« 2010年6月7日 | トップページ | 2010年6月9日 »

2010年6月8日

2010年6月 8日 (火)

マンション緊縛強盗、中国人の男逮捕 東京(8日)

去年7月に東京・江戸川区のマンションの部屋に押し入り、夫婦を切りつけて縛った上でキャッシュカードを奪い、現金300万円を引き出したとして、中国籍の電気工・孫毅容疑者(28)が強盗傷害などの疑いで逮捕された。

 警視庁の調べに対し、孫容疑者は「キャッシュカードを渡されて現金を引き出しただけ」などと話している。(日本テレビ)http://www.news24.jp/articles/2010/06/08/07160660.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

貧困ビジネス、母娘から保護費数百万円恐喝か(8日)

NPO法人「いきよう会」による大阪市の転居支援費用の生活保護費詐取事件で、同会元理事で暴力団関係者の由井覚

)

容疑者(51)が、受給者の母娘に指南して転居させた2005年12月、転居支援費用が大阪市から出たにもかかわらず、引っ越し代名目で80万円の借用書を書かせていたことが、大阪府警の調べでわかった。

 由井容疑者は以後、約3年間、借用書を担保に母娘から少なくとも数百万円の保護費を搾取していたといい、府警は恐喝容疑で再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、女性(24)と母親(43)は05年11月、由井容疑者に連れられて大阪市の西成区役所を訪れて生活保護を申請、翌12月に認められた。母娘は同月、市側から転居費約65万円の支給を受けて同市阿倍野区に転居したが、この際、由井容疑者に借用書を書かされたという。

 以後、由井容疑者は保護費が振り込まれる日に銀行に同行、支給額の大半を受け取っていた。搾取は、母娘が窮状を市側に訴える昨年3月まで続いたといい、母娘は府警に対しても「借金の返済名目で保護費の大半を奪われた」と説明している。府警は、知的障害がある母親の障害者加算分を含め、保護費の大半を奪っていたとみて被害実態を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団関係者と勘違いして殺害か 群馬の会社経営者絞殺(8日)

 群馬県高崎市の染谷川で平成19年1月、前橋市六供町、冷凍食品運送会社経営、黒田良一さん=当時(53)=の絞殺体が見つかった事件で、黒田さんが、元暴力団幹部の関係者と誤って殺害された疑いがあることが8日、前橋署捜査本部への取材で分かった。これまでに、殺人容疑で指定暴力団稲川会系幹部4人が逮捕されているが、4人の一部は「間違いだった」などと供述しており、捜査本部で事件の全容解明を急いでいる。

関連記事

記事本文の続き 捜査本部によると、逮捕された指定暴力団稲川会系組長、竹内洋介容疑者(33)らは、確執のあった群馬県内の元暴力団幹部の周辺者の殺害を計画。幹部の自宅周辺を監視していたところ、近くに度々駐車するなどしていた黒田さんの乗用車を見つけ、関係者と思い込んだ。

 しかし、県警の調べで、黒田さんはこの元暴力団幹部宅を訪問していなかったことが判明。元暴力団幹部や、黒田さんの親族も「関係はまったくない」と話しており、4容疑者の一部は「(殺害後の報道などで)間違いに気づいた」などと供述しているという。

 このため、捜査本部では、竹内容疑者らが黒田さんを暴力団関係者と勘違いして殺害した可能性があるとみて4人を追及するとともに、ほかにも犯行に加わった者がいるとみて、調べを進めている。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「自分を殺してくれ」と市役所に包丁男 高松(8日)

 8日午前11時50分ごろ、高松市役所1階の出納室の窓口に、タオルにくるんだ刃物を持った男が「自分を殺してくれ」と職員に迫った。職員が刃物を取り上げ高松北署に通報、駆け付けた署員が銃刀法違反の疑いで男を現行犯逮捕した。けが人はなかった。

 同署によると、男は高松市中間町の無職、柏原常夫容疑者(65)。暴れる様子はなかった。

 高松市によると、柏原容疑者は、5月末から介護保険料について苦情の電話を数十回、市に寄せていた。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル1

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)

仕事にプライドを持てsign03

【治安解説】
1

全国の警察は「子ども女性安全対策班」を設置し、性犯罪の前兆となる子供や女性を狙った声かけ事案やつきまといなどを取り締まっている。警視庁の専従捜査班「さくらポリス」などがそれだ。

