« 2010年7月1日 | トップページ | 2010年7月3日 »

2010年7月2日

2010年7月 2日 (金)

子供への「つきまとい」、都内700件近く(2日)

幼い子供への性犯罪に発展するおそれのある、不審者による子供へのつきまといなどの行為が、今年、すでに東京都内で700件近く報告されています。去年は7月が最も多かったということで、警視庁が注意を呼びかけています。

 東京・杉並区の住宅街にある公園。今年2月、この公園のトイレに小学生の女子児童を無理矢理連れ込み、体を触ったとして、杉並区の無職・木佐貫智仁被告(26)が強制わいせつと未成年者略取・誘拐の罪で起訴されました。

 さらに、木佐貫被告は去年9月にも、中野区の路上で別の小学生の女子児童の頬に無理矢理キスをする事件を起こし、追起訴されていますが、犯行発覚のきっかけとなったのは、木佐貫被告が繰り返していた「つきまとい」行為です。

 「事件現場の公園では、今もたくさんの子供たちが遊んでいます。木佐貫被告はこちらのトイレで犯行を起こす以前にも20~30件、女の子をトイレに連れ込んだり、声をかけていたということです」(記者)

 警視庁によりますと、東京都内では、こうした性犯罪に至る前の「声かけ」や「つきまとい」行為が、今年、すでに680件以上報告されています。

Logo1_3

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4467329.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒に酔って?鉄橋に男性逆さづり!列車急停止(2日)

 2日午前5時20分頃、北海道恵庭市下島松のJR千歳線ルルマップ川鉄橋(全長約6・6メートル)で、男性が枕木に足を掛けて宙づり状態となっているのを、札幌貨物ターミナル発五稜郭行きの貨物列車の運転士が見つけ、直前で停止した。

 男性は、約1時間後に北海道警千歳署や恵庭市消防署員に救助された。命に別条はない。救助のため、ほしみ発新千歳空港行き快速列車など2本が部分運休、急行1本が約30分遅れた。

 同署と同消防署によると、現場は川から約10メートルの高さに架かる鉄橋上。消防隊員らが、男性が落下しないように足をロープで固定し、鉄橋の脇から男性をたぐり寄せて救助した。男性は枕木に右足首を引っかけ、枕木のわき約30センチに鉄橋と並行して渡してあるパイプにひざをかけた状態で逆さになっていたという。

 救助されたのは同市内の男性(67)で、酒に酔っていたとの情報もある。同署が事情を聞き、原因を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

子供のけんかにバット手に飲酒運転で参戦、親を車で引きずる(2日)

埼玉県警幸手署は2日、傷害の疑いで、蓮田市馬込、無職、大沢文男容疑者(56)を逮捕した。

 幸手署の調べでは、大沢容疑者は1日午後10時20分ごろ、幸手市中の市道で、同所の男性自営業(41)が運転席側のドアに手を掛けているのに、軽乗用車を発進して男性を引きずったり転倒させるなどし、全身に軽傷を負わせた疑いが持たれている。

 幸手署によると、大沢容疑者の息子がトラブルが原因で男性の娘らに呼び出されたため、大沢容疑者が同行、少女らに対しバットを手にして威嚇していた。娘から連絡を受けた男性が駆けつけ、大沢容疑者の呼気からアルコールのにおいを感じて通報したところ、大沢容疑者が車を発進したという。

 大沢容疑者は「怖かったので発進した」などと供述。呼気から0・3ミリグラムのアルコールが検出されている。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児の尻触り、翌日も待ち伏せ? 容疑の男を逮捕(2日)

埼玉県警朝霞署は2日、暴行の疑いで、新座市野火止、自称アルバイト、斎藤晃宏容疑者(37)を逮捕した。

 朝霞署の調べでは、斎藤容疑者は6月30日午後4時ごろ、朝霞市のマンション駐車場で、下校してきたこのマンションに住む市立小学校4年の女児(9)を待ち伏せし、服の上から尻を触った疑いが持たれている。

 朝霞署によると、同署員が1日夕、女児が申告した犯人像と背格好などが似た男がこのマンションの前で1人でいるのを発見、職務質問した。斎藤容疑者は当初、容疑を否認していたが、現在は認めているという。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)

「ふれあいポリス」

【治安解説】
212  警視庁が地域住民とのコミュニケーションを図ることにより、犯罪が起きにくい地域社会を実現しようと「ふれあいポリス」として警察官14人を任命し、運用を始めた。

 任命されたのは、同じ警察署で10年以上の勤務を希望する警察官。同じ警察署に長年勤務し、その地域をよく知るベテラン警察官が地域住民とより近い存在になることで、犯罪抑止につなげるもの。

