« 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月24日 »

2010年5月23日

2010年5月23日 (日)

琴光喜、真偽に言及せず…野球賭博報道(23日)

琴光喜は23日の大相撲夏場所終了後、東京都江東区のホテルで開かれた佐渡ヶ嶽部屋の祝賀会に出席。

 午後8時過ぎ、ホテルに集まった報道陣の前に自ら姿を見せ、「色々とご心配をおかけして、申し訳ありません。これ以上、お話しすることはありません」と述べ、週刊新潮の報道内容の真偽については言及しなかった。

 祝賀会には横綱審議委員会の鶴田卓彦委員長も出席しており、「琴光喜や師匠とも(会場で)話をしたが、2人とも『何もなかった』と言っていた」と話した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

現場に残った数千万円…絞り込めない犯人像 板橋の資産家夫婦殺害事件1年(23日)

東京都板橋区の不動産賃貸業、瀬田英一さん=当時(74)=夫婦が自宅で殺害・放火された事件は25日で発生から丸1年となる。現場には数千万円が残され「顔見知りの怨恨」との見方もあったが、「(瀬田さん宅への)強盗に誘われた」と話す暴力団関係者もおり「流しの金目当て」の可能性も浮上。警視庁板橋署捜査本部はこれまでに延べ1万4千人の捜査員を投入したが、犯人像は絞り込めていない。

関連記事

記事本文の続き ▼分かれる見立て

 瀬田さんと妻の千枝子さん=同(69)=は自宅周辺に少なくとも7500平方メートルの土地を所有する資産家だった。「金融機関は信用できない」が口癖で多額の現金を自宅で保管。事件後の自宅からは数千万円がみつかっている。

 瀬田さんは用心深い性格だったといい、正門を施錠し外部からの侵入には赤外線センサーが作動、人の出入りを知らせる仕組みになっていた。捜査本部は当初、用心深い瀬田さんと会うことができる顔見知りの犯行とみて捜査を進めた。

 だがその後、関西地方の暴力団関係者が「強盗に誘われた」と供述していると、大阪府警から情報が寄せられた。捜査本部でこの暴力団関係者の周辺捜査を進めたものの現時点で容疑者には結びついていない。

 さらに、現場には瀬田さんが通っていたとみられる池袋の外国人スナックのライターが落ちていた。外国人グループが瀬田さんの資産情報を把握し襲撃した可能性も浮上している。

 ▼少ない物証

 捜査を難しくさせている大きな要因として、現場が放火されていることが挙げられる。焼け跡から1300点以上の証拠品がみつかったが、焼損や消火活動で容疑者を特定する証拠が乏しいという。さらに事件当時は深夜の上に激しい雨で、目撃者も少なかった。

 現在も現場はブルーシートで覆われ、家主を失った敷地に生える木々は荒れ果てた。近くに住む男性は「また火をつけられないか心配。早く犯人が逮捕されてほしい」と祈った。

 捜査本部は23日、現場近くの駅などで情報提供を呼びかけるチラシを配布。捜査幹部は「資産家だからといって、殺される理由にはならない。2人の方が無残に殺されたのは絶対に許せない」と解決を誓った。

 ■板橋資産家夫婦殺人放火事件  平成21年5月25日午前0時半ごろ、東京都板橋区弥生町の不動産賃貸業、瀬田英一さんと妻の千枝子さんが、自宅で頭を鈍器のようなもので複数回殴られた上、胸や腹を刃物で刺され殺害、放火された。瀬田さんは地元で多くの不動産を所有する資産家として知られていた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・足立区の路上で倒れていた40歳の男性が死亡 傷害致死事件として捜査(23日)