 「子ども」や「女性」という犯罪被害弱者を守るための取り組みで、昨年4月に全国でスタートした。効果が現れており、警察庁のまとめによると今年3月までの1年間での検挙件数は1095件、検挙人員は1103人だった。これだけではない、指導警告した件数は1229件にものぼっている。

 帰宅途中の女性を自宅まで追随し、陰部を露出して自慰行為をする公然わいせつ事件が連続発生したため、プロファイリングによるよう撃地域を絞り込み、防犯カメラの映像をもとにした被疑者写真照会システムの活用、遺留DNA資料、さらには行動確認までして犯人を検挙するという気の遠くなるような活動を展開している。

 まさに警察の威信をかけた検挙活動である。が、一方でこんな許せない行為が行われている。

 なんと、18歳未満と知りながら少女(17)とみだらな行為をしたとして、警視庁は8日、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで、警視庁第1自動車警ら隊の警部補(48)を逮捕したのだ。

 逮捕のきっかけは、携帯電話のコミュニティーサイトの書き込みを見た警部補が、少女にメールを送り知り合ったもので、別事件の関係者として、少女を事情聴取した際に警部補と少女の関係が判明した。

 捕まったのは警察官ですよ。メールのやりとりをすれば必ず記録が残るものです。知らないのなら、警察官ではありません。知っているはずなんです。ではなんでこんな事件が起こるのか。警察官という正義感もなければ責任感もない。プライドもない。ただ日常の生活・仕事は惰性で、しかも漫然としているんです。

 同僚が必死になって仕事をしている裏側で、これでは組織全体が国民不審をかいますぞ。警察官ひとりひとりに組織として危機意識をどうもたせるかの手腕が問われます。盗撮などくだらない事案があまりにも目立ちすぎている。予兆をとらえ早めに手を打つ。これが鉄則ではないでしょうか。
 首都東京の体感治安は「レベル1(グリーン)」としておきます。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル1"

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通違反切符の腹いせ 交番に爆竹投げ逮捕(8日)

岐阜市で、交番に火のついた爆竹を投げつけた女2人が逮捕された。女は「交通違反切符を切られた腹いせにやった」と話しているという。

 公務執行妨害容疑で逮捕されたのは、岐阜市の無職・浜地加奈容疑者(21)と無職・糸瀬美香容疑者(20)。浜地容疑者らは7日午後3時40分ごろ、岐阜市の岐阜県警岐阜中署鏡島交番の建物に向けて、爆竹10本を束ねたものに火をつけ、投げつけて破裂させ、公務を妨害した疑いが持たれている。

 警察によると、浜地容疑者は今月初めに免許証不携帯で交通違反の切符を切られたことに対し、「腹いせにやった」と供述している。(日本テレビ)http://www.news24.jp/articles/2010/06/08/07160643.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

17歳少女とみだらな行為 警視庁警部補を逮捕(8日)

18歳未満と知りながら少女(17)とみだらな行為をしたとして、警視庁は8日、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで、警視庁第1自動車警ら隊警部補、天野賢吉容疑者(48)=横浜市港北区=を逮捕した。

 警視庁によると、天野容疑者は「大変申し訳ありませんでした」と容疑を認めている。少女は「(天野容疑者に)好意を持っていた」と話し、金銭などの対価は確認されていない。天野容疑者は少女に警視庁警察官であると明かしていたという。

 逮捕容疑は5月下旬、横浜市内のホテルで、神奈川県内の無職少女にみだなら行為をしたとしている。

 警視庁の調べでは、携帯電話のコミュニティーサイトの書き込みを見た天野容疑者が、少女にメールを送り知り合った。警視庁が捜査した別事件の関係者として、少女を事情聴取した際に天野容疑者との関係が判明した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100608/crm1006081701027-n1.htm

Head_logo1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「新参者」撮影関係者脅す 容疑の組員を逮捕(8日)

東京・日本橋人形町を舞台にしたTBS系の人気刑事ドラマ「新参者」のPR番組の撮影関係者を脅したとして、警視庁久松署は8日までに、暴力行為法違反(脅迫)の疑いで指定暴力団山口組系組員黒木繁一容疑者(59)=埼玉県川口市=を逮捕した。