 交番勤務の警察官などとちがい、「ふれあいポリス」は私服姿で地域住民の自宅などをまわりながら意見交換を重ねることで、振り込め詐欺などの被害を防ぐ狙いがある。

 小欄で平成20(08)年9月13日に「河南マジック」として定年退職した一人の警察官の活躍ぶりを連載した。定年前の10数年を、警視庁・小金井警察署の生活安全課で全うし、生活安全相談員となった。彼の名前は河南聰捷さん。

 彼は通勤の途中や所要などで街を歩くと、商店街の人たちが挨拶してくる。それが署管内の隅々まで行き届いているのだ。「どうすればそんなに〝顔役〟になれるのか?」

 彼は言った。「地域を理解することで地域住民と一体化すれば、必ず心を開いてくれる。地域の住民を知るために地元の風土記を買った。これには、地域の有名人から町会長、さらには有名でなくても燃料店からガソリンスタンドに変身したり、蕎麦屋が大儲けして大きなマンションを建てるなど、今になって羽振りの良い人の昔話しなどが事細かく記載されていた。当然、地域の人々の歴史を知るには最高の本だった。それと航空地図を組み合わせて頭の中にたたき込む。地域の人間関係まで見えてきたね」

 警察が最も扱いに苦慮するのが「近隣同士のトラブル」問題だ。
近隣同士のこうした問題は、戦前からの地域特有の人間関係に起因していることが多く事件に発展する危険性もあり、根が深いことから一度や二度話しを聞いても解決できる問題ではなかった。

 相談を受けると彼は、近隣周辺の住民同士の話題から始まり、警察官として培った相手の心理状態を読みながらいつの間にか心のなかに入り込んでいく。そしてトラブルの根元に迫り、人と人の関係の難しさを解きほぐしていく。

 極端な話しだが「君の所の隣の○○さんの親爺さんは…」と昔話をされると怒り心頭な相談者は「そこまで知っているの?」と親しみを感じるのか、次第に落ち着いてくる。まさに河南マジックだった。そして最後に「大岡裁き」で決着するのである。

 長く勤務すればいいというのではない。彼は現役時代、自転車か徒歩でのパトロールが多かった。そして地域住民とのコミニュケーションを作るなどの努力が「お巡りさん」を完成させたのである。

 ドラマの主役になる「捜査1課デカ」や要人警護の「SP」。ライフル銃などを持った「特殊部隊・サット」などのように決して「格好良い」とは言えない。逆に、こうした〝泥くささ〟の警察官で日本の治安は支えられている。がんばれ「ふれあいポリス」
 TBSによると、幼い子供への性犯罪に発展するおそれのある、不審者による子供へのつきまといなどの行為が、今年、すでに都内で700件近く報告されているという。これでは首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽名でホテル宿泊か、革マル派拠点捜索(2日)

過激派・革マル派の活動家が偽名を使ってホテルに宿泊した疑いが強まり、警視庁・公安部は、東京・新宿区の活動拠点の捜索を行っています。

 有印私文書偽造などの疑いで捜索を受けているのは、新宿区の革マル派の活動拠点「解放社」です。

 2日の捜索は、今年1月と2月、革マル派の60代の活動家の男が港区内のホテルに宿泊する際、偽名などを使っていた疑いがあるとして、公安部がこの活動家の逮捕状を取ったことを受けて行われたものです。

 この活動家は、ホテルの部屋を複数の革マル派の活動家との会合に使っていたとみられていて、公安部は男の行方を追うと共に、
革マル派の活動実態の解明を進める方針です。(02日15:26)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4467292.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁の方面本部長を減給処分へ ゴルフ場を割引で利用(2日)

 警視庁4方面本部長の男性警視長(59)が東京都内のゴルフ場を割引料金で繰り返し利用し、利益供与を受けたとして、国家公安委員会が国家公務員倫理規定に基づき減給の懲戒処分にする方針を決めたことがわかった。

 関係者によると、問題を指摘する投書が国家公安委に寄せられ、国家公務員倫理審査会が審査していた。

 警視長は4方面本部長に就任した昨年2月以降、都内のゴルフ場から複数回にわたり、料金の割引を受けていたとされる。

 国家公安委は、警視長とゴルフ場側に業務上の関係はなく、「利害関係者」にはあたらないものの、社会通念に照らし相当と言える程度を超えた利益供与を受けたと判断したとみられる。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「盗みの総合商社」金庫破り・空き巣など4億円(2日)

 窃盗容疑などで逮捕、起訴された男5人のグループが、事務所荒らしや金庫破り、自動車盗、ひったくりなど、多様な手口の盗みを繰り返し、関東地方で総額約4億4000万円の窃盗事件を起こしていた疑いが強まり、埼玉県警は2日にも、約400件の余罪を同容疑で追送検する方針を固めた。

