« 2010年7月5日 | トップページ | 2010年7月7日 »

2010年7月6日

2010年7月 6日 (火)

10数億円集める?金融サービス会社捜索(6日)

無登録でファンドへの投資を募ったとして、広島県警は、東京の金融サービス会社を家宅捜索しています。これまでに10数億円を集めた組織的詐欺の疑いも視野に調べる方針です。

 家宅捜索は午前7時半から10数か所で行われています。広島県警の家宅捜索を受けているのは、東京都新宿区の金融サービス会社「パシフィック」です。

 「パシフィック」社は、去年1月から6月の間に、金融商品取引業の登録がないのに、広島や岡山の3人の女性からファンドへの投資を募り、およそ1000万円を集めた疑いがもたれています。

 捜査関係者によりますと、ファンドは海外商品先物オプション取引を運用する名目だということです。県警は、「パシフィック」社がこれまでに高齢の女性を中心に10数億円を集めたとみて組織的詐欺の疑いも視野に入れて調べることにしています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4470101.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(6日)

タレント・菊川 怜さん、「1日振り込め詐欺防止隊長」に就任

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00180280.html

菊川 怜さん(32)が6日、「STOP! 振り込め詐欺」金融犯罪防止啓発イベントに登場し、「1日振り込め詐欺防止隊長」に就任した。
周辺でも被害の話を聞くという菊川さんは、「自分の身内にも注意を促したい」と語った。
また、「一番怖い詐欺は?」との記者の問いに対し、笑顔で「結婚詐欺です。あわてないで確認して防ぎたいです」と答えていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲:NHKぎりぎりの決断…中継中止(6日)

大相撲名古屋場所の中継を巡って、NHK内部の議論は決定直前まで揺れた。

 野球賭博問題発覚直後、福地茂雄会長は放送の是非を検討するよう指示を出した。08年1月の会長就任後、角界の不祥事は「4度目」。だが今回は視聴者からの意見がけた違いに多く、「中継をやめろ」という声が大半を占めた。6月23日、日向英実放送総局長、スポーツ担当の今井環理事は定例会見で「中止も含め検討」「このままいくと放送できない」などと発言。暴力団幹部が土俵下の維持員席に座る映像が悪用された問題にも不快感を示した。中止に向けた地ならしが一気に進むかにみえたが、翌日以降は一転し、慎重姿勢に終始した。

 ブレーキをかけたのは福地会長。中継をやめた場合のリスクや行った場合のメリットなども検討するよう改めて指示し、日本相撲協会の処分や改革案に対する世論の動向を探らせた。7月1日の会見で「現時点ではまったく白紙。判断は相撲協会理事会の結論を聞いて6日以降に出す」と述べ、日向総局長らの発言が与えた予断を、打ち消しにかかった。

 5日夜には「NHKスペシャル 大相撲は変われるのか」を放送。武蔵川理事長、村山弘義理事長代行から、改革への意気込みなどを語らせた。

 6日、NHKを訪問した村山代行らに、NHK側は理事長代行の任期などについて説明を求めた。散会後、会長以下12人が集まって会議を開いた。相撲協会が新設する改革委員会のメンバーすら決まっていないことや、村山氏が代行を務めるのは名古屋場所限りであることなどを重視。視聴者の意見の大半が中継反対であることも踏まえ、福地会長が「中継せず」の決断を下した。列席した理事から異論は出なかった。

 視聴者からの圧倒的な反対意見を前に、日向総局長は「視聴者には、我々自身が納得できる説明をしたい」と語った。【岩崎信道】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100707k0000m040093000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

同級生刺殺未遂、高1女子を家裁送致…横浜地検(6日)

横浜市港北区の私立清心女子高校の教室で1年生の女子生徒(15)が授業中に刺された事件で、横浜地検は6日、同級生の女子生徒(15)を殺人未遂と銃刀法違反の非行事実で横浜家裁に送致した。

 捜査関係者によると、地検側は刑事処分は求めなかったという。

 家裁は同日、2週間の観護措置を決定し、女子生徒を横浜少年鑑別所に収容した。今後、少年審判を開始するかどうか判断する。

 地検の発表では、女子生徒は6月15日正午過ぎ、通学用のカバンに入れていたナイフで隣の席の女子生徒の右脇腹を刺して殺害しようとしたとしている。

 刺された生徒は意識不明の状態が続いている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

家出の13歳を連れ回し2カ月 誘拐容疑で男逮捕(6日)

