« 2010年6月8日 | トップページ | 2010年6月10日 »

2010年6月9日

2010年6月 9日 (水)

ローン装い詐取容疑で3人逮捕 被害20億円超か(9日)

金融機関に偽造書類を示し、融資名目で4千万円をだまし取ったとして、愛知県警は9日、詐欺の疑いで名古屋市千種区若水、不動産会社社長花岡篤司容疑者(41)ら3人を逮捕した。

 県警によると、花岡容疑者らは融資を希望する多重債務者らをチラシで募集。偽造書類を提出させて住宅ローン名目で融資を受ける手口で、複数の金融機関から総額20億円以上をだまし取ったとみている。債務者が融資の審査を通過できるよう、養子縁組や偽装結婚で氏名を変更させていた。

 ほかに逮捕されたのは、同市東区葵、不動産会社社員降旗誠容疑者(23)と同市港区東蟹田、アルバイト桂珠美容疑者(41)。

 逮捕容疑は昨年4月、名古屋市の金融機関支店で、所得を偽造した源泉徴収票などを示して住宅ローン名目で融資を申し込み、4千万円をだまし取った疑い。債務者の桂容疑者に男性と偽装結婚させ、別人名義の書類を提出させていた。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060901000825.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「いじめ受ける友人を救えず…」中3生徒が自殺(9日)

川崎市の中学3年の男子生徒(14)が、自宅で死亡しました。男子生徒は、友人へのいじめを防げなかったことを苦にして自殺したとみられています。

 7日午後5時ごろ、中学3年の男子生徒が川崎市の自宅のトイレで倒れているのを母親が見つけ、その後、死亡が確認されました。警察の調べによると、トイレから硫化水素を発生させる液体などが見つかり、男子生徒は自殺したとみられています。遺書も見つかっていて、「14年生きて楽しかった」など家族への感謝の言葉とともに、「いじめを受けていた友人を救えなかった」と書かれていたということです。市の教育委員会によると、男子生徒は担任教師などに相談したことはなく、変わった様子もなかったということです。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

幸せそうな家族への「ねたみ」が動機 他人の乳児を骨折させた女(9日)

「最初はつねっていたけど、エスカレートしてしまった」。栃木県足利市で5月、女が他人の乳児を抱っこして足を骨折させた事件。傷害の疑いで逮捕された無職五月女裕子容疑者(28)は、幸せそうな家族への「ねたみ」が動機だったと認める供述を始めた。何が無垢な子どもへの暴力に走らせたのか、県警はさらに詳しい動機の解明を進めている。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、五月女容疑者は、学習塾を営む両親、会社勤めの弟、幼稚園の長女との5人暮らし。料理の専門学校を卒業後、パート先で知り合った男性と結婚したが約3年半前に離婚。「今春から長女が幼稚園に入り、両親からは働くように促されていたようだ」と捜査関係者。

 事件のあった子ども用品店によると、五月女容疑者は3月下旬から、週1度のペースで、乳児を連れた女性客が多い午前中に1人で来店。買い物はせず、乳児を連れた母親を見つけると「抱っこさせて」と迫った。

 5月26日の事件当日。五月女容疑者は3カ月の長女を連れた女性客(26)に話し掛けた。買い物中付きまとって抱っこをくり返し、レジで会計中に長女を抱き上げて、レジや防犯カメラから死角となる店の奥に消えた。

 女性客は帰宅後、長女の様子がおかしいため病院に連れていったところ、両大腿骨を完全骨折していることが判明した。

 自治医科大学とちぎ子ども医療センターの吉川一郎教授(小児整形外科)は「乳児の大腿骨は一定の間、強い力を加えるなどしない限り、折れるものではない」と話す。

 五月女容疑者は逮捕当初、容疑を否認していたが、最近「自分は離婚し、幸せそうな家族がねたましかった」と容疑を認めている。

 東海学院大学の長谷川博一教授(臨床心理学)は「あくまで一般論」とした上で「境遇への不満や育児の悩みが強いと、幸せそうな親子に強く嫉妬する。過剰なストレス下で判断力が著しく落ち、人を傷つけてしまうことがある」と分析する。