 逮捕容疑は4月6日午後2時ごろ、東京都中央区日本橋人形町2丁目の商店街歩道で、PR番組を収録中だったプロデューサーの男性(31)を、「撮影許可を取っているのか。ドラマの撮影をできなくしてやろうか」「おれは神戸の山口組の者だ」などと脅した疑い。

 久松署によると、黒木容疑者は「『撮影をできなくしてやろうか』とは言っていない」と容疑の一部を否認している。

 ドラマは東野圭吾さんのベストセラー小説が原作。転勤してきたばかりの刑事が殺人事件の背景にある商店街住民らの複雑な人間関係を解き明かしていくストーリーで、撮影には地元住民らが全面協力した。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060801000477.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつDVD20万枚押収 10店一斉摘発で11人逮捕 大阪府警(8日)

大阪府警生活安全特捜隊は8日までに、大阪市浪速区内のDVD販売店10店舗を一斉摘発し、わいせつ図画販売目的所持容疑で、DVD販売「パオ」店長、吉岡孝志容疑者(26)ら20~60歳の男11人を現行犯逮捕した。

 同隊は10店舗からDVD計約20万枚や複製機55台などを押収した。同隊によると、府警のDVD押収量としては過去最大規模。

 10店舗は、市営地下鉄大国町駅近くにある7棟のマンションで営業していた。看板を掲げず、スポーツ紙の広告に電話番号や販売価格のみ掲載。問い合わせてきた客に住所を伝え、店頭で販売していた。

 11人の逮捕容疑は7日午後、それぞれの店内でわいせつDVDを販売目的で所持していたとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100608/crm1006081713028-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉 住宅全焼で3人死亡(8日)

8日午前、千葉市若葉区で住宅が全焼して焼け跡から3人が遺体で見つかり、警察は、この家に住む70代と80代の3人のきょうだいではないかとみて確認を進めています。

8日午前9時50分ごろ、千葉市若葉区小間子町で「住宅から煙が見える」と近くに住む女性から消防に通報がありました。現場は周囲を林に囲まれた木造2階建ての住宅で、延べ90平方メートルが全焼して火はおよそ2時間後にほぼ消えました。この火事で焼け跡から3人が遺体で見つかりました。警察によりますと、この家には、猪谷勝良さん(77)と姉の美恵子さん(79)それに*はな枝さん(85)の3人のきょうだいが暮らしていて、この3人と連絡が取れなくなっているということです。警察は死亡したのは、この3人ではないかとみて、確認を進めるとともに火事の原因を調べています。

 この家をたびたび訪れたことがあるという近所の男性の話では、病気の家族が1人で外出しないように窓には雨戸が閉められ、玄関の鍵はいつもかかっていたということです。この男性は火事を発見した際に「黒い煙が見えて助けようと家のドアをたたいたが、鍵がかかっていて中から応答はなかった。助けたかったが、すでに火が回っていたので家を離れた」と話していました。(*「はな」=草冠の下に「巫」、さらにその下に「一」)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100608/k10014972891000.html

News_pic1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「学校壊しな」娘そそのかした疑い、逮捕(8日)

「暴れて学校を壊してきな」などと13歳の娘らをそそのかしたとして、警視庁は東京・町田市に住む母親を逮捕しました。娘ら6人は、学校の窓ガラスを割ったなどとして摘発されました。

 暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、町田市の37歳の女で、中学2年の娘(13)ら6人も摘発されました。

 警視庁の調べによりますと、女は今年1月、教師に対する不満を話していた娘らに対し「そんなに不満があるなら暴れて来て、ぶっ壊してきな」と娘らが通う中学校を襲撃するようそそのかした疑いが持たれています。

 また、娘ら6人も校舎の窓ガラス2枚を割るなどした疑いがもたれていて、女は取り調べに対し、「つい格好付けて、勢いのあることを言ってしまった」と容疑を認めているということです。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4447665.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造カルテで睡眠薬を不正入手、知人に売り渡した千葉・船橋市の医師を書類送検(8日)

