力士らが関与した賭博の実態を解明するため、

阿武松

(

おうのまつ

)

部屋(千葉県習志野市)など数十か所を賭博容疑で一斉捜索する方針を固めた。

 同庁は、力士と賭博の胴元との仲介役になった幕下力士(34)や床山(29)らが所属する阿武松部屋を中心に野球賭博が行われたとみており、捜索などを通じ、暴力団の関与を含めた賭博の全容解明を進める。

 同庁はこれまで、4日に日本相撲協会に解雇された元大関琴光喜(34)や前大嶽親方(42)(元関脇貴闘力)らから事情聴取を重ね、野球賭博にかかわった回数や具体的な日時、賭け金の額などの特定を進めてきた。

 その結果、暴力団の関与などを含め、野球賭博が行われた実態の全容解明には強制捜査が不可欠と判断した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生の尻触り階段から落ちる 容疑の男逮捕 朝霞(7日)

埼玉県警朝霞署は6日、強制わいせつ致傷の疑いで、朝霞市三原、会社員、池尊司容疑者(37)を逮捕した。

 朝霞署の調べでは、池容疑者は5日午前0時15分ごろ、朝霞市内のマンション階段で、帰宅した私立大の女子学生(20)に抱きついて尻などを触り、2人で倒れて階段から落ち、女子学生のひじなどに軽傷を負わせた疑いが持たれている。

関連記事

記事本文の続き 朝霞署によると、池容疑者は犯行直後に職務質問され犯行を認めたが、被害にあった女子学生が見つからなかったため、いったん自宅に帰された。同日夕、女子学生から被害届が出たため逮捕された。「他にも数件やった」と供述しているという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(7日)

非番の女性警察職員、振り込め詐欺を見破る 78歳女性を救う 山口

 6日午後2時10分ごろ、山口市中市町のデパートの現金自動預払機(ATM)で、非番で買い物中の女性警察職員(30)が、市内に住む女性(78)を振り込め詐欺の被害から救った。

 山口署によると、女性が携帯電話で話しながらATMを操作。偶然に目撃した職員が「振り込め詐欺ではないか」と思い、女性に声を掛けた。女性が「電話会社から返金があると言われた」と話したため職員が山口署に通報、被害を防いだ。

 同署によると、女性は2日にNTT社員を名乗る男から「電話の過払い金約4万円を返す」との電話を受けており、当日も男からの電話を受けてATMを操作していた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100706/crm1007062244036-n1.htm

「振り込め」捜査に中国が協力、回線切断

警察官などを装ってキャッシュカードをだまし取る振り込め詐欺事件で、中国に潜伏する中国人の男2人を首謀者として、山形県警などが警察庁を通じて中国当局に捜査協力を要請していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。

 犯行グループは中国からインターネット・プロトコル電話(IP電話)で日本の被害者と話をしていたことも判明。中国当局が回線切断に協力していた。振り込め詐欺は国際犯罪化が進んでいるが、国外の捜査機関の協力が明らかになるのは初めて。

 山形県警によると、山形や新潟、茨城など13県で2009年頃から、警察官や銀行員などをかたり、だまし取ったキャッシュカードで現金を引き出す振り込め詐欺が続発。犯行に使う銀行口座を用意する「道具屋」、現金を引き出す「出し子」ら中国人7人、日本人9人を逮捕した。被害は40件、約1700万円に上る。

 捜査関係者によると、捕まった仲間らが、中国人2人が中国から事件を指揮していたと供述した。被害者には欧州のルクセンブルクにあるIP電話会社を利用し、中国から日本に電話をかけていた。

 中国当局への捜査協力要請は09年10月から数回にわたり、国際刑事警察機構(ICPO)などを通じて捜査資料などを提出したり、2人の身分照会を依頼したりしてきた。これに対し、中国当局は振り込め詐欺に使われたIP電話の停止に協力したという。

 首謀者のうち1人は日本で服役した後に中国に強制退去処分となっており、この男が刑務所で知り合った日本人に犯行を持ちかけたとみられている。2人は今も中国に潜んでいるとみられ、山形県警幹部は「中国から捜査協力を得ることができれば、国際化した振り込め詐欺に捜査のメスが入る。とかげのしっぽではなく、頭を捕まえたい」と話している。(2010年7月7日14時38分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

Msn_s1_2

2010.7.6 22:44

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「撮られた」と文句付け暴行 容疑の少女ら5人逮捕(7日)

大分中央署は6日、傷害の疑いで大分市三芳の無職、古川翼容疑者(24)と大分市の無職少女(16)ら計5人を逮捕した。

 5人の逮捕容疑は、2月23日午前6時ごろ、大分市内の駐車場で、同市の飲食店店員の男性2人に殴ったり蹴ったりの暴行を加えたとしている。27歳の男性が脳挫傷などの重体となり、現在も入院中。もう1人も軽傷を負った。

 大分中央署によると、市内のファミリーレストランにいた少女らが、後から来た男性らに「携帯電話で写真を撮られた」と文句を付け、古川容疑者らも加わって駐車場に連れ出したという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100706/crm1007062338039-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月6日 | トップページ | 2010年7月8日 »