« 小沢幹事長 再び不起訴の方針(20日) | トップページ | 妊娠知った翌日 別の患者名で錠剤不正入手(21日) »

2010年5月21日 (金)

P2P観測システムで特定 児童ポルノ所持容疑で逮捕(21日)

 京都府警下鴨署などは20日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、さいたま市大宮区桜木町、会社員、松本優樹容疑者(24)を逮捕した。

 下鴨署によると、署員がファイル共有ソフト「シェア」を通じてわいせつな画像が流れているのを発見。こうした違法ファイルの流通実態を把握するため、警察庁が運用を始めた「P2P観測システム」を活用し、パソコンのIPアドレスや配信記録などから松本容疑者を特定した。

 逮捕容疑は、5月20日、シェアを使い、少女のわいせつな画像を公開する目的で、パソコンの外付けハードディスク内に所持した疑い。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100520/crm1005202259039-n1.htm

 

« 小沢幹事長 再び不起訴の方針(20日) | トップページ | 妊娠知った翌日 別の患者名で錠剤不正入手(21日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48414308

この記事へのトラックバック一覧です: P2P観測システムで特定 児童ポルノ所持容疑で逮捕(21日):

« 小沢幹事長 再び不起訴の方針(20日) | トップページ | 妊娠知った翌日 別の患者名で錠剤不正入手(21日) »