« 2010年5月26日 | トップページ | 2010年5月28日 »

2010年5月27日

2010年5月27日 (木)

ブロガー掲示板

ドラマスペシャル 警視庁取調官落としの金七事件簿 制作発表記者会見を開催!

Hot_20100524_140_0011

 名人芸ともいえる取調べで“落としの金七”の異名をとり、「トリカブト保険金殺人事件」など数々の難事件を解決に導いてきた伝説の刑事、故・小山金七氏の生き様と事件簿を描くドラマスペシャル『警視庁取調官落としの金七事件簿』。その制作発表記者会見が5月24日(月)、東京・六本木のテレビ朝日で行われた。登壇者は主人公・小山金七を演じる柳葉敏郎、その妻・シゲ子を演じる岸本加世子、そして金七の友人であり上司でもある寺西正大を演じる大杉漣
◆柳葉からあふれ出す故・小山金七刑事に対する敬意
 壇上には取調室が再現され、その壁には小山金七氏の写真が飾られた。会場に現れた柳葉はまず写真の小山氏に対して深々と頭を下げ、敬意を表した。実は、この日は珍しく緊張で震えていたという柳葉。その理由は「撮影中から“金七さんが培ってきたものに対して失礼にならないように”という気持ちが強く、今日もまだその気持ちが続いているから」。小山氏の写真に対する一礼も、その気持ちから来るものだったようだ。
 そんな柳葉の小山氏に対する並々ならぬ敬意には、岸本や大杉も感銘を受けたそうだ。会見中も「撮影中も柳葉さんが金七さんを心からリスペクトしていること、“この方に恥じないように演じるんだ!”という気概がすごく伝わってきました。そんな柳葉さんの気合に引っ張って頂いて、私も妻の役を演じられた気がします」(岸本)、「初めてお会いした時、柳葉さんがいるというよりも、金七さんがいるという感じでした」(大杉)との賞賛の声が次々と飛び出した。
◆柳葉は“愚直の敏郎”!? 岸本と大杉が柳葉の素顔を証言
 また、「そんな柳葉に“落としの金七”よろしく何か異名を付けるとしたら…?」との質問には、大テレする柳葉を岸本と大杉がさらにテレさせる証言を! 大杉が「柳葉さんはいい意味で、無骨で不器用な感じ。素直にありのままをさらけ出してる感じがしていい」と言えば、岸本も「柳葉さんは愚直であり、真っ直ぐであり、バカ正直。いい意味での日本男児のような人」と絶賛。その言葉に照れまくった柳葉は、大杉に「(柳葉と大杉には)通販が好きという共通項がある」と暴露されたことを受け、「お褒めの言葉、ありがとうございます。通販で手に入るものであれば何でも、あとで贈呈させて頂きます(笑)」と自ら進言。会場の笑いを誘い、会見を大いに盛り上げた。
柳葉敏郎コメント ――小山金七を演じてみての感想、および小山金七という人物像から受けた印象は?
 大杉さん、岸本さんをはじめとする皆さんの偉大な力を借りて、自分なりに金七さんを表現して撮影を終えました。その達成感を自分なりに感じています。
 金七さんに対しては人間として、男として尊敬の念でいっぱいです。これが本当の正義であり、愛である! 原作や資料を読んだだけでも、それがシッカリと伝わってきました。僕も死ぬまでには金七さんのような男になりたいです。現時点での共通点は…強いて挙げるなら、同じ男だということくらいですね(笑)。
――撮影現場の雰囲気は?
 和泉聖治監督とご一緒するのは14年ぶり。新人賞や助演賞を頂いたり、役者として大きな糧となった作品でお世話になった監督なんです。今回はこの14年間で監督が培ってきたものと、僕が役者として育んできたものをぶつけ合いながらの撮影でした。時にはシッカリと否定して頂いたり、時には褒めて頂いたり…。心の通った現場でした。
――取調べのシーンについて
 金七さんの言葉は専門用語や硬い言葉ではなく、人間の心から出てくる言葉。それをずーっと犯人に対して語るんです。“人として人に聞かせる言葉”を自分なりに表現することができれば、取調べのシーンは成立すると思って挑みました。また、常に口角を上げ、目尻を下げること、決して鬼の形相にならないことを心掛けました。岸本加世子コメント ――小山金七という人物像から受ける印象は? 「よく今までドラマ化や映画化されなかったな」と思うほど、素晴らしくてドラマチックな刑事さん。このドラマに出演することで初めて、私たちが真剣にニュースで見ていた事件を解決するために金七さんが動いていらしたという事実を知り、すごく感動致しました。
――撮影現場の雰囲気、印象に残っているシーンは?
 和泉監督と柳葉さんがあうんの呼吸なので、現場はとても小気味よく、信頼関係もありました。すごくやりやすかったです。印象に残っているシーンは、金七さんが胃がんを告知された後、庭で資料を焼くシーン。その時の後姿がすごく切なくて、とてもいいんですよね。柳葉さんはいい役者さんだな、と思いました。
大杉漣コメント ――小山金七という人物像から受ける印象は?
 犯人を落とす時も決して高圧的な態度ではなく、金七さんはその人柄で犯人の心を柔らかくさせ、自白に追い込んでいくんです。こちらがつい喋っちゃうような、本当に素晴らしい人柄だと思います。僕は別に悪いことはしてませんが(笑)、もし柳葉さんが演じる金七さんがそばにいたら、きっと“落ちる”と思います。
――撮影現場の雰囲気、印象に残っているシーンは?
 初日は刑事ばかりがいる、非常にむさ苦しい現場で、すごく緊迫感がありました。ただ、その“いい緊張感”と同時に、柳葉さんと金七さんが共通して持ってらっしゃる温かみや深みといった人間味も感じたんです。その人間味こそがこのドラマを厚くしてるんだな、と思いました。印象的だったシーンは金七さんが亡くなった後、刑事たちが集まる中、僕が遺影を持って歩くシーン。撮影時には音楽が流れていませんでしたが、僕の中では音楽が聴こえて…。今思い出しても鳥肌が立つシーンです。http://www.tv-asahi.co.jp/kinshichi/news/index.html