家出した神戸市の中学生の少年(13)を保護者に無断で約2カ月間、自宅に留め置いたり、大分県内を連れ回したりしたとして、大分県警は6日、住所不定、無職の一水(いちみず)清次容疑者(38)を未成年者誘拐容疑で逮捕し、発表した。2人はインターネットの掲示板で知り合ったとみられ、一水容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、一水容疑者は「神戸にいると見つかる捕まると思って、フェリーに乗って大分に来た」と話しているという。

 日出署によると、一水容疑者は5月上旬、少年に「一緒に暮らそうか」などと言って保護者に無断で神戸市中央区割塚通2丁目の集合住宅の自宅に留め置き、6月中旬から自宅を引き払って大分県内を連れ回した疑いがある。少年は「自分で家を出た」と話しており、けがもないという。

 今月5日午後1時半ごろ、一水容疑者から「息子がいなくなった」と110番通報があり、パトカーで走行中の署員が大分県日出町内の国道10号沿いを歩く少年を発見した。2人から事情を聴き、少年の家族から5月10日に行方不明の届けが出ていることが発覚した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学生から現金脅し取る 中2男子3人摘発 宇都宮(6日)

 栃木県警宇都宮東署は6日、中学生に暴行して現金を脅し取ったとして、傷害と恐喝の疑いで、宇都宮市内の中学2年の男子生徒2人=いずれも(14)=を逮捕、別の中学2年の男子生徒(13)を補導した。「生意気だった」と容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 同署の調べによると、男子生徒らは6月27日午後、宇都宮市岩曽町の駐車場で、別の中学2年の男子生徒3人に殴るけるの暴行を加えて軽傷を負わせたうえ、一人から現金1000円を脅し取った疑いが持たれている。

 逮捕された男子生徒らと被害に遭った3人は面識はなかったが、男子生徒のうち1人がこのときに生徒手帳を見せていたことで身元が判明した。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

乗用車への放火容疑で知人の女逮捕 大阪府警(6日)

大阪府警堺署は6日、乗用車に火を付けたとして建造物等以外放火の疑いで、堺市中区堀上町の無職、川端悦子容疑者(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は6日午前3時40分ごろ、堺市堺区大浜中町のマンション駐車場で、止まっていた乗用車のボンネット上に新聞紙で包んだカセットボンベを置き、ガソリンをかけるなどしてライターで火を付けたとしている。

 同署によると、川端容疑者は乗用車を使用していた会社員の男性と交友関係にあり、「困らせるために男性が大事にしていた車に火を付けた」と容疑を認めている。2人の間にトラブルがなかったか調べる。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100706/crm1007062127035-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日単位・レベル)

裁判長がこれだもの…

【治安解説】
212

裁判長がこれだもの、どうしようもない法治国家ですね。
 5日、空き巣に入った家に放火したとして、現住建造物等放火などの罪に問われた男の裁判員裁判の初公判が東京地裁であった。検察側は、被告が犯人であることを立証するために、冒頭陳述で同種事件の前科に言及しようとしたが、河合健司裁判長は「裁判員に予断を与える」との弁護側異議を認め、前科を朗読しないよう命じた。

 この被告は、住所不定、無職の40歳の男。平成21年9月8日、東京都葛飾区のアパートに侵入して現金1000円を盗み、灯油をまいて放火し約1平方メートルを焼いたとして起訴された人物。

 新聞記事を読む限り、「同種事件の前科に言及しようとした」は、「前にも同種事件を犯している」に言及しようとしたと解釈すれば、常習性があるのか否かは当然、量刑に影響を与えますよね。だから裁判員なら「前科」を知りたいのは当然ではないでしょうか。

 この裁判官は、これまで「前科」、つまり常習性が有るか否かなど関係なく判決を下してきたのか?恐ろしくなりますな。一部弁護士は「裁判員だからですよ」と言うが、「前科」隠しが根底にあるなら放置できない問題だ。

 「前科」を隠す世の中だから「一度くらい犯罪を起こしても刑を終えれば関係ないよ」と、「抑止力の意識」がなくなる。犯罪を起こせば、それを背負って生きていかねばならんという罪の意識があるから、ぐっとこらえる抑止効果があった。

