« 仮想空間事件:「マルチ人脈」で拡大(31日) | トップページ | 北朝鮮、脱北防止へ全戸調査 不在を説明できぬ家拘束か(31日) »

2010年5月31日 (月)

民主・辻副幹事長、検察審査会への接触認める(31日)

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏を不起訴とした東京地検の判断を審査している検察審査会の事務局に対し、同党副幹事長の辻恵衆院議員(61)側が審査手続きを説明するよう求めた問題で、辻氏は30日、読売新聞の取材に応じ、26日に東京第1検察審査会の事務局に電話を入れたことを認めた。

 辻氏は「一般論として制度のことを聞いたが、何も答えてもらえなかった。(審査に対する)圧力とは違う」と述べた。

 ただ、小沢氏に関する審査をしている第1と第5審査会の事務局長を呼ぼうとしたことについては「事実無根だ」と否定した。

 辻氏は27日の取材には、検察審査会の事務局に電話したことも否定していた。

 関係者によると、辻氏側は26日、第1審査会に電話し、第1と第5審査会の事務局長から標準的な審査期間などを聞くため、議員会館に来るよう求めたが、審査会は応じなかった。

 

« 仮想空間事件:「マルチ人脈」で拡大(31日) | トップページ | 北朝鮮、脱北防止へ全戸調査 不在を説明できぬ家拘束か(31日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48502554

この記事へのトラックバック一覧です: 民主・辻副幹事長、検察審査会への接触認める(31日):

« 仮想空間事件:「マルチ人脈」で拡大(31日) | トップページ | 北朝鮮、脱北防止へ全戸調査 不在を説明できぬ家拘束か(31日) »