 乳児を抱っこさせてとせがむ五月女容疑者の姿は、市内の公園や児童施設でも見かけられていた。児童施設で6カ月の長男を実際に抱っこさせた女性(28)は「あまりにしつこく、怖くなった」と振り返る。

 事件と同じ店では4月中旬、抱っこされた乳児の脚にあざができる被害があり、足利署は不審な客に注意するよう店に指導したが、新たな被害を防ぐことはできなかった。同署は「抱っことけがの因果関係がはっきりせず、本格的な捜査には至らなかった」と説明している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「保険かけられた」と警察に訴え…淀川女性遺棄(9日)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面の草むらで遺体で見つかった同府豊能町の宇野津由子さん(36)が、殺害される前に豊能署にかけた身の危険を訴える電話相談が放置されていた問題で、宇野さんは応対した署員に、自身にかけられた保険金など身辺の不審な動きを詳細に説明した上で、「狙われている」と訴えていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 同署は「一般的な問い合わせ。内容は捜査の関係上、言えない」としている。捜査関係者によると、宇野さんは、遺体で発見される13日前の4月16日夜、自分の携帯電話から豊能署にかけた匿名電話で、「保険金をかけられた。狙われている」と訴え、保険金絡みで周辺に不審な出来事がある、とも打ち明けた。

 また、宇野さんは2月に養子縁組し、豊能町で養父母家族と同居していたが、当時は養父母宅を離れ、実父宅がある大阪市西成区周辺にいたとみられ、「家に置いてきた荷物を勝手に捨てられるかもしれない。その場合、法的にはどう対処できるのか」などと質問し、自ら電話を切ったという。この際、応対した署員は「近くの西成署に相談したらどうか」と持ちかけたが、その後、宇野さんが西成署に相談した形跡はなかった。

 宇野さんは4月28日頃に細いひものようなもので絞殺されたとみられ、翌29日、高槻市内でポリ袋に四重に包まれた状態で見つかった。府警の捜査で、宇野さんが養子縁組した翌3月、死亡時の受取額が計約2100万円の3種類の共済保険に加入していたことが判明。宇野さんが何らかのトラブルに巻き込まれて殺害されたとみて、府警は関係者から事情を聞くなどしていた。同居していた養父(39)は5月18日、京都府舞鶴市内に止めた車内で自殺しているのが見つかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル1

首都東京体感治安(9、10日単位・レベル)

デートDV

【治安解説】
1

福井署は9日、福井市川尻町の64歳の会社役員を逮捕した。会社役員は5月下旬から今月5日までの間、別れ話のもつれから、交際していた金沢市に住む40代女性の携帯電話や自宅に「家族や勤務先に関係をばらすぞ」などと書いたメールや手紙を送り付けたき脅迫の容疑。もっと過激になればストーカー規制法違反になるだろうし、逆に警察は脅迫で逮捕したが、現実は、被害届けを出さずに、怖くてもいやいや交際を続けている場合が多い。こうなればデートDVである。

 小欄では何度も叫び続けたが、まだまだ浸透していない。警察庁も統計をとっていない。ところが、社会的な動きが出始めている。

  交際相手が暴力をふるう「デートDV(ドメスティック・バイオレンス)」を防止しようと、NPO法人「ウイメンズハウスとちぎ」(中村明美代表)は、「デートDV防止カード」を作成。栃木県内の学校や行政機関などで配布するという。

 デートDVは、特に10歳代を中心とした若者同士の恋人間で広がっている。殴るけるといった身体的暴力だけでなく、携帯電話の受信メールを無断でチェックするなど、行動の監視や束縛もDVにあたる。ただ、被害者が「こうした束縛は愛情から来るもの」と思いこむ傾向があり、被害の自覚がないまま結婚したり、DVがエスカレートしたりする場合がある。

