« 2010年5月16日 | トップページ | 2010年5月18日 »

2010年5月17日

2010年5月17日 (月)

日本列島振り込め詐欺(17日)

東京・豊島区巣鴨で振り込め詐欺撲滅イベント 警視総監や歌手の橋 幸夫さんが参加

Logo4_2

歌手の橋 幸夫さん(66)を特別アドバイザーに招き、再び急増している振り込め詐欺の撲滅を訴えるイベントが17日、東京・豊島区巣鴨で開かれた。
2010年に入ってからの振り込め詐欺の被害額は、2009年の同じ時期に比べ、およそ8,000万円多い7億7,000万円にのぼっていて、警視庁は17日からの1カ月間を「振り込め詐欺撲滅月間」として、さまざまな取り組みを行うことにしている。
豊島区巣鴨で開かれた17日のイベントには、警視総監のほか、特別アドバイザーの橋 幸夫さんが参加し、集まった人たちに振り込め詐欺への注意を呼びかけた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

“サイト架空請求詐取”逮捕

5月17日 19時14分

News_pic1_2

携帯電話のサイトの利用料が支払われていないという架空のメールを大量に送りつけ、連絡してきた女性から現金20万円余りをだまし取ったなどとして男5人が逮捕されました。警視庁は、この振り込め詐欺グループが1億6000万円余りをだまし取ったとみて調べるとともに、同じ組織の8つほどのグループが詐欺を繰り返していたとみて捜査しています。

逮捕されたのは東京・豊島区の無職、高橋大悟容疑者(28)ら男5人です。警視庁などによりますと、高橋容疑者らは、おととし12月、大阪の27歳の女性に「携帯電話サイトの未払いの料金がある」という架空のメールを送りつけ、「エクスパック」と呼ばれる小包で現金22万円余りを都内の私設私書箱に送らせて、だまし取ったとして詐欺などの疑いが持たれています。調べに対し、高橋容疑者ら3人は容疑を認めているということです。警視庁によりますと、5人は板橋区のマンションなどを拠点に全国各地の人から1億6000万円余りをだまし取っていたということです。警視庁は、ことし1月にも2つの振り込め詐欺グループを摘発しましたが、今回のグループを含む8つほどのグループを取りまとめる「本部」と呼ばれる組織が携帯電話のサイトを運営して会員を集めていたということです。警視庁は、組織全体であわせて数億円をだまし取っていたとみて捜査しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100517/k10014495001000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

処分した「放置車両」、実は盗難車…兵庫県警ミス(17日)

兵庫県警姫路署員がパチンコ店駐車場にあった盗難車を放置車両と間違えたため、車がスクラップ処分されたことがわかった。

 県警はミスを認め、50歳代の巡査部長と40歳代の巡査長を本部長注意処分とし、県は今月、所有者の岡山県内の会社員男性に約135万円を支払って示談した。

 県警幹部によると、巡査部長は2008年12月4日、姫路市内のパチンコ店から「放置車両がある」と通報を受け、現場で同署に車両照会を依頼。車は前日、盗難届が出ていたが、署内で端末を見た巡査長が「盗難手配あり」の表示を見落とし、巡査部長も所有者が判明したのに男性へ連絡しなかったという。

 車はその後も放置。09年8月、同店から相談された同署の交番相談員も、所有者への確認を求めないまま「張り紙をして2週間以内に所有者が現れない場合、処分して」と指示し、車は解体処理された。同年10月、エンジンが輸出される際、神戸税関が盗難品と気付いて発覚した。交番相談員は非常勤の嘱託職員で処分の対象外という。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハイエース盗事件・窃盗幇助で貿易会社社長らを逮捕(17日)

トヨタのワゴン車「ハイエース」を解体した部品が海外に輸出された事件で、兵庫県警は17日、ナイジェリア人らが盗むのを知りながら輸出手続きを引き受けたとして、窃盗幇助(ほうじよ)容疑で、貿易代行業「三信貿易運輸」(大阪市西区)社長、藤原浩士(58)=同県明石市魚住町=と同社業務課長、今吉清美(57)=大阪市住吉区=の両容疑者を逮捕した。容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年6月、ナイジェリア国籍で同県姫路市の自動車解体業、オカフォ・ジェラード・サニー被告(40)=公判中=ら4人がハイエース4台を盗み、解体して部品を輸出するのを知りながら、積載するコンテナを手配を引き受け、犯行を手伝ったとしている。

 県警は17日、事務所などを捜索し、関係書類やパソコンなどを押収した。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日単位・レベル)

動物愛に感動

【治安解説】
212

静岡市葵区のコンビニエンスストアで今月、ごみ箱に子猫3匹が捨てられているのが見つかった。昨年4月にも、同じごみ箱の中に子猫3匹が捨てられ、2匹が発見直後、衰弱死したという=中日新聞電子版

 同店の店長は、捨てられた子猫を自宅に引き取ってミルクを与え、体力は回復。「子猫をもらってほしい」と店内に掲示すると、客の中からもらい手が現れた。2匹はすでに引き取られ、残る1匹もまもなく引き渡されるという。

