« 武富士の副社長宅に脅迫文と“実弾”届く(14日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(14日) »

2010年6月14日 (月)

相撲協会、木瀬親方の暴力団交際を認める 琴光喜の野球賭博は「聞いてない」(14日)

 大相撲名古屋場所の特別席で暴力団幹部らが観戦するなどしていた一連の不祥事をめぐり、文部科学省は14日、日本相撲協会幹部から事情聴取した。同省スポーツ・青少年局の芦立訓競技スポーツ課長は、聴取に先立ち、幹部に対して「公益法人として不適切」と厳しく批判した。

関連記事

記事本文の続き 芦立課長は、同省を訪れた協会の八角広報副部長らと公開の場で面会。「暴力団関係者が何らかの関係で介在し、反社会勢力とつながりがあると社会から見られること自身、公益法人のあり方として極めて不適切」「社会からの信頼回復が今後の課題」と批判。そのうえで、約1時間にわたって八角副部長から事情聴取した。

 聴取後、省内で記者団の取材に応じた八角副部長は、木瀬親方(元幕内肥後ノ海)が暴力団との交際を認めていたことに触れ、「別に隠すつもりはなかったし、記者会見で発表したつもりでいた。言葉が足りなかった」と釈明した。

 また、大関琴光喜が野球賭博を認めたという報道については「そういう情報は聞いてない」と話した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 武富士の副社長宅に脅迫文と“実弾”届く(14日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(14日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相撲協会、木瀬親方の暴力団交際を認める 琴光喜の野球賭博は「聞いてない」(14日):

« 武富士の副社長宅に脅迫文と“実弾”届く(14日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(14日) »