 カードは携帯しやすい名刺サイズ。表面には「言うとおりにしないと暴力的になる」「携帯のメールを勝手に見る」「『別れるなら死ぬ』と脅す」「自由な行動を許さない」など、DVの具体的な例を5つ紹介。裏面には同法人や県婦人相談所などの相談先も掲載しているという=6月7日読売新聞電子板

 警察もなかなかとりあげるのに苦労しているようなので、もっともっと社会問題化して事件認知を訴える必要があるようだ。首都東京体感治安は「レベル1(グリーン)」とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル1"

| コメント (0) | トラックバック (0)

養子縁組の女性 警察に電話か(9日)

大阪・高槻市で養子縁組をした女性が殺害され、遺体が袋に入れられていた事件で、事件の前、この女性の携帯電話から、「他人と養子縁組をしたが、関係が悪くなって家を出た」という相談の電話が警察にかかってきていたことがわかりました。

この事件は、大阪・豊能町の宇野津由子さん(36)が殺害され、ことし4月、遺体が袋に入れられて川沿いに放置されているのが見つかったものです。宇野さんは養子縁組をし、その後、多額の保険金をかけられていたことから、警察が詳しい経緯を調べています。警察によりますと、事件のおよそ2週間前の4月16日の夜、30分間にわたって宇野さんの携帯電話から地元の警察署に電話がかけられていたことがわかりました。電話は「他人と養子縁組したが、関係が悪くなり家を出た。『家に置いたままの荷物を処分する』と言われているが、取りに行けない」などと、相談を持ちかける内容だったということで、警察は宇野さん本人がかけたとみています。これに対して、電話を受けた警察官は、すぐに対応する必要はないと判断して、上司に報告していなかったということです。電話がかかってきた豊能警察署は「対応に問題があったかどうかは、現時点でコメントできない」としています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100609/k10014992961000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(9日)

東京・世田谷区で振り込め詐欺被害防止訴えるイベント お笑いタレントが寸劇など披露

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178784.html

写真公開の「出し子」ら逮捕

6月9日 18時57分 動画あり

News_pic1_2

振り込め詐欺の被害者が振り込んだ現金をATMから引き出す、いわゆる「出し子」として警視庁が顔写真を公開していた男ら2人が逮捕され、警視庁は、2人が4か月間に8000万円余りを引き出したとみて調べています。

逮捕されたのは、いずれも東京・小金井市の無職、長嶺修介容疑者(52)と高村雄一郎容疑者(47)です。警視庁によりますと、2人は去年9月、振り込め詐欺の電話を受けた54歳の女性が振り込んだ現金350万円を、品川区などの3か所の銀行のATMで引き出した詐欺の疑いが持たれています。このうち、長嶺容疑者は現金の引き出し役の「出し子」として、ことし2月に警視庁が顔写真を公開しており、「知人に似ている」という通報がきっかけで逮捕に結びついたということです。2人は容疑を認めているということで、警視庁は、4か月間にあわせて8000万円余りを引き出したとみて調べています。また、警視庁は、新たに「出し子」の男2人の写真を公開しました。いずれも20代とみられ、ことし1月から2月にかけて、あわせて2400万円余りを引き出した疑いがあるということです。情報は、警視庁の「振り込め詐欺ホットライン」の、03−3501−2967までお寄せください。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100609/k10015006571000.html

Bs201006091602_531

増加傾向にある振り込め詐欺の被害防止を訴えるイベントが東京・世田谷区で行われ、お笑いタレントらが寸劇などを披露した。
玉川警察署が主催した9日のイベントでは、お笑いタレント「キャベツ確認中」など3組6人が、犯人役と被害者役にわかれて、「還付金詐欺」などのさまざまな手口をテーマにした寸劇を披露した。
玉川警察署の管内では、2010年に入ってから4月末までの振り込め詐欺の発生件数が18件と、都内で最も多く、今後も手口や対処方法などを呼びかける方針。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本テレビ社員名乗る無職男を詐欺で逮捕 男性から約5万円詐取 警視庁、余罪追及(9日)