 

続きを読む "ブロガー掲示板"

| コメント (1) | トラックバック (0)

車に衝突…「当たり屋」行為が都内で相次ぐ(27日)

車と衝突したと称し、示談金名目で金を巻き上げるいわゆる「当たり屋」行為による被害が東京都内で相次いでいることがわかった。タクシーを狙った同一グループとみられている。

 タクシーに乗り込んだ乗客役の男が、狭い路地にタクシーを誘導する。衝突音がした後、「当たり役」の金髪の男が「タクシーにぶつかった」と主張して、強引に助手席に乗り込んだ。男らは2人がかりで不安をあおり、示談金として6万円を巻き上げた。

 東京タクシー防犯協力会には、未遂を含めた同様の被害が東京都内で今年、すでに7件が報告され、そのすべてに金髪の男が当たり役として関与していた。被害総額は30万円以上に上っている。

 警視庁もこうした事実を把握していて、恐喝などの疑いもあるとみて調べる方針。(日本テレビ)http://www.news24.jp/articles/2010/05/27/07159924.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日単位・レベル)

日米の治安情勢

【治安解説】
212

27日付け産経新聞(国際面)によると、米国で凶悪事件が前年より5.5㌫減少したという。米国には景気悪化と犯罪発生率は相関関係があるとの通説があるが、これをひっくり返す数字に警察当局は「取締や防犯対策の強化が効果を上げている」と分析しているようだ。

 米国の犯罪抑止で最も力点が置かれているのは、不法移民の増加とそれに伴う麻薬密輸事件に絡む凶悪犯罪の多発だ。このためアリゾナ州では取締を強化する新移民法が成立しているという。

 では、日本の現状を見てみると、27日午後、愛知県大治町の大治西条郵便局に、男2人が押し入り、女性局員に包丁のような刃物を突きつけ、現金約120万円を奪い原付きバイクで逃走した。
 さらに26日夜には、京都市右京区龍安寺斎宮町の無職男性(66)方で、男性の妻から「主人が何者かに針金を首にまかれて腹を刺されたようだ」と119番があった。男性は自宅から約10メートル離れた路上で、衣服にアイスピックが刺さった状態で発見されたが命に別条はない。後ろから突然、針金をまかれ、男の声で「カネ、カネ」と要求されたという。

 4月23日には東京都江戸川区北葛西の路上で「首を刺された」とタクシー運転手の男性(59)から110番通報。運転手は3人組の若い男に首と腹の計2カ所を刃物で刺されて重傷。売上金の4万円が奪われた。 東京都東久留米市内では7日、刃物を持った男による強盗と強盗未遂事件が相次いつぐなど、日本でも、ひったくりを含めて金にまつわる事件が多いのは、やはり経済的不況が影響しているのだろう。