偽造したカルテで睡眠薬を不正に入手し、知人に売り渡していた千葉・船橋市の医師が、向精神薬取締法違反の疑いで、関東信越厚生局麻薬取締部に書類送検された。
書類送検されたのは、船橋市の「滝不動病院」に勤務する62歳の男性医師。
麻薬取締部によると、医師は2009年7月、偽のカルテで、病院内の薬局から睡眠薬200錠を不正に入手した、向精神薬取締法違反の疑いが持たれている。
医師は、知り合いの会社経営者におよそ1,000錠の睡眠薬を売り渡したとみられ、調べに対し、「軽率な行為だった」と供述しているという。
滝不動病院では、再発防止のため、薬剤師を増員して管理体制を強化したという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178719.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アイドルの名前使い、幼なじみから1350万詐欺(8日)

人気グループのメンバーが使用する商品を扱っているなどと持ちかけ、幼なじみから投資目的で1350万円をだまし取った容疑の男を、神戸地検が8日、詐欺容疑で逮捕した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗傷害容疑:80歳男逮捕 家侵入、けがさせる 警視庁(8日)

民家に空き巣に入り帰宅した住人にけがをさせたとして、警視庁捜査3課は8日、東京都足立区保木間3、無職、吉田伸夫容疑者(80)を強盗傷害容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、豊島区巣鴨3の土木作業員、福田幸吉被告(60)=強盗傷害罪などで起訴=と共謀し、2月24日午後6時35分ごろ、大田区田園調布2の男性会社員(39)宅に侵入。指輪など17点(125万円相当)を奪ったうえ、男性の顔をバールで殴るなどして1カ月の重傷を負わせたとしている。吉田容疑者は「被害者に申し訳ない」と容疑を認めているという。

 男性は殴られた後、福田被告を取り押さえたが、吉田容疑者は逃走していた。男性は大学時代にラグビーの経験があり、福田被告も格闘した際に重傷を負ったという。【山本太一】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100608k0000e040045000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー追跡中の盗難車両が事故、5人けが 岐阜(8日)

8日午前9時10分ごろ、岐阜県土岐市泉町大富の県道交差点で、パトカーに追跡されていた男女4人が乗った軽乗用車が同市の男性(52)の軽乗用車と出合い頭に衝突した。この事故で、計5人がけがをし、病院に運ばれた。

 多治見署によると、4人が乗った軽乗用車は盗難車で、4人は16~18歳とみられる。同午前9時ごろ、事故現場から約3キロ離れたゲームセンター駐車場でこの軽乗用車を見つけ職務質問したところ、逃走したとしている。軽乗用車は交差点に赤信号で進入したという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

人工呼吸器チューブに穴 人為的か、殺人未遂で捜査 大阪・豊中の病院(8日)

大阪府豊中市庄内宝町の大阪脳神経外科病院で、入院中の女性患者(64)の人工呼吸器の酸素用チューブに穴が開いていたことが8日、分かった。人為的に開けられた疑いがあり、同署は殺人未遂事件として捜査を始めた。女性の病状に影響はなかった。

 豊中南署によると、平成20年10月にもこの女性患者の酸素用チューブに穴が開いていたといい、関連を調べている。

 女性は16年11月から脳の疾患で入院しており、意識がない状態が続いている。

 今年5月31日午後10時ごろ、看護師が女性患者の酸素用チューブから空気が漏れる音がしていることに気付き、調べたところ穴が開いているのを発見。病院が翌6月1日に同署へ届け出ていた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパート追い出され、82歳がコンビニ強盗容疑 名古屋(8日)

愛知県警中村署は7日、住所不定、無職の男(82)を強盗容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 同署によると、男は同日午前2時ごろ、名古屋市中村区中村町7丁目のコンビニエンスストアで、カウンターにいた男性店員(38)に、金属製の自転車の空気入れを見せて、「強盗だ。1万円でもいい。ガラスを割るぞ」と脅し、缶コーヒーとロールケーキを奪った疑いが持たれている。男は走って逃げたが、別の男性店員(27)に10メートルほどの場所で追いつかれ、110番通報で駆けつけた同署員に現行犯逮捕されたという。

 同署の調べに対し、男は「数日間、何も食べておらず食品欲しさにやった」と話しているという。

 同署によると、男は9年前から生活保護を受けていたが、家賃を滞納したことで今月初めにアパートから大家に強制的に追い出され、路上生活をしていたらしい。6日未明にも同店に現れ、「金をくれ」と要求したが、拒否されていたという。

 同署幹部は「中村区は高齢者の割合が高い。このような事件が起こるのは悲しいことだ」と話している。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