日本テレビの社員を名乗り、「カメラをあげるから、ケース代だけ払ってほしい」などとうそをつき、現金およそ5万円をだまし取ったとして、無職の男が警視庁に逮捕された。
詐欺の疑いで逮捕された無職の岩尾真市容疑者(62)は4月、東京・港区の明治神宮外苑で写真撮影をしていた30代の男性に、日本テレビのニュース番組のカードを見せながら、「自分は番組の担当者だが、カメラをあげるから、ケース代だけ払ってほしい。明日、日本テレビまで来てほしい」などとうそをつき、翌日、男性から現金およそ5万円をだまし取った疑いが持たれている。
調べに対して岩尾容疑者は、「金が欲しかった」と容疑を認めているが、警視庁はほかにも同様の手口で金をだまし取っていたとみて、追及している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯人、車で逃走か 横浜・弁護士刺殺、目撃証言なし(9日)

 横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で、弁護士の前野義広さん(42)が刺殺された事件は、9日で発生から1週間がたった。神奈川県警は、返り血を浴びた犯人が人目を避けるため車で逃走したとの見方を強めている。前野さんの担当業務に関係した人物が関与した可能性が高くなっている。

 県警によると、前野さんの担当業務資料に名前があった男性が事件後、連絡がとれず所在不明になっている。離婚調停の関係者とみられ、県警はこの男性が何らかの事情を知っているとみて、男性の自宅など関係先を確認し、行方を追っている。

 一方、前野さんが倒れていた事務所の相談室には大量の血痕があり、刺した男は相当の返り血を浴びたとみられる。男が逃げた方向にはみなとみらい線日本大通り駅があるほか、人通りが多い今月2日午後2時40分ごろという時間帯にもかかわらず、目撃証言がないことから、男は近くに止めていた車で逃げた可能性が高いとみている

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「殺される」と相談、警察が放置…淀川女性遺棄(9日)

大阪府高槻市の淀川堤防斜面の草むらで4月29日、同府豊能町の宇野津由子さん(36)の遺体がポリ袋に入れられて見つかった事件で、同16日夜に宇野さんの携帯電話から豊能署に女性の声で「殺されるかもしれない」などと身の危険を訴える内容の電話がかかっていたことがわかった。

 捜査関係者が取材に対し、明らかにした。電話の主は匿名だったが、府警は宇野さん本人と判断。宇野さんは同28日頃に殺害されたとみられているが、当時、応対した署員は「問題なし」として記録や報告もせず、情報は事実上、放置されたという。

 同署の説明によると、電話があったのは4月16日午後9時頃。当直中の署員が約30分間応対したが、特に問題はないと判断して記録には残さず、翌日以降も、署長ら上司に電話について報告はしなかったという。

 ところが、4月29日に高槻市内で女性の遺体が見つかり、宇野さんの同居家族が5月10日に同署に行方不明の相談に訪れたことから、身元が宇野さんと判明。捜査1課が宇野さんの携帯電話の発信記録を調べたところ、同署に電話していたことが発覚した。電話の内容について、同署は読売新聞の取材に、「事件捜査の関係上、明らかにできない」としているが、捜査関係者によると、宇野さんらしい女性は電話で、自分の身に危険が迫っていることを訴えていたという。捜査関係者は「結果論ではあるが、対応に問題があったのではないか」と話している。

 警察への相談を巡っては、埼玉県桶川市の女子大生ストーカー殺人事件(1999年)で、埼玉県警上尾署員が、何度もストーカー被害の訴えを聞きながら捜査に乗り出さず、幹部への報告もしていなかったことが問題化。その後も、対応の遅れが問題になるケースがあったことから、警察庁が今年2月、相談内容をすべて記録し、署長などへの報告徹底を求める通達を全国の警察本部に出している。

