« 不正アクセス:弁護士のメール盗み見 女を容疑で逮捕(25日) | トップページ | 逮捕の元力士、引退後に組事務所出入り(25日) »

2010年6月25日 (金)

球賭博:大阪ゴールドビリケーンズ選手8人が関与、解雇(25日)

野球の独立リーグ、ジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)に所属する「大阪ゴールドビリケーンズ」の宮本高明社長は25日、同球団の選手8人が野球賭博にかかわっていたため、解雇したと発表した。野球賭博をめぐっては大相撲の現役力士らの関与が明らかになったが、野球の独立リーグ界でも広がっていた実態が明らかになった。

 球団には元プロ野球選手を含め、約20人が選手登録。宮本代表によると、8人は21歳から27歳で、プロ野球が対象の賭博だったという。今月16日、プロ野球・元近鉄などで活躍した村上隆行監督(44)の元に、野球賭博への関与にかかわる情報が寄せられ、球団で調査。8人が自己申告したため、21日に契約を解除した。その後、大阪府警曽根崎署に届け出て、うち数人が事情聴取を受けたという。

 大阪市内で会見した村上監督は「選手を信頼して野球道を指導していたつもり。正直言って、裏切られた思いだ」と語った。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100625k0000e040014000c.html

 

« 不正アクセス:弁護士のメール盗み見 女を容疑で逮捕(25日) | トップページ | 逮捕の元力士、引退後に組事務所出入り(25日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 球賭博:大阪ゴールドビリケーンズ選手8人が関与、解雇(25日):

« 不正アクセス:弁護士のメール盗み見 女を容疑で逮捕(25日) | トップページ | 逮捕の元力士、引退後に組事務所出入り(25日) »