親子で置き引き容疑、40歳父と16歳長男(8日)

 群馬県警長野原署は6日、千葉県船橋市飯山満町、建設業宍倉真琴容疑者(40)と長男の高校生(16)を窃盗の疑いで逮捕した。

 発表などによると、2人は5月22日午後5時15分頃、嬬恋村内のスーパーで、前橋市内の会社役員の男性(59)が陳列棚に置いていた現金18万円入りの手提げバッグを盗んだ疑い。

 宍倉容疑者の指示で、長男が犯行に及んだという。店内の防犯カメラから、親子が割り出された。

 2人はキャンピングカーで嬬恋村を訪れ、スーパーに夕食の買い出しに来ていたといい、調べに対し「盗んだことは間違いない」と容疑を認めている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハイエース盗の輸出手助け、貿易代行業者も再逮捕 兵庫県警(8日)

外国人らの窃盗団がトヨタの「ハイエース」を狙い、解体して海外に輸出していた事件で、窃盗団から依頼された輸出手続きを引き受けたとして、兵庫県警が窃盗幇助(ほうじょ)容疑で、貿易代行会社「三信貿易運輸」(大阪市)社長、藤原浩士容疑者(58)ら2人を再逮捕していたことが7日、捜査関係者への取材でわかった。

 再逮捕容疑は、昨年6月15日ごろ、窃盗団のメンバーでナイジェリア国籍のオカフォ・ジェラード・サニー被告(40)=窃盗罪などで公判中=らがハイエースを盗んで海外へ輸出すると知りながら、コンテナ手配など輸出代行を承諾し、窃盗を助けたとしている。

 県警は5月17日、三信貿易運輸の事務所などを窃盗幇助容疑で捜索、押収資料を分析するなどして調べていた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ブロガー掲示板

頂ました★5つです。
 
5つ星のうち 5.0 タイトルは超辛口、でも内容は警察への愛情が詰まっている, 2010/6/6
レビュー対象商品: 日本警察が潰れた日 (単行本)

51cvxg4zpol

先日、柳葉敏郎の写真の上に「落としの金七」と書かれている新書が書店に平積みになっていて、おや、と思って手に取ったところ、隣に並んでいたのがこの本だった。
前著ではある刑事の半生を暖かく描いた筆者が、次に取り組んだのが警察組織。
それは至極自然な流れなのだけれど、なんて挑戦的なタイトルなんだろう、警察大好きな方のようだと思っていたのに、と思いつつ、読んでみた。

話は新潟県で9年間行方不明だった女性が保護された事件から始まる。
この事件から露呈された警察内部の隠ぺい体質、そしてその1年前、この問題がこれ程取り上げられる原因となった神奈川県警の相次ぐ不祥事等の数々の問題を、警察庁が政治的介入を防ぎつつ、どうやって正していったかを描いたノンフィクションだ。
桶川ストーカー殺人事件など、警察官にとってはきっとあまり触れて欲しくないだろう事件をも扱いつつ、やはり本書に一貫して流れているのは、著者の警察に対する熱い思いだ。

この頃、頻出していた不祥事に対する対応は警察刷新会議で決着をみるが、その会議から今年でちょうど10年経つ。
よく町で#9110の警察相談電話のポスターを見かけるが、これもこの会議の結果、生まれたものなのだろうか。
きっかけは非常に酷いものであったけれど、振り返ってみれば警察という無二の組織の原点を見なおすよい機会になったのだろうと思う。

この辛口のエールをどう受け取り、どう自らを処していくか、それは現場の警察官に掛かっている。
レビューを評価してください  
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

 
5つ星のうち 4.0 政治が警察を支配してはいけない, 2010/5/31
レビュー対象商品: 日本警察が潰れた日 (単行本)
当時の警察にいろんな問題があったことがよく分かる。
しかしながら、警察という権力を政治がコントロールしようとかかったら
もっと恐ろしいことになる。
警察は政治につけ込まれないようにしっかりせよというのが著者のメッセージであろう。
本書によれば、現総理は当時「嘘つきは警察の始まり」と国会でおっしゃったらしい。
果たして現総理は今、「嘘つきは……」に続いて、何とおっしゃるのであろうか。
レビューを評価してください  
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4819111027/ref=dp_db_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

<p>&nbsp;</p>

| コメント (0) | トラックバック (0)