 石垣峰竹・豊能署副署長は「一般的な『問い合わせ』として処理した。(警察庁通達にある)『相談』にあたるのかどうかや、対応が適切だったかどうかなどについては、今後の捜査の推移を見て検証する」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗容疑:タクシー乗り逃げ、松阪市職員を逮捕(9日)

9日午前3時45分ごろ、三重県松阪市駅部田(まえのへた)町の国道42号で、同県伊勢市のタクシー運転手の男性(56)がパトカーで警ら中の県警松阪署員に「客が暴れて車を降りたところ、乗り逃げされた」と助けを求めた。署員が通りかかったタクシーを停車させ、運転していた男に事情を聴いたところ、乗り逃げを認めたため、窃盗容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは、松阪市御殿山町、同市清掃事業課職員、藤本進也容疑者(44)。藤本容疑者は泥酔状態で、同署が道交法違反(酒気帯び運転)容疑でも調べている。【谷口拓未】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100609k0000e040081000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

成田国際空港内の交差点で会社員の42歳男性が死亡 ひき逃げ事件とみて捜査(9日)

成田国際空港内の交差点で、8日夜、男性がひき逃げされ、死亡した。
8日午後10時ごろ、千葉・成田市の成田国際空港内の交差点で、「人が倒れている」と警察に通報があった。
倒れていたのは会社員・田中克弘さん(42)で、田中さんは病院に運ばれたが、まもなく死亡した。
田中さんと車がぶつかる大きな音を聞いた人がいることなどから、警察は、ひき逃げ事件とみて捜査している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ツイッター」ご注意!なりすまし、ニセ首相も(9日)

 140文字以内の「つぶやき」をネットで世界中に発信できる簡易投稿サイト「ツイッター」。

 自分の考えを気軽に知らせることができる便利なツールだが、一方で常につきまとうのが真贋問題。ネット選挙解禁を目指す改正公職選挙法の議論でもこの点が課題になっている。「これを機に始めることにしました」

 ツイッター上に「kann_naoto」を名乗る人物のつぶやきが出現したのは民主党代表選があった今月4日頃。菅首相の顔写真も張り付けられていた。

 「あの菅さんか」と勘違いしたフォロワー(閲覧者)はすぐさま約1万人に。だが、菅首相はツイッターで発信したことがない。

 不審に思った民主党の藤末健三参院議員が4日夜、菅氏の秘書に電話し、なりすましが発覚。偽者は少なくとも5人確認された。藤末議員はツイッター上で「(菅さんは)まだ始めておられません」と投稿した。

 そこで、民主党も、ツイッター上で、「ぜーんぶ偽者!!」と発信。さらに5日午後には報道各社に発表し、偽者たちは姿を消していった。同党広報委員会は「自由がネットの良さとはいえ……。悪意ある中傷や攻撃の場合は法的処置も考えなければ」とする。

 ネット調査会社「ネットレイティングス」(東京)によると、国内のツイッター利用者は750万人(3月現在、パソコンのみ)を突破。メールアドレスさえあれば誰でも気軽に参加できるが、同時に、他人になりすますことも簡単だ。昨年12月には鳩山前首相の偽者が登場したほか、今年に入っては、東京大や早稲田大からの正式な投稿を装うケースも出た。

 こうしたトラブルを防ぐため、米・ツイッター社は、有名人については認証制度を設けている。本名とメールアドレス、公式サイト、登録名などをサイト上から送信し、認められると、画面の右側に丸い緑のマークが表示される。

 日本国内では、8日現在で国会議員19人を含めた52人・団体がお墨付きを受けた。しかし現在、与野党で90人近い国会議員がツイッターを使っているとみられ、認証はまだ5分の1程度だ。

