« 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月7日 »

2010年6月6日

2010年6月 6日 (日)

偽1万円札使い、釣り銭だまし取る 24歳男を逮捕(6日)

千葉県内の食料品店で偽の1万円札を使ってお釣りをだまし取ったとして、風俗店従業員の男が逮捕されました。

 平川裕太容疑者(24)は今年2月、千葉県八街市の食料品店で、偽1万円札でたばこなどを買い、お釣りをだまし取った偽装通貨行使の疑いが持たれています。偽札は赤みがかっていて、「透かし」がないなどカラーコピーされたものとみられています。警視庁によると、同様の偽札が東京ディズニーランドでも使われるなど、今年1月から2月にかけて1都6県で153枚使われていました。平川容疑者は容疑を認めているということで、警視庁は、平川容疑者のグループが背後にある偽造グループから大量の偽1万円札を入手し、繰り返し使っていたとみて調べています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

忍び込んでみたら警官の家! 窃盗未遂容疑で現行犯逮捕(6日)

窃盗目的で忍び込んだ民家は警察官の自宅だった――。京都府警は6日、住所不定、無職真崎稔容疑者(67)を住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。府警によると、真崎容疑者は「盗み目的で入った」と容疑を認めているという。

 府警によると、真崎容疑者は6日午前11時40分ごろ、京都市伏見区の2階建て民家に侵入。机の引き出しなどを物色していたところ、非番で自宅にいた東山署地域課の男性巡査(28)が物音に気付き、取り押さえて現行犯逮捕した。男性巡査の大声で、近所に住む別の男性警察官も駆けつけたという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

防犯カメラ別人、男性宅から「証拠シャツ押収」(6日)

 窃盗罪に問われた金沢市の男性被告(61)が防犯カメラに映った人物とは別人とする鑑定が出た問題で、石川県警が防犯カメラの男が着用していたのに似た白いシャツとメガネを男性の自宅から押収、金沢地検が金沢地裁の公判に証拠提出していたことが5日、わかった。

 映像の人物と男性の同一性を補強するための証拠だったが、ともに特徴のない量産品とみられ、捜査関係者は結果的に証拠価値の評価を誤っていたことを認めた。

 県警幹部や男性被告によると、盗難にあったカードを使ってコンビニ店の現金自動預け払い機(ATM)から100万円を引き出した男は、ノースリーブの白シャツを着て銀縁メガネをかけていたことが防犯カメラの映像で確認された。

 男性被告は事件の1~2時間後、金沢市内の別のATMで現金を引き出した。その時の防犯カメラの映像では、よく似たシャツとメガネを身に着けていた。

 男性被告によると、県警の取り調べで両方を見せられ、「顔も服装も似ている」と追及された。男性は、コンビニ店の映像の男に自分がいつも着けているネックレスがないことを指摘して否定したが、捜査員は「犯行の時は外せる」と取り合わなかったという。

 捜査関係者は「映像はノースリーブというのがわかる程度。誰でも持っていそうなシャツという印象だったが、60代の男性が同じシャツを着ていることに引きずられてしまった」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高校生が包丁で兄の脇腹刺す、殺人未遂容疑(6日)

長野県警長野中央署は6日、長野市内の女子高校生(17)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 発表によると、高校生は同日午後3時頃、自宅で、同居する会社員の兄(25)の脇腹を包丁で刺した疑い。兄は病院に運ばれ、命に別条はないという。

 家族の110番で駆けつけた署員に、高校生が「刺したのは私です」と認めた。同署が動機などを調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル1

首都東京体感治安(6、7日単位・レベル)

使命感を全うして…

【治安コラム】

1_2

テレビ朝日のドラマスペシャル「落としの金七事件簿」を見た静岡県の元警察官から手紙を頂戴した。

 ドラマについては「実録主体で構成された人情の機微に触れる生きた物語に感銘を受けました」から始まり、「セリーヌのバッグのシーンに感動を受けました。女房に感謝の気持ちの物を用意することにした…」と結んでいる。

