« 少年院の仮退院者の情報漏らす 元教官に罰金20万円(30日) | トップページ | ハナ信組の金庫から50万円盗む、容疑の元社員を逮捕 新潟(30日) »

2010年6月30日 (水)

【大相撲野球賭博】「胴元は指定暴力団傘下」仲介役の元力士供述 賭博開帳図利容疑で捜査(30日)

大関、琴光喜関(34)=本名・田宮啓司=が野球賭博関与の口止め料を脅し取られた恐喝事件で、琴光喜関の仲介役の元力士(34)が警視庁の任意の事情聴取に対し、「野球賭博には指定暴力団の傘下組織が胴元として関与していた」という趣旨の供述をしていることが29日、関係者への取材で分かった。元力士は複数いる仲介役の中でも中心的な役割を担ったキーマンとみられる。警視庁は賭博に関与した暴力団の特定に向けた裏付けを行い、胴元側について賭博開帳図利容疑などで捜査を進める。

 野球賭博をめぐっては、恐喝容疑で逮捕された元幕下力士の古市満朝容疑者(38)が琴光喜関を脅す際、特定の地域名を挙げて背後にいる指定暴力団の存在を示唆したことが明らかになっているが、元力士が挙げた暴力団の上部組織と一致している。

 捜査関係者によると、琴光喜関は阿武松(おうのまつ)部屋に所属する床山(29)を通じて野球賭博を始めたが、途中から元力士に勝敗予想を伝達するようになった。昨年12月、大嶽親方(42)=元関脇貴闘力、本名・納谷忠茂=に勝ち金の回収を依頼された琴光喜関は、元力士に500万円の支払いを要請。元力士は古市容疑者に未払いの負け金があることを理由に、古市容疑者から回収するよう伝えていた。

 野球賭博の仲介役として、元力士と床山のほか、横綱、白鵬関(25)らと契約しているトレーナー(42)が明らかとなっているが、さらに古市容疑者の弟の幕下力士(34)も、他の力士を客として募っていたことが判明。4人の仲介役のうち、元力士が勝敗予想を取りまとめるなど、中心的な役割を果たしていたという。

 元力士は警視庁の事情聴取に対し、指定暴力団の傘下組織の名前を挙げたうえで「知り合いの暴力団が野球賭博の胴元としてかかわっていた」と供述。賭け金の集計情報など、賭博に関するやり取りを行っていたという。

 賭博開帳図利罪の罰則は3月以上5年以下の懲役が科せられている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100630/crm1006300130006-n1.htm

 

« 少年院の仮退院者の情報漏らす 元教官に罰金20万円(30日) | トップページ | ハナ信組の金庫から50万円盗む、容疑の元社員を逮捕 新潟(30日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48754946

この記事へのトラックバック一覧です: 【大相撲野球賭博】「胴元は指定暴力団傘下」仲介役の元力士供述 賭博開帳図利容疑で捜査(30日):

« 少年院の仮退院者の情報漏らす 元教官に罰金20万円(30日) | トップページ | ハナ信組の金庫から50万円盗む、容疑の元社員を逮捕 新潟(30日) »