« 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月14日 »

2010年6月13日

2010年6月13日 (日)

コンビニ強盗、店員に「分かるよね?」(13日)

13日未明、川崎市のコンビニエンスストアに男が押し入り、店員にナイフを突きつけて「分かるよね?」と一言だけ発し、現金およそ7万円を奪って逃げました。

 午前3時半すぎ、川崎市麻生区のコンビニエンスストアに、マスクとゴーグルで顔をおおった、黒ずくめの男が押し入り、アルバイトの男性店員(27)にナイフを突きつけて、「分かるよね?」と脅しました。

 店員がレジからおよそ8000円を出したところ、男は無言でナイフを上下させてさらに金を要求し、店員が6万円を加えると「悪いね」と言い残して逃走しました。

 男は年齢20歳くらいだったということで、警察は行方を追っています。(13日10:47)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4451597.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(13日)

再び増加に転じている振り込め詐欺被害撲滅目指し、東京・荒川区で警視庁がイベント

Logo4_2

再び増加に転じている振り込め詐欺被害の撲滅を目指し、東京・荒川区で警視庁によるイベントが行われた。
荒川区の町屋駅前で行われた警視庁のイベントでは、荒川警察署員が手口についての寸劇を披露し、注意を呼びかけていた。
またパレードでは、「振り込めサギ引っとらえびせん!」と書かれたエビせんべいが、街の人々に配られた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00179006.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

免許返納の高齢者に特典つけたら…交通事故減った(13日)

 65歳以上のドライバーが運転免許証を自主返納した際、引き換えに岡山県内の店舗での買い物が割引になる「おかやま愛カード」の交付制度が始まって半年で、高齢者の運転に原因があるとみられる交通事故件数が前年同期と比べ、3%程度減少していることがわかった。

 県警運転免許課は「高齢者の交通安全につながり、効果も出てきている」としている。

 カード交付は、増えている高齢者の交通事故対策として、2009年11月に開始。各警察署や県運転免許センターで申請すると顔写真入りのカードが交付され、「高齢者交通安全支援協賛店」に加盟する飲食店やスーパーで料金の割引を受けることができる。また、タクシーや路線バスの運賃割引もある。

 同課によると、4月末までの半年間で、県内の対象者23万6977人(4月末現在)の約1%に当たる2273人が、運転免許証を自主返納。すでに、2009年の1年間で自主返納をした1560人を大きく上回った。また、事故件数は1252件と前年同期比で38件減少、けが人も76人減った。

 一方、返納者からは「交通の足がなくなった」「近くに協賛店がない」などの声も寄せられているという。5月28日現在の協賛店は1243店と制度開始時の約2倍になったが、4月末からの増加店舗数はわずか9店。同課は「協賛店への参加や、交通機関への協力を呼びかけ、利便性をさらに高めたい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)

キャッシュバック

【治安解説】
212

13日の産経新聞経済版に「クレジットカードのショッピング枠の現金化」をうたう「ヤミ金」まがいの金融取引が社会問題化しているニュースが掲載されていた。

 現金がほしい男性が、カードを使って業者から、おもちゃ同様の指輪を10万円で購入、手数料1万5千円を引いた8万5千円をキャッシュバックとして手にした。

 当然、おもちゃの指輪購入代金の10万円はカード会社に支払わなければならない。この手の〝詐欺商法〟に「買い取り屋」があるが、品物を買い取るためには古物商の届け出が必要。ところが、「おもちゃの指輪」の手口は、「クレジットカードで現金化」なる商法と「買い取り屋」の〝合いの子〟みたいなもので取り締まる法律はないというのだ。

 クレジットカードで現金化は、インターネットで「キャッシュバック」を検索すると、出るは出るは…結構な商売となって繁盛しているようだ。

 消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いについては、返済では消費者金融は毎月一定額をコンビニ、振り込み、引き落としなど複数の中から選択できるのに対して、クレジットカードは、基本は翌月一括返済で銀行引き落としになる。

 ただ、国民生活センターではこうしたクレジットカード現金化は、クレジットカード契約に違反する行為なので注意を呼びかけている。

 上記の事例の場合は、おもちゃの指輪を1万五千円で買ったようなものだが、「現金を即、手にしたい」御仁には、キャッシュバックは天の恵みのようなもの。利用される小道具に、おもちゃの指輪だけでなく公序良俗に反する商取引も予測されることから、早めの法規制が必要だろう。 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
 

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「動くポスター」で窃盗抑止 川口署(13日)