 そして2作目の「日本の警察が潰れた日」には、「不祥事により長官をはじめとする幹部の苦労を初めて知りました」としたうえで、長官自身が第1線の警察官の士気に影響のないよう配慮したことを知ったのに触れ、感動するとともに、第1線の警察官には不満の文句ではなく治安維持のための経験的な実務要望が多くあるので、耳を傾けてほしい旨の希望が述べられていました。

 文面からは、「正義」という使命感にただひたすら邁進した警察官という職業に全うした後の、人生の余韻を楽しみながら、余生を過ごしている姿がひしひしと伝わってきました。

 私の知人は、常に胸ポケットに孫と家族の写真を入れ、「定年まであと3年、無事に勤め上げたい」と飲めるお酒も控えめにしていた警察官を思い出しました。

 「命をかけて住民を守る」-こうした警察官に支えられているのがニッポン警察。このような警察官に不祥事なんて似合うはずがありません。ごく一部の不届き者の存在で警察組織が悪者扱いされるのは見るに忍びない-そんな願いを込めて書いたのが「日本警察が潰れた日」です。

51cvxg4zpol

 タイトルは厳めしいが、愛情を込めて書いてあります。どうぞ手にしてください。痴漢や万引きなどは人間のクズのすること。不作為は惰性で仕事をしているから起こるもの。警察官は責任感と緊張感とプライドを持つことです。首都東京体感治安は「レベル1(イエロー)」とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル1"

| コメント (0) | トラックバック (0)

スイカ1200個、ビニールハウスから盗まれる 茨城(6日)

6日午前8時20分ごろ、茨城県桜川市真壁町の農業男性(48)から「すいかが盗まれた」と110番通報があった。ビニールハウスの小玉スイカが1200個なくなっており、県警桜川署が窃盗容疑事件として調べている。

 同署によると、盗まれたのは「ひとりじめセブン」という品種の小玉スイカ約1200個(約72万円相当)。同署は、男性がビニールハウス内を最後に確認した5月31日夜から6月6日朝までの間に何者かが忍び込んだとみて調べている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察犬の資質と品格「ヴェロニカ号」日本一!(6日)

201006066478441n1

警察犬の資質を持つ犬が品格や体形を競う「第64回日本チャンピオン決定審査会」(日本警察犬協会主催)で、三重県伊賀市沖、愛犬トレーニングスクールIKARI所属の「ヴェロニカ・フォム・ハウス号」(6歳9か月)が、ゴールデンレトリバー成犬

(

)

組で優勝した。

 所長の

(

良博さん(61)は「上品でおとなしく家庭向きの性格。警察犬としても大成してほしい」と喜んでいた。

 審査会は4月、東京都江戸川区であり、ボクサー、コリー、ドーベルマンなど警察犬指定の7犬種に分かれて審査。容姿、目の色、歯並び、服従などの点で、全5頭中、ヴェロニカ号が最も高い評価を得た。

 ヴェロニカ号は2003年8月に誕生。同審査会で2年連続準優勝した父・プラム号の端麗な容姿を受け継ぎ、一昨年のクラウス号が同

(

おす

)

組、昨年のキャシー号も同牝組と、弟妹がチャンピオンとなったのに続く快挙となった。

 物おじする性格を直すために、他の家庭に預けられた弟妹と違って、ヴェロニカ号は、生まれてからずっとスクールで過ごした。ボール拾いなどのトレーニングをさせてきた碇さんは「臭気選別、足跡追及など警察犬としての訓練も順調にこなしている。大いに期待できる」と話していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人:容疑で63歳妻逮捕「認知症の夫の将来悲観」 愛知(6日)

認知症の夫を包丁で刺して殺害したとして、愛知県警東海署は6日、東海市名和町南之山、書道塾経営、北村茂子容疑者(63)を殺人容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は同日未明、自宅の寝室で夫益雄さん(68)の首をひもで絞めた後、包丁で胸を刺し、殺害した疑い。同日午前4時40分ごろ、自分で「夫を殺した」と110番通報した。駆けつけた同署員が既に死亡している益雄さんを発見、北村容疑者を緊急逮捕した。