 ここに来て事件の認知件数が多いように感じられるが、統計的(数字治安)にみると今年1~4月の刑法犯の認知件数は前年同期より4万7285件も少ない48万7298件。強盗事件など凶悪事件も280件も少ない2511件だった。体感治安の悪化にほかならない。

 米国の移民による犯罪に対して、日本は来日外国人による犯罪だが、米国同様これも減少傾向にあるようだ。

 但し、この犯罪は捕まえてみなければ分からないが、平成21年の検挙件数は2万7836件で前年より10.9㌫も減り、過去5年間で最も少ない数字となった。その中で凶悪犯と知能犯、窃盗犯の検挙人員が増加している。見方を変えれば凶悪事件や窃盗事件の組織化が進んでいる現象とも受け止められる。

 ところで、山口組系暴力団の複数の幹部が土俵下の溜席(たまりせき)にある「維持員席」で観戦していた問題で、依頼したのは、名古屋市内の50歳代の自称コンサルタント業男性と言われているが、この人物の正体が明らかにならないかぎり構図は分からない。業界に対するある程度の警察の資料提供も必要ではないのか。

 都内で当たり屋が発生しているとことから体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁、出会い系喫茶や偽装ラブホテルについて風営法の規制対象とする方針固める(27日)

いわゆる出会い系喫茶や偽装ラブホテルについて、警察庁は2011年1月から、風俗営業法の規制対象とする方針を固めた。
警察庁は、出会い系喫茶を風営法が定める店舗型性風俗特殊営業として、2011年1月から18歳未満の立ち入りを禁止するなど規制を強化する。
出会い系喫茶は、児童買春の温床と指摘されていた。
また、ビジネスホテルなどを装った偽装ラブホテルについても、風営法が定めるラブホテルの要件に自動精算機が設置されていることなどを加えて、規制を強化する方針。
偽装ラブホテルは、全国に3,590軒あり、風営法が定めるラブホテルの数に迫っていて、住宅地や学校周辺に建てられ、全国で住民とのトラブルが起きている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178067.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査長、交際中の女性の腹けった容疑 岩手県警が逮捕(27日)

交番勤務の男性巡査長が交際中の女性の腹をけるなどしてけがをさせたとして、岩手県警は27日、盛岡西署滝沢中央交番の巡査長佐藤俊徳(としのり)容疑者(50)を傷害容疑で逮捕し、発表した。佐藤容疑者は容疑を認めているという。

 盛岡東署によると、佐藤容疑者は同日午前2時45分ごろ、盛岡市北松園2丁目の自宅で、交際している会社員女性(49)と口論になり、腹を足でけったり、顔を素手で殴ったりしたうえ、首を絞めて約4週間のけがを負わせた疑いが持たれている。女性が「顔をたたかれた」と110番通報したという。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2人組郵便局強盗、120万奪う…愛知・大治町(27日)

 27日午後2時50分頃、愛知県大治町西條の大治西条郵便局(山中幸男局長(57))に、男2人が押し入り、一人がカウンターの内側に入り、女性局員に包丁のような刃物を突きつけ「金を出せ」と脅した。

 山中局長が差し出した現金約120万円を奪い取り、原付きバイクに2人乗りして逃走した。郵便局には山中局長や女性局員ら4人がいたが、けがはなかった。客はいなかった。

 発表によると、2人は、いずれも身長1メートル70の中肉。黒っぽい服装で目出し帽をかぶっていた。一人は、入り口付近で見張りをしていたという。県警が強盗容疑事件として、二人の行方を追っている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「家計の足しに」気軽なネット副業、トラブルも(27日)

 簡単に始められるサイドビジネスとして人気が高いインターネット商法「ドロップシッピング(DS)」の事業会社に27日、警視庁の捜索が入った。事業会社が管理する商品を自分のホームページ上で販売する仕組みで在庫を抱えるリスクがないため、「家計の足しに」と気軽に始める主婦らも多い。一方でトラブルも目立っており、専門家からは「悪質な業者も入り込んでおり、注意が必要だ」との指摘が出ている。

 横浜市に住む元会社員の男性(31)は約3年前、ネット上でDSを知った。ネットに詳しかったため、「自分ならもうけられる」と今回の捜索対象とは別の業者と契約。ホームページを開設すると商品は飛ぶように売れたという。勤務していた会社を辞め、DSを本業にしようと、今回、捜索を受けた事業会社「サイト」(東京・上野)の営業担当者と面会した。

 営業担当者は、商品の卸値を「市場価格の7割」と説明し、「スーパーに持って行ってももうかる」と強調した。男性は初期費用として125万円を支払って新たなホームページを開設し、自分のネットショップをオープンした。

