« 群馬・太田の強盗事件、手配の男逮捕(22日) | トップページ | 「相撲協会 設立以来の危機(22日) »

2010年6月22日 (火)

拉致被害者家族らモンゴルへ 解決への協力訴え(22日)

拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表は、問題解決への協力などを訴えるため、北朝鮮と国交のあるモンゴルへ向けて出発しました。

 家族会・飯塚繁雄代表:「モンゴルは北朝鮮とも国交がある。(北朝鮮に)被害者を返せば、潤うことができると強く言ってもらいたい」
 今回、モンゴルには、飯塚代表と増元照明事務局長の2人が訪問します。現地では、テレビ局の取材を受けるほか、モンゴル政府関係者との面会や講演などが予定されています。出発前に取材に応じた増元事務局長は「北朝鮮と親しいモンゴルだからこそ訪問する価値がある」などと話しました。2人の訪問は25日までで、政府関係者や国民に向けて、拉致被害者家族の思いや問題解決のために日本政府に協力するよう訴えることにしています。

 

« 群馬・太田の強盗事件、手配の男逮捕(22日) | トップページ | 「相撲協会 設立以来の危機(22日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48690934

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者家族らモンゴルへ 解決への協力訴え(22日):

« 群馬・太田の強盗事件、手配の男逮捕(22日) | トップページ | 「相撲協会 設立以来の危機(22日) »