 同署の調べでは、北村容疑者は夫と2人暮らし。「夫が認知症で将来を悲観し、殺した」と容疑を認めている。【稲垣衆史】

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗、20万円奪う 兵庫・西宮(6日)

 6日午前4時半ごろ、兵庫県西宮市櫨塚町のコンビニ「ファミリーマート西宮枦塚町店」に男が押し入り、男性店員(24)に果物ナイフのようなものを突きつけ「金を出せ」と脅迫、レジから現金約20万円を奪って逃げた。店員にけがはなかった。

関連記事

記事本文の続き 西宮署は、強盗事件として男の行方を追っている。同署によると、男は身長175センチくらいの細身。茶色の目出し帽に、上下紺色のジャージーを着ていた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽一万円札使用の男を逮捕 警視庁(6日)

偽造された偽札を使ったとして、警視庁捜査2課は6日、偽造通貨行使の疑いで、愛知県名古屋市中区、風俗店従業員、平川裕太容疑者(24)を逮捕した。同課によると、平川容疑者は容疑を認めている。

 同課は平川容疑者が今年1~2月、本多一善被告(24)=同罪で起訴=らと共謀し、1都6県で同様の偽造紙幣153枚を使用したとみて、偽造に関わった人物の特定を進める。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は今年2月7日、千葉県八街市の食品販売店で、タバコや缶チューハイ(約4000円相当)を2回にわけて購入する際、代金として偽一万円札2枚を使用したとされる。男性経営者(52)が、紙幣に透かしがなく、全体が赤みがかっていることに気づき、近くの交番に届け出ていた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

首を絞め包丁で刺して夫殺害容疑、63歳妻逮捕(6日)

 夫の首を絞めたり、包丁で刺したりして殺害したとして、愛知県警東海署は6日、愛知県東海市名和町南之山、妻の書道塾経営・北村茂子容疑者(63)を殺人容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、北村容疑者は6日未明、自宅1階和室で、夫の無職、益雄さん(68)の首をひもで絞めたり、自宅にあった包丁で胸を刺したりして殺害した疑い。署員が駆けつけた時には、益雄さんは既に死亡しており、同署は司法解剖をして死因を調べる方針。

 北村容疑者は容疑を認めているという。北村容疑者は同日午前4時40分頃、自ら110番通報し、「夫が病気で、自分たちの将来を悲観して、夫を殺した」などと話していたという。

 北村容疑者は益雄さんと二人暮らし。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

あて逃げ・ひき逃げ12キロ、ヘリ追跡の逮捕劇(6日)

兵庫県警加西署は4日、住所不定、無職鵜野竜也容疑者(27)を自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで現行犯逮捕した。

 鵜野容疑者は軽乗用車で3回の事故を起こしながら計約12キロ逃げており、パトカー3台、県警ヘリ1機が出動する逃走劇となった。

 発表によると、鵜野容疑者は、4日午後2時5分頃、軽乗用車を運転中に加西市中野町の国道372号で衝突事故を起こし、逃走。約2・5キロ南西で工事現場の女性警備員(48)をはね、足の骨を折る重傷を負わせたが、そのまま逃げた疑い。

 鵜野容疑者が運転する軽乗用車はひき逃げの後、約9・5キロ北西の県道で側溝に転落。鵜野容疑者は車を乗り捨て、さらに約100メートル走って逃げたが、ミニパトカーで追跡していた署員(59)が、コンビニエンスストアの駐車場で取り押さえたという

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

所得隠しに香港送金、課税条約なく徴収ほぼ不可能(6日)

 関東信越国税局に所得隠しを指摘された台湾籍の男性は、所得のほとんどを香港の口座に送金していた。日本の国税当局は男性の所得を差し押さえたい意向だが、日本は香港に移った金に課税できる条約を結んでおらず、徴収はほぼ不可能に近い。