 しかし、その後、同社から配信された商品のリストを見ると、ほとんどの商品の卸値が市場価格より高く、利益を出そうとすると到底売れないような高値になった。結局、1年以上たっても商品は一つも売れず、ホームページを閉鎖した。

 国民生活センターによると、DSを含むネット商法への苦情・相談は昨年度、1104件に上っており、20~40歳代のサラリーマンや主婦が目立つ。相談の中には「初期費用を払ったが、商品を一つも販売しないうちに業者から倒産したとの連絡があった」というケースもあった。

 ネット商法の被害救済に取り組む神田知宏弁護士(第二東京弁護士会)は「昨年春頃から、多額の初期費用を要求する悪質業者などの相談が増えている。契約する場合は、事前に業者の評判を調べ、信用度をきちんと見極める必要がある」と話している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

相撲協会:木瀬親方を2階級降格 清見潟親方はけん責処分(27日)

日本相撲協会は27日午後、定例の理事会を開いた。昨年7月の大相撲名古屋場所(愛知県体育館)中に山口組系暴力団の複数の幹部が土俵下の溜席(たまりせき)にある「維持員席」で観戦していた問題で、維持員席の入場整理券を手配したとされる木瀬部屋の木瀬親方(40)=元前頭・肥後ノ海=を委員から年寄への2階級降格処分とした。また、木瀬部屋所属力士については、同部屋が所属する出羽海一門預かりとした。同協会の規定では、「降格」は「解雇」に次ぐ重い処分。三保ケ関部屋の清見潟親方(64)=元前頭・大竜川=はけん責処分とした。

 協会は既に2親方から事情を聴いていたが、この日の理事会で弁明の機会を与えた上で、処分を決めた。

 最近の親方の処分では、暴行問題の責任を取って引退した元横綱・朝青龍の師匠、高砂親方(元大関・朝潮)が2月に役員待遇から主任へ2階級降格となった。

 また、協会理事会は同日、一部週刊誌でプロ野球賭博にかかわったと報じられた大関・琴光喜関(34)からも事情を聴いた。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20100527k0000e050079000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

指名手配の三男を福岡で逮捕 兵庫・明石の女性殺害(27日)

兵庫県明石市の女性(48)が自宅で殺害された事件で、殺人容疑で指名手配されていた大学1年の三男(18)が27日、福岡県東峰村の路上で見つかり、福岡県警の警察官に逮捕された。三男は容疑を認めているといい、明石署捜査本部は、何らかのトラブルがあったとみて動機を調べる。

 逮捕容疑は、18日午前7時10分~午後6時10分、自宅で母親の女性を刃物のようなもので切りつけるなどして殺害したとしている。

 捜査本部によると、三男は27日午後0時10分ごろ、東峰村の路上で自転車に乗っており、パトロール中の警察官が見つけて職務質問し、兵庫県警から手配されている三男と判明したという。

 女性は18日午後、自宅の洗面所で血を流して死亡しているのを帰宅した長女(21)に発見された。首や顔などに数十カ所の切り傷があったことから兵庫県警は殺人事件として捜査。室内に血の付いた三男の衣類が残されていたほか、連絡が取れなくなっていたため、指名手配して行方を追っていた。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

他人名義カードで買い物 詐欺容疑で政治団体会長ら4人逮捕 警視庁(27日)

他人名義のクレジットカードで買い物をし商品をだまし取ったとして、警視庁公安部と多摩中央、府中両署は詐欺などの疑いで、政治団体「日本誠道連盟」会長、佐藤政夫容疑者(38)=東京都稲城市=と職業不詳、原伸夫容疑者(65)=川崎市麻生区=ら男4人を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 公安部の調べによると、原容疑者を除く3人は、1月17日未明、都内の量販店で、原容疑者名義のクレジットカードを使って、財布やDVDレコーダーなど5点(計約14万6千円相当)を購入するなどしたとされる。

 公安部によると、原容疑者は犯行2日後にカードの紛失届を提出しており、4人が共謀し紛失を装って代金をカード会社に負担させる狙いがあったとみている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺で逮捕の小杉元大臣妻 名刺に“夫の肩書き”(27日)

小杉隆元文部大臣の妻が逮捕された詐欺事件で、妻が夫の名前と肩書きを書かれた名刺を支援者らに配っていたことが分かりました。警視庁は、夫の名前で相手を信用させて金をだまし取っていたとみて調べています。

