« 2010年5月30日 | トップページ | 2010年6月1日 »

2010年5月31日

2010年5月31日 (月)

パトカーの中で警官死亡、拳銃自殺か(31日)

 31日午前、青森県の五所川原警察署勤務の28歳の男性巡査長がパトカーの中で拳銃自殺しているのが見つかりました。

 青森県警によりますと巡査長は勤務中に連絡が取れなくなり、捜していたところ、林道に停めてあったパトカーの中で頭から血を流して死亡しているのが見つかりました。

 巡査長は口の中に向けて拳銃を発射したとみられ、警察は自殺を図ったものとみて捜査しています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4441016.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民主・辻副幹事長「検察審問い合わせ、当然だ」(31日)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件に絡み、同党副幹事長の辻恵衆院議員(61)側が、小沢氏を不起訴とした東京地検の判断を審査している検察審査会の事務局に電話していた問題で、辻氏は31日、東京・永田町で記者会見し、議決が法的拘束力を持つ現在の検察審査会制度を批判したうえで、「制度論について問い合わせることは当然だ」と述べ、問題はないとの認識を示した。

 読売新聞の取材では、辻氏と秘書は5月26日、小沢氏に関する審査をしている東京第1検察審査会と第5審査会の事務局長から、一般的な審査手続きについて聞くため、審査会側に電話を入れ、議員会館の事務所に呼ぼうとした。審査会は応じなかった。

 辻氏は会見で、審査会への電話では、審査の途中で審査員が入れ替わった場合の引き継ぎの方法や、法律的な助言をする審査補助員の役割などについて問い合わせたと説明した。

 また、辻氏は日本歯科医師連盟を巡る事件では、審査会への申し立てを繰り返し、自民党議員を追及した。この点について問われ、「民意は重いが、強制起訴制度は間違いだ」と述べた。

 辻氏の記者会見の主なやり取りは次の通り。

 ――制度論であれば、法務省や最高裁に聞けばよいのではないか

 「法務省、最高裁には十分聞いているが、具体的な運用の実態についてはわからないということだった」

 ――小沢氏に関する審査中に、副幹事長が審査の現場に電話すること自体が、不適切だと考えなかったか

 「不適切とは思わない。事務局に電話することで、審理に影響があるはずがない。(電話を入れたことが)漏れることが問題だ」

 ――(既に強制起訴された)兵庫県明石市の歩道橋事故やJR福知山線脱線事故について、神戸の審査会に問い合わせたのか

 「していない」

 ――なぜか

 「もう既に起訴されている事案だから。それで裁判所の扱いになっている」

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ポルノ:ネット上に掲載した男14人一斉逮捕 8都府県警(31日)

警視庁や大阪府警、熊本県警など8都府県警は31日、インターネット上に児童ポルノや成人のわいせつ画像を掲載したなどとして、16~45歳の男14人を逮捕し、35カ所を捜索した。いずれの事案も、警察庁の委託を受けてネット上の違法・有害情報を利用者から受け付ける「インターネット・ホットラインセンター」の通報情報に基づくもの。06年に開設された同センターからの通報による全国規模の一斉摘発は初めてという。

 携帯電話を通じて児童ポルノ画像をホームページに投稿した沖縄県の少年(19)ら4人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ公然陳列)容疑で逮捕。自らが管理する掲示板に投稿されたわいせつ画像を掲載した福岡市の広告代理業の男(40)ら10人をわいせつ図画公然陳列容疑で逮捕した。他に児童ポルノ公然陳列の疑いで4人を書類送検する方針。一斉摘発には秋田、千葉、兵庫、岡山、徳島各県警も参加した。【鮎川耕史】

Msn_s1_6 http://mainichi.jp/select/today/news/20100601k0000m040084000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

校長室に放火か? 甲子園常連校でぼや騒ぎ(31日)

 31日午前3時25分ごろ、長野県上田市中丸子の県立丸子修学館高校で警報装置が作動、警備会社から「何者かが侵入したようだ」と110番があった。駆け付けた上田署員が校長室の机の上で書類が燃えているのを発見、水をかけて消し止めた。

関連記事

記事本文の続き 上田署によると、校長室の窓ガラスが割られており、周囲に火の気もないため、放火とみて捜査している。

 同校では2月22日未明にも校長室に隣接する事務室で書類などが焼ける不審火があり、関連を調べる。

 同校によると、当時校内は無人。焼けたのは備品リストなどの書類。

 同校は平成19年に丸子実業から校名を変更。高校野球では甲子園の常連校で、春夏合わせ11回の出場歴がある。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