関連記事

記事本文の続き 外国人が日本で得た所得を納税しないで海外へ持ち出す事態を防ぐため、日本は今年5月現在、中国を含む58カ国と47の租税条約を結び、日本での所得は海外に移転されても日本国内の税法に基づき課税できるようにしている。しかし、香港とは締結していない。

 香港は中国の特別行政区だが、独自の税制をとっており、税に関する条約も独自の立場で行っている。香港内の法人が香港外で獲得した所得は課税されない上、税率が低く、ペーパーカンパニーも廉価で作ることができるため、「アジアのタックスヘイブン」として知られ、税逃れに利用されると指摘されていた。

 ただ、先進国から税逃れへの批判が強く、香港は今年、経済協力開発機構OECD)加盟国では初めてオランダと租税条約を結び、批判をかわそうと懸命だ。日本の国税当局もこうした動きに呼応し、香港を含む多くの国と租税条約を締結しようと、関係機関への働きかけを強めている。(三枝玄太郎、花房壮)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗殺人認めず 判決が確定へ(6日)

3年前、広島市で21歳の女性を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人の罪で起訴された当時18歳の男の裁判で、「強盗の意思はなかった」として、強盗殺人ではなく、殺人と窃盗の罪で懲役16年を言い渡した2審の判決が確定することになりました。

この事件は3年前、広島市南区のマンションで21歳の女性の遺体が見つかったもので、当時18歳だった男が女性を殺害して財布の入ったバッグを奪ったとして、強盗殺人などの罪で起訴されました。検察は無期懲役を求刑しましたが、1審と2審は「場当たり的な犯行で、金銭を奪う目的があったとは断定できない」と指摘して、殺人と窃盗の罪が成立するのにとどまると判断し、懲役16年を言い渡していました。これについて最高裁判所第2小法廷の千葉勝美裁判長は、5日までに男の上告を退ける決定をし、懲役16年の判決が確定することになりました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100605/k10014926831000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

狩猟中の2人が死亡、仲間を誤射し自殺か 京都・福知山(6日)

 5日午後2時20分ごろ、京都府福知山市の消防署に「狩猟中に人が倒れた」と119番通報があった。消防と京都府警が同市猪野々(いのの)の林道と山中で、いずれも地元猟友会会員の印刷業中嶋慶喜(よしのぶ)さん(67)=同市堀=と会社員三宅諭さん(65)=同市かしの木台=が死亡しているのを見つけた。中嶋さんは胸、三宅さんは頭に散弾銃が当たったとみられる跡があり、府警は、現場の状況などから中嶋さんが午後1時半ごろに三宅さんを誤射し、その後に自殺したとみて業務上過失致死容疑で調べている。

 府警によると、2人はほかの3人の猟友会会員とともに市から有害鳥獣駆除の許可を得て、午前9時ごろからイノシシやシカを狩っていた。

 中嶋さんから仲間に「えらいことをしてしまった」と無線機で連絡があり、仲間が駆けつけると三宅さんが倒れていた。中嶋さんは警察に通報するように勧められ、林道に止めてあった車まで戻った。しばらくして銃声が聞こえたといい、携帯電話で親族らに「三宅さんが山の上で倒れた」などと連絡した後、自殺したとみられる。119番したのは中嶋さんの親族だったという。

 地元猟友会関係者によると、福知山市ではイノシシやシカなど年間約2500頭を駆除している。市から要請が出れば1カ月単位で駆除に出ており、6月の猟は5日から30日までの予定だった。中嶋さんと三宅さんはそれぞれ数十年の経験があったという。

 現場はJR福知山駅から北西約9キロの山中。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲:夏場所でも組長観戦 維持員席、1月に続き(6日)