031

 角度によって警察官が動いて見えるポスターで窃盗の抑止を―。管内で少年を中心とした若年層の自転車盗や万引の発生が相次いでいる川口署は、特殊加工のポスター=写真=を1千枚製作。自転車置き場や路線バスの車内、学校などに掲示を始めた。

 川口署管内では昨年、県内39署でワースト3位となる年間約6630件の刑法犯が発生。うち万引はワースト2位の約570件で、自転車盗は同3位の約2020件に上った。刑法犯全体に占める二つの犯罪の割合は約39%に達し、その大部分が若年層によるものとされている。

 ポスターは同署の都筑富雄地域課長が中心になって考案した。「犯罪に手を染めようとしている少年たちに見てもらいたいので、動いて目立つものにしたかった」と同課長。ぬれても破れないようにペットボトルと同じ素材を使い、ズーミング2Dという加工技術を採用した。大きさの違う警察官の顔を3層に重ね、見る場所によってそのいずれかが現れるため、動いているように感じる仕掛けだ。

 ポスターには「万引き・自転車を盗んだ場合 窃盗罪」、「10年以下の懲役または50万円以下の罰金」などの言葉も印刷されている。同課長は「何も考えないでやってしまうことが、れっきとした犯罪なのだと知ってほしい。入り口で立ち止まっ てくれれば、深みにはまらな いで済むのだから」と願っている。

47newslogo1 http://www.saitama-np.co.jp/news06/13/03.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

公安委員長 秋葉原の現場視察(13日)

中井国家公安委員長は、2年前に通り魔事件が起きた東京・秋葉原の現場を訪れ、事件後に設置された防犯カメラの運用状況などを視察しました。

就任後、初めて秋葉原の現場を訪れた中井国家公安委員長は、はじめに交差点に設けられた献花台に花を手向けて、通り魔事件で亡くなった犠牲者を悼みました。このあと、警視庁の幹部から説明を聞きながら、事件後に設置された防犯カメラを見て回ったり、住民の代表と街の治安対策について意見を交わしたりしていました。秋葉原名物の歩行者天国は、事件以降中止されていますが、地元の住民や電気店街が防犯カメラを50台設置するなど安全対策が進んだとして、早ければ来月にも再開する見通しとなっています。

 視察を終えた中井国家公安委員長は「防犯カメラの設置はありがたい。安心して人々が生活でき、世界じゅうから買い物に来ていただく街として、いちばんのよりどころは安心・安全ということだ。秋葉原の若者の文化はすばらしいし、みんなで法律を守ってさらに発展していってほしい」と話していました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100613/t10015081081000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・越谷の路上でひったくり事件(13日)

13日朝早く、埼玉県越谷市の路上で自転車で通勤中の女性が、スクーターに乗った2人組の男に現金3万円が入ったかばんをひったくられました。自転車は転倒し、女性は軽いけがをしています。

 13日午前7時ごろ、越谷市千間台西の住宅街の路上で、自転車で通勤中の女性(32)が、スクーターに乗った2人組の男に、現金3万円が入ったかばんをひったくられました。

 自転車の前かごのかばんを奪われそうになった際、女性はかばんを手で押さえていましたが、強引にひったくられたためにバランスを崩して転倒し、右ひざなどに軽いけがをしました。

 警察の調べによりますと、逃げた2人組は年齢15歳から20歳くらいで、白いスクーターに乗っていたということです。周辺では同様の手口のひったくり事件が相次いでいるということで、警察は関連を調べています。(13日14:48)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4451711.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

練炭自殺か 乗用車内で男女4人死亡 筑波山の林道(13日)

 13日午前8時35分ごろ、茨城県つくば市筑波の筑波山中腹の林道で、粘着テープで目張りされた乗用車が発見され、筑波山観光案内所の女性職員が茨城県警つくば北署に通報した。乗用車内で男性3人と女性1人が死亡していた。

関連記事

記事本文の続き 茨城県警つくば北署の調べによると、4人はいずれも20~30代。車内には練炭と七輪があり、同署は練炭自殺とみて、4人の身元確認を急いでいる。

 同署によると、車は横浜ナンバーで施錠されていた。死亡推定時刻は12日深夜とみられる。助手席に女性、運転席と後部座席に男性が倒れていたという。目立った外傷や着衣の乱れはなく、いまのところ、遺書などは見つかっていない。

 現場は登山道から外れた幅約2メートルの林道。昆虫採集をしていた家族連れが不審な車を発見、同案内所に連絡した。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長女を浴槽に投げ入れる 容疑の27歳女を逮捕 和光(13日)