 捜査関係者によると、逮捕、起訴されたのは、いずれも無職の小枝恭利(28)(千葉県野田市東金野井)、篠崎佐知男(24)(埼玉県松伏町松伏)両被告ら5人。

 両被告は2008年12月、埼玉県草加市の民家に空き巣狙いで侵入した際、来訪した男性にけがを負わせて逃走したなどとして、強盗傷害罪などで、さいたま地裁に起訴されている。

 小枝被告らは06年12月から昨年4月にかけ、埼玉、千葉、茨城の3県で、事務所荒らし120件、空き巣70件のほか、自動車盗、金庫破り、携帯電話店荒らし、ひったくりなどを繰り返したことを認め、被害は現金6000万円超と、貴金属や家電製品、散弾銃など約3万5000点(3億8000万円相当)にのぼるという。

 盗品は千葉県内の貸倉庫に保管していた。調べに対し、小枝被告らは、「金になる盗みは何でもやった」と供述している。

 埼玉県警幹部は「窃盗犯の多くは、得意分野を繰り返すものだが、これほど何でもありのグループは珍しい」と話している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交差点:信号待ち時間短縮…事故対策で200カ所 警視庁(2日)

警視庁は今春から、2年計画で事故減少に向けた「交差点改革」に乗り出している。東京都は09年、交差点で発生する交通死亡事故の割合が全国ワースト2。事故の主因とみられる信号無視を防ぐため、「歩車分離方式」への変更などで信号待ちの時間を短縮させる対策を都内約200カ所で進める。警察庁も警視庁の取り組みを参考に全国警察に交差点の点検を指示しており、全国約8500カ所で同様の見直しを行っている。

 09年の都内の交通事故死者数は、47都道府県で4番目に多い205人だったが、08年より13人減で戦後最少となった。だが、交差点内の事故で死亡した人が占める割合は08年の44%(96人)から52%(107人)に増加。全国平均の37.3%を大きく上回り、愛知県(57%)に次いで2番目に高かった。

 都内の信号機は1万5508カ所(09年3月時点)と全国最多で、信号無視もこれに比例して多いとみられるが、警視庁交通管制課は「信号無視を減らせば死者数減につながる」と対策に着手した。

 (1)交通量が少ないのに信号待ちの時間が長い場所ほど、信号を無視する歩行者が多い(2)道幅の狭い道路ではこの傾向が強くなる--との仮説を立て、昨年、信号無視が多い交差点約500カ所で歩行者の動態を調査。その中から無視した人の割合が高く、改善が見込める交差点を集中的に見直すこととした。

 実際、先行して3月に対策を講じた千代田区有楽町1の「有楽町ガード西交差点」では、車両通行量の少ない側の「青信号」時間を短縮するなどして、75秒だった歩行者の信号待ち時間を29秒に短縮させたところ、横断者の信号無視率は48.4%から4.6%に激減した。江東区豊洲5の「深川5中角交差点」でも、歩車分離方式に変更して待ち時間を38秒短縮した結果、無視率は15.3%から8・3%に減少した。

 信号表示パターンの変更で交通渋滞の悪化も懸念されたが、同庁交通管制課は「問題は発生していない」としている。また、近年は高齢者が多く通行する交差点で歩行者側の青信号時間の延長要請が増えてきているため、高齢者が多い地域などでは歩行者側の青信号の時間を長くするよう対応しているという。

 警視庁は、今年2月から始めた警笛指導と併せ、一連の交差点改革で事故減少を図る考えだ。【町田徳丈】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100702k0000e040053000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

被害総額は1650万相当 東武池袋店の腕時計盗(2日)

東京都豊島区の東武百貨店池袋本店で、6階外壁に穴が開けられ腕時計約70点が盗まれた事件で、被害額が約1650万円相当に上ることが2日、警視庁捜査3課への取材で分かった。

 同百貨店によると、盗まれたのは大半が国産品で、スイス製の高級腕時計も含まれていた。同課は、シリアルナンバーなどから被害品特定を進めている。

関連記事

記事本文の続き 一方、同課によると、7階の外壁にも同様の穴が開けられていたが、2階の非常階段入り口から侵入した犯人グループが当初、建物の構造を勘違いして、穴を開けた可能性があるという。

 犯人グループは1日午前0時40分ごろ、2階の非常階段から侵入。同午前3時20分ごろ、防犯ベルが作動した。防犯カメラには黒ずくめで、上着のフードをかぶった3人組の姿が記録されていた。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽装結婚させた中国人ら4人逮捕(2日)

在留資格を得るために自社の中国人従業員と日本人女性を偽装結婚させるなどしたとして、警視庁組織犯罪対策1課などは、電磁的公正証書原本不実記載・同供用の疑いで、中国籍で風俗店経営、田涛容疑者(46)=東京都新宿区大久保=と韓国語教室経営、八代伸志容疑者(30)=同区歌舞伎町=ら中国人3人と日本人1人を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 同課によると、田容疑者は平成18年夏ごろから数十件の偽装結婚に関与していたとみられ、1組につき200万~300万円の報酬を受け取っていたとみられる。八代容疑者を除く3人は容疑を否認している。

