« 重要文化財の掛川城御殿に彫り傷跡 静岡県警捜査(27日) | トップページ | 遊技会社員からも席入手…観戦の暴力団幹部ら(27日) »

2010年5月27日 (木)

相撲協会:木瀬親方の降格検討 清見潟親方も処分へ(27日)

昨年7月の大相撲名古屋場所(愛知県体育館)中に山口組系暴力団の複数の幹部が土俵下の溜席(たまりせき)にある「維持員席」で観戦していた問題で、日本相撲協会は27日の理事会で、入場整理券の手配にかかわった木瀬部屋の木瀬親方(40)=元前頭・肥後ノ海▽三保ケ関部屋の清見潟親方(64)=元前頭・大竜川=の処分を決める。協会は、木瀬親方について、委員から年寄への2階級降格を検討。清見潟親方は関与の度合いが低いとして、木瀬親方より軽い処分になる見通し。

 木瀬親方は26日、報道陣の電話取材に応じ、「十数年の付き合いのある普通の経営コンサルタントに4、5年前に頼まれた。そのようなところ(暴力団)に回るとは思わなかった」と意図的な関与を否定した。

 維持員席は本来、一定額以上の寄付をした個人や法人、後援団体に割り当てられるため、売買の対象にはならない。木瀬親方は、清見潟親方を通じて観客の案内などを行う「相撲茶屋」から入手したと説明。「(コンサルタント会社の)社長からお金を受け取って、お茶屋さんに持っていったり、清見潟親方に渡した。直接渡したけど、言われた値段で渡しただけ」と金銭の授受を認めた。

 一方、日本相撲協会の生活指導部副部長(危機管理担当)の八角親方(元横綱・北勝海)は26日、文部科学省を訪問し、問題の経過や協会の対応などを報告した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100527k0000m050122000c.html

 

« 重要文化財の掛川城御殿に彫り傷跡 静岡県警捜査(27日) | トップページ | 遊技会社員からも席入手…観戦の暴力団幹部ら(27日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48468313

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲協会:木瀬親方の降格検討 清見潟親方も処分へ(27日):

« 重要文化財の掛川城御殿に彫り傷跡 静岡県警捜査(27日) | トップページ | 遊技会社員からも席入手…観戦の暴力団幹部ら(27日) »