 「短気は損気」「嘘つきは泥ボーの始まり」「手を出す前に3つ数えろ」「悪いことするとお巡りさんがくるぞ」と教えてくれたお婆ちゃんがいた。今は「学校の給食はただなんだから腹一杯食べてきなさい」「ほしい物があるなら店から見つからないよう持って来なさい」という母親がいる。これでは治安はよくならない。

首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

“暴力団とのつながり排除を”(6日)

大相撲の野球賭博問題で、中井国家公安委員長は会見で「日本相撲協会の体質改善は、まだまだこれからで、野球賭博を通じた暴力団とのつながりをきちんと排除してほしい」と述べました。

この中で中井国家公安委員長は、日本相撲協会が行った力士や親方などへの処分について「従来、わたくしが知っている処分からすると、かなり厳しい処分がなされている」と述べました。そのうえで5日、調査結果などの報告に訪れた村山弘義理事長代行らに対し、「相撲関係者が野球賭博に関して、きちんと話をして捜査が早く済むようにしてほしいと申し上げた」と述べました。また「相撲協会の体質改善は、まだまだこれからだ。いろんなことをやっていかなければならず、長い道のりがあると思っている。野球賭博を通じた暴力団とのつながりをきちんと排除してほしい」として暴力団排除の徹底を求めました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100706/k10015565391000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁、「偽装ラブホテル」の取締り強化 (6日)

ビジネスホテルなどを装い、実質はラブホテルとして営業している、いわゆる「偽装ラブホテル」について、警察庁は取り締まりを強化することを決めました。

 6日に閣議決定された風俗営業法施行令の改正案では、ラブホテルの定義に「タッチパネル式の入室システムを備え、かつ自動精算機などがあること」などの要件が追加されました。

 偽装ラブホテルは全国に3590軒あり、児童売春などの犯罪の温床になるとの指摘があります。(06日10:45)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4470109.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・上野の路上でラーメン店の売上金狙った強盗事件 すし店の板前が男取り押さえる(6日)

東京・上野の路上で5日、ラーメン店の売上金を狙った強盗事件があり、容疑者の男は、現場に居合わせたすし店の板前の男性に取り押さえられた。
強盗致傷の疑いで逮捕された中野区の調理師・根本正勝容疑者(30)は、5日午前4時半すぎ、上野の路上で、ラーメン店の男性店員にヘアスプレーを吹きかけ、売上金およそ30万円を奪って逃走したが、現場周辺に居合わせたすし店の板前の男性に取り押さえられた。
犯人を取り押さえた大沢さんは、「男性があおむけに倒れてて、『助けてくれ』と言って、『強盗だ』って叫んだんで。(犯人は抵抗しなかった?)抵抗しなかったですね。『お金なかったの?』って聞いたら、『はい、すみませんでした』と」と話した。
調べに対して、根本容疑者は、容疑を認めているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00180257.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

処分に抗議電話、理事長代行宅に…警視庁警戒(6日)

日本相撲協会の村山弘義理事長代行の都内の自宅に、野球賭博問題を巡る力士らへの処分内容に抗議する電話が複数回かかっていたことが6日、わかった。

 警視庁が自宅周辺の警戒を強化している。

 同庁幹部によると、電話はいずれも5日に男の声であり、同協会の処分内容などに不満を述べたという。村山氏の家族から同日夕、同庁に相談があったという。村山氏は6日、文部科学省を訪れた際、取材に応じ、「電話はありました。警察に相談しています」などと語った。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上強盗:4人組の男が連続で金奪う 名古屋・千種区(6日)

5日午後10時50分ごろ、名古屋市千種区不老町の名古屋大学敷地の間を通る市道で、自転車に乗って帰宅中だった同区の南山大准教授の男性(37)が4人組の男に囲まれ「刺すぞ」などと脅された。男性は財布から現金約1万5000円を渡し、男らは歩いて去った。

 2分後、約50メートル南で、いずれも自転車に乗っていた同区の名古屋大大学院生の男性(23)と知人の同市瑞穂区の無職男性(37)が4人組の男に肩などを殴られ、2人とも軽傷を負った。2人はカッターナイフで脅され、計約3万円を差し出した。

 愛知県警千種署によると、4人組はいずれも20代前半くらい。恐喝と強盗の疑いで行方を追っている。【高橋恵子】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100706k0000e040061000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無届けで住宅に13人 栃木、貧困ビジネスの可能性(6日)

