« 巡査長、交際中の女性の腹けった容疑 岩手県警が逮捕(27日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年5月27日 (木)

警察庁、出会い系喫茶や偽装ラブホテルについて風営法の規制対象とする方針固める(27日)

いわゆる出会い系喫茶や偽装ラブホテルについて、警察庁は2011年1月から、風俗営業法の規制対象とする方針を固めた。
警察庁は、出会い系喫茶を風営法が定める店舗型性風俗特殊営業として、2011年1月から18歳未満の立ち入りを禁止するなど規制を強化する。
出会い系喫茶は、児童買春の温床と指摘されていた。
また、ビジネスホテルなどを装った偽装ラブホテルについても、風営法が定めるラブホテルの要件に自動精算機が設置されていることなどを加えて、規制を強化する方針。
偽装ラブホテルは、全国に3,590軒あり、風営法が定めるラブホテルの数に迫っていて、住宅地や学校周辺に建てられ、全国で住民とのトラブルが起きている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178067.html

 

« 巡査長、交際中の女性の腹けった容疑 岩手県警が逮捕(27日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48471417

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁、出会い系喫茶や偽装ラブホテルについて風営法の規制対象とする方針固める(27日):

« 巡査長、交際中の女性の腹けった容疑 岩手県警が逮捕(27日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »