« 日本列島振り込め詐欺(17日) | トップページ | 昏睡強盗などの容疑で男女5人逮捕(17日) »

2010年6月17日 (木)

大嶽親方、既に警視庁が聴取 協会も事情聴く予定(17日)

日本相撲協会の力士ら65人が野球賭博などへの関与を認めた問題で、警視庁が大嶽(おおたけ)親方(42)=本名納谷忠茂、元関脇貴闘力=から事情を聴いていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 大嶽親方と、幕内力士の豊ノ島関(26)=本名梶原大樹、時津風部屋=について、17日発売の週刊新潮で野球賭博にかかわっている、と報じられた。同庁は今後、賭博への関与を認めた力士らから順次事情を聴く方針。

 日本相撲協会では、陸奥・生活指導部長(元大関霧島)らが17日中にも大嶽親方と豊ノ島関から事情を聴く予定。大嶽親方は元横綱大鵬の娘婿で部屋を継承した。豊ノ島関は身長170センチの技能派で、関脇の経験もある。

 中井洽国家公安委員長は17日の定例会見で「警察当局は事件になるものは事件にして、きちっと調べてほしい。同時に監督官庁の文部科学省の意向を聞き、警察の情報をできる限り文科省の担当者に伝え、統一した形でやっていきたい」と語った。

 また、安藤隆春・警察庁長官は「賭博については警視庁で捜査中だが、警察としては、日本相撲協会の協力をえながら事案の全容解明に努めたい。暴力団との関係断絶の取り組みについては、この際徹底するのが重要で、警察としては全面的に支援していきたい」と語った。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 日本列島振り込め詐欺(17日) | トップページ | 昏睡強盗などの容疑で男女5人逮捕(17日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大嶽親方、既に警視庁が聴取 協会も事情聴く予定(17日):

« 日本列島振り込め詐欺(17日) | トップページ | 昏睡強盗などの容疑で男女5人逮捕(17日) »