 同課の調べによると、田容疑者らは19年8月、自社で勤務する中国人の男(37)と日本人の無職の女(32)の婚姻届を埼玉県の川越市役所に提出させるなどした疑いが持たれている。

 同課によると、男は「田容疑者に謝礼として現金220万円を支払った」と話しているという。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

再審請求で証拠の血痕鑑定覆らず 神奈川の三崎事件(2日)

神奈川県三浦市で1971年に一家3人が殺害された「三崎事件」で、死刑が確定し昨年9月に病死した荒井政男元死刑囚=当時(82)=の遺族の再審請求で、被害者の返り血とされた血痕を横浜地裁横須賀支部(忠鉢孝史裁判長)がDNA鑑定した結果、「自分の血」と主張した元死刑囚の型とは一致しなかったことが2日、分かった。遺族の弁護団が明らかにした。

 再審請求中に裁判所が行った異例の再鑑定だったが、71年に逮捕されてから間もなく行われた鑑定の結果は覆らなかった。地裁支部は結果を踏まえ、再審を開始するかどうか決める。

 弁護団によると、今回の鑑定は、血痕から検出されたDNA型には、荒井元死刑囚の毛髪やつめから採取した型は含まれないとの結果だった。

 血痕は元死刑囚の車から見つかった道具袋に付着し、当時のMN式血液型鑑定などで被害者の1人と一致するとされた。

47newslogo1_3 http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070201000452.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

特商法違反容疑で女逮捕 統一教会関連会社か(2日)

警視庁町田署は2日までに、虚偽の説明をし40万円で数珠を販売したとして、特定商取引法違反(不実の告知など)の疑いで、神仏具販売会社(解散)の元従業員で、アルバイト田辺美幸容疑者(31)=東京都町田市森野=を逮捕した。

 全国霊感商法被害対策弁護士連絡会によると、この会社は統一教会の信者らが運営しているという。

 逮捕容疑は2008年8月中旬ごろ、東京都町田市の路上で福岡市の女性(52)を呼び止め、勧誘であることを告げずに「ご主人の病気が良くなる」と話した上で、翌日、事務所で「数珠を持てばご主人は救われる」と言って数珠を40万円で販売した疑い。

 町田署によると、田辺容疑者は「救われるとは言っていない」と否認しているという。

47newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070201000556.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・大田区で乗用車が歩道に乗り上げ、自転車やバイクなどに次々衝突 6人けが(2日)

東京・大田区で2日午前、29歳の男性が運転する乗用車が歩道に乗り上げ、自転車をはねたあと、バイクなどに次々と衝突し、あわせて6人がけがをした。
2日午前8時ごろ、大田区南千束で、29歳の男性が運転する乗用車が歩道に乗り上げ、32歳の女性が乗る自転車をはねた。
車はその後、車道を走行し、バイクやワンボックスカーに次々と衝突した。
この事故で、あわせて6人が首の痛みを訴えるなどのけがをした。
近所の人は「乗っていた人が逃げたみたいな話で、それを捕まえたというので、警察もばたばたしていた」と話した。
警視庁は、乗用車を運転していた男性からくわしく事情を聴き、事故の原因を調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00180055.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

断髪式に堂々と暴力団幹部、30年来の付きあい(2日)

東京・両国国技館で5、6年前に行われた人気力士の断髪式に、関東地方のある暴力団幹部が出席していたことが1日、わかった。

 この幹部は約30年前から、日本相撲協会の役員経験者が親方を務める部屋に出入りし、力士らに食事をおごったり、祝儀を渡したりしてきたという。読売新聞記者の取材に、幹部は断髪した力士名、式の出席者などを具体的に明かしたうえで、「部屋の関係者から招待されて出席したんです」と話した。

 快晴の冬のある日、両国国技館には、力士の断髪式に向かう人の列があった。断髪式が始まると、順々に、まげにはさみを入れる同僚力士や芸能関係者、企業幹部ら有力後援者の中で、幹部は堂々と座っていたという。

 師匠が最後にまげを切り落とす「止めバサミ」を入れると、会場からは大きな拍手がわき、力士は深々と頭を下げた。

 この暴力団幹部は、1970年代半ば、知人の親族に相撲関係者がいたことで、相撲部屋との関係が始まった。幹部の「本業」は博徒。相撲関係者に賭博は勧めなかったが、野球賭博については、「胴元は必ず暴力団とつながっている」と語った。

 この部屋の親方との付き合いも古い。親族の結婚式にも招待する仲だったといい、「上場企業の重役らに交じり、部屋の親方や関取たちも出席してもらった」と話す。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の首絞めバッグ奪う 強盗致傷容疑で男を捜査 愛知(2日)

