« 自分の裸の画像、ネットで販売容疑 18歳少女を逮捕(29日) | トップページ | 埼玉県北部で6月中旬ごろから地蔵が狙われる器物損壊事件9件相次ぐ 同一犯の可能性(29日) »

2010年6月29日 (火)

カーナビ窃盗、ネットで転売容疑 愛知県警、5人逮捕(29日)

車中からカーナビゲーションを盗み、インターネットオークションで転売していたとして、愛知県警がブラジル人と日本人の男ら計5人を盗みや盗品等有償譲り受けの疑いで逮捕していたことが28日、わかった。捜査関係者が明らかにした。ネットオークションはカーナビなど盗品取引の「ブラックボックス」になっているとして、警察庁が対策を強化しており、県警もサイトで売却された千台以上の流通実態の解明を進める。

 捜査関係者によると、窃盗容疑で逮捕されたのは住所不定、シモヤマ・ブルーノ・ケンジ容疑者(33)らブラジル国籍の3人。3月5日早朝、名古屋市港区の駐車場で、車2台からカーナビ2台と現金約12万円を盗んだ疑いが持たれている。盗品等有償譲り受け容疑で逮捕された日本人の男2人はそれぞれ名古屋市と滋賀県在住で、この2台を3人から買い取り、ネットオークションで転売していた。

 ブラジル人窃盗グループは見張り役や実行役など役割分担をし、防犯カメラがついていない駐車場などで夜間から未明にかけて、車の窓ガラスを工具を使って割る方法で盗みを繰り返していた。

 警察庁のまとめでは、ネットオークションへの盗難カーナビの出品件数は2008年に確認できた分だけで1239件。04年の34件から大幅に増えた。ネットオークションは質屋などとは異なり、売りに出されたカーナビの製造番号を確認していないため、盗品が出品されても発見できない場合が多かったという。

 同庁の有識者会議は今年3月、出品者に製造番号を記載するよう義務づけることなどを提言。ヤフーなど、オークションサイトを運営する大手3社が検討を始めている。

■狙われる埋め込み式

 昨年のカーナビ盗が約6900件と、全国で屈指の被害県の愛知。県警が昨年秋、830件の被害者にアンケートしたところ、埋め込み式が狙われ、被害者自身が製造番号を把握していない実態がわかった。地域安全対策課は、特殊ネジによる取り付け▽製造番号の記録・保管▽人目につきやすい駐車場の利用――を対策に挙げ、注意を呼びかけている。

アンケート結果によると、被害に遭ったカーナビは埋め込み式が85%を超え、ダッシュボードの上部に取り付ける外付け式やポータブルを大きく上回った。埋め込み式は特殊な頭の形状をしたネジで固定すれば、被害を防げるが、オプション装備のため、普及が進んでいないという。

 また、被害者が製造番号を手元に控えていなかったために、盗まれたカーナビを特定できない事例が半数以上あった。製造番号がわからなければ、オークション出品時の番号記載が義務づけられても被害品と照合できない。カーナビ盗など「部品狙い」被害は、一般に防犯カメラやセンサーライトがなく、人目につかない駐車場で遭いやすいという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 自分の裸の画像、ネットで販売容疑 18歳少女を逮捕(29日) | トップページ | 埼玉県北部で6月中旬ごろから地蔵が狙われる器物損壊事件9件相次ぐ 同一犯の可能性(29日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーナビ窃盗、ネットで転売容疑 愛知県警、5人逮捕(29日):

« 自分の裸の画像、ネットで販売容疑 18歳少女を逮捕(29日) | トップページ | 埼玉県北部で6月中旬ごろから地蔵が狙われる器物損壊事件9件相次ぐ 同一犯の可能性(29日) »