生活保護金狙い恐喝未遂 容疑で山口組系組長ら逮捕 NPO理事も(31日)

借金を返済させるため知人男性に生活保護を受給させ、金を脅し取ろうとしたとして、大阪府警捜査4課と平野署などは31日、恐喝未遂の疑いで、山口組系暴力団組長、小畑好司(45)=大阪市西区境川=と、NPO「歩の会」理事、杉山二三生(ふみお)(59)=都島区都島本通=ら3容疑者を逮捕した。府警によると、いずれも否認している。

 逮捕容疑は、共謀のうえ、平成21年9~10月、小畑容疑者の知人で平野区の男性(64)宅に押しかけ、借金返済名目に「支給される生活保護の金で5万払え。なめとったらあかんぞ」と脅したとしている。

 府警によると、男性は20年12月に小畑容疑者から10万円を借りたが返済できず、21年1月、杉山容疑者の指示を受け、生活保護を申請した。受け取った生活保護費から2~6月に17万円を返したが、小畑容疑者らは、さらに金を取ろうと脅したという。府警は生活保護の申請自体は不正ではなかったとみている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100531/crm1005312015025-n1.htm

 

続きを読む "生活保護金狙い恐喝未遂 容疑で山口組系組長ら逮捕 NPO理事も(31日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

改造銃10丁に殺傷能力 福岡県警警部補を追送検へ(31日)

改造拳銃1丁を所持したとして銃刀法違反容疑で福岡県警捜査1課の警部補が逮捕、起訴された事件で、警視庁が任意提出を受けたモデルガン数十丁を鑑定した結果、約10丁に殺傷能力があったことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁は同日までに、銃刀法違反の疑いで岡田好典被告(46)=起訴休職中=を近く追送検する方針を固めた。

 起訴状によると、岡田被告は4月15日、福岡県宗像市の自宅で米国製「ミリタリーアンドポリス」を模した日本製モデルガンの改造拳銃1丁を所持していたとしている。

 警視庁は、岡田被告からモデルガン数十丁の任意提出を受け鑑定。その結果、約10丁について「金属弾の発射が可能であり殺傷能力がある」として違法と判断した。

47newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010053101000813.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ブロガー掲示板

●日本警察の不祥事を組織の裏側から描いたノンフィクション産経新聞出版

 テレビ朝日系のドラマスペシャルでドラマ化が決定した「落としの金七事件簿」著者の最新作!警察組織幹部の信じられない振る舞いと、それらを覆い隠そうとする仲間意識、そして政治家の思惑が日本警察をピンチに立たせます。http://www.sankei-books.co.jp/books/title/9784819111027.html

51cvxg4zpol_sl500_aa300_1

<主な内容>
第1章 新潟県警不祥事
第2章 国家公安委員会の危機
第3章 桶川ストーカー殺人事件
第4章 神奈川県警の連続不祥事
第5章 警察刷新会議
第6章 不祥事の構造と改革
番外編 警察官秘話(警察官と拳銃、生活安全相談)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(31、1日単位・レベル)

ツイッターの悪用

【治安解説】
212_2

またまた「ツイッター」でトラブルが発生した。民主党の参院議員16人のなりすましが存在していたと言うのだ。

産経新聞電子版によると、なりすましにあったのは、ネット選挙運動解禁を検討している与野党実務者協議会の桜井充座長をはじめ、藤本祐司・国土交通政務官など民主党の参院議員16人。このうち、12人は7月に想定される参院選の立候補予定者。議員本人の顔写真を掲載、公式ホームページ(HP)へのリンクが張られ、プロフィル欄もほぼ正確に記載されている。投稿も「議員会館で昼飯です」「地域なくして日本の成長なし」などと議員本人を装う内容となっている。

 利用者のモラルや取締の問題も含めて、特にザル法の「プロバイダー責任制限法」で満足しているネット対策〝後進国〟ニッポン。とにもかくにもツイッターはハッカーたちにとっても魅力的なツールとなっており、欧米では警戒を呼びかけている。

 ところがニッポンでは、選挙運動や防災情報の提供利用促進が叫ばれている。時期尚早だ。特に防災情報は、情報の内容によっては大変な事態が予想される。デマ情報の提供者をすぐに割り出せて、重罰に処す体制づくりが先決だ。24時間削除体制の確立なくしての「解禁」は「厳禁」である。

 首都東京の体感治安は、東京・歌舞伎町の雑居ビルで5月10日、韓国人の男性が2人組の男に現金およそ3,600万円を奪われる事件が発生した。警視庁は、この金が地下銀行の資金だった可能性もあるとみて調べているという。
ちと、騒々しくなつたこともあり「レベル2(ブルー)」とする。