 2日午前2時55分ごろ、愛知県一宮市大志1丁目で、マンション入り口に座っていたアルバイト女性(32)が男に首を絞められ、現金約5万6千円入りの手提げバッグを奪われた。女性はあごにけがをして、県警一宮署が強盗致傷容疑で調べている。

 同署によると、女性は飲酒して帰宅し、自宅の隣のマンション前で酔いを覚ましていたところ、見知らぬ男が「何をやっているの」と声をかけてきた。女性はいったん追い払ったが、男は再び近寄ってきて女性の首を絞めて引きずり、バッグを奪って、そのまま逃走したという。

 自宅で女性の悲鳴を聞いた会社員の夫(32)が110番通報した上で、現場に駆けつけて男を追跡。男は数十メートル離れた路上にバッグを投げ捨て、走って逃げたという。

 同署によると、男は30歳くらい。身長約175センチで、やせ形。丸刈りで、リュックサックを持ち、黒っぽい服を着ていたという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(2日)

振り込め詐欺:容疑で再逮捕 /静岡

Logo_mainichi_s1_3

警察官などをかたってキャッシュカードをだまし取る手口の振り込め詐欺事件を捜査している静岡、福島など9県警の合同捜査本部は30日、グループのメンバーとみられる東京都新宿区西新宿4、無職、三山恭平被告(23)=詐欺罪で起訴=を詐欺容疑などで再逮捕した。

 逮捕容疑は、仲間の会沢健一被告=詐欺罪などで公判中=らと共謀。09年10月14日、埼玉県深谷市内の80代女性方に警察官などを名乗って「詐欺の被害に遭っている。キャッシュカードを換えた方がいい」とうそをつき、その後、詐取したキャッシュカード1枚で56万円を引き出したとしている。

 磐田署などによると、三山被告は容疑を否認しているという。【山田毅】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100701ddlk22040223000c.html

振り込め詐欺:サラリーマン化…スーツで出勤、家族手当も

Logo_mainichi_s1_5

 アジトに毎朝“出勤”してだましの電話をかけ、報酬は月給制で「家族手当」も--。振り込め詐欺組織が「サラリーマン化」している実態が、愛知県警の調べで明らかになった。名簿や他人名義の口座などはリーダーが準備し、実行役の部下を詐取額に応じた歩合制で競わせる。専門家は「役割の分担やルーティン化で罪悪感が薄れてきている」と指摘している。【秋山信一】

 ◇部下誘い“起業”

 「『詐欺専門会社』を営み、職業として犯行に及んだ」。6月1日に名古屋地裁であった振り込め詐欺事件の論告求刑公判で、検察側はリーダーの男(43)=組織犯罪処罰法違反で公判中=を非難した。

 県警や公判での証言によると、05年秋、男の経営していた教材販売会社が資金難に陥った。男は従業員を誘い、資格取得講座の受講者から登録抹消手続き名目で現金を詐取することを計画。部下5人は名古屋市内のマンションに“出勤”し、男が同業者から入手した名簿を基に電話をかけた。基本給と詐取額の1~2%の歩合給で「家族手当」を受け取る部下もいた。09年秋までに詐取したのは約5億2000万円。男は夕方にアジトに顔を出すだけで詐取額の半分以上を得ていた。

 ◇毎朝10時に集合

 愛知県警などが5月に摘発した東京都目黒区拠点の振り込め詐欺組織は、さらに露骨な歩合制を敷いていた。

 県警によると、リーダーはコンサルティング会社社長の男(27)=詐欺罪で起訴=で、通信教育の受講者から受講終了手続き名目で現金を詐取したとされる。男の報酬は月100万円以上だったが、部下3人の基本給は月20万円。詐取額が月500万円以上なら35%増、50万円以下なら50%減などのルールがあった。部下は毎朝10時、近所に怪しまれないようスーツ姿でマンションに集合。休みは日曜日だけで、多い時で1日約1000件の電話を夜8時までかけていた。

 ◇社長と呼び続け

 「売り上げが上がらないと暴力や叱責(しっせき)も受けた」。名古屋市の組織にいた女(28)は法廷でそう証言した。

 女は大学卒業後、リーダーの男の教材販売会社で働き、犯罪の誘いを「お世話になったから」と引き受けた。電話をかけた相手に詐欺がばれ「そんなことやってちゃだめだ」と諭されたこともあり、「やめたいと思ったこともあった。でも(組織に)迷惑をかけたくなかった」という。女は逮捕後、約150万円を被害弁償に充て、全財産を失った。それでも法廷では男を「社長」と呼び続けた。

 捜査幹部は「知り合い同士で裏切りの心配はない。組織内の力関係が報酬の差になっている部分は、会社というより暴力団」と指摘している。http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100702k0000e040059000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

裏DVD販売:容疑者7人を逮捕…警視庁(2日)

