« 覚せい剤密造、暴力団も触手 密輸のコストとリスク避け(10日) | トップページ | 横浜市弁護士殺害事件 離婚案件でトラブルになっていた男の逮捕状(10日) »

2010年6月10日 (木)

覚せい剤原料、医療関係者から調達か 密造に使用の一部(10日)

鼻炎薬などを原料に覚せい剤を密造したとしてイラン人の男2人が逮捕された事件で、密造に使われた薬品の一部は、男らが国内の医療関係者から譲り受けていたことが捜査関係者への取材でわかった。イランから輸入したとみられる薬品類も見つかっており、警視庁は2人が国内外で原料を調達し、覚せい剤を製造していたとみて調べている。

 組織犯罪対策5課と町田署によると、覚せい剤取締法違反(営利目的製造)容疑で逮捕されたのは、溶接工アリ・バフィ・モハマド(46)、飲食店経営ガフレマーニー・フーシャング(39)の両容疑者。

 両容疑者は昨年7月末から今年4月の間、神奈川県相模原市緑区大島のモハマド容疑者が所有する2階建て住宅の屋根裏部屋で、エフェドリン化合物を含有する鼻炎薬などを原料に、化学薬品を加えるなどして覚せい剤を製造した疑いがある。2人とも「知らない」などと容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、薬品の一部は、医療関係の仕事に従事している東京都立川市の男性から提供を受けていたことが判明。このため警視庁は9日、両容疑者の製造容疑を裏付けるため、男性の関係先を家宅捜索した。今後、男性が薬品を譲渡した経緯を詳しく調べる。

 同庁はモハマド容疑者宅から鼻炎薬や数種類の化学薬品、製造マニュアルなどを押収。薬品の中には、イランで生産されたとみられるものが含まれていた。両容疑者は長期間日本に滞在しており、同庁はイランの協力者から薬品が送られていた疑いが強いとみている。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 覚せい剤密造、暴力団も触手 密輸のコストとリスク避け(10日) | トップページ | 横浜市弁護士殺害事件 離婚案件でトラブルになっていた男の逮捕状(10日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48593428

この記事へのトラックバック一覧です: 覚せい剤原料、医療関係者から調達か 密造に使用の一部(10日):

« 覚せい剤密造、暴力団も触手 密輸のコストとリスク避け(10日) | トップページ | 横浜市弁護士殺害事件 離婚案件でトラブルになっていた男の逮捕状(10日) »