東京・足立区で23日朝、40歳の男性が倒れているのが見つかり、まもなく死亡した。警視庁は、男性がトラブルに巻き込まれたものとみて捜査している。
23日午前8時半ごろ、足立区竹の塚で、足立区の会社員の男性(40)が倒れているのが見つかった。
男性は病院に搬送されたが、まもなく死亡した。
目立った外傷はないということだが、警視庁によると、発見される数十分前に「言っていることが違うじゃないか」などと、男性2人が言い争っている声が聞こえていたということで、警視庁は、男性がトラブルに巻き込まれたものとみて、傷害致死事件として捜査している。

Logo4_5 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00177816.html

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

チラシ無償で20万枚…亡き子思い捜査協力(23日)

33年前のひき逃げ事件で9歳の娘を失った東京都文京区の印刷会社経営、荻野佳昭さん(71)、泰子さん(68)夫妻が、埼玉県内で昨年9月に起きた男児ひき逃げ事件の捜査に協力するため、現場の地図などが載ったチラシ約20万部を無償で印刷、近く新聞の折り込みなどとして配られる予定だ。

 ひき逃げされたのは、埼玉県熊谷市の市立石原小学校4年小関

)

孝徳君(当時10歳)。昨年9月30日午後6時50分頃、同市内の市道で頭部をひかれて死亡しているのが見つかったが、今も犯人は捕まっていない。

 母子2人暮らしだった母代里子さん(42)は事件以降、犯人逮捕につながればと、同級生の母親らと、現場周辺で通行車両のナンバーをメモして県警に提出したり、目撃者を捜すため県警作成のチラシを配ったりしてきた。

 荻野さん夫妻が報道で代里子さんの活動を知ったのは4月。「気持ちが痛いほど分かる」と代里子さんと連絡を取った。夫妻は1977年11月、都内で長女

公与

(

きみよ

)

さんをひき逃げ事件で失い、協力者と一緒にチラシ配りを続けた。約1か月後、容疑者は逮捕された。

 荻野さん夫妻は代里子さんと会い、チラシの無償印刷を提案。当時の状況を正確に伝えるため、現場に足を運び、代里子さんもチラシの原稿に何度も修正を加えて完成させた。

 「娘の事件は周囲の協力のおかげで解決できた。少しでもその恩返しになれば」と荻野さん。代里子さんは「涙が出るほどありがたい。どんなことでもいいので情報が集まり、解決につながってほしい」と訴えている。

 チラシはA4判の両面印刷。「サッカーの大好きな少年でした」との見出しで、孝徳君の写真も掲載した。読売新聞販売店(YC)も協力し、近く、熊谷市などで配られる新聞に無償で折り込むほか、代里子さんらも戸別配布するという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

:ブロガー掲示板 いよいよ今週

ドラマスペシャル『警視庁取調官落としの金七事件簿』
◆テレビ朝日系番組放送2010529日(土)のよる9
■柳葉敏郎をはじめ演技派俳優が集結!■ 主人公・小山金七を演

201005201351000

じるのは柳葉敏郎。繊細な感情をじんわりと滲み出させる巧みな演技で、幅広い役柄に命を吹き込んできた柳葉。今回も人に対する優しさ、捜査に対する厳しさ、病魔に襲われて揺れる心など、さまざまな金七の感情を的確に表現し、“伝説の刑事”を蘇らせてくれるだろう。そんな柳葉を取り囲むのは石黒賢、中村繁之、大杉漣、岸本加世子、平泉成、甲本雅裕、榎木孝明ら個性と演技力にあふれた俳優陣。彼らが織り成す重厚な世界観は必見だ。

■『相棒』を手がける和泉聖治監督×柳葉敏郎のぜいたくなコラボ■ 本作の監督・和泉聖治氏は、空前の大ヒットシリーズ『相棒』をドラマ版、劇場版ともに手がけるなど、今もっとも勢いのある監督。今回は、そんな和泉監督×演技派・柳葉敏郎という“ぜいたくなコラボ”が実現! これまで映画『さらば愛しのやくざ』(’90)や映画『Morocco 横浜愚連隊物語』シリーズ(’96)などでタッグを組んだことのある2人。14年ぶりの再タッグで、新たな化学反応が生まれる!?