栃木県那珂川町矢又の住宅を所有する中国籍の男性が、この住宅に生活保護受給者ら13人を入居させながら、社会福祉法に基づく「無料低額宿泊所」の届けを県に出していなかったことが6日、県への取材で分かった。

 入居者は生活保護費や年金から家賃や光熱費を支払っており、県は「貧困ビジネス」の可能性もあるとして運営の実態を調べている。

 県によると、住宅は平屋の約125平方メートルベニヤ板で約2畳分に仕切られた部屋が16室ある。所有者は1月に競売で建物を取得。改修工事を繰り返していた。

 入居者は40~60代の男性。12人が生活保護費を、1人が年金を受給し、それぞれ1カ月に家賃2万9900円、光熱費などとして1万8500円を支払っていた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100706/crm1007061254015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

恐喝未遂容疑で巡査逮捕 道警、探偵装い役員脅す(6日)

 北海道警は6日、会社役員から現金300万円を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂の疑いで、白石署留置管理課の巡査、金田智大容疑者(28)=札幌市中央区=を逮捕した。

 道警監察官室によると、金田容疑者は5月28日、個人探偵を装い、札幌市の会社役員(47)に「情報を買ってくれないか。会社の信用失墜の損失も最小限で済む」などと書いた手紙を送り付け、300万円を脅し取ろうとした疑い。

Head_logo1_3

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗、客来店であわてて逃走 東京・西葛西(6日)

6日午前3時15分ごろ、東京都江戸川区西葛西のコンビニエンスストア「ファミリーマート西葛西小学校前店」に男が押し入り、1人で店番をしていたアルバイト店員の男性(21)にナイフのようなものを突きつけ「金を出せ」と脅迫。直後にほかの客が店に入ってきたため、男は何もとらずに走って逃走した。店員にけがはなかった。

関連記事

記事本文の続き 警視庁葛西署によると、男は身長約180センチ、サングラス、白色マスク、黒っぽいTシャツに青色のズボン姿だった。同署で男の行方を追っている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「それが誠意か」生徒に土下座させる…青森の高校(6日)

青森県の青森南高校の男性教諭が今月2日、受け持っている1年生のクラスの球技大会の成績を間違った生徒会の会長らに、クラス全員の前で土下座させていたことが5日、学校関係者への取材でわかった。

 同校は詳しい経緯を調べている。

 複数の関係者によると、生徒会は1日にあった校内球技大会の予選後、男性教諭のクラスが決勝に進むと誤って伝えた。間違いに気づいた生徒会の会長ら3人の男子生徒が教諭に謝ると、教諭は「生徒に土下座すべき」と促した。

 3人は翌2日朝にクラスを訪れ、予選の成績計算にミスがあったことを立ったまま謝罪。しかし教諭は「それがお前らの誠意か」と問い詰め、3人は土下座した。教室内は「やりすぎじゃないか」とざわめいたという。

 学校も土下座した事実を把握しており、同校の小林一也校長は本紙の取材に、「土下座をさせたと言われても言い逃れができない行為。正確な経緯を早急に確認する」と話した。

 教諭は学校側の聞き取りに対し、「本当に土下座するとは思わなかった。自主的にしたのだと思う」などと話しているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

LSD1万片余り押収、密輸容疑で女逮捕(6日)

ドイツから総額8400万円相当のあへんやLSDを密輸入しようとしたとして、ラトビア人の女が逮捕・起訴されました。

 麻薬取締法違反などの罪で逮捕・起訴されたのは、ラトビア人のステルマカ・オクサナ被告(31)です。

 税関などによりますと、ステルマカ被告は先月15日、ドイツから成田空港に到着した際にあへんおよそ3.5キロと麻薬の一種を紙に染み込ませたLSD1万片余り、末端価格にして総額およそ8400万円相当を密輸入しようとした罪に問われています。

 あへんとLSDは2つのスーツケースを二重底にするなどして隠されていました。

 調べに対しステルマカ被告は、「ドイツでイラン系の男性にスーツケースを2つ運ぶよう頼まれた」などと供述しているということです。

 1万片を超えるLSDの密輸は成田空港では11年ぶりです

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4469432.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で母の後追い横断中…6歳はねられ死亡 名古屋(6日)

5日午後4時40分ごろ、名古屋市瑞穂区内浜町の交差点で、同市南区戸部下2丁目、会社員亀田直宏さん(36)の長女で幼稚園児の琴羽(ことは)ちゃん(6)が自転車で市道を横断中に10トントラックにはねられた。琴羽ちゃんは頭を強く打ち、間もなく死亡した。

