« 痴漢:埼京線全編成に防犯カメラ設置へ(6日) | トップページ | 東京・霞が関の裁判所合同庁舎の看板に赤ペンキのようなものがかけられる 女の身柄確保(6日) »

2010年5月 6日 (木)

静岡・御殿場市空き家女性遺体事件 女性はこの家に住んでいた男性とかつて結婚(6日)

5日、静岡・御殿場市の空き家から、伊豆の国市の26歳の女性の遺体が見つかった。女性は、この家に住んでいた男性とかつて結婚していたという。
遺体は、住宅の裏側にある物置小屋の中で、ビニールシートにくるまれた状態で見つかった。
5日午前10時ごろ、御殿場市の住宅で、引っ越し後の片づけ作業をしていた作業員が、物置からシートにくるまれた遺体を発見した。
遺体は伊豆の国市の久松紘子さん(26)で、久松さんは、2月から子ども2人を残して行方がわからなくなっていた。
久松さんは、この空き家に4月末まで暮らしていた5人家族の父親と、かつて結婚していたことがわかっていて、警察は6日、遺体を司法解剖をするとともに、捜査本部を設置してくわしく調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00176758.html

 

« 痴漢:埼京線全編成に防犯カメラ設置へ(6日) | トップページ | 東京・霞が関の裁判所合同庁舎の看板に赤ペンキのようなものがかけられる 女の身柄確保(6日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡・御殿場市空き家女性遺体事件 女性はこの家に住んでいた男性とかつて結婚(6日):

« 痴漢:埼京線全編成に防犯カメラ設置へ(6日) | トップページ | 東京・霞が関の裁判所合同庁舎の看板に赤ペンキのようなものがかけられる 女の身柄確保(6日) »