裏DVDをインターネットサイトで販売したとして警視庁保安課は2日、大阪市天王寺区上本町6、韓国籍の無職、金博庸容疑者(39)ら7人をわいせつ図画販売目的所持などの容疑で逮捕したと発表した。

 同課によると、金容疑者らは音楽・映像ソフトレンタル大手「TSUTAYA」に似せた「TATSUYA」などのサイト名でDVDを販売していた。扱う品数が多く、1枚200円台と値段が安くマニアの間で人気があったという。同課は、金容疑者らが04年11月以降、約13億7000万円を売り上げたとみて調べる。

 逮捕容疑は、6月30日、大阪市東成区大今里南1のオフィスビル内で裏DVD約6万4000枚を販売目的で所持したなどとしている。【町田徳丈】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100702k0000e040033000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国税庁職員が窃盗容疑 特急ロマンスカーで(2日)

電車内で女性のバッグから現金を盗んだとして神奈川県警相模原南署は1日、窃盗の現行犯で、相模原市南区文京、国税庁徴収課企画専門官、杉山聡容疑者(47)を逮捕した。

 逮捕容疑は午後10時40分ごろ、川崎市の新百合ケ丘駅から相模原市相模大野駅を走行中の小田急線特急ロマンスカーの車内で、隣に座っていた大学3年の女性(20)が座席に置いたバッグの中の財布から現金約11万円を盗んだとしている。女性はトイレに行っていた。

 杉山容疑者は「小遣いがほしかった」と容疑を認めてるという。

 同署によると、女性の後ろの座席に座っていた男性(33)が犯行を目撃し、杉山容疑者を取り押さえ、相模大野駅のホームで署員に引き渡した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100702/crm1007021109006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ店1300万窃盗容疑、店員を逮捕 富山・黒部(2日)

富山県警黒部署は2日までに、勤務先のパチンコ店から約1300万円を盗んだとして、窃盗の疑いで同県滑川市法花寺のパチンコ店員、保科孝行容疑者(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は6月27日深夜から28日未明にかけ、同県黒部市のパチンコ店の金庫にあった売上金など約1300万円を盗んだとしている。

関連記事

記事本文の続き 黒部署は28日から行方が分からなくなった保科容疑者の犯行とみて指名手配し、捜査していた。1日、福井市内のホテルにいるところを福井県警の捜査員が発見した。

 黒部署が詳しい経緯を調べている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

深夜2人組が羽交い締め強盗、携帯奪う 大阪・松原(2日)

 1日午後11時15分ごろ、大阪府松原市上田の路上で、帰宅途中の会社員の男性(35)が2人組の男に羽交い締めにされた。男たちは「金を出せ」と脅迫し男性の顔を殴り、ズボンのポケットから携帯電話などを奪って逃走した。男性は軽傷、現金の被害はなかった。

 松原署の調べでは、逃げた2人はいずれも20歳くらいで、身長約175センチ。1人は白っぽい半袖のシャツと黒いズボン姿だった。同署は強盗致傷事件として捜査している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京地裁が民主・長島一由氏のセクハラ1件認定(2日)

「飲み会で女性2人にセクハラをした」とする週刊誌の記事で名誉を傷つけられたとして、民主党の衆議院議員が新潮社に損害賠償などを求めていた裁判で、東京地裁は1人についてのセクハラを認めた上で、もう1人は「事実でない」として新潮社側に50万円の支払いを命じました。

 週刊新潮は民主党の長島一由衆院議員について、神奈川県逗子市の市長だった2005年の飲み会の席で、女性2人にセクハラをしたとする記事を掲載しました。

 長島議員は記事で名誉を傷つけられたとして、出版元の新潮社に対し1000万円の損害賠償と謝罪広告を求めていましたが、東京地裁は1日、女性1人について「セクハラがあった」と認める一方、もう1人については「真実とする証明がなく不法行為にあたる」として新潮社側に50万円の支払いを命じました。

 長島議員の代理人の弁護士は、「(金額が認められたことは)記事に名誉毀損があったと裁判所が認めたもので評価したい。ただし、事実認定の一部については異論がある」とコメントしています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4466965.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公務執行妨害のTBSディレクター不起訴 英国女性遺棄(2日)

 2007年3月に千葉県市川市で英国人女性(当時22)の遺体が見つかった事件で、千葉地検は1日、死体遺棄容疑などで逮捕された容疑者が乗った車の前に立ちふさがったなどとして、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されたTBS情報制作局の男性ディレクター(30)を不起訴(起訴猶予)にしたことを明らかにした。

 男性ディレクターは09年11月12日午前11時半ごろ、市川市の県警行徳署の前で取材中、容疑者を移送する車両の前方に立ちふさがったうえ、制止しようとした警察官を振り払うなどしたとして逮捕された。不起訴の理由について千葉地検は「社会的に制裁を受けていて、反省もしている」などと説明している。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

5歳女児殺害、市職員に娘会わせず…犯行2日前(2日)