“命の恩人”名乗り出て! 全盲男性を救助(8日)

東京・台東区のJR鶯谷駅で6日、全盲の男性(34)が線路に転落し、近くにいた男性が救助しました。救助した男性は名前を告げずに立ち去ったため、東京消防庁がこの男性を捜しています。

 東京消防庁などによると、午後2時ごろ、JR鶯谷駅の山手線外回り3番線ホームで、全盲の男性が誤って線路に転落する事故がありました。そばにいた30代の男性がすぐさま線路に降りて、転落した男性をホーム上に引き上げて救助しましたが、名前などを告げずにその場から立ち去ったということです。転落した男性は左足を骨折しましたが、命に別条はありませんでした。東京消防庁では救助活動をした30代の男性を捜していて、ぜひ名乗り出てほしいとしています。

上野消防署:03-3841-0119

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200607039.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2男子、自転車の男に右腕切られる(8日)

愛知県豊田市で7日朝、通学中の男子中学生が男に刃物で切りつけられる事件がありました。

 現場は交通量の多い道路の脇の歩道です。歩道を歩いていた中学生が後ろから来た自転車の男に切りつけられました。

 豊田警察署によりますと、事件があったのは豊田市小坂町の路上で7日午前8時頃、近くに住む中学2年の男子生徒が1人で歩いていたところ、後ろから近づいてきた自転車の男に、刃物で切りつけられました。

 男子中学生は右腕を1センチほど切られ、背負っていたカバンにも10センチほど切られた跡があったということです。男はその場から自転車で逃げました。

 「怖くて(子どもが)小さいので、あまり外に出られないですね」(近所の人)
 「(回覧板で)不審者がいるから、気をつけて下さいって。ひと月に1回、(地域で)チームを組んでパトロールをしています。嫌ですね」(近所の人)

 けがをした男子中学生は、逃げた男は身長が180センチくらいで黒い帽子をかぶっていて、上下とも黒っぽい服だったと警察に話しているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4446884.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

抱っこ骨折:他に2件 相談十数件 足利署(8日)

栃木県足利市の子供用品店で生後3カ月の女児を抱いた際、両脚の骨を折ったとして同市若草町、無職、五月女(そうとめ)裕子容疑者(28)が県警足利署に傷害容疑で逮捕された事件で「見知らぬ女に子供を抱かれた」などの相談が同署に十数件寄せられていることが県警への取材で分かった。このうち骨折させられたケースも2件あるといい、県警は五月女容疑者が関与していないか慎重に捜査している。

 足利署によると、5月28日に五月女容疑者を逮捕する前から「見知らぬ女に子供が抱っこされ、あざができた」(4月14日)などの相談が数件あり、逮捕後さらに10件以上寄せられた。被害場所は足利市内の子供用品店や群馬県太田市内のショッピングセンターなどだった。

 五月女容疑者の逮捕容疑は5月26日午前11時半ごろ、足利市弥生町の子供用品店で、同市に住む無職女性(26)に「かわいいので赤ちゃんを抱かせてください」と話しかけて生後3カ月の女児を抱いた際、両脚の骨を折り約4週間のけがをさせたとしている。県警によると、店内の防犯カメラの映像などから五月女容疑者が浮上。当初は「抱っこはしたが、けがはさせていない」などと容疑を否認していた。

 しかし捜査関係者によると、最近になって容疑を認め「国立大卒の弟に比べ劣等感を抱いていた」などと自分の家庭環境に関する供述もしているという。【吉村周平、松本晃】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100608k0000m040134000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

肝移植の募金を横領した疑い 広島の夫婦逮捕(8日)

 肝臓障害を患う男性(19)=岡山県=の手術費用として集められた募金を横領したとして、広島県福山東署は7日、尾道市美ノ郷町の無職で夫婦の本山孝一容疑者(69)、二三(ふさ)子容疑者(69)を横領の容疑で逮捕したと発表した。

 同署によると、両容疑者は共謀し、2005年7月、同市南蔵王町3丁目の金融機関で募金の口座を解約し、100万円を横領した疑いがある。孝一容疑者は「借金返済に充てた」と供述し、二三子容疑者は「解約したのは自分だが、一部は男性の母親に渡し、残りを夫に渡した」などと一部否認しているという。