 読売新聞電子版によると、福島県警管内で何者かが同県郡山市の60歳代の女性宅に息子を名乗って金の用立て依頼の電話をし、その後、宅配業者を使って金をだましとろうとした事案が発生した。
 宅配便利用は初めてではないが珍しい手口。実際に宅配業者が訪れたが、女性は電話を不審に思っていたため、被害はなかった。今後も警戒する必要がある。 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネット児童ポルノで一斉摘発 8都府県で13人逮捕(31日)

警察庁は31日、警視庁や秋田県警など全国8都府県の警察が同日、インターネットに児童ポルノ画像などを掲載したなどとして、児童買春・ポルノ禁止法違反やわいせつ物公然陳列容疑で、計13人を逮捕、32カ所を家宅捜索したと発表した。

 ネット上の監視を行うインターネット・ホットラインセンター(IHC)からの通報に基づき、初の一斉摘発に踏み切った。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010053101000436.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官 暴力団対策強化を(31日)

全国の警察本部のトップを集めた会議が東京で開かれ、警察庁の安藤長官は、暴力団の山口組の弱体化に向けて取り締まりを強化するとともに、地域や業界団体の暴力団排除運動を積極的に支援するよう指示しました。

東京都内で開かれた会議には、各都道府県の警察の本部長などあわせて150人が出席しました。この中で、警察庁の安藤隆春長官は、暴力団対策について、「山口組、特に2次団体の弘道会の弱体化なくして暴力団全体の弱体化はない。

 総合力を結集して資金源の遮断を徹底し、組織の壊滅を現実のものとしてほしい」と述べて、取り締まりを強化するようあらためて指示しました。そのうえで、日本相撲協会や日本証券業協会などで暴力団排除に向けた取り組みが進められていることに触れ、地域や業界団体の暴力団排除の運動を、警察として積極的に支援していくよう求めました。また、ことし夏の参議院選挙では激しい選挙戦が予想されるとして、選挙違反の情報を幅広く集めて、厳正で公正な取り締まりを徹底するようあわせて指示しました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100531/k10014792411000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

賭博させた容疑、「闇パチスロ店」摘発(31日)

賭博性が高いとして設置が禁止されたパチスロ機を使い、客に賭博をさせていた闇パチスロ店が摘発されました。

 摘発されたのは横浜市中区の闇パチスロ店「BB」で、経営者の遠藤健二容疑者(37)や客15人などが常習賭博などの疑いで現行犯逮捕されました。

 店からはパチスロ機が35台押収されましたが、いずれも賭博性が高いとして現在は設置が禁止されている「北斗の拳」など、かつての人気機種だったということです。

 取り調べに対し、遠藤容疑者は「3月下旬から店を始め、350万円ほどの利益があった」などと供述しているということです。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4440784.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・歌舞伎町で韓国人男性が現金約3,600万円奪われる 現金は地下銀行資金の可能性も(31日)

東京・歌舞伎町の雑居ビルで5月10日、韓国人の男性が2人組の男に現金およそ3,600万円を奪われていたことがわかった。警視庁は、この金が地下銀行の資金だった可能性もあるとみて調べている。
5月10日、歌舞伎町の雑居ビルのエレベーターの中で、貿易商手伝いの韓国人の男性(35)が2人組の男に殴られるなどして、持っていた現金およそ3,600万円が入った紙袋を奪われたという。
2人組はそのまま逃走し、男性は軽傷を負った。
調べによると、男性は奪われた現金の出どころについては、あいまいな説明をしているということで、警視庁は、この金が韓国へ不正送金される地下銀行の資金だった可能性もあるとみて捜査している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

同じ郵便局でまた強盗未遂 愛知・豊田(31日)

31日午後1時40分ごろ、愛知県豊田市中町中前の豊田中町郵便局に男が押し入り、包丁のようなものを突き付けた。局員が抵抗すると、男は何も取らずに逃走した。豊田署は強盗未遂事件として男の行方を追っている。

 同郵便局では4月27日にも拳銃のようなものを持った男が金を要求、居合わせた客が傘で撃退する未遂事件があった。

 同署によると、男は身長約170センチで目出し帽をかぶり、黒いシャツに灰色のズボン姿。カウンターの上に立って金を入れるよう袋を突き付けたが、局員が「金はすぐに出せない」と言うと逃げたという。客はおらず、局員にけがはなかった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100531/crm1005311651019-n1.htmMsn_s1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

3500万円強奪、雑居ビルで襲われる(31日)

