« 中国人留学生の不法滞在をあっせん 1億円集金か(16日) | トップページ | 静岡・菊川市に住む62歳女性が5月から行方不明に 事件に巻き込まれた可能性(16日) »

2010年6月16日 (水)

SFCG元会長ら4人を逮捕(16日)

去年、経営破たんした商工ローン大手の「SFCG」=旧・商工ファンドが去年2月、民事再生法の適用を申請する直前に400億円余りの資産を隠していた疑いが強まったとして、警視庁は、大島健伸元会長ら4人を民事再生法違反などの疑いで逮捕しました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100616/k10015145811000.html

SFCG元会長らを取り調べ

6月16日 12時9分 動画あり

去年、経営破たんした商工ローン大手の「SFCG」=旧・商工ファンドが民事再生法の適用を申請する直前に400億円余りの資産を隠していた疑いが強まったとして、警視庁は民事再生法違反などの疑いで、大島健伸元会長ら4人を取り調べています。容疑が固まりしだい逮捕する方針です。

取り調べを受けているのは、経営破たんした商工ローン大手の「SFCG」=旧・商工ファンドの大島健伸元会長(62)と関連会社の役員の33歳の長男ら4人です。警視庁の調べによりますと、大島元会長らは、SFCGが去年2月、民事再生法の適用を申請する直前に、400億円余りに相当する自分の会社の債権を大島元会長の親族が役員を務める東京・台東区の会社に安値で譲渡して資産を隠した民事再生法違反などの疑いが持たれています。SFCGはサブプライムローン問題などをきっかけに、外資系の金融機関が融資を引き上げたことから資金繰りに行き詰まり、去年2月、3300億円余りの負債を抱えて民事再生法の適用を申請しました。警視庁は、この直前に行われた資産隠しによって会社の債権者に損害を与えた疑いが強まったとして、大島元会長ら4人を取り調べていて、容疑が固まりしだい逮捕する方針です。警視庁は会社が経営難に陥ったおととし秋以降、帳簿上の価格で2670億円に相当する資産が複数の親族会社に移された疑いがあるとみて、巨額の資産が隠された実態の解明を進めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100616/k10015144961000.html

 

« 中国人留学生の不法滞在をあっせん 1億円集金か(16日) | トップページ | 静岡・菊川市に住む62歳女性が5月から行方不明に 事件に巻き込まれた可能性(16日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SFCG元会長ら4人を逮捕(16日):

« 中国人留学生の不法滞在をあっせん 1億円集金か(16日) | トップページ | 静岡・菊川市に住む62歳女性が5月から行方不明に 事件に巻き込まれた可能性(16日) »