 生後10カ月の長女を自宅の浴槽に投げ入れ殺害しようとしたとして、埼玉県警朝霞署は13日、殺人未遂の疑いで和光市南、無職の女(27)を逮捕した。

 朝霞署の調べによると、女は12日深夜、自宅の風呂場で、お湯を張った浴槽内に長女を投げ入れ、殺害しようとした疑いが持たれている。

関連記事

記事本文の続き 朝霞署によると、夫(42)が「ドボン」という音で気づいてすぐに助けたため、長女は無事だった。

 女は直後に家を出たが、夫からの110番通報を受けた朝霞署員に自宅近くで発見された。同署で詳しい動機などを調べているが、女は育児で悩んでいたという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

3歳女児虐待容疑で男逮捕(13日)

沖縄県警沖縄署は13日、同居の女児(3)を殴り軽傷を負わせたとして、傷害の疑いで無職国場翼容疑者(26)=沖縄市越来3丁目=を逮捕した。

 逮捕容疑は6月初旬、自宅で女児の顔や左腕を殴り、軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、国場容疑者は女児とその姉(4)、姉妹の母親で内縁関係にある女性(24)と4人暮らし。女性は仕事に出掛け、留守だったという。日常的な虐待がなかったか調べる。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「あやしい者でない」と免許置き2万6千円強盗(13日)

12日午後3時50分頃、大阪市平野区平野西のコンビニエンスストア「ローソンストア100平野駅前店」に男が押し入り、女性店員(36)にカッターナイフを突きつけ、「2万6000円を出せ」と脅した。

 店員がレジから同額を手渡すと男は奪って逃げたが、約10分後に店に戻ってきたため、通報で駆けつけていた平野署員が強盗容疑で緊急逮捕した。当時、店内に客はおらずけが人はなかった。

 発表によると、同区背戸口、無職道下裕司容疑者(40)。携帯電話使用料の滞納額が2万5000円あり、「携帯電話使用料の滞納を払いたかった」と容疑を認めている。

 道下容疑者は、別のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)で振り込んだ後、最初のコンビニに戻ってきたといい、残り1000円は所持していた。金を奪う際、「あやしい者ではない」と自分の免許証をレジに置いていったという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・池袋で恐喝や強盗を繰り返していたとみられる北朝鮮国籍の男2人を逮捕(13日)

東京・池袋で、恐喝や強盗を繰り返していたとみられる北朝鮮国籍の男2人が、警視庁に逮捕された。
恐喝の疑いで逮捕された金哲柱(キム・チョルチュ)容疑者(23)と、朝鮮大学校生の尹潤一容疑者(20)は、2009年11月、池袋の路上で専門学校生(19)に因縁をつけ、財布などを奪った疑いが持たれている。
周辺では恐喝事件や強盗事件が数十件起きていて、警視庁は関連を調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178974.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗撮した男性に「警察官やぞ」 脅した疑い、無職男逮捕(13日)

警察官を名乗って、書店で女性を盗撮していた男性から現金を脅し取ろうとしたとして、大阪府警は12日、同府枚方市山之上2丁目、無職高山寛之容疑者(22)を恐喝未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。「男性に反省文を書かせて、確認したかっただけだ」と容疑を否認しているという。

 枚方署によると、高山容疑者は11日午後7時ごろ、枚方市岡東町の書店で、女性のスカートの中をカメラ機能付き携帯音楽プレーヤーで盗撮しようとしていた男性会社員(27)に「警察官やぞ。逃げても無駄や。有り金を全部出せ」と脅迫。翌日午前9時ごろ、近くの公園に呼び出し、現金を脅し取ろうとした疑いがある。男性が12日未明、同署を訪れて相談。待ち合わせ場所に警察官が張り込んでいたという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

1歳女児が死亡 東京・江戸川、母親らに事情聴く(13日)

東京都江戸川区松江5丁目のマンションで、1歳3カ月の女児の意識がないと11日夜、119番通報があった。女児は救急車で病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。死因はわかっておらず、警視庁は母親らから事情を聴くなどして調べている。

 小松川署などによると、11日午後6時45分ごろ、女児が布団の上でぐったりしているのに母親が気づき、通報したという。同署は12日、女児を司法解剖したが、死因は特定できなかった。目立った外傷などはないという。女児は両親らとともに暮らしていた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

通り魔的犯行か…重傷の女子高生に防御創なし(13日)

愛知県一宮市で同市内の高校3年の女子生徒(17)が11日夜、男に刺されて重傷を負った事件で、女子生徒の腕や手には、襲撃を防いだり抵抗したりした時にできる明らかな防御創がないことが12日、県警特別捜査本部の調べでわかった。