 小杉元文部大臣の妻・敬子容疑者(73)は5年前、「儲かる投資話がある」などと後援者の男性に嘘をつき、8900万円をだまし取った疑いが持たれています。その後の警視庁への取材で、敬子容疑者が周囲に配る自分の名刺に衆議院議員の肩書きと夫の名前を印刷していたことが分かりました。警視庁によると、被害者は「代議士の妻が嘘をつくはずがないと思った」と話しています。警視庁は、敬子容疑者が夫の肩書きで相手を信用させ、ほかの人からも金をだまし取っていたとみて調べています。敬子容疑者は「金は返すつもりだった」と容疑を否認しAnnlogo1ています。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200527024.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ドロップシッピング」で東京・台東区の業者を捜索 うそを言って契約を結んだ疑い(27日)

サラリーマンや専業主婦らの副業として広まっている「ドロップシッピング」をめぐって、東京・台東区の業者がうそを言って契約を結んでいた疑いが強まり、警視庁は、関係先を家宅捜索している。
特定商取引法違反の疑いで捜索を受けている台東区のインターネット関連会社「サイト」は、38歳の女性に「2~3カ月で元が取れる」、「毎月何十万も稼いでる人がいる」などとうそを言って、違法に契約を結んだ疑いが持たれている。
ドロップシッピングは、在庫を持たずにインターネットのサイトを通じて商品を販売するビジネスで、業者が強制捜査を受けるのは初めて。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178064.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東北で農村男性狙う「結婚詐欺」ひんぴん(27日)

宮城県内を中心に山形、岩手の農村部で、40~50歳代の独身男性に韓国籍の女性らを結婚相手として紹介し、結納金名目で高額の現金を支払わせる「結婚詐欺」が、50件以上あったことがわかった。

 被害対策弁護団(団長・菊地修弁護士)が26日仙台市内で記者会見を開き、公表した。一人あたりの被害額は約300万円で、総額は1億5000万円超とみられる。弁護団は来月2日、同市内で相談会を開き、結婚相談業者に損害賠償を求める集団訴訟を視野に調査を進める方針だ。

 弁護団の発表によると、相談があったのは宮城、山形、岩手3県の主に農村部に住む40~50歳代の農業、自営業などの男性計50人以上。今年3月以降、相談が急増した。

 相談の内容は、業者が独身男性宅を直接訪れ、「ホームステイ」と称して外国人の女性を1~2週間滞在させ、男性と親密な関係ができた後、結納金や結婚成立料などの名目で300~330万円を請求するという。

 女性の多くは20歳代後半~40歳代の韓国籍とみられ、男性に結婚する意思がなくても、業者が強引に結婚を迫ることもある。しかし、結婚直後、女性が帰国や都心部への出稼ぎを理由に現金数十万円を要求、いったん出かけると戻ってこないという。

 弁護団によると、業者は大崎市内にあるとみられる。弁護団は今後、相談を寄せた男性から聞き取り調査を行い、集団提訴を視野に入れて解決を目指す方針だ。

 菊地弁護士は、「結婚しなくても、女性への慰謝料として多額の現金を求めるなど悪質。『嫁が家に帰ってくるはず』と信じている被害者もいるが、家族が気付いて早めに相談してほしい」と呼びかけた。

 相談会は6月2日午後6時半から、仙台市青葉区一番町の仙台弁護士会館4階で開く。無料。問い合わせは、一番町法律事務所(022・262・1901)。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

親方ら「テレビに映る席」注文 暴力団の大相撲観戦問題(27日)

大相撲名古屋場所で現役2親方が手配した特別席の券を指定暴力団山口組弘道会幹部らが入手し観戦していた問題で、親方らが入場券を販売する「茶屋」と呼ばれる相撲案内所に対し「テレビ(の中継)に映る席がいい」と注文していたことが27日、愛知県警への取材で分かった。

 また県警の調べで、昨年7月の場所中、弘道会関係者が利用した特別席は計6席で、木瀬親方(元幕内肥後ノ海)の手配に加え、同会とつながりがある人物が別の相撲案内所で独自に購入した券を入手していたことも判明。県警は、弘道会関係者がテレビに映る機会が多い向正面の席を確保するため、複数のルートを利用していたとみている。

 これまでの県警の事情聴取に、木瀬親方らは「(知人に)依頼されただけで、暴力団に渡るとは思わなかった」と説明。

 弘道会とつながりがあるとみられる人物に券を販売した名古屋市の相撲案内所は、取材に「常連客から『テレビに映るところがいい』と注文を受けた」と話している。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットの児童ポルノ即時遮断へ 関係9省庁が合意(27日)