 新宿歌舞伎町の雑居ビルで今月10日、韓国人の男性が2人組の男に襲われ、現金およそ3500万円を奪われていたことが警視庁への取材で分かりました。

 警視庁によりますと今月10日午後11時半ごろ、新宿区歌舞伎町の雑居ビルで35歳の韓国人男性が7階の事務所から現金およそ3500万円を入れた紙袋を持ってエレベーターに乗ったところ、待ち構えていた2人組の男に殴られ現金を奪われました。男性は顔や腹に軽いけがをしました。

 男性は警視庁の事情聴取に「知人が経営する貿易会社の売上金を韓国人男性に渡すように指示され、エレベーターに乗ったら襲われた」などと話しているということです。

 警視庁は内部の事情に詳しい人物が関与したとみて捜査しています。(31日12:41)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4440991.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引き弁償「厳罰化」 店が警備費上乗せ請求(31日)

各地のスーパーや商店が、万引き被害への対策に苦慮している。いっこうに減らない被害に、万引き対応に要した人件費まで、店側が客に請求する動きが広がっている。

 4月下旬の午後7時、埼玉県中部にある大型スーパーの食品売り場は、買い物客でごった返していた。「万引きGメン」の保安員原智美さん(27)=警備会社「SPユニオン・ジャパン」所属=が客の一人に目をとめた。

 「あの人、やりますよ」 精算済みのレジ袋を買い物かごに入れた中年男が、不自然にきょろきょろしている。牛肉をかごに入れ、人気のない隅に移動し、肉をレジ袋の中へ移した。同じ手口で、牛乳や野菜を次々とレジ袋に入れていった。

 原さんは後をつけ、男が店を出た瞬間、腕をつかんだ。「レジを通さなかった商品がありますね?」 「ちゃんと買ったよ」

 「うそ! 防犯カメラに映ってますよ」男は観念した。被害品は15点、計6262円。事務所で男は「身分証も金もない」と言ったが、駆けつけた警察官が調べると、10万円近く入った財布と免許証があった。

 店長が怒りを爆発させた。「うそをつくな。この間にも私たちの人件費がかかってるんだ」。だが、請求したのは商品代のみだった。

 「初犯じゃないのは分かっている。過去の被害も取り返したいが、証拠がない」と、店長はため息をついた。この日6時間半勤務した原さんは、ほかに50代の女性と60代の女性の万引きも見つけた。被害額は計1万288円。すべて「回収」した。

 3人以外に少なくとも10~15人の万引き客がいたのは間違いないというが、1人の処理に数時間かかり、この日は3人がやっと。常習者も多く、原さんに7回も捕まった者もいる。

同店の万引き被害は年2千数百万円。この警備会社は、Gメン1人あたり1日1万7千~2万5千円を請求しているが、店側の被害が減る気配はいっこうにない、と店長は言う。

 警察庁によると、2009年の全国の万引き認知件数は14万9892件と、前年比で3.1%増。今年も1~4月だけで4万9374件にのぼる。 業を煮やした小売店の中には、「厳罰化」に乗り出すところもある。

 中部地方を中心にチェーン展開する書店の三洋堂(名古屋市)は05年8月から、万引き客に対し、商品代に加え、監視し始めてから警察に引き渡すまでの人件費の請求を始めた。全約90店で、04年に売り上げの1.11%を占めた万引きを主とする損失率が、07年には0.73%に減った。

 ディスカウント店20店を展開するPLANT(福井県)も、警察の勧めで08年7月から同様に人件費の請求を始め、被害が半減した。それでも回収額は約2年間で100万円に満たないという。

 岡山県倉敷市では、被害弁償に訪れた万引き客から、推測ではじき出した過去の被害額まで脅し取ったとして、スーパーの店長や「万引きGメン」と呼ばれる保安員らが恐喝罪で今月起訴された。

 このスーパーを経営するトライアルカンパニー(福岡市)の説明や同社の内部文書によると、同社の万引き被害額は年10億円、警備費用に年5億円を投じている。同社は昨年11月、全店舗と複数の警備会社に文書で人件費の請求を指示。時給で「本部管理職3千円、店長2500円、派遣警備員1500円」を、被害額に上乗せすることにした。

 複数の関係者によると、同社幹部が一部の警備会社に対し、口頭で「過去の被害も請求せよ」と指示したとされる。警備会社は「そこまでやれば強要や恐喝に当たる」とメールなどで警告したという。これに対し、トライアルの吉田淳管理本部長は「そのような指示は一切、していない。警備会社側の勘違いだ」と全面的に否定している。(西山良太)

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野の倉庫死体遺棄、知人逮捕・一家強殺被告も(31日)

