« 遺体は四日市市の36歳男性 トラブルか、県警が捜査(26日) | トップページ | 重要文化財の掛川城御殿に彫り傷跡 静岡県警捜査(27日) »

2010年5月27日 (木)

「ファンドで運用」実態はヤミ金へ? 岡本ホテル家宅捜索(27日)

 静岡県熱海市の老舗旅館「岡本ホテル」などを舞台に、元本保証をうたって約200億円を不正集金した出資法違反事件で、ホテル運営「岡本ホテルシステムズ」(東京都中央区)と会員制クラブ運営「オー・エム・シー」(同)が入会者勧誘の際、「預託金はファンドで運用するので安心」と説明していたことが26日、入会者の証言で分かった。一方、捜査関係者によると、預託金の一部の数億円が使途不明になっており、暴力団が関係するヤミ金業者に流れた疑いがあるという。

 警視庁と兵庫県警などの合同捜査本部は同日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、両社やホテルなど関係先約90カ所を家宅捜索。捜査本部は勧誘時の説明と運用実態が異なるとみて、押収資料の分析を進める。

 両社は平成17年4月以降、会員制温泉クラブ「岡本倶楽部」への入会を勧誘する際、100万~1千万円の預託額の元本保証を約束し、グループのホテルに宿泊できるポイント券を交付。「宿泊に使用しない場合は60~75%で買い取る」と宣伝し、5千人超から計約200億円の預託金を違法に集金したとされる。

 捜索容疑はオ社が19年以降、数人から数億円を不正に集めたとしている。捜査本部は当初から、元本保証が確約できるシステムではなかったとみている。

 岡本倶楽部は岡本ホテルシステムズ社が17年4月に運営を開始。18年10月に関連会社のオ社へ運営を移管していた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100527/crm1005270101004-n1.htm

 

« 遺体は四日市市の36歳男性 トラブルか、県警が捜査(26日) | トップページ | 重要文化財の掛川城御殿に彫り傷跡 静岡県警捜査(27日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48468294

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファンドで運用」実態はヤミ金へ? 岡本ホテル家宅捜索(27日):

« 遺体は四日市市の36歳男性 トラブルか、県警が捜査(26日) | トップページ | 重要文化財の掛川城御殿に彫り傷跡 静岡県警捜査(27日) »