■フィクションでは不可能! 迫真に満ちた描写の数々■ 小山刑事とコンビを組んでいた捜査一課OBの協力を得て、一般に公開されることのない取調室内の様子が事細かに再現されている『落としの金七事件簿』(小野義雄・著)。この優れたノンフィクションをベースに、フィクションの刑事ドラマでは表現できない迫真に満ちた場面を構築していく。なかでも、金七と容疑者たちとの極限状態での心理戦は大きな見どころだ。

http://www.tv-asahi.co.jp/kinshichi/

| コメント (1) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)

オレオレ詐欺が猛威

【治安解説】
212

今年4月、全国の警察が認知したオレオレ詐欺の件数は398件で前月より63件増え、今年最悪の数字だったことが警察庁のまとめで分かった。振り込め詐欺全体では597件で前月より164件減っているが、オレオレ詐欺が増加したことにより全国の警察本部は高齢者宅への訪問など警戒を強めている。

 振り込め詐欺の認知件数が減っているとはいえ被害総額は7億5000万円を超え、小さな自治体の補正予算並の金額となる。うちオレオレ詐欺は5億4729万円もある。

 被害者の性別・年齢別では、女性が全体の86㌫を占め、男性は14㌫だった。なかでも全被害者のうち60歳以上の女性が7割を占めている。

 このため各県警はそれぞれの特性を生かした対策に乗り出しており、警視庁は17日から1カ月間を「振り込め詐欺撲滅月間」として、警察官がお年寄りの家を個別訪問するなどの緊急対策に乗り出している。

 千葉県警市川署は60~70代の女性らを「アドバイザー」に登用し、女性名義で登録されている番号に注意喚起の電話をかける活動を始めているほか、和歌山県警橋本署高野幹部交番では、交番員が管内の全戸を戸別訪問して振り込め詐欺被害の防止を呼びかける啓発活動を始めたという。

 反面、こんな現象も出ている。一時は大流行した還付金詐欺が激減しているのだ。4月に全国警察が認知した件数は7件と今年初めて1桁台に激減している。

 この手口は電話をかけさせる担当窓口として固定電話を利用していることから、警察の捜査の手が入りやすいというリスクに犯人たちが気づいたためと見られる。「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 東京・足立区の路上で男性が死亡。警視庁は傷害事件として捜査しており、首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」にランクを上げることにした。
 

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・春日部市で35歳男性がひき逃げされ死亡 現場から逃げていた45歳男を逮捕(23日)

埼玉・春日部市で22日夜、35歳の男性がひき逃げされ死亡した。警察は、現場から逃げていた45歳の男を23日朝、逮捕した。
自動車運転過失致死などの疑いで逮捕された志田洋幸容疑者(45)は、22日午後10時45分ごろ、春日部市の県道で、事務職員・角 武典さん(35)を車でひき、逃走した疑いが持たれている。
角さんは、およそ3時間後に病院で死亡が確認された。
警察は、現場からおよそ1km先で見つかった車と、現場に落ちていた車の破片が一致したことから、車に乗っていた志田容疑者を23日朝、逮捕した。
志田容疑者は酒に酔っており、調べに対して、「何かにぶつかった」と話しているという。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

資産家夫婦殺害から1年 警視庁が情報提供呼びかけ(23日)

東京・板橋区で資産家の夫婦が殺害されて自宅に放火された事件からまもなく1年がたちます。警視庁は情報の提供を呼びかけています。

 去年5月25日、不動産賃貸業の瀬田英一さん(74)と妻の千枝子さん(69)が殺害され、自宅に放火されました。まもなく1年がたちますが、容疑者は逮捕されていません。
 警視庁捜査一課・若松敏弘課長:「ぜひ、一件でも多くの本件に関する情報を頂ければと思っております」
 警視庁は、現場近くの駅でチラシを配るなどして改めて情報の提供を呼びかけています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200523015.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鶴見川女性殺人・遺棄事件、業務用の特殊な袋使用/横浜(23日)

