« 4歳児に食事1日おにぎり2個、両親逮捕(24日) | トップページ | 角界野球賭博問題 賭博仲介ルートに相撲部屋を出入りするトレーナーの関与も判明(24日) »

2010年6月24日 (木)

事件前日まで別の工場勤務 マツダ暴走の容疑者(24日)

広島県のマツダ本社工場で11人が車にはねられ死傷した事件で、殺人未遂容疑などで逮捕された引寺(ひきじ)利明容疑者(42)が事件1週間前に派遣会社に登録し、事件前日まで広島市内の工場で働いていたことが関係者の話でわかった。4月にはマツダ本社工場に短期間勤めただけで退職しており、県警は新たな勤務先が決まった直後に犯行に及んだ経緯に関心を寄せている。

 派遣会社によると、求人誌に出した自動車部品製造の仕事(時給千円)に引寺容疑者が応募し、今月14日に面接。履歴書の志望理由欄に「自動車製造にかかわることが多かったので」とあり、危険物取扱者や電卓技能検定4級などの資格が書かれていた。

 勤務時間は午前8時~午後5時半で、初出勤は17日。工場の代表者によると、指導役だった男性社員は「わからないことがあると質問してきたので、積極的に仕事を覚えようという意気込みを感じた」と話しているという。土・日曜をはさんで18日と21日も勤務したが、事件当日の22日朝は工場に現れなかった。

 複数の関係者によると、引寺容疑者は高卒後、1986年から92年まで県内の自動車部品製造会社に勤務。一身上の都合で辞めた後は職を転々とし、生活保護を受給した時期もあったという。

 一方、県警は今月23日、引寺容疑者が工場内を走行した距離は延べ9.3キロ、所要時間は約10分と発表した。平均時速は約56キロになる。延べ約5キロで約8分としていた前日の発表を訂正した。犠牲になった浜田博志さん(39)の死因は延髄断裂で、背後からはねられほぼ即死だったとみられることも明らかにした。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 4歳児に食事1日おにぎり2個、両親逮捕(24日) | トップページ | 角界野球賭博問題 賭博仲介ルートに相撲部屋を出入りするトレーナーの関与も判明(24日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事件前日まで別の工場勤務 マツダ暴走の容疑者(24日):

« 4歳児に食事1日おにぎり2個、両親逮捕(24日) | トップページ | 角界野球賭博問題 賭博仲介ルートに相撲部屋を出入りするトレーナーの関与も判明(24日) »