インターネット上にはんらんする児童ポルノ画像対策を検討していた総務省や警察庁など関係9省庁のワーキンググループ(WG)が、画像を発見した場合に接続事業者がアクセスを遮断し閲覧できなくする「ブロッキング」を、捜査や削除要請の結果を待たず即時実施することで合意したことが27日、複数の政府関係者の話で分かった。同日午後、発表する。

 児童ポルノをめぐっては主要国(G8)で日本とロシアだけが単純所持を禁じておらず、野放し状態であるとの国際的批判も強い。ネット上の流通防止のため、ブロッキングは大きな効果が見込めるが、通信の秘密や表現の自由の侵害につながりかねないとの懸念から総務省を中心に慎重論があり、導入の是非や方法が焦点となっていた。

 ネットの画像は簡単に複製されて拡散し、被害は半永久的に続く。関係者によると「子どもを守ることを優先すべきだ」との警察庁などの主張が広く理解を得て、即時遮断の方針が固まった。来春までの導入を目指す。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052701000229.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

けし栽培 再発防止策を検討へ(27日)

神奈川県の農業技術センターが農家に誤った指導を行い、麻薬の原料になるとして栽培が禁止されているけしを農家が栽培して出荷していた問題で、神奈川県は、大学の研究者などの専門家に違法なけしがどうかチェックしてもらうなどの再発防止策を検討することになりました。

この問題は、麻薬のあへんの原料になるとして、あへん法で医療や学術目的以外での栽培や所持が禁止されているけしが、神奈川県藤沢市の花農家で栽培され、およそ400株が関東地方を中心に出荷されたものです。神奈川県によりますと、この農家は神奈川県農業技術センターにこのけしを栽培できるか問い合わせましたが、訪れた指導員がけしを見て「栽培できる」と回答したため出荷していました。

 指導員はけしに関する知識がなく、厚生労働省のホームページの情報などを頼りにして、特徴を見誤ってしまったということです。このため、県は、栽培についての問い合わせがあった場合には、大学の研究者などけしに詳しい専門家に現地に行ってもらい、違法なけしかどうかチェックしてもらう態勢ができないかなど、再発防止策を検討することにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100527/k10014710711000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城で女性刺され重傷、刺した男逃走(27日)

 26日夜、茨城県龍ヶ崎市の路上で39歳の女性が男に包丁で刺されました。女性は病院に運ばれましたが重傷で、刺した男は現在も逃走中です。

 26日午後7時20分頃、龍ヶ崎市馴馬町の路上で、「女性が刃物で刺された」と通報がありました。警察官がかけつけたところ、近くに住む39歳の女性が腹や腰などを刺されて倒れていて、側には刃渡り18センチの文化包丁が落ちていました。女性は病院に運ばれましたが重傷です。

 刺した男は現在も逃走中だということですが、警察によりますと、女性と一緒に住んでいた40代から50代の男性と連絡が取れなくなってることから、男性が何らかの事情を知っていると見て調べています。(27日09:23)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4437931.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

首に針金、腹に刺し傷 京都で男性現金奪われる(27日)

 26日午後9時20分ごろ、京都市右京区龍安寺斎宮町の無職男性(66)方で、男性の妻から「主人が何者かに針金を首にまかれて腹を刺されたようだ」と119番があった。

 右京署員らが駆けつけると、男性は自宅から約10メートル離れた路上で、衣服にアイスピックが刺さった状態で発見された。病院に搬送されたが軽傷で、命に別条はないという。

関連記事

記事本文の続き 同署によると男性は、後ろから突然、針金をまかれ、男の声で「カネ、カネ」と要求されたという。財布を差し出すと、男は中に入っていた千円札と小銭を奪い、アイスピックで男性の脇腹を刺して逃走したという。

 右京署は、強盗致傷事件として捜査している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性を450メートル引きずる 引ったくり2容疑者逮捕(27日)

バッグを引ったくろうと女性を約450メートル引きずったとして、福岡県警は26日、同県篠栗町篠栗、無職今泉龍美(22)、福岡市東区香住ケ丘4丁目、無職袋正文(42)の両容疑者=ともに別事件で起訴=を強盗致傷の疑いで再逮捕し、発表した。

 東署によると、2人は昨年4月30日夜、福岡市東区和白丘1丁目の路上でバイクに2人乗りし、歩いていた女性(24)のショルダーバッグを引ったくろうとして女性を転倒させ、そのまま約450メートル引きずって両足に30日間のけがをさせた疑いがある。奪うのをあきらめ、バイクは同市博多区に放置して逃げたらしい。「お金欲しさにやった」と話しているという。