 横浜市鶴見区鶴見中央の鶴見川で、袋に入った女性の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、袋はクリーニング店や清掃業者などが使う業務用の特殊なものだったことが、目撃者らの証言などで分かった。袋には複数のいかりが付けられていたが、現場付近で5月に入り、釣り船などからいかりが3個盗まれていたことも判明。横浜水上署特別捜査本部は袋の入手先を調べるとともに、盗まれたいかりが遺体を沈めるために使われたとみて捜査している。

 特捜本部などによると、袋(縦80センチ、横40センチ)は紺色で口をひもで閉じるきんちゃく型だった。衣類やシーツなどを入れるのに使われるものとほぼ同型という。袋の表面にある持ち手に、いかりが付けられていたとみられる。

 遺体は今月10日に見つかったが、地元関係者によると、発見現場周辺では5日ごろ、係留されている釣り船の上や川岸から、26~27キロと6~7キロの大小2個のいかりが盗まれていた。別のプレジャーボートからも、水中に沈められた状態だった小型のいかりが盗まれていたという。

 また、いかりの盗難と前後して、夜にヘルメットをかぶった作業着姿の男が現場付近を歩いていたとの目撃情報がある。女性の身元は分かっておらず、特捜本部は腹部にあった胃の摘出手術痕などを基に、特定を急いでいる。

47newslogo1_2 http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005230016/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉県内でひき逃げ事件相次ぐ 2人が死亡(23日)

 22日午後10時40分ごろ、春日部市の県道で、近くに住む団体職員・角武典さん(35)が倒れているのが見つかり、まもなく死亡しました。警察がひき逃げ事件として捜査していたところ、現場近くでフロントガラスなどが壊れた車を見つけました。現場の状況などから、警察は、この車の持ち主で春日部市の会社員・志田洋幸容疑者(45)を自動車運転過失致死などの疑いで逮捕しました。志田容疑者は「何かにぶつかった」と供述しているということです。この1時間あまり前には、さいたま市の交差点でバイクと乗用車が衝突し、バイクの男性(44)が死亡しました。乗用車が逃げていることから、警察はひき逃げ事件として捜査しています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200523010.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で男性倒れ死亡、東京・足立区(23日)

東京・足立区の路上で23日朝、男性が倒れているのがみつかり、病院で死亡が確認されました。警視庁は、事故と事件の両面で調べています。

 23日午前8時すぎ、足立区竹の塚の路上で男性が倒れているのを通行人がみつけ、通報しました。

 男性は心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。男性は年齢40代とみられていて、目立った外傷はないということです。

 警視庁によりますと付近では「争うような声が聞こえた」という証言もあり、事故と事件の両面で調べを進めています。現場は東武鉄道 竹ノ塚駅から240メートルほどの住宅街の一角です。(23日12:02)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4434631.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・久喜市で帰宅途中の女性が後ろから車をぶつけられ、一時車内に監禁される(23日)

埼玉・久喜市で22日夜、帰宅途中の女性が後ろから車をぶつけられ、一時車内に監禁される事件があった。
22日午後10時10分ごろ、久喜市の路上で、歩いて帰宅途中だった女性(24)が、後ろから車をぶつけられ、男に無理やり車内に押し込まれた。
男は、女性にナイフのようなものを突きつけ、「殺すぞ」などと脅したが、女性は抵抗し、自力で逃げ出し、110番通報した。
女性は軽傷だが、持っていたカメラを盗まれたという。
男は40~50歳くらいで、黒っぽい車で逃げたという。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

同級生の決闘に立ち会い、高2男子を逮捕(23日)