長野市若宮の貸倉庫内の車から沖縄県出身で住所、職業不詳宮城浩法さん(当時35歳)の遺体が見つかった殺人事件で、長野中央署捜査本部は31日、死体遺棄の疑いで、宮城さんの知人の神戸市兵庫区荒田町、職業不詳原田一正容疑者(35)を逮捕、長野市の会社経営金文夫さん(62)一家3人を殺害したとして強盗殺人罪などで起訴された、同市真島町、会社員伊藤和史被告(31)を再逮捕した。

 発表によると、2人は2008年8月下旬、宮城さんの遺体をプラスチック製の箱に入れてワゴン車に積み、長野市若宮の倉庫内に遺棄した疑い。

 捜査関係者などによると、原田容疑者と、宮城さん、伊藤被告、金さんの長男で殺害された良亮さん(30)の4人は、神戸市内の暴力団組織を通じて面識があったという。伊藤被告は「(遺体を運ぶのを)手伝った」と話している。宮城さんの遺体が見つかった倉庫は、良亮さんが車の保管などに使っていた。

 宮城さんは4月10日、頭を殴られて殺害されているのが見つかり、死因は

頭蓋

(

ずがい

)

内損傷だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮のコンビニで443万円強奪される 店長けが(31日)

 31日午前10時40分ごろ、宇都宮市針ケ谷1丁目のコンビニエンスストアの駐車場で、現金約443万円を奪われ、けがを負った、と同店の男性店長(36)から110番通報があった。宇都宮南署が強盗致傷事件とみて調べている。

 店長が同署に説明した内容によると、奪われたのは3日分の売上金。銀行に入金しようと、駐車場の車に乗り込もうとしたところ、男が背後から刃物を突きつけ「金持ってるだろ、出せ」と脅し、現金入りのバッグを奪って走って逃げたという。店長はもみ合った際に顔に切り傷を負った。

 男は黒い長袖シャツに茶色の作業ズボン、黒の野球帽姿だったという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

エルメスのバッグや財布、ごっそり盗難(31日)

 31日午前4時55分頃、大阪市中央区東心斎橋1、海外ブランド雑貨店「ロワールブティック大阪心斎橋店」のシャッターが壊されていると、警備会社から110番があった。

 南署員が駆けつけたところ、店内にあったエルメスのバッグや財布など約40点(約2000万円相当)が盗まれていた。

 同署は窃盗容疑で捜査。発表によると、金属パイプ製シャッターの一部を切断して人がくぐり抜けられるほどの穴が開けられ、店内の商品陳列ケースが割られていた。同店はエルメスの専門店で、30日午後8時半の閉店時には異状はなかったという。現場は南海難波駅北約1キロの繁華街。(2010年5月31日12時13分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

発砲:東京・池袋で2人組 警官追跡中、バイクで逃走(31日)

 31日午前2時50分ごろ、東京都豊島区南池袋1の「池袋東口東急ビル」解体工事現場で、オートバイに乗った2人組の男が、鉄製の看板に向けて拳銃のようなものを発砲して逃げた。けが人はなかった。現場には自動式拳銃のようなものと薬きょう2個が落ちていた。警視庁目白署は銃刀法違反容疑で捜査している。同署によると、発砲の直前、現場そばの交番に勤務する同署員が、歩道を走行するオートバイを発見。制止を求めて追跡したところ、ビル解体工事現場の前で停車し発砲した。2人組はいずれもフルフェースのヘルメットをかぶり、黒っぽい服装だった。【内橋寿明】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100531k0000e040042000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗未遂:女子高生、携帯でお手柄 番号聞き出し、逮捕(31日)

女子高生(18)を脅して金を奪おうとしたとして兵庫県警明石署は31日、同県明石市魚住町西岡、ビデオ店店員、森郁弥容疑者(20)を強盗未遂容疑で逮捕した。女子高生は柔道初段で、突きつけられたナイフを取り上げたうえ、ドライブに誘われたことから機転を利かせて携帯電話メールアドレスや番号を聞き出し、逮捕につながった。女子高生は「またやるだろうから、何としても捕まえるきっかけをつかまないといけないと思った」と話している。

 容疑は25日午後11時25分ごろ、同市二見町のショッピングセンターの女子トイレで、女子高生に果物ナイフを突きつけ、金を要求したとされる。

 同署によると、女子高生は買い物途中。トイレの個室から出たところ、森容疑者は女子高生の胸ぐらをつかみ、壁際に押しつけたが、ナイフをさやから抜こうとした際に女子高生が森容疑者の腕をつかんでナイフを奪い取った。

