« パチンコ店で強盗、約1700万円被害 千葉・松戸(30日) | トップページ | 旅館経営の女性死亡、殺人で捜査(30日) »

2010年5月30日 (日)

東京・国分寺市の歯科医師の48歳男、自宅に大麻を隠し持っていたとして現行犯逮捕(30日)

東京・国分寺市の歯科医師の男が、自宅に大麻を隠し持っていたとして現行犯逮捕された。男は、覚せい剤の使用でも追送検されている。
東京・国分寺市の歯科医師・木内 準容疑者(48)は5月11日、自宅マンションに大麻およそ2.4グラムを隠し持っていたとして、現行犯逮捕された。
木内容疑者は、逮捕後の尿検査で覚せい剤の陽性反応が出たため、覚せい剤使用の疑いでも、27日に追送検された。
木内容疑者は調べに対し、「気を紛らわすために数年前から使っていた」と容疑を認めているということで、警視庁は、大麻や覚せい剤の入手経路について捜査を進めている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178193.html

 

« パチンコ店で強盗、約1700万円被害 千葉・松戸(30日) | トップページ | 旅館経営の女性死亡、殺人で捜査(30日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48492307

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・国分寺市の歯科医師の48歳男、自宅に大麻を隠し持っていたとして現行犯逮捕(30日):

« パチンコ店で強盗、約1700万円被害 千葉・松戸(30日) | トップページ | 旅館経営の女性死亡、殺人で捜査(30日) »