 男性は福山市に住んでいた2歳のとき、胆汁が分解されず肝臓にたまり、肝機能が落ちる肝内胆汁うっ滞症(バイラー病)と診断された。男性の親族らは肝移植手術を決意。1999年6月、同市の町内会などで「救う会」が結成されて募金活動が始まり、同11月に目標の約1950万円に達して終了した。男性の父親名義で口座が作られ、会のメンバーだった孝一容疑者が管理を任されたという。

 男性は翌年オーストラリアへ渡ったがドナーが見つからず帰国。投薬治療で病状が落ち着いたため、18歳になってから手術する方針に転換し、約1950万円は口座で保管されていた。

 手術費用を確認しようとした男性の母親が気づき、昨年5月、同署に相談した。同署によると、口座はすでに解約され、全額なくなっていたという。(中野寛)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

御巣鷹荒らし頻発、短冊や千羽鶴切り刻む(8日)

日航ジャンボ機が墜落した群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」で今月3日、遺族らがメッセージを記した短冊と千羽鶴が切り刻まれているのが見つかるなど、「昇魂之碑」の周辺を荒らす行為が頻発していることがわかった。

 8月で事故から四半世紀を迎えるのを前に、遺族は心ない仕打ちに胸を痛めている。

 碑は、山中の日航機が墜落した地点に立ち、周囲には犠牲者の墓標が並ぶ。月命日の12日などには遺族らが多く訪れ、慰霊の言葉をつづった短冊を「鎮魂の鈴」とともに棒に結わえつける。今月3日朝、墓標に供えられた千羽鶴は風雨を避けるビニール袋が破られたうえ、ひもが何か所も切られて地面に散乱していた。短冊は、33枚が切り落とされていた。

 ふもとから週3回ほど通う管理人の黒沢完一さん(67)によると、心ないいたずらは2007年末頃から目に付くようになった。特に今年はスナック菓子をばらまいたり、中腹の駐車場で傘を燃やしたりするなど十数件が確認された。5月には、遺族の神経を逆なでするような言葉を書き付けた短冊3枚も見つかった。

 事故で肉親を亡くした女性は「人間としてやって良いことと悪いことが分からない、かわいそうな人だとさえ思う。25年がたち、これから頑張っていこうと思っているところに、新たな悲しみが増えてしまう」と憤りをあらわにする。

 黒沢さんは「こんなひどいことは今までなかった。今後も続くようなら、警察に届け出ることも考えている」と話している。

 御巣鷹への登山者は、08年と09年に事故を題材にした映画が公開されたこともあって増加。開山日の4月29日から5月末までの登山者は約700人で、07年同期の約1・5倍だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅ロッカーから新生児の遺体 大阪・阪急豊中(8日)

7日午後2時10分ごろ、大阪市北区阪急梅田駅構内管理事務所から「コインロッカーで回収した袋から異臭がする」と、曽根崎署に届け出があった。署員が中を確認し、出産直後とみられる新生児の遺体を発見。袋は阪急豊中駅大阪府豊中市)構内のロッカーから回収されており、豊中署が詳しく調べている。

 豊中署によると、遺体は身長50センチぐらいで、コンビニの袋に入った状態で黒いゴミ袋に入れられていた。コインロッカーは5月28日から使用。今月3日、期限切れのロッカーの荷物を一斉に回収して梅田駅の管理事務所に運んだが、異臭がひどくなり、7日に届け出たという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100607/crm1006072031021-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

220万円窃盗で女子中学生3人補導(8日)

マンションに侵入し、現金約220万円を盗んだとして、滋賀県警少年課と甲賀署は7日、窃盗の非行事実で、同県湖南市内の公立中学校2年の女子生徒3人=いずれも(13)=を補導したと発表した。県警によると、3人は「ゲームセンターやプリクラ、飲食代で使った」と話しているという。

 3人の非行事実は、小学6年だった昨年3月と中学校に入った同5月の2回、同市内の知人女性(34)の部屋で約120万円と約100万円を押し入れから盗んだとしている。

 女性の部屋は4階だったが、1回目はベランダをよじ登り、無施錠の窓から侵入していた。3人は小学校時代からの友人。知り合いになった女性の部屋を犯行前に何度も訪れており、現金が押し入れにあることも知っていたという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100607/crm1006072315024-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月7日 | トップページ | 2010年6月9日 »