 特捜本部は、男が不意打ちした通り魔的犯行との見方を強め、不審者の洗い出しを進めている。

 一方、現場から約150メートル南西にあるマンションの階段で血痕が見つかったこともわかった。男が南の方へ逃げるのを通報した男性が目撃しており、特捜本部は関連を調べている。

 女子生徒は午後7時50分頃に予備校を出て、一宮駅付近で友人と別れた後、自宅へ歩いて帰る途中、駅から約400メートル北の薄暗い場所にさしかかったところで襲撃されたとみられる。

 女子生徒にはストーカー被害やトラブルの情報もなかったという。また、路上には女子生徒のカバンなどが残されていたが、奪われたものはないという。

 女子生徒の父親(51)は12日朝、「これまでトラブルなどはなく、犯人に心当たりもない。病院で娘に面会したが、『大丈夫』と答えていた」と心配そうに話した。女子生徒は自転車で通学しているが、11日は自転車の鍵が見つからず、

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「暴力団と交際」木瀬親方、理事会で認めていた(13日)

昨夏の大相撲名古屋場所の維持員席で暴力団幹部が観戦していた問題で、チケットの手配にかかわっていたとして日本相撲協会から相撲部屋閉鎖と委員から平年寄に2階級降格の処分を受けた木瀬親方(40)(元幕内肥後ノ海)が、5月27日の理事会で、「3年前まで暴力団と交際していた」と交遊を認めていたことが12日、複数の相撲協会関係者の話で明らかになった。

 相撲協会は理事会後、記者会見を開いたが、木瀬親方の暴力団との交際を確認したのかという質問には明確に答えなかった。親方は協会の内部調査にも「暴力団と交際していた」と証言していたが、この事実も相撲協会は公表しなかった。

 木瀬親方はこれまで、報道陣には暴力団との関係を否定しており、読売新聞の11日の取材に対しても「何もない。全くない」と語るにとどまった。理事会で親方は、「暴力団にチケットが渡ることも知っていたのではないか」との追及に対し否定したが、この信ぴょう性も問われそうだ。

 この問題で責任を問われたもう一人の清見潟親方は「けん責」にとどまっており、処分に大きな落差があったが、その判断は暴力団との交遊の有無で分かれたと見られる。内部調査が報告された後、理事会は外部役員から「交際を自白したのだから、解雇が妥当」との主張が上がるなど、厳罰の方向に傾いたという。

 親方衆からは「師匠の資格を問うべきだ」との意見が出た。結局、「不当解雇」などの訴訟を懸念した協会が解雇を見送った。この問題では文部科学省が相撲協会に7月の名古屋場所までに調査を終えるよう指導している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中3自殺:友人トラブル「確認されていない」練馬区教委(13日)

 12日に東京都練馬区の公園で首をつって死亡しているのが見つかった同区立中3年の男子生徒(14)について練馬区教委は同日、「いじめなど友人関係のトラブルは確認されていない」と発表した。

 生徒は11日夜に帰宅せず、母親が警視庁練馬署に相談していた。同教委によると、11日に生徒のほおがはれており、副校長らが聞いたところ「勉強のことで親にしかられた」と話した。担任から連絡を受けた母親は「勉強や友人から借りたゲームソフトのことでしかった」と説明したというが、死亡との関連は不明という。【小泉大士】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100613k0000m040055000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

掘り出しニュース:アッ、当て逃げ容疑者だ! 目撃女性、バッタリ(13日)

 【北海道】北海道警札幌厚別署は11日、車に当て逃げしたとして、安平町の建設作業員、鈴木平容疑者(21)を道交法違反などの疑いで逮捕した。事故の1時間半後、目撃者の女性(36)が買い物中に鈴木容疑者と鉢合わせし、その場で警察に伝えて迅速な逮捕につながった。

 容疑は10日午後7時ごろ、北広島市の国道36号で軽乗用車を運転中、札幌市東区の男性会社員(63)の乗用車に追突し、軽傷を負わせて逃げた疑い。同署によると、事故を目撃した女性が逃走した男の顔を覚えており、事故後に約5キロ離れた雑貨店「ドン・キホーテ平岡店」で鈴木容疑者を発見。たまたま捜査員から事故の問い合わせが携帯電話に入り「目の前に容疑者がいる」と伝えたという。

 任意同行され逮捕された鈴木容疑者は「気が動転して逃げた」と容疑を認めているという。【片平知宏】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100612mog00m040009000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

嘱託殺人:「苦しむ父、見かねた」容疑の少年(13日)