 森容疑者は当初、興奮していたが、女子高生が約20分間いさめるとおとなしくなり「ドライブしようか」と誘いかけた。女子高生は「今日はだめだけど、後日なら」と答えるなどし、名前と携帯電話の番号を聞き出したという。

 28日、女子高生が交番に届け出。同署と相談したうえ、30日午後1時、森容疑者にメールを送ったところ、森容疑者から「この前のショッピングセンターのアイスクリーム店で」と返事が届いた。午後2時ごろ、店に現れた森容疑者を警戒していた署員が任意同行、逮捕した。森容疑者は「金を取るためだった」と容疑を認めているという。

 女子高生は「(森容疑者は)ボソボソとか細い声で何を言っているのか分からなかった。捕まえないといけないと思った」と話しているという。【桜井由紀治】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20100531k0000e040044000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「診察しろ」と警察病院訪れる 殺人未遂容疑で28歳男逮捕 職務質問で警官振り落とす(31日)

 東京都新宿区の路上で14日未明、所持品検査で車内から大麻のようなものが見つかった整備不良車が急発進し、職務質問中の警視庁自動車警ら隊の男性巡査部長(34)を振り落として逃走した事件で、新宿署は31日、殺人未遂と公務執行妨害の疑いで住所・職業不詳の柴田正芳容疑者(28)を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、柴田容疑者は「警察官が勝手に乗り込んできた」と容疑を否認している。柴田容疑者は30日深夜、中野区にある警察病院で「頭が痛いから診察しろ」などと騒ぎ、駆けつけた野方署員が職務質問したところ「新宿の件を知らないのか」と関与をほのめかしたという。

 同署の調べによると、柴田容疑者は14日午前3時ごろ、車内で大麻のようなものを発見した巡査部長が事情を聴こうとした直後、車を急発進させ約40メートル後退。巡査部長を振り落とし、頭や右足を負傷させた疑いが持たれている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビル解体工事現場で発砲 拳銃1丁残される 東京・池袋(31日)

 31日午前2時50分ごろ、東京都豊島区南池袋1丁目の「池袋東口東急ビル」解体工事現場で、オートバイに乗った2人組が正面の看板に拳銃(けんじゆう)2発を発砲し、そのまま逃走した。現場近くには自動そう点式の拳銃1丁と空の薬莢(やつきよう)2個が落ちていた。けが人はなかった。警視庁組織犯罪対策4課と目白署は、工事をめぐるトラブルの有無などについて詳しく調べている。

 警視庁によると、近くの交番にいた警察官が車道から歩道に乗り上げる不審なオートバイを発見し、発砲音を聞いた。2人組は黒っぽい服にフルフェースのヘルメットをかぶっており、車道に戻って新宿方面に逃走したという。

 現場は明治通り沿いにある地上8階、地下1階のビル。大手ゼネコンの大林組が解体を請け負い、今年2月から工事を行っていた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宿泊男性と似た人物防犯カメラに 女性殺害(31日)

福岡・大牟田市の旅館の客室で、殺害された女性の遺体が見つかった事件で、この客室に宿泊していた男性と似た人物が近くの駅の防犯カメラに映っていたことがわかった。

 この事件は28日、大牟田市の旅館で経営者・江崎京子さん(79)が殺害されたもの。旅館には当時、男性客1人が宿泊しており、江崎さんの遺体は男性が泊まっていた客室で見つかった。男性が旅館を出たのは遺体が発見される直前とみられており、警察の調べで、男性と背丈や服装が似た人物が、旅館近くのJR大牟田駅構内の防犯カメラに映っていたことがわかった。男性は30歳から40歳代で、身長170センチ以上のやせ形、黒縁の眼鏡をかけていたという。

 警察は男性の行方を捜している。(日本テレビ)http://www.news24.jp/articles/2010/05/30/07160090.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山梨・甲府市で県民信用組合から約1,000万円詐取容疑 元職員の53歳男を逮捕(31日)

山梨・甲府市で県民信用組合からおよそ1,000万円をだまし取ったとして、この信用組合の元職員の男が逮捕された。
逮捕されたのは県民信用組合の元支店長・飯島 浩容疑者(53)。
飯島容疑者は支店長だった2005年10月ごろ、顧客の依頼があるように装って定期預金を解約し、信用組合からおよそ1,000万円をだまし取った疑いが持たれている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178233.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【産経抄】5月31日 最後の名刑事にしてはならない

 帝銀事件吉展ちゃん事件で敏腕を振るった平塚八兵衛が亡くなったとき、新聞は「最後の名刑事」とたたえたものだ。しかし、「最後」ではなかった。警視庁の後輩である小山金七もまた、名刑事の称号を得たからだ。