栃木県警那珂川署は22日、同県那須郡の県立高校2年の男子生徒(17)を決闘立会の疑いで逮捕した。

 発表によると、男子生徒は4月20日午後5時頃、那須郡の県立高校の校舎内で、男子生徒2人(いずれも16歳)に決闘させて、その場に立ち会った疑い。2人は顔などを殴り合い、10日から2週間のけがをした。

 同署によると、3人は同じ高校の同級生で、逮捕された男子生徒は「立ち会っていない」と容疑を否認しているという。

 決闘罪はあだ討ちなどを禁止するため、1889年に制定された。同署は決闘した2人の男子生徒も決闘容疑で立件する方針。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市城東区で1歳に満たない長女に暴力を振るい、重傷を負わせたとして両親を逮捕(23日)

大阪市城東区で、1歳に満たない長女に暴力を振るい、頭の骨などを折る重傷を負わせたとして、両親が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕されたのは、大阪市城東区の会社員・三浦訓之容疑者(24)と妻・理恵容疑者(24)。
警察によると、2人は2009年8月から12月にかけ、自宅で長女に暴行を加え、肋骨(ろっこつ)や頭などの骨を折る重傷を負わせたとされる。
2009年12月に長女を診察した病院が大阪市に通報して虐待が発覚、市は長女を保護するとともに、両親との面談などを行っていた。
大阪市こども相談センターの市村好弘課長は「(面談の際)訓之容疑者は『よくわからない』と言うし、理恵容疑者は答えてくれない。そういう感じですね」と話した。
両親は警察の調べに対して、「身に覚えがない」、「抱っこをして体を洗っていて落としたことはある」などと容疑を否認しているという。

(05/23 06:43 関西テレビ)http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

Logo4_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カメラ導入や仕切り板の大型化など夜間タクシー防犯に課題/平塚・運転手強盗殺人事件(23日)

 平塚市で起きた強盗殺人事件は、夜間乗務するタクシー運転手の安全を守る難しさをあらためて突き付けた。県内では年間10~30件前後のタクシー強盗事件が起きているが、大半が深夜から未明に発生し、背後から襲われている。県警や業界は、防犯カメラの導入や運転席と後部座席の間に付ける仕切り板を大型化するなどの対策を促しているが、コスト面などから進んでいないのが現状だ。

 殺害された荒井さんが乗っていたタクシーは車外向けドライブレコーダーカメラはあったが、車内用防犯カメラはなく、仕切り板は助手席までカバーする大型ではなかった。また、無線センターに通じる緊急通報装置が使われた形跡はなかったという。

 仕切り板は、県タクシー協会加盟197社の計1万500台のうち9500台が導入済みだが、大型はごく一部。乗客との会話に支障が出るとの懸念があるためだという。防犯カメラ導入車は1600台とさらに少なく、協会は「コスト面から二の足を踏む事業者が多い」としている。

 県警は現状を考慮し、費用のかからないソフト面の対策も助言。料金支払時にはシートベルトを外し、すぐに逃げられるようにと呼び掛けているほか、乗車中に目的地変更を繰り返すような客には特に注意を払うよう求めている。

 県警によると、県内で2009年に起きたタクシー強盗は13件で、うち3件で運転手らが負傷。午後10時以降の事件が9件と大半を占めた。13件のうち5件でタクシーに仕切り板がなく、8件は運転席のみの小さな仕切り板だった。

47newslogo1 http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005220027/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・足立区で少年を守る環境づくりを進めるパレード 舞の海 秀平さんも参加(23日)

都内でも少年の犯罪件数が多い足立区で、少年を守る環境づくりを進めようとパレードが行われ、元力士でスポーツキャスター・舞の海 秀平さんが参加した。
舞の海さんは、「足立区にも幸い相撲部屋が2つあります。もしお手上げだという少年がいたら、(相撲部屋に)ぜひ紹介していただきたい。半年で更正します」と話した。
舞の海さんは講演で、自らの恩師や師匠とのエピソードを交え、「人間形成の時期に、どの師匠とめぐり会うかが大切だ」と話し、続いて行われたパレードで、少年を取り巻く環境の浄化を呼びかけた。
地元の綾瀬警察署が2010年に入って検挙した少年は87人と、都内で3番目に多く、区や警視庁では、落書き消しや少年への声掛けを重点的に行うことで対策を強化するとしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00177782.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金銭目当てか、男と15歳娘を強盗殺人容疑で逮捕 千葉(23日)

