カテゴリー

« 傷害:帰宅途中の女性、自転車の男に腕切られる 愛知(3日) | トップページ | 警察庁、児童ポルノ関連事件担当幹部会議 削除依頼に応じないネット業者の立件も(3日) »

2010年6月 3日 (木)

事務所で弁護士刺され死亡、30歳位の男逃走(3日)

2日午後2時40分頃、横浜市中区太田町のオフィスビル9階の横浜みらい法律事務所の女性事務員から、「刃物を持った男が弁護士とトラブルになっている」と110番があった。

 神奈川県警加賀町署員が駆けつけたところ、同事務所に所属する弁護士の前野義広さん(42)が胸を刺されて倒れていた。前野さんは病院に搬送されたが、同日午後4時過ぎに死亡した。同署は殺人事件として、逃げた男の行方を追っている。

 発表では、事務員が外出から戻ると、前野さんと男が事務所内の仕切られたスペースで会っていた。物音がしたので事務員がのぞくと、2人が争っていたため、ビル隣のホテルから110番した。事務所で、凶器とみられるサバイバルナイフのような刃物が見つかった。男は30歳ぐらいで、身長約1メートル70の細身。白と黒のTシャツを重ね着しており、黒のリュックサックを背負い、手袋をしていた。男はビルの階段を駆け下り、北東方向へ走って逃げたという目撃証言もある。事務員は男と面識がなかった。

 捜査関係者によると、前野さんは男に落ち着くよう説得していた。横浜弁護士会によると、男はこの日、約束なしに事務所を訪れていた。前野さんは、同会消費者問題対策委員で多重債務の整理などを手がけていた。

 前野さんは三重県出身で中央大卒業後、2007年に同会に弁護士登録した。同事務所には、坂本堤弁護士一家殺害事件の際に救出を訴え続けた弁護士グループの事務局長を務める影山秀人さん(52)も所属しているが、前野さんが刺された時は事務所にいなかった。

 

« 傷害:帰宅途中の女性、自転車の男に腕切られる 愛知(3日) | トップページ | 警察庁、児童ポルノ関連事件担当幹部会議 削除依頼に応じないネット業者の立件も(3日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事務所で弁護士刺され死亡、30歳位の男逃走(3日):

« 傷害:帰宅途中の女性、自転車の男に腕切られる 愛知(3日) | トップページ | 警察庁、児童ポルノ関連事件担当幹部会議 削除依頼に応じないネット業者の立件も(3日) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