 今夏の参院選からネット選挙を解禁しようと、5月末、公選法改正案について与野党が合意した。だが、ツイッターについては、候補者が使うことを禁止はしないが、使わないよう自粛を呼びかけるという中途半端な取り扱いになっている。「なりすましによるウソ情報を防げない」という心配がその理由だった。

 ツイッターに詳しいジャーナリストの津田大介さんは「ツイッターは、フォローするとメッセージが自動的に送られてきて、それが自由に引用され、広く波及していくメディア。それだけに、認証などで悪意あるなりすましを防ぐ仕組みが必要だが、一方で見る側もうのみにしないで冷静に判断する力が求められる」と指摘している。(竹井陽平)

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性3人連続ひったくり被害 福岡 背後からバイク(9日)

 8日夜、福岡市中央区の路上を歩いていた女性を狙ったひったくりが相次いだ。いずれも原付きバイクで後ろから近づく手口。福岡県警は同一犯の可能性があるとみている。被害に遭った女性にけがはなかった。

 中央署によると、まず午後9時7分ごろ、薬院2丁目で女性会社員(54)が現金約1万円が入ったショルダーバッグを、同10時12分ごろには今泉1丁目で自営業女性(41)が約7千円入りのハンドバッグを、5分後には渡辺通2丁目で女性会社員(26)が約千円入りのショルダーバッグを奪われた。犯人は1人でバイクに乗っていたという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

同じ病室2年前もチューブに穴 大阪・豊中の病院、殺人未遂(9日)

 大阪府豊中市庄内宝町の大阪脳神経外科病院(132床)で5月、入院中の女性患者が装着していた人工呼吸器の酸素用チューブに穴が開いているのが見つかり、豊中南署は8日、何者かが故意に開けた可能性があるとみて、殺人未遂容疑で捜査を始めたと発表した。女性の容体に影響はなかったという。2年前にも女性の酸素用チューブに穴が開くトラブルが起きており、関連を調べる。

 豊中南署などによると、5月31日午後10時ごろ、病院4階の大部屋に入院中の女性(64)=豊中市=のベッド付近で、「シューッ」と酸素が漏れる音がするのに巡回中の看護師が気づき、チューブに直径数ミリ程度の穴が開いているのを見つけた。この日午前中に技師が検査した際には異常はなく、病院側は6月1日、警察に届け出た。

 捜査関係者や病院によると、女性は平成16年11月から、意識不明の重体で入院。当時から自発呼吸が困難で人工呼吸器を装着していたが、20年10月6日夜にも、同じ病室で、今回とは別の型の人工呼吸器のチューブに穴が開くトラブルが起きていたという。

 人工呼吸器は酸素が長時間漏れた場合は警告音が鳴る仕組みだが、いずれのケースとも、警告音が鳴る前に巡回中の看護師が発見しており、酸素が漏れた量や時間はわずかだったとみられる。チューブの穴は今回と2年前の事例では形状が異なっていた。

 同病院は昭和60年開院。脳神経外科のほか、神経内科、リハビリテーション科などがあり、脳卒中の急性期治療に取り組んでいる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

人面マスク事件、強盗傷害容疑で男逮捕 警視庁(9日)

東京・中央区のカード決済代行会社に人面マスクを被った男らが押し入り現金などが奪われた事件で、警視庁は強盗を持ちかけたとみられる24歳の男を逮捕しました。

 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、千葉県松戸市の無職・吉田将司容疑者(24)です。

 警視庁の調べによりますと、吉田容疑者は既に逮捕・起訴された男らに中央区日本橋兜町のカード決済代行会社には1000万円以上の金がある、などと言って強盗を持ちかけました。

 そして、人面マスクを被った男らに会社から現金や携帯電話を奪わせた上、男性従業員を殴るなどの重傷を負わさせた疑いが持たれています。当日、会社には現金およそ1800万円が搬入される予定でしたが、引き出し作業が遅れ、実際には金はなかったということです。取調べに対し、吉田容疑者は容疑を否認しています。

