« 神戸市灘区で路上に止めた車から現金1億1,790万円が入ったかばん2個が盗まれる(11日) | トップページ | 強烈なにおいを消す工作か(11日) »

2010年6月11日 (金)

東京・足立区で「まちの防犯診断」(11日)

東京都内で犯罪発生件数が最も多い足立区で、防犯活動の一環として、犯罪が発生しやすい場所を調査する「まちの防犯診断」が行われました。

 「まちの防犯診断」が実施されたのは、足立区内の綾瀬地区で、警視庁の職員や地元の自治会とともに、防犯専門アドバイザーの樋野公宏さんが街を歩き、犯罪の発生しやすい場所をチェックし、地図に記入しました。

 綾瀬地区では特にひったくりが相次いでいて、実際にひったくりが起きた場所では、入り組んだ路地や公園の茂みなど、「死角」があったことが指摘されました。

 今後は、区内の他の地域でも同様の防犯診断が実施される予定で、警視庁と足立区では、診断結果を基に、危険性の高い場所などを記した地図を作成して区民に公開し、注意を呼びかける方針です

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4449692.html

 

« 神戸市灘区で路上に止めた車から現金1億1,790万円が入ったかばん2個が盗まれる(11日) | トップページ | 強烈なにおいを消す工作か(11日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48597965

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・足立区で「まちの防犯診断」(11日):

« 神戸市灘区で路上に止めた車から現金1億1,790万円が入ったかばん2個が盗まれる(11日) | トップページ | 強烈なにおいを消す工作か(11日) »