« 温泉旅行中に空き巣、1200万円超える被害 茨城(9日) | トップページ | 聴取予定の男性が自殺 横須賀男性殺害事件(9日) »

2010年5月 9日 (日)

日本列島振り込め詐欺(9日)

キャッシュカードを直接家まで取りに来る振り込め詐欺被害増加 都内で防止イベント

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100509ddlk30040211000c.html

Logo4

振り込め詐欺の被害を食い止めようと、東京・世田谷区でイベントが開かれた。
成城署の青木樹哉署長は「手元にキャッシュカードがあるから、すぐに(犯人に)渡してしまうんですけど、手元になければ、すぐにだまされないと」と話した。
このイベントは、キャッシュカードを直接、家などに取りに来るタイプの被害が増加していることを受けたもので、9日は世田谷区の住民などおよそ500人が、地域の高齢者にキャッシュカードを返納したり、家族に預けるよう呼びかけた。

振り込め詐欺:被害防止呼びかけ 署員が全戸訪問--高野 /和歌山

Logo_mainichi_s1_3

 振り込め詐欺の手口が巧妙化する中で橋本署高野幹部交番が8日、管内の全戸を戸別訪問して振り込め詐欺被害の防止を呼びかける啓発活動を始めた。

 同交番は、山上の聖地高野山が管内。「こんな所でよもや」という住民の油断をつくように昨年、女性2人が計62万円の被害にあった。「二度とこんな被害を出さない」と、県警が4月15日~今月31日を独自の「振り込め詐欺対策強化期間」に定めたのをきっかけに取り組みを開始。家族全員が在宅する可能性の高い土、日曜を中心に地域係の署員3人が1年間かけて1600戸全戸を巡回する。

 初日は、宇江雅夫係長が約10戸を訪問。家族にチラシを渡して巧妙な手口を具体的に説明。「こんな田舎だからと油断しないで下さい」と注意を呼びかけた。【上鶴弘志】

« 温泉旅行中に空き巣、1200万円超える被害 茨城(9日) | トップページ | 聴取予定の男性が自殺 横須賀男性殺害事件(9日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(9日):

« 温泉旅行中に空き巣、1200万円超える被害 茨城(9日) | トップページ | 聴取予定の男性が自殺 横須賀男性殺害事件(9日) »