 警視庁は犯行に使われた人面マスクを購入するなどしたとして、強盗予備の疑いで千葉県の20歳の男も逮捕していて、事件の全容解明を進める方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4447759.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人・同僚、玉突き事故偽装 保険金詐取容疑11人逮捕(9日)

 交通事故を装い車の修理費を保険会社からだまし取ったなどとして、福岡県警は8日、福岡県志免町片峰3丁目、会社員宗田剛容疑者(32)ら11人の男を逮捕したと発表した。県警によると、宗田容疑者ら10人は容疑を認め、1人は「知らない」と否認しているという。

 県警交通指導課などによると、11人は共謀して2007年12月5日夜、同県粕屋町仲原の県道で、宗田容疑者が運転するレンタカーの乗用車がレッカー車に追突し、計3台が絡んだ玉突き事故を起こしたように装い、保険会社2社から約1200万円をだまし取った疑いがある。11人は知人や職場の同僚などの間柄という。

 関係者の通報で容疑が浮上した。県警は、ほかにも同様に事故を偽装して保険金をだまし取った疑いがあるとみて、調べている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり容疑の男、犯行現場近くに落としたものは…(9日)

落とした携帯電話から御用に――。女性からかばんをひったくったとして、愛知県警は8日、名古屋市中川区吉良町、派遣社員高橋徹容疑者(28)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。中署によると、高橋容疑者は事件直後、バイクで転び、携帯電話を落としたまま逃走。被害女性が交番に届けて足が付いたという。高橋容疑者は容疑を認めているという。

 同署の発表によると、逮捕容疑は8日午後1時ごろ、同市中区伊勢山1丁目で、歩いていた同区の無職女性(29)から、バイクで追い抜きざまに電子辞書などが入ったかばんを取ったというもの。その直後、交差点で自転車と接触。転倒して、女性から奪ったかばんとともに、自分の携帯電話も落としたまま逃走。まもなく、現場に戻って携帯を探したが、女性が拾った後だったという。高橋容疑者は「携帯を落としてまずいと思った」と供述しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バレーボール元日本代表、密売目的で覚せい剤所持(9日)

大阪府警薬物対策課は8日、元バレーボール全日本代表選手の無職高橋智則容疑者(36)(大阪市中央区高津)を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで現行犯逮捕した。

 高橋容疑者は「売るために持っていたのではない」と営利目的を否認しているが、府警は、密売グループの一員とみて追及する。

 発表では、高橋容疑者は同日午前9時頃、大阪市都島区のビジネスホテルで、密売目的で少量の覚せい剤をセカンドバッグに隠し持っていた疑い。

 府警が密売グループの拠点とみていたホテルの一室を捜索した直後、高橋容疑者が部屋を訪れたという。

 高橋容疑者は、1996年からVリーグ(現・プレミアリーグ)の新日鉄ブレイザーズ(同・堺ブレイザーズ)やJTサンダーズなどに所属し、全日本代表にも選ばれ、2006年に現役を引退した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国家戦略相、事務所実態ないのに4222万計上(9日)

菅新内閣で国家戦略相に就任した荒井聰・衆院議員(64)(北海道3区)の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」が、2002年11月からの約7年間、東京都府中市のマンションの知人宅を「主たる事務所」として総務省に届けていたことがわかった。

 同後援会は政治資金収支報告書が公開されたこの間の6年で、計約4222万円の事務所経費を計上していた。知人は読売新聞の取材に「頼まれて(住所を)貸しただけ」と話している。自民党政権下で相次いだ事務所費問題が、新閣僚の政治団体でも浮上した。

 同後援会の03年~08年の政治資金収支報告書によると、この間の事務所経費は総額約4222万円で、うち「人件費」は計約2741万円、通常は家賃などを含む「事務所費」が計約1013万円。「備品・消耗品費」も計約463万円だった。「光熱水費」の支出はなく、年間の事務所経費は約483万円~約855万円だった。