 瑞穂署は運転していた瑞穂区に住むトラック運転手の男(50)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕。その後釈放し、容疑を同致死に切り替えて調べている。

 同署によると、現場は東西に走る国道1号に、北東から県道、南から市道が合流する変則交差点。琴羽ちゃんは母暁希(あき)さん(36)の自転車の後を追って、横断歩道を東から西に走っていた。トラックは市道から国道を横切って県道に進入しようとしていたという。

 運転手は三重県で積んだ荷物を下ろして、同区内の鉄鋼原料卸売会社に帰る途中だった。同署の説明では「気がつかなかった。音がしたので止まったら女の子が倒れていた」などと供述しているという。

 事故当時、現場近くにいた男性(24)は「バキバキという音が聞こえたのでトラックを見ると、タイヤの下に自転車があった。女の子は意識がなかった。お母さんが『どうしよう、どうしよう』と取り乱していた」と話した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自治体の4分の1、消費者相談の窓口なし(6日)

消費者庁が全国1837の都道府県と市区町村を対象に行ったアンケートで、およそ4分の1にあたる413自治体が、悪徳商法や製品事故などのトラブルを相談する窓口を設置していないことが分かった。

 政府は、相談体制の整備など地方消費者行政の充実を重点施策としている。消費者庁は、413自治体に対し、相談窓口の設置などを求める方針。

 発表によると、414自治体で、専門の相談員が週4日以上勤務している「消費生活センター」を設置しているほか、専門職員は置いていないものの、住民からの相談を受け入れる窓口を設置している自治体も1010あった。しかし、人口3万人未満の町村を中心に、窓口を設置していない自治体が413あった。

 同庁では「住んでいる地域で、対策に格差が生じるような状態を解消したい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員裁判:前科言及の冒陳を制止 東京地裁(6日)

空き巣に入った家に放火したとして、現住建造物等放火などの罪に問われた男の裁判員裁判の初公判が5日、東京地裁であった。被告が犯人であることを立証するために、検察側が冒頭陳述で同種事件の前科に言及しようとしたが、河合健司裁判長は「裁判員に予断を与える」との弁護側異議を認め、前科を朗読しないよう命じた。争点を絞り込んで行われる裁判員裁判で冒頭陳述が制止される異例の展開となった。

 検察側は、裁判長が公判前整理手続きで前科立証を止めていないとして「不意打ちのような訴訟指揮」と反発。

 男は住所不定、無職、岡本一義被告(40)。09年9月8日、東京都葛飾区のアパートに侵入し現金1000円を盗み、灯油をまいて放火し約1平方メートルを焼いたとして起訴された。

 事件の手口が特殊な場合、犯人性立証のために前科に関する証拠を提出することが許された例があるが、河合裁判長は「被告の前科は特殊ではない」と退けた。【伊藤直孝】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100706k0000m040087000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

見守り隊:72歳ボランティア、女児の体触り起訴(6日)

小学生の登下校の安全を見守る地域活動を通じて知り合った女児の体を触ったなどとして、京都府城陽市、ボランティア「見守り隊」の一員で無職の山本義信被告(72)が京都府警に逮捕され、強制わいせつ罪で京都地検から起訴されていたことが分かった。検察は「ボランティアの立場を悪用し、悪質だ」として、5日の公判で懲役1年6月を求刑。山本被告は「可愛くてやった。大変申し訳ありません」と謝罪した。

 起訴状などによると山本被告は3月、小学生の女児に「バレンタインデーのお返しをしたいから、家に1人で来て」と言って自宅へ呼び出し、胸を触りキスをした、とされる。

 冒頭陳述などによると、山本被告は地元小学校のPTAや地域住民が06年に組織した見守り隊に発足当時から参加。登下校の時間帯に交差点に立つなどの活動をしていた。ボランティアと児童らの間にはバレンタインデーのプレゼントを贈り合うなど交流があったという。

 女児の父親はこの日の公判で「娘は見守り隊の上着を着ている人を見ると、1人で外に出ることもできず、投薬治療をしている。死にたいと話すこともあり、被告を許すことはできない」と陳述。公判後の取材に、「被告を慕っていた娘に対し、立場を悪用して犯行に及んだのは言語道断」と憤った。

