« 球賭博:大阪ゴールドビリケーンズ選手8人が関与、解雇(25日) | トップページ | ベビーカー押す女性に刃物、3万円奪い逃走(25日) »

2010年6月25日 (金)

逮捕の元力士、引退後に組事務所出入り(25日)

角界を揺るがす野球賭博問題が、ついに刑事事件に発展した。

 大相撲の大関琴光喜(34)(佐渡ヶ嶽部屋)から口止め料を脅し取ったとして逮捕された元力士の

古市満朝

(

ふるいちみつとも

)

容疑者(38)。入門当初は活躍が期待されながら、十両には昇進できず、引退後は暴力団と関係を深めていた。

 数日前から所在不明だった古市容疑者が警視庁に身柄を確保されたのは24日夕。東京都港区内の弁護士事務所で捜査員に発見された。午後6時25分、豊島区内の警視庁施設で逮捕された際は、「わかりました」と応じたが、体調不良を訴え、同庁は病院で受診させた後、取り調べを行うという。

 大阪府交野市にある古市容疑者の実家は相撲道場。ここで相撲を学んだ古市容疑者は中学卒業後、押尾川部屋(閉鎖)に入門した。元横綱の若乃花や貴乃花(現・貴乃花親方)、大関魁皇らと同じ1988年3月の春場所が初土俵。西幕下30枚目まで番付を上げ十両昇進も期待されたがけがに悩まされ、昇進は果たせなかった。

 同庁幹部らによると、引退後は福岡市内で派遣型風俗店の経営を始め、地元の暴力団事務所への出入りも確認されていた。また、自らも野球賭博で多額の借金を抱えていたといい、同庁は、借金返済のために琴光喜から現金を脅し取ったとみている。

 元押尾川親方の堤

隆能

(

たかよし

)

さん(68)(元大関大麒麟)は、「いい子だったが、相撲をやめて10年もたてば、人も変わってしまうのかもしれない」と語った。また、古市容疑者の父は今月17日に取材に応じ、「息子とは長く連絡を取っていない。本当に参っている」と話していた。

 一方、古市容疑者の弟で、琴光喜が勝ち金約500万円を要求した幕下力士(34)が所属する千葉県習志野市の

阿武松

(

おうのまつ

)

部屋は24日、普段通りに朝げいこを行った。ただ、玄関は鍵がかけられたままで、午後6時過ぎ、賭博の仲介役とされる床山(29)が外出先から戻ったが、終始無言のまま。逮捕を受け、午後7時前に報道陣が玄関のインターホンを鳴らしても、男性が中から「何もお答えできない」と応対しただけで、阿武松親方(元関脇益荒雄)が姿を見せることはなかった。

 近くに住む男性会社員(59)は「部屋の力士をパチンコ店で何度も見た」といい、「5、6人の集団で来て、長い時は10時間も遊び、相当金をつぎ込んでいた。賭け事とかにマヒした緩んだ空気がスキを作ったのではないか」と語った。

 

« 球賭博:大阪ゴールドビリケーンズ選手8人が関与、解雇(25日) | トップページ | ベビーカー押す女性に刃物、3万円奪い逃走(25日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕の元力士、引退後に組事務所出入り(25日):

« 球賭博:大阪ゴールドビリケーンズ選手8人が関与、解雇(25日) | トップページ | ベビーカー押す女性に刃物、3万円奪い逃走(25日) »