 2人は2年前、博多署の留置所で知り合ったらしい。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「僕は君に決めている」3千万円結婚詐欺容疑41歳逮捕(27日)

結婚をほのめかして女性から金をだまし取ったとして、京都府警は26日、無職坂野和也容疑者(41)=大阪府豊中市旭丘=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。府警は、坂野容疑者は「金は返すつもりだった。だましてはいない」などと容疑を否認している、と説明している。

 府警によると、坂野容疑者は2009年7月、兵庫県の喫茶店で、大手結婚相手紹介会社の紹介システムで知り合った京都市の女性会社員(45)に、自分はIT関連会社の経営者だと説明。「僕は君に決めている」「一生面倒をみる」などと言い、「事業に必要な費用を貸してほしい。数カ月後には返せる」と数回にわたって現金計約3千万円を自分の口座に振り込ませ、だまし取った疑いがある。

 府警によると、坂野容疑者の口座には06年1月~09年8月、女性会社員の約3千万円を含め、数人の女性から計約1億円が振り込まれていたとされる。大阪府や兵庫県などの女性3人が、坂野容疑者にだまされたとする被害届を京都府警に出しているという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仮想空間マルチ業者、強制捜査へ 埼玉県警(27日)

インターネット上の仮想空間の「土地」投資話で会員を集めるマルチ商法(連鎖販売取引)を展開していた「ビズインターナショナル」(ビズ社、さいたま市)と、その取引会社について、埼玉県警は特定商取引法違反(不実の告知など)の疑いで、27日にも家宅捜索する方針を固めた。

 捜査関係者によると、ビズ社は2007年から約2年間で、約2万6千人の会員から約100億円を集めたとされ、強引な勧誘などに関する苦情が全国の消費者相談窓口に殺到していた。

 捜索の対象は、ビズ社の関係先のほか、仮想空間の開発を手がけた「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)など十数カ所。

 県警や関係者によると、ビズ社は東京、大阪、広島など全国各地で、3次元の仮想空間「エクシングワールド」事業の説明会を開催。日本中の街を再現すると称し、分譲する仮想の「土地」を先行取得すれば、転売や賃貸で必ず高収入が得られると勧誘。新規会員を獲得すればボーナスを支払うとも説明する一方、仮想空間を利用する条件としてパソコン用や携帯電話用の「ビジネスキット」を約30万~40万円で販売していた。

 捜査関係者によると、ビズ社は勧誘の際、「大手自動車メーカーが参加。航空会社が協賛」などと企業名を挙げていたが、参加や協賛の実態はなかった。また、仮想空間を利用するには高性能パソコンが必要なのに、当時普及していた基本ソフト(OS)で動くと告げていたという。

 仮想空間は昨年6月に一部の会員限定で公開。同10月には名称を変えて一般公開されたが、いずれも東京の銀座や新宿、大阪・ミナミなどごく一部の都市だけで、「土地」取引に必要な機能も備えていなかった。

消費者庁は昨年11月、ビズ社に特定商取引法に基づいて6カ月(今月27日まで)の業務停止命令を出し、フレパー社など2社の社名も「関連事業者」として公表した。今年4月には大阪市の会員ら17人が、「仮想空間の開発は不可能だったのに多額の入会費を払わされた」として、3社と各代表取締役を相手に計約700万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴。国民生活センターと全国の消費者窓口には25日までに、ビズ社の事業について1719件の相談が寄せられている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

遊技会社員からも席入手…観戦の暴力団幹部ら(27日)

 大相撲名古屋場所で暴力団幹部らが維持員席で観戦していた問題で、暴力団幹部らは、木瀬親方(40)(元前頭・肥後ノ海)らがかかわった以外にも、暴力団と親交のある遊技会社員を通じて席を確保していたことが、26日、愛知県警への取材でわかった。

 確保していたチケット(整理券)は計6席分。県警は、山口組弘道会が二つのルートを使ってチケット入手を図っていたとみている。

 捜査関係者によると、木瀬親方は、2席の入手にかかわっていた。依頼したのは、名古屋市内の50歳代の自称コンサルタント業男性で、チケットは、この男性を通じて暴力団側に流れた。

 この2席のチケットは、当初、木瀬親方に頼まれた清見潟親方(64)(元前頭・大竜川)が、顔見知りの案内所で購入、木瀬親方に渡していた。3年ほど前から、木瀬親方が、直接、案内所から購入するようになり、清見潟親方はかかわらなくなったという。