 城陽市教委は「見守りは子供の安全を守るために学校や住民で行っており、これからも必要だ」としている。

 地域の見守り活動は、子供を狙った事件や街頭犯罪の増加を受けて全国に広がった。02年の大阪府を皮切りに、子供の安全確保を目指す条例の制定が相次ぎ、京都府は04年に施行している。【古屋敷尚子】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100706k0000m040112000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

4歳長男虐待容疑で逮捕 「言うこと聞かぬ」と母(6日)

 広島県警福山東署は5日、自宅で長男(4)を殴り重傷を負わせたとして、傷害の疑いで母親の無職、渡部綾子容疑者(26)=福山市川口町=を逮捕した。

 同署によると「子供が言うことを聞かなかった。何で逮捕されるのか」と供述しており、日常的に虐待を加えていなかったかを調べる。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は6月13日、自宅で長男の頭を拳で殴るなどして、上あごにけがを負わせたとしている。

 同署や広島県などによると、夫と長男、生後5カ月の次男との4人暮らし。長男の通う保育所が「虐待の可能性がある」と、福山市などを通じて警察に通報した。長男はこども家庭センターで保護され、腕や顔などにあざがみられるが健康状態に問題はない。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組「弘道会」に包囲網 警察当局(6日)

 警察当局が、指定暴力団山口組の有力2次団体「弘道会」(本部・名古屋市)幹部らを相次ぎ逮捕し、組織の切り崩しを進めている。弘道会をめぐっては、大相撲名古屋場所で現役の親方が手配した特別席で幹部らが観戦した問題も発覚したため、これまで以上に排除の機運が高まっているが、弘道会は目立った反発を見せずに“不気味な沈黙”を保っている。弘道会を出身母体とし、銃刀法違反罪で服役中の山口組組長の出所まで1年を切っており、捜査幹部は「不在の間に弱体化を進めたい」としている。

 「靴はこちらで脱いで、ここに置いてください」

 6月4日、大阪府警捜査4課弘道会系組長による賭博開帳図利容疑で、弘道会本部を家宅捜索した。捜査関係者によると、約40人の捜査員が建物に入る際、組員から抵抗はなく、靴の置き場所にまで配慮する姿勢を見せたという。

 これまで弘道会は、警察当局への対決姿勢を鮮明にする強硬派として知られてきた。捜査員の住所や家族の情報収集を行い、家宅捜索では、捜査員の立ち入りに強い抵抗を示してきたが、取り締まりが強まる中、必要以上の軋轢(あつれき)を避けようとしているとみられる。

 実際、警察庁が昨年9月に弘道会の集中取り締まりを指示して以降、府警は弘道会系組長の摘発を重ねてきた。昨年10月には、不正に入手したカードで商品を詐取したとする詐欺容疑で、弘道会の最高幹部(若頭補佐)だった組長(当時)を逮捕。今年も弘道会直系組長を含む3人の系列組長を詐欺や銃刀法違反、賭博開帳図利などの容疑で逮捕している。

 弘道会の28の直系組織が集まり、“おひざ元”となる愛知県では、県警が今年4月、「弘道会特別対策室」を捜査4課に設置した。捜査幹部は「あらゆる法令を適用して摘発に努めたい」と話す。

5月には、名古屋市で、弘道会直系組長の飼い犬のプードルを見た男性が「狂犬病の注射を打っているのか」と話したことに組員が立腹し、「オヤジの犬に何てことをいうんだ。事務所にわびを入れに来い」と男性を脅迫。県警は暴力行為法違反容疑でこの組長と組員の3人を逮捕している。

 一方、山口組本部(神戸市)がある兵庫県では、先代の山口組組長時代に隆盛を誇った山健組系の組織が大半で、弘道会の直系組織は1団体だけ。県警の捜査関係者は「勢いがある弘道会といえども、兵庫に浸透するには時間がかかるのでは」としながらも「周辺業者などは徐々に弘道会になびきだしている」という。

 このため、弘道会の台頭で冷遇されるようになった組織からは「警察が弘道会を弱体化してくれる」といった、他人任せの本音も漏れ聞こえるという。

 現在の山口組トップ、篠田建市受刑者(68)=通称・司忍=は来年4月に出所予定。ある捜査幹部は「それまでに弘道会を厳しく取り締まることが、ひいては山口組への打撃につながる」としている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100706/crm1007060032000-n2.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月5日 | トップページ | 2010年7月7日 »