 千葉県八街(やちまた)市で、農業中村行夫さん(76)宅が全焼し、焼け跡から中村さんの他殺体が見つかった放火殺人事件で、県警捜査本部は22日、中村さんの高校1年生の孫娘(16)にストーカー行為をしていたとされる近所の土木作業員の男(47)と、男の長女(15)を強盗殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕した、と発表した。男は逮捕直後、容疑について「何も話をするつもりはない」と供述。一方、長女は「私が先に殴り、父が殺した。現金も奪った」などと容疑を認めているという。

 発表によると、2人は今月11日午前6時50分~午後2時半、同市小谷流の中村さん宅で、あらかじめ用意した包丁で中村さんの背中を刺すなどして殺害し、現金十数万円を奪ったうえ、室内に油をまいて放火した疑いが持たれている。

 捜査本部によると、火災後、中村さん宅付近に残された不審な2台の自転車を調べたところ、自転車に残された微物から2人のDNAが検出されたという。その後、捜査本部が長女を任意で取り調べたところ、犯行を認める供述を始めたという。

 また、犯行に使用したとみられる包丁は長女の供述に基づいて千葉市内の川で発見、押収された。

 関係者によると、男は八街市で土木作業員をしていたが、数カ月前からアパートの家賃滞納が続いていたという。ところが、犯行翌日の12日、不動産会社の銀行口座に1カ月分の家賃約5万円が振り込まれたという。捜査本部は、2人が金銭目的で中村さん宅に押し入った可能性が高いとみて動機の解明を急ぐ。

 捜査関係者などによると、長女と中村さんの孫娘は中学校時代、同級生だった。孫娘は4月中旬、男から電話やメールで繰り返し交際を迫るストーカー行為を受けたとして、県警佐倉署に被害相談していた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「飲酒」車提供の女、在宅起訴へ…横浜3人死傷(23日)

横浜市緑区で1月、居酒屋に飲酒運転の軽乗用車が突っ込み男性客3人が死傷した事故で、横浜地検は22日、事故を起こした男に自分の車を運転させ、同乗していた同区の無職女(40)を道交法違反(車両提供)で在宅起訴する方針を固めた。

 飲酒者に車を貸した者への罰則は2007年9月施行の改正道交法に盛り込まれており、この罰則による公判請求は異例という。

 女は、道交法違反(酒気帯び運転同乗、車両提供)容疑で書類送検された。

 捜査関係者によると、地検は当初、略式起訴も検討したが、「極めて重大な事故の原因を作った責任は大きく、在宅のまま起訴すべきだ」と判断した。酒気帯び運転同乗については、車両提供の方が法定刑が重いことも考慮し、起訴を見送るという。

 この事故を巡っては、神奈川県大和市、無職小坂泰男被告(44)が自動車運転過失致死傷罪などで起訴され、4月に横浜地裁で開かれた初公判で起訴事実を認めた。

 検察の冒頭陳述では、女は1月29日夕、熱を出した長男を病院に連れて行くため、女の自宅で飲酒していた小坂被告に自分の軽乗用車の運転を依頼。小坂被告は2人を降ろし、病院近くの駐車場に駐車する際、アクセルとブレーキを踏み間違えて約50メートル先の居酒屋に突っ込み、男性客1人を死亡、2人に重軽傷を負わせた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー強盗:銀行の2副支店長を逮捕 兵庫県警(23日)