 福岡県久留米市、無職江頭順子容疑者(34)が長女

(

萌音

)

ちゃん(5)を殺害した事件で、江頭容疑者は犯行前、自宅を訪れた市職員が萌音ちゃんの様子を確認することを拒否していたことがわかった。

 県警久留米署は、犯行前に虐待がエスカレートした可能性があるとみている。

 市によると、市職員は犯行2日前の6月25日、江頭容疑者が住む県営住宅を訪ねた。家庭訪問は計5回行われ、それまでは玄関口で会い、萌音ちゃんとも面会した。しかし25日の5回目は、江頭容疑者が「郵便物を取りに行くから下で話しましょう」と切り出し、1階の踊り場に下り、室内を見せようとしなかった。市職員は、萌音ちゃんとの面会を求めたが「家にはいない」と答えたという。

 この時の訪問は、萌音ちゃんの首に絞められたような跡があったことや、指に江頭容疑者にかまれたという傷があったとの通報を受けて行われたが、市職員はこうした虐待情報について江頭容疑者に確認しなかった。

 26日に託児所に電話し、萌音ちゃんの様子を確認しようとしたが来ていなかった。萌音ちゃんは27日午後2時頃、殺害された。

 25日の訪問について、市家庭子ども相談課は「体の傷を確認してから聞くつもりだった。事実確認すべきだった」としている。

 市が萌音ちゃんと直接面会できたのは、3回目の4月19日が最後で、4回目の4月22日は不在だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

野球賭博:「大胴元」10組織、暴力団が運営 胴元が証言(2日)

大関・琴光喜関(34)=佐渡ケ嶽部屋=への恐喝事件を機に、暴力団の関与する野球賭博が明るみに出た。大阪でも野球の独立リーグの選手8人が野球賭博をしたとして解雇され、一般社会への浸透ぶりをうかがわせた。大阪を中心に野球賭博の「胴元」をする40代の男性が、大阪市内で毎日新聞の取材に応じ、「賭博汚染」の実態を証言した。

 男性によると、プロ野球の試合結果を対象にした賭博はピラミッド型の構造で運営される。頂点は「大胴元」。中規模、小規模の各胴元が連なる。男性は中規模の胴元でオーナーに雇われ、暴力団とも親交が深いという。

 大胴元は全国に10組織ぐらいあり、男性は「すべて暴力団」と断言する。中規模の胴元は100~200、小規模は1000以上という。客を管理して賭け金の集配をする役割の人は「中継」と呼ばれ、胴元の下に位置している。賭け金は1口1万円。胴元は負け客の賭け金を没収し、勝ち客に払う勝ち金の1割を寺銭(てらせん)として徴収する。

 警察の捜査を逃れるため「銀行口座は使わず現金回収が基本。大胴元や中継とのやり取りはすべて『飛ばし』(偽名契約)の携帯電話を使う」と言う。かばんを開いて約10台の携帯電話を見せた。

 男性は1週間に5000万~6000万円の賭け金を扱う。プロ野球の試合の少ない月曜日が清算日で主に中継から金を集める。「不況に加えて貸金業の規制が厳しくなり、金を払えない客が増えた。胴元は以前ほどもうからない」

 野球賭博のギャンブル性の高さは、チームの強弱を踏まえた「ハンデ」が一因。A対Bの試合で1のハンデがつくAに賭けた場合、Aが1点差で勝っても賭博上は引き分け。2点差以上なら勝ちになる。実際のハンデは更に複雑だ。

 サラリーマン、公務員から芸能人、プロスポーツ選手まで客層は幅広い。1週間で5000万円失った客もいるという。「相撲やサッカーW杯(ワールドカップ)も賭け対象。大金を賭けた試合を見る高揚感は病みつきになる。業界がなくなることはない」

 男性のオーナーは違法カジノ店も営むが、大相撲の大阪場所になると、ある親方が「力士を遊ばせて」と頼んでくる。多くの力士がカジノ店に入ると目立つので、マンションの一室を用意してトランプの出札の数を競うバカラ賭博をさせているという。男性は「角界と違法賭博との深いかかわりは常識。いつか社会問題になると思っていた」と話した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100702k0000m040131000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

美人スパイは大胆不敵 実業家装い写真も公開(2日)

■「キーマン」逃走中 米司法当局が、ロシア対外情報局(SVR)のスパイとして米国内で小型核弾頭の開発計画情報などを収集していたとして、男女の容疑者10人を逮捕し、男1人の行方を追っている事件で、この男が東地中海の島国キプロスで6月30日、失踪・逃亡した。