 一方、親方がかかわっていない残りの4席は、同市内の遊技会社の男性社員から、暴力団側に流れていた。男性社員は、維持員ではないが、顔が利く案内所からチケットを求め、昨年夏の名古屋場所でも木瀬親方とともに、チケットの入手役を務めていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

相撲協会:木瀬親方の降格検討 清見潟親方も処分へ(27日)

昨年7月の大相撲名古屋場所(愛知県体育館)中に山口組系暴力団の複数の幹部が土俵下の溜席(たまりせき)にある「維持員席」で観戦していた問題で、日本相撲協会は27日の理事会で、入場整理券の手配にかかわった木瀬部屋の木瀬親方(40)=元前頭・肥後ノ海▽三保ケ関部屋の清見潟親方(64)=元前頭・大竜川=の処分を決める。協会は、木瀬親方について、委員から年寄への2階級降格を検討。清見潟親方は関与の度合いが低いとして、木瀬親方より軽い処分になる見通し。

 木瀬親方は26日、報道陣の電話取材に応じ、「十数年の付き合いのある普通の経営コンサルタントに4、5年前に頼まれた。そのようなところ(暴力団)に回るとは思わなかった」と意図的な関与を否定した。

 維持員席は本来、一定額以上の寄付をした個人や法人、後援団体に割り当てられるため、売買の対象にはならない。木瀬親方は、清見潟親方を通じて観客の案内などを行う「相撲茶屋」から入手したと説明。「(コンサルタント会社の)社長からお金を受け取って、お茶屋さんに持っていったり、清見潟親方に渡した。直接渡したけど、言われた値段で渡しただけ」と金銭の授受を認めた。

 一方、日本相撲協会の生活指導部副部長(危機管理担当)の八角親方(元横綱・北勝海)は26日、文部科学省を訪問し、問題の経過や協会の対応などを報告した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100527k0000m050122000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

重要文化財の掛川城御殿に彫り傷跡 静岡県警捜査(27日)

26日午前8時40分ごろ、掛川城(掛川市掛川)内の国・重要文化財である「掛川城御殿」の南側入り口で、式台(床板)に彫刻刀で彫ったような約20カ所の傷が発見された。通報を受けた静岡県警掛川署が建造物損壊事件として捜査している。

関連記事

記事本文の続き 同署の調べによると、式台は入り口から階段に入る際、靴を脱いで上がる幅約5・7メートル、奥行き約2メートル、高さ約15センチの木製の台。その表面に最大で、幅約1センチ、長さ約10センチ、深さ8ミリの傷がつけられていた。

 同署や掛川市によると、閉館してから警備員がいなくなった25日午後10時から、開館前に清掃業者が傷を発見した26日午前8時40分まで間に何者かが城内に侵入して傷をつけたとみられる。

 御殿は江戸時代末の1861年に再建された貴重な建物。保存修復をへて昭和55年に国の重要文化財に指定され、現在は一般に公開されている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ファンドで運用」実態はヤミ金へ? 岡本ホテル家宅捜索(27日)

 静岡県熱海市の老舗旅館「岡本ホテル」などを舞台に、元本保証をうたって約200億円を不正集金した出資法違反事件で、ホテル運営「岡本ホテルシステムズ」(東京都中央区)と会員制クラブ運営「オー・エム・シー」(同)が入会者勧誘の際、「預託金はファンドで運用するので安心」と説明していたことが26日、入会者の証言で分かった。一方、捜査関係者によると、預託金の一部の数億円が使途不明になっており、暴力団が関係するヤミ金業者に流れた疑いがあるという。

 警視庁と兵庫県警などの合同捜査本部は同日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、両社やホテルなど関係先約90カ所を家宅捜索。捜査本部は勧誘時の説明と運用実態が異なるとみて、押収資料の分析を進める。

 両社は平成17年4月以降、会員制温泉クラブ「岡本倶楽部」への入会を勧誘する際、100万~1千万円の預託額の元本保証を約束し、グループのホテルに宿泊できるポイント券を交付。「宿泊に使用しない場合は60~75%で買い取る」と宣伝し、5千人超から計約200億円の預託金を違法に集金したとされる。

 捜索容疑はオ社が19年以降、数人から数億円を不正に集めたとしている。捜査本部は当初から、元本保証が確約できるシステムではなかったとみている。

 岡本倶楽部は岡本ホテルシステムズ社が17年4月に運営を開始。18年10月に関連会社のオ社へ運営を移管していた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100527/crm1005270101004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月26日 | トップページ | 2010年5月28日 »