大阪市鶴見区のマンションで12日、少年(17)が病気の父親(44)を殺害した容疑で逮捕された事件で、父親が少なくとも数カ月前から、少年に「しんどい。殺してくれ」と殺害を懇願していたことがわかった。また、大阪府警鶴見署によると、少年は父親からの殺害の依頼に従った理由を、「父親が苦しむ姿を見るに見かねてやった」という趣旨の言葉で説明しているという。父親は肝臓を患うなど最近になって体調を悪化させており、同署は、体調に悩んだ父親が少年に繰り返し殺害を頼んでいたとみて、さらに詳しく調べている。

 父親の知人らによると、父親は体調の悪化で、最近は寝たきり状態だった。次第に弱音も吐くようになっていたという。父親は今年に入り、近所の飲食店を訪れた際、一緒に食事をしていた少年に「もうしんどい。おれを殺してくれ」と漏らした。これを聞いた店の経営者がすぐに「大事な息子に何させるんや」とたしなめたという。【安藤龍朗、向畑泰司】

 ◇母は数年前に病死

 「(少年は)父親のことがとても好きで尊敬していた。父親にとっても自慢の息子だった」。仲が良かった父子を知る人らは一様にこう話した。しかし、少年は自らの手で父親の命を絶った。

 父親の知人らによると、少年は一人っ子で、母親は数年前に病死した。父親は当時、「(母親を)幸せにしてやれなかった」と落ち込む一方で、「(少年と)2人で頑張る」とも話していたという。父親はこのころから「眠れない」と言って、睡眠導入剤を服用するようにもなった。

 父親と親しい運送業の男性(26)は「とにかく、父親は(少年を)かわいがっていた。小学生のころは我流でキックボクシングを教え、礼儀もきちんとしつけていた」と話す。また、父子が食事のために通っていた近くの居酒屋の店長(40)は「父親はいつも『あいつはええ男や』と息子を自慢した。(少年は)近所の人に会うと、きちんとした言葉であいさつする礼儀正しい子だった」と語った。

 しかし、父親は体調を崩しながらも好きな酒をやめることはなく、症状は悪化する一方だった。近所の住人によると、事件前日の11日夕にも、日本酒3ケースが自宅に届けられていたという。

 事件を知った知人らは少年の動機について、口々にこう推し量った。「大好きな父親がどんどん弱っていくのが、しんどかったんだと思う」--。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100613k0000m040102000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」(13日)

文科省への電話指示、ノルマも

 朝鮮学校への高校授業料無償化適用をめぐり、在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)が生徒の父母らに文部科学省に適用を要請する電話攻勢をかけるようノルマを課していたことが12日、内部文書から分かった。同時に、複数の日本人になりすまして電話回数を稼ぐよう指示。総連の無償化運動がモラルを著しく逸脱し、北朝鮮同様に統制された組織動員のもとで展開していた実態が明らかになった。

関連記事

記事本文の続き 朝鮮総連関係者から入手した内部文書によると、指示は朝鮮学校への無償化適用が先送りされた後の5月7日に朝鮮学校生徒の母親らが所属する総連傘下の女性団体などに出された。

 文書では「『高校無償化』がわれわれの学校に適用されるまで全組織、全同胞を立ち上がらせ闘争し続ける」とげきを飛ばし、無償化適用を求める署名を「1人当たり100人」集めるよう指示。文科省が開設した無償化の相談窓口「高校就学支援ホットライン」を通じて無償化即時実施を求める要請活動を展開するようにも命じた。

 文書にはホットラインの電話番号が目立つように書き込まれているが、関係者によると、この文書が出された際、総連幹部は「在日としてだけでなく、一般の日本人になりすまして複数回電話するように」命じたという。関係者は「日本人も適用に賛成していると見せた方が効果がある」と、意図を説明する。

 文書では「高校無償化闘争」についてのDVDなどを積極活用して民主党の地方組織や地方議会へも強く働きかけるよう求めている。さらに、活動結果について「5月29日」「6月26日」「7月10日」「7月31日」と期限を指定して報告ノルマを課し、集めた署名数のほかホットラインへの電話回数も報告を指示している。

 朝鮮学校無償化をめぐっては、文科省の専門家会議で適用の是非を検討中だが、同省によると、ホットラインには「朝鮮学校にいつ無償化が適用されるのか」「一日も早く適用してほしい」との意見が実際に寄せられており、「正確な数は集計していないが、少なくない」(文科省担当者)という。

 なりすましについて、担当者は「匿名の電話が多く、時間帯で電話を受ける職員が代わるため、同じ人物が電話してきても分からない」と話した上で、総連による動員については「コメントしかねる」としている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月14日 »