« 大相撲:夏場所でも組長観戦 維持員席、1月に続き(6日) | トップページ | 強盗殺人認めず 判決が確定へ(6日) »

2010年6月 6日 (日)

狩猟中の2人が死亡、仲間を誤射し自殺か 京都・福知山(6日)

 5日午後2時20分ごろ、京都府福知山市の消防署に「狩猟中に人が倒れた」と119番通報があった。消防と京都府警が同市猪野々(いのの)の林道と山中で、いずれも地元猟友会会員の印刷業中嶋慶喜(よしのぶ)さん(67)=同市堀=と会社員三宅諭さん(65)=同市かしの木台=が死亡しているのを見つけた。中嶋さんは胸、三宅さんは頭に散弾銃が当たったとみられる跡があり、府警は、現場の状況などから中嶋さんが午後1時半ごろに三宅さんを誤射し、その後に自殺したとみて業務上過失致死容疑で調べている。

 府警によると、2人はほかの3人の猟友会会員とともに市から有害鳥獣駆除の許可を得て、午前9時ごろからイノシシやシカを狩っていた。

 中嶋さんから仲間に「えらいことをしてしまった」と無線機で連絡があり、仲間が駆けつけると三宅さんが倒れていた。中嶋さんは警察に通報するように勧められ、林道に止めてあった車まで戻った。しばらくして銃声が聞こえたといい、携帯電話で親族らに「三宅さんが山の上で倒れた」などと連絡した後、自殺したとみられる。119番したのは中嶋さんの親族だったという。

 地元猟友会関係者によると、福知山市ではイノシシやシカなど年間約2500頭を駆除している。市から要請が出れば1カ月単位で駆除に出ており、6月の猟は5日から30日までの予定だった。中嶋さんと三宅さんはそれぞれ数十年の経験があったという。

 現場はJR福知山駅から北西約9キロの山中。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 大相撲:夏場所でも組長観戦 維持員席、1月に続き(6日) | トップページ | 強盗殺人認めず 判決が確定へ(6日) »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48554243

この記事へのトラックバック一覧です: 狩猟中の2人が死亡、仲間を誤射し自殺か 京都・福知山(6日):

« 大相撲:夏場所でも組長観戦 維持員席、1月に続き(6日) | トップページ | 強盗殺人認めず 判決が確定へ(6日) »