関連記事

記事本文の続き ロイター通信によると、逃亡したのは、カナダ国籍のクリストファー・ロバート・メトソス容疑者(55)。キプロス警察が米司法省の要請に基づき、キプロスのラルナカ国際空港からハンガリーのブダペストへ向かうところを29日に逮捕したが、裁判所が拘留を認めなかったため、警察署に毎日出頭することなどを条件に保釈した。しかし、30日の出頭予定時間に現れず、所在不明になった。メトソス容疑者の弁護士も連絡が取れていないという。トルコだけが承認している島の北側の北キプロス・トルコ共和国に逃げ込んだ可能性も指摘されている。

 メトソス容疑者は米国内で逮捕された10人に対して、スパイ活動の報酬を支払う役割を担ったキーマンだったと米当局はみている。

 ■水曜日は喫茶店に 一方、逮捕された10人のうち、“魅惑の女スパイ”として連日メディアに取り上げられているアンナ・チャップマン容疑者(28)の活動は、映画や小説さながらの暗躍ぶりだったことがわかった。一時はロンドンで優雅な社交生活を送っていたとの英紙報道もあり、注目は当分続きそうだ。

 AFP通信などによると、米国で核弾頭開発計画などの情報を収集していたとされるチャップマン容疑者は、いつも水曜日にニューヨークの街角の喫茶店で窓際の席に座り、ノートパソコンを使って店の外のミニバンに潜んだロシアの当局者とデータ通信しながらロシアの対外情報局(SVR、旧KGB)の指示を受けたり、報告したりしていた。米連邦捜査局(FBI)は7年以上前から動向を把握、捜査の目を光らせていたという。

 また、逮捕の前週にはロシア領事館職員を装ったFBIのおとり捜査員が、「緊急に手渡す物がある」とチャップマン容疑者に持ちかけ、ニューヨーク・マンハッタンの喫茶店で接触。別のロシア人諜報員に偽造パスポートを渡してほしいと依頼した。この計画を次に進める準備はできているかと尋ねられると、「もちろんよ」と答えたという。

 ■逆に怪しまない メディアがそろって驚きを隠さないのが、チャップマン容疑者の「開けっ広げ」な姿勢だ。インターネット上で不動産事業を手掛ける女性実業家としてニューヨークで活動しながら、会員制交流サイト(SNS)の「フェースブック」や「リンクトイン」で自身の写真や映像を多数公開。動画投稿サイト「ユーチューブ」にも映像が残っていた。米紙ワシントン・ポストの記者は「米社会で人気のSNSを利用しない方が、逆に怪しまれると考えたのだろう」と指摘した。

 また、ロシア英字紙モスクワ・タイムズなどによると、チャップマン容疑者はソ連時代にアフリカや中南米の留学生を多く受け入れていたモスクワの「諸民族友好大学」で財政学を専攻。在学中に不動産事業を立ち上げた。卒業後にロンドンに渡って数年間、投資ファンドに勤務。その後米国に移った。

 英メディアによると、ロンドン滞在中は、富豪も出席するパーティーに参加しながら積極的に人脈を築いた。素性を隠さなければならない宿命のスパイに付きまとう暗いイメージとは対照的な、物語の中から抜け出してきたような工作員の姿だった。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小6男児に「消火器買え」 3人組が現金要求 東京・久留米(2日)

1日午後5時10分ごろ、東京都東久留米市前沢の公園で、近くに住む小学6年の男子児童(11)に3人組の若い男が近づき、ナイフのようなものを突きつけて「消火器を買え」「金を出せ」と脅した。通行人に発見され、3人は立ち去った。男子児童にけがはなく、警視庁田無署強盗未遂事件として調べている。

 田無署によると、3人は10代から20代前半で、いずれも身長150センチぐらい。黒のズボンに白や紺のシャツを着ていた。3人は実際に消火器を2本持っており、1本は現場に残されていた。

 児童は公園で友人6~7人と一緒に遊んでおり、学校の教諭が110番した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100702/crm1007020012000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

弁護士刺殺、手配の男を逮捕 神奈川県警に出頭(2日)

 横浜市中区の法律事務所で弁護士前野義広さん(42)が刺殺された事件で、神奈川県警加賀町署捜査本部は1日深夜、殺人の疑いで指名手配していた無職平川隆則容疑者(41)=千葉県市川市伊勢宿10の1=を逮捕した。

平川容疑者は同日、加賀町署に出頭した。  逮捕容疑は6月2日午後2時40分ごろ、横浜市中区太田町1丁目の横浜みらい法律事務所で、前野さんの右胸などをナイフで刺して失血死させた疑い。

 捜査本部によると、平川容疑者は現場に落ちていたナイフと同タイプのナイフを事前に購入。事件当日の夕方に市川市の自宅マンションを出て以降、所在が分からなくなった。マンション駐車場に残された乗用車から前野さんの血痕が検出されたことなどから、捜査本部が逮捕状を取って顔写真などを公開、行…     [記事全文]    

47newslogo1 http://www.47news.jp/news/2010/07/post_20100702013403.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月1日 | トップページ | 2010年7月3日 »