 ▼数々の難事件を解決しながら、八兵衛が「3億円事件」に思いを残したように、金七もまた「警察庁長官銃撃事件」の捜査の最中、57歳の若さで世を去った。その金七を主人公にしたテレビドラマ『落としの金七事件簿』が、先週の土曜日の夜、放映された。

 ▼小紙社会部OBの小野義雄さんによる、同名のノンフィクション(産経新聞出版)が、もとになっている。警察取材の経験が長い小野さんによると、捜査の緻密(ちみつ)さは2人に共通し、特に金七は、取調官としての能力がずば抜けていた。

 ▼金七流は、容疑者の経歴、生い立ちを重視するのが特徴だ。わかっていることをすべて大きな紙に書き込み、壁に張って一日中見つめていたこともあったという。取調室では、けっして声を荒らげない。容疑者の心を真綿のように包み込み、罪を悔いる気持ちを引きだそうとした。

 ▼ドラマの終わり近く、金七の病室のロッカーから、妻、シゲ子に贈るセリーヌのバッグが出てくる場面がある。金七がかつて「ロサンゼルス銃撃事件」の捜査のために海外出張したとき、妻に土産を買ってこなかったことを気に病んでいた、との設定だが、事実ではない。金七は、何も言わない奥さんの好みのブランドを知っていて買ってきた。気配りこそ、名刑事金七の最大の武器だった。

 ▼「金七さんの遺志を継ぎたい」。ドラマの後、小野さんのもとには、数人の若い刑事からメールが届いている。金七を「最後の名刑事」にしてはならない。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100531/crm1005310302000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮、脱北防止へ全戸調査 不在を説明できぬ家拘束か(31日)

 【瀋陽=西村大輔】中朝関係筋によると、北朝鮮各地で4月上旬から、治安当局が各世帯の脱北者の有無を確認するためとみられる一斉調査を始めた。不在者の居場所を説明できない家族ら千人以上が拘束されて厳しい尋問を受けている模様だ。一方、平壌市当局は17日から、17歳以上の住民に新しい身分証を発行し始めたといい、これも住民の居住実態を調べて脱北者を把握する活動の一環とみられている。

 これまでも、脱北者を出した家族の取り調べはあったが、全世帯を対象にした一斉調査は異例。昨年11月のデノミネーション(通貨呼称単位の変更)の失敗で深刻な経済危機に陥っている上に、3月下旬に起きた韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没事件を受けて半島情勢が緊迫。脱北行為を食い止めようと当局が住民管理を強化したとみられる。

 関係筋によると、午後6時以降に当局者が各家庭を訪れ、戸籍に登録されている家族がそろっているかを確認している。不在者がいれば、居場所や不在の理由を証明しなければならない。証明できなければ、残された家族は当局の関連施設に拘束されて厳しい取り調べを受けるという。

 複数の脱北者を出した家族は処刑される可能性もあるという。調査は4月上旬から始まった模様で、街中では一家丸ごと拘束され、もぬけの殻になった住居が随所で目立つようになったという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民主・辻副幹事長、検察審査会への接触認める(31日)

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏を不起訴とした東京地検の判断を審査している検察審査会の事務局に対し、同党副幹事長の辻恵衆院議員(61)側が審査手続きを説明するよう求めた問題で、辻氏は30日、読売新聞の取材に応じ、26日に東京第1検察審査会の事務局に電話を入れたことを認めた。

 辻氏は「一般論として制度のことを聞いたが、何も答えてもらえなかった。(審査に対する)圧力とは違う」と述べた。

 ただ、小沢氏に関する審査をしている第1と第5審査会の事務局長を呼ぼうとしたことについては「事実無根だ」と否定した。

 辻氏は27日の取材には、検察審査会の事務局に電話したことも否定していた。

 関係者によると、辻氏側は26日、第1審査会に電話し、第1と第5審査会の事務局長から標準的な審査期間などを聞くため、議員会館に来るよう求めたが、審査会は応じなかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仮想空間事件:「マルチ人脈」で拡大(31日)

インターネット上の仮想空間事業をうたう「ビズインターナショナル」(さいたま市)が、延べ約2万8000人から約100億円を集めたとされる特定商取引法違反事件。ビズ社は会員を7ランクに分け、最上ランク(5人)のうち3人は、石原茂男社長(48)がかつてかかわった別のマルチ商法(連鎖販売取引)の元幹部だったことが、内部資料や元幹部の証言から分かった。こうした“マルチ人脈”とIT(情報技術)が結び付いた結果、被害拡大につながったとみられる。【町田結子、飼手勇介】