 会計事務担当者には、現在の政策秘書の氏名と連絡先が書かれていた。主な収入は毎年主催していた政治資金パーティーで、金額は約1100万円~同1400万円。事務所経費以外の支出は、パーティーの開催経費や荒井氏の別の政治団体への寄付などだった。

 松岡利勝元農相や赤城徳彦元農相の事務所費問題に注目が集まった07年、荒井氏の後援会は計約855万円の事務所経費を計上、太田誠一元農相が秘書宅を届け出て批判を浴びた08年も約483万円を計上していた。民主党が政権交代を果たした昨年9月に解散した。

 荒井氏の政治団体はほかに、いずれも札幌市豊平区が住所の「荒井さとし後援会」と資金管理団体の「21ビジョン開発研究会」、荒井氏が代表の「民主党北海道第3区総支部」。08年の収入は、後援会が3485万円、総支部は3012万円、研究会が664万円だった。

 後援会事務所の所在地を知人宅で届け出たことについて、荒井氏の事務所は8日、読売新聞の取材に「組閣日で本人も官邸に入っているので回答は不可能。正確に答えるが、古い時期の質問もあり、9日以降に回答したい」とした。

 荒井氏は農水省出身で現在5期目。鳩山内閣では首相補佐官に就いていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「見当たり捜査」で逮捕 傷害容疑で指名手配の男 京都府警(9日)

 京都府警田辺署は8日、傷害の疑いで指名手配中だった同府井手町の無職、西島一志容疑者(41)を逮捕した。同日午後5時ごろ、指名手配された容疑者の顔を記憶して追跡する「見当たり捜査」中だった大阪府警捜査共助課の捜査員が大阪市中央区内を歩いていた西島容疑者を発見した。

 逮捕容疑は昨年6月29日午前7時ごろ、自宅で、交際していた大阪府寝屋川市の女性=当時(36)=の顔などを木製バットで殴り、けがを負わせたとしている。

 田辺署によると、西島容疑者は容疑を認めている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100608/crm1006082325051-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー強奪した疑い 19歳少年を逮捕 広島県警(9日)

広島県警庄原署は8日、無賃乗車したタクシーを奪って逃げたなどとして、強盗致傷の疑いで住所不定、無職の少年(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は8日午後2時35分ごろ、庄原市川北町の市道で停車中のタクシーから女性運転手(62)を引きずり降ろし、腕や足に軽傷を負わせた上、タクシーと売上金約4万円を奪った疑い。また乗車料金約2万円の支払いを免れたとしている。

 庄原署によると、少年は同日昼、広島市内で乗車。約100キロ北の庄原市で「金を取ってくる」といったん降車後、戻ってタクシーを奪った。

 約2時間後、署員が市内で少年を発見。タクシーは現場の約1キロ南に乗り捨てられていた。庄原署によると、「タクシー代がなかった」と容疑を認めている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100609/crm1006090009000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

香川県警の警察官が警察手帳を盗難(9日)

香川県警高松南署の男性巡査長が勤務時間外に警察手帳を携行し、盗まれていたことが8日、警察関係者への取材でわかった。県警は巡査長に事情を聴き、処分を検討している。

 関係者によると、巡査長は地域課所属。5月下旬の夜、高松市内の書店にバイクで立ち寄った際、警察手帳の入ったカバンをバイクに置いたまま離れた。戻ったときにはカバンごと盗まれていたという。

 勤務時間外に警察手帳などの備品を持ち出すことは原則として禁止されているが、仕事上必要で上司らの許可がある場合は認められる場合もある。県警は巡査長がどのような経緯で警察手帳を持ち出していたのかも詳しく調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100609/crm1006090200001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月8日 | トップページ | 2010年6月10日 »