両国国技館(東京都墨田区)で開催された大相撲夏場所(5月9~23日)で、指定暴力団住吉会系組長が「維持員席」と呼ばれる特別席で観戦していたことが分かった。暴力団員の観戦を巡っては、09年7月の名古屋場所と、国技館で開かれた10年1月の初場所でも発覚。日本相撲協会は昨秋から対策に乗り出し、名古屋場所での観戦について木瀬親方(40)=元前頭・肥後ノ海=を5月、2階級降格処分としたが、警視庁は、対策実施以降も観戦が続いた点を問題視し、組長が入場券を入手した経緯を調べている。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 同庁組織犯罪対策3課によると、夏場所14日目の5月22日、向こう正面の前列から2列目の維持員席に、スーツ姿の住吉会系組長が座っていた。現場で警戒中の捜査員が見つけ、協会を通じ、組長に維持員資格がないことを確認。協会職員が声をかけると姿を消したという。

 一方、初場所9日目の1月18日に向こう正面花道脇の維持員席で別の住吉会系組長が観戦していた問題について、相撲案内所(相撲茶屋)20店を管理する「国技館サービス」が調査したところ、ある維持員が案内所に託した入場券が、複数の関係者を通じて組長に渡っていたことが判明した。国技館サービスは、問題の入場券を扱った案内所の番頭格の従業員を平社員に降格させる処分を下したという。

 国技館の場合、原則として一括で390万円以上を協会に寄付した法人や個人、後援団体などを維持員として承認し、土俵に近い300席を6年間無料で割り当てている。席の利用は原則として維持員に限られており、一般販売されていない。

 しかし相撲関係者によると「観戦しない日の入場券はそちらで使ってほしい」「親の代から維持員になっているが、自分は相撲に興味がないので利用してほしい」として入場券を案内所に託したり、販売する維持員もいる。案内所はこうして入手した入場券を常連客などに再販売するケースも多いという。

 国技館サービスは取材に「再販売した入場券がどのように流通するのか把握することは困難だが、暴力団関係者に転売されないような対策を検討している」と話している。

 ◇ことば 相撲案内所

 江戸時代からの歴史がある相撲茶屋が起源。相撲部屋関係者が部屋の運営費を稼ぐために始めたものが多いとされ、日本相撲協会が発行するチケットを代行販売したり、食事や土産物を座席まで届けるサービスをしている。1957年に国会で「前近代的な切符の販売方法」として問題化し、東京では株式会社「相撲サービス」(現・国技館サービス)が設立され、相撲案内所20店を管理するようになった。国技館サービスは東京場所のチケットの約半数を扱っている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100606k0000m040101000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「刃物しまいなさい」無視し刺す? 横浜の弁護士殺害(6日)

横浜市中区の法律事務所で弁護士の前野義広さん(42)が刺殺された事件で、前野さんが犯人とみられる男の応対をした際、「そんな刃物はしまいなさい」と男をなだめていたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警加賀町署捜査本部は、男が前野さんと口論となって刃物を取り出し、なだめられた後に、前野さんの言葉を無視して刺したとみて、詳しい状況を調べている。

 事務所から事件後になくなった物がないことも判明。捜査本部は男に盗みの目的はなく、強い殺意を持って前野さんを訪ねた可能性が高いとみている。

 捜査本部の調べによると、前野さんは2日午後、事務所に1人でいたところ、予約のなかった男の訪問を受けた。捜査関係者によると、外出先から戻った事務所の女性事務員が「そんな刃物はしまいなさい」「落ち着いて」となだめる前野さんの声を聞いた直後、バタンという大きな物音がしたという。事務所には金品や書類など盗まれているものはなく、殺害現場周辺には弁護士業務にかかわる資料が残されていた。

 こうした状況から捜査本部は、強い殺意を持って事務所を訪れた男が刃物を取り出して前野さんと対(たい)峙(じ)し、なだめられたがこれに応じずに犯行に及んだとみている。

 横浜弁護士会などによると、前野さんは離婚調停や債務整理などを手がけていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100606/crm1006060130000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月7日 »