タクシー運転手を殴り代金を支払わずに逃げたとして、兵庫県警芦屋署は22日、シティバンク銀行大阪駅前支店副支店長、三上展弘容疑者(36)=兵庫県芦屋市翠ケ丘町=と、同銀行心斎橋支店副支店長、片岡雅人容疑者(35)=同県西宮市苦楽園四番町=を強盗致傷容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前1時半ごろ、芦屋市翠ケ丘町に停車中のタクシー内で、男性運転手(39)を殴り、料金6770円の支払いを免れた、としている。運転手は顔などに2週間のけが。同署によると、事件から約9時間後の同日午前10時半ごろ、両容疑者が「タクシーでもめた」と同署に来た。「運転手が何度か道を間違え、腹が立って殴った」と容疑を認めており、送別会の帰りで酒に酔っていたという。【加藤美穂子】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100523k0000m040091000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

建設業法違反:虚偽の申請で許可得た元組幹部ら逮捕 愛知(23日)

愛知県警弘道会特別対策室は22日、虚偽の内容の申請で愛知県から建設業の許可を得たとして、山口組弘道会系暴力団元幹部で建設会社「康仁」(名古屋市港区)元社長、山本康仁容疑者(41)ら5人を建設業法違反容疑で逮捕したと発表した。県警は、康仁が公共工事などに参入するため、不正に許可を得ようとしたとみて調べている。山本容疑者は容疑を否認しているという。

 5人の容疑は09年2月、10年以上専任技術者をしている常勤者が社内にいるなどとするうその申請書を県に提出し、一般建設業の許可を得たとされる。県警によると、山本容疑者は社長だった07年4月にも申請を出したが、5月に取り下げた。

 08年11月に社長を交代したが、暴力団系の会社であることを隠す偽装だったと県警は見ている。【秋山信一】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100523k0000m040113000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

琴光喜関から事情聴取 野球賭博に絡み脅される? 警視庁(23日)

大相撲の大関琴光喜関(34)=本名・田宮啓司、佐渡ケ嶽部屋=が、野球賭博へのかかわりを口外しない見返りとして、現金を要求されていた疑いがあることが22日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁組織犯罪対策3課は同日、琴光喜関本人から任意で事情聴取し、事実関係について直接説明を求めた。

 捜査関係者によると、琴光喜関は違法のプロ野球賭博に関与していた疑いがあるとされ、勝ち金を要求したところ、「賭博にかかわっていることをばらされたくなければ、口止め料を払え」という趣旨の脅迫を受けたとされる。

 琴光喜関は報道陣に対し、22日までに野球賭博への関与について「まったく知らない。(脅迫も)まったくない」と全面否定しており、組対3課にも同様の説明をしたとみられる。

 日本相撲協会によると、琴光喜関は愛知県岡崎市出身。幕内優勝1回、殊勲賞2回、敢闘賞4回、技能賞7回で、22日の本場所では勝ち越しを決めたばかり

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100522/crm1005222232028-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ人ら5人を虚偽申請容疑で逮捕、暴力団に関与か 愛知県警(23日)

 愛知県警は22日までに、虚偽の申請書を県に提出し建設業の許可を取得したとして、建設業法違反の疑いで住所不定の無職、山本康仁容疑者(41)と名古屋市千種区唐山町、ドイツ国籍の自営業、ウィルヘルム・ランゲ容疑者(63)ら計5人を逮捕した。

 県警によると、山本容疑者は先月まで、指定暴力団山口組系弘道会幹部として活動。経営していた土木工事会社が弘道会企業と取引していたことも確認され、県警が資金の流れを捜査。5人の関係などを調べている。

 逮捕容疑は昨年2月、山本容疑者が経営していた土木工事会社が愛知県から一般建設業の許可を受ける際、実際には雇っていない知人を常勤の経営管理者などと記載した書類を提出した疑い。

 県警は大規模な工事を受注しやすい資格を得るため虚偽申請したとみている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100522/crm1005222304030-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月24日 »