 内部資料によると、ビズ社の会員は最初は「エージェント」と呼ばれる最下ランクからスタート。新たに会員を勧誘すると「チーフエージェント」「マスター」と昇進。ランクに応じて10種類の「ユニボーナス」などの報酬を受け取ることができる仕組みだ。

 「ピラミッドの頂点にいる数人は、私が以前かかわったマルチ(商法)で幹部を務めた」。石原社長は会員組織について、毎日新聞の取材にこう明かした。

 石原社長は95年ごろ、メール機能付きのファクスを購入して会員になり、新規会員を獲得して報酬を得る商法に参加。その商法を手がけていた組織の元幹部3人が、ビズ社の会員ピラミッドで「トリプルプレミアムマスター」と呼ばれる最上位ランクにいた。

 元幹部のうちの1人は「顧問」として運営にも参加。石原社長は「以前のネットワークを使って勧誘したからこそ、会員を2万8000人も獲得できた」。

 ただ、それだけではなかった。元幹部は「ビズ社が仮想空間の前に手掛けていたマルチは、人を集められなかった。だから売れる商材を探していた」と話す。登場したのが、システム開発を手がけたとされ、ビズ社とともに埼玉県警の家宅捜索を受けた「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)だった。

 「こんなすごいソフトなら、10万人は集められます」。07年3月。フレパー社を訪れ仮想空間の映像を目にした石原社長や元幹部は、こう驚きの言葉を発したという。

 同7月15日、フレパー社の元社員が代表となって設立された「I・D・R」(港区)と、ビズ社との間で80億円の契約書が交わされた。ビズ社が10万人集め、1人あたり8万円を仮想空間開発費としてI社に支払う。「10万人×8万円=80億円」という計算だった。

 ところが仮想空間は未完成のまま、事件へと発展した。「冗談のつもりで言った『10万人』という数字からスタートした。多くの会員を勧誘した責任はある」。石原社長は振り返った。

 【ことば】ビズ社を巡る特商法違反事件

 ビズインターナショナルなどは07年6月~09年11月、ネット上の仮想空間「エクシングワールド」に都市を構築し、会員は「土地」を先行取得できる上、テナント料や広告収入が得られるとの触れ込みで募集したとされる。埼玉県警は特定商取引法違反(不実告知)の疑いで家宅捜索。ビズ社からフレパー・ネットワークスやI・D・Rへの資金の流れを捜査しているとみられる。3社を巡っては、大阪地裁に損害賠償訴訟が起こされている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100531k0000m040103000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターで民主参議員16人のなりすまし出現 改選期で困惑(31日)

140字以内の短いつぶやきをインターネット上に投稿する「ツイッター」をめぐり、民主党の参院議員16人のなりすましが存在していることが分かった。いずれもエープリルフールの4月1日に開設。同時刻に「友愛!友愛!」と同じ投稿をしていることなどから同一人物によるいたずらとみられる。なりすまされた議員の大半が次期参院選に出馬するため、議員らは「選挙妨害になりかねない」と対応に苦慮している。

 なりすましにあったのは、ネット選挙運動解禁を検討している与野党実務者協議会の桜井充座長をはじめ、藤本祐司・国土交通政務官など民主党の参院議員16人。このうち、12人は7月に想定される参院選の立候補予定者。議員本人の顔写真を掲載、公式ホームページ(HP)へのリンクが張られ、プロフィル欄もほぼ正確に記載されている。投稿も「議員会館で昼飯です」「地域なくして日本の成長なし」などと議員本人を装う内容となっている

一方で、4月1日午後11時36分には、15人のなりすましが「友愛!友愛!」と鳩山由紀夫首相の公式ツイッターに話しかけるような投稿をしたり、翌2日には「エイプリルフールtwitter議連』はいかがでしたか」と犯行声明とも受け取れるような内容が投稿された。なりすましの多くは互いにフォロー(読者登録)し合っており、同一人物によるいたずらとみられている。

 なりすましを公式ツイッターと思いこんでフォローするユーザーも現れている。桜井氏の事務所では4月、支援者から「4月1日以来、ツイッターを更新してないけどどうしたのか」との問い合わせがあったため事態を把握し、公式HPで注意を呼びかけた。5月28日に気づいた大久保勉氏の事務所では「選挙中に変な投稿をされ、有権者から本人によるものと間違えられたら困る。どうしたらいいのか」と困惑する。

 なりすまし対策について、米ツイッター社は公式HPで「混乱させる意図が明らかな場合は削除する」としている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100531/plc1005310036000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月30日 | トップページ | 2010年6月1日 »