 児童虐待があまりにも目立つ世の中で、こんな素晴らしい話題があるとはまだ、世の中、捨てたものではないですね。

 これだけではない、毎年屋根裏で生まれるフクロウのヒナを大きくなるまで育て、山に返し続けている広島県神石高原町の見永(みなが)豊子さん(79)の“子育て”が、今年で20年目を迎えたという=朝日新聞電子版

 これまでに見永さんが育てたヒナは51羽。広島市の安佐動物公園によると「20年続いていることから親は代替わりしているはず。フクロウにとってよほど居心地がいい最適な場所なのだろう」。見永さんは「フクロウのおかげで今でも元気でいられてます。ありがたいありがたい」と話している。

 ところで、将棋の元名人、加藤一二三九段=東京都三鷹市=が、自宅の集合住宅で野良猫に餌をやり続けたため悪臭などの苦痛を受けたとして、近隣住民らが餌やりの中止や慰謝料を求めた裁判で、東京地裁立川支部は、原告住民側の訴えを認める判決を下した。

 これは、残念ながら、非常に難しい問題で、民法718条第1項で言う、加藤さんが「猫の占有者」にあたるか否かでしょう。猫の占有者なら他人に対する責任をとらなければならない。しかし、相手が野良猫であるなら責任はないのですが、餌やりを続ける行為で、他人の受忍限度を超えれば、違法であり、民法709条で損害賠償を認めた判例があります。

 加藤さんには不利ですね。どうしても助けたいと言うのであれば、コンビニ店長のように自ら飼うことです。何が悪いのかと言えば、野良猫を排出した人間でしょう。

 首都東京の体感治安は静かですねぇ「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

金七の刑事人生がテレビドラマに(テレビ朝日のドラマスペシャル)柳葉敏郎が主演 5月29日(土)放映予定

201004201306000_3

金七を主人公にした、テレビ朝日系列のドラマスペシャルが、5月29日(土)に放映されます。怒鳴らない、威嚇しない、怒る時は目で怒るという金七の取り調べの妙味がテレビ映像で再現されます。金七役は柳葉敏郎、妻のしげ子は岸本加世子が演じます。
 捜査一課最後のデカと言われた金七の人情味も描いた刑事物ノンフィクション。お楽しみください。http://www.sankei-books.co.jp/books/title/9784819111010.html 

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【不審者】
公然わいせつ/板橋区 常盤台2丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:
○詳細:0:20頃、20歳代の男による。170cm位、中肉、白色っぽいTシャツ、紺色っぽいハーフパンツ。
○投稿日時2010-05-17 09:26:32
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10051709260001
【不審者】公然わいせつ/世田谷区 松原5丁目の駐車場内
○発生日時:本日深夜
○被害者:
○詳細:01:50頃、会社員風の男による。170cm位、黒色っぽい背広、黒色っぽいズボン、徒歩。
○投稿日時2010-05-15 12:02:31
【不審者】公然わいせつ/墨田区 緑2丁目の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:
○詳細:18:50頃、30歳代の男による。短髪、白っぽいワイシャツ、青っぽいジーパン、会社員風、自転車利用。
○投稿日時2010-05-12 22:06:39
【不審者】痴漢/八王子市 南大沢2丁目の公園内
○発生日時:本日午後
○被害者:女性
○詳細:19:20頃、男に体を触られた。犯人は若い感じ、170cm位、短髪、青色っぽいYシャツ、紺色っぽいジーパン、シルバー色自転車利用。
○投稿日時2010-05-10 22:09:11
【不審者】痴漢/葛飾区 亀有3丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:女性
○詳細:13時頃、男に体を触られた。犯人は、20歳代、160cm位、中肉、黒色っぽいズボン、帽子、徒歩。
○投稿日時2010-05-09 08:44:45
注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

法相 検察と警察の連携で訓示(17日)

足利事件の反省から、警察との連携を強化するため全国の検察庁に配置された検事を集めた初めての会議が開かれ、千葉法務大臣は「足利事件のような事態は二度とあってはならないことで、事件の真相を適切かつ迅速に解明してほしい」と訓示しました。

足利事件の捜査をめぐって検察庁は、菅家利和さんを逮捕する直前に、事件を担当する検事が決められ、捜査状況を的確に判断する余裕がなかったことを問題点の1つにあげ、法務省は再発防止策として、先月、警察が捜査本部を設置した重大な凶悪事件を発生直後から担当する検事を全国の検察庁に新たに配置しています。17日、東京・霞ヶ関で開かれた会議には新たに担当になった検事などおよそ130人が出席し、千葉法務大臣が「足利事件のような事態は二度とあってはならないことで、事件の真相を適切かつ迅速に解明し、検察への国民の信頼に応えてほしい」と訓示しました。

 この担当の検事は、事件の発生直後に現場で警察の捜査に立ち会うほか、関係者の供述や証拠品の価値などについてアドバイスを行うなど犯人を絞り込む段階から警察と密接に連携することになっていて、検察庁はこの対策でえん罪の防止や捜査力の強化につなげたいとしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100517/k10014487061000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神栖市の「すき家」に強盗、被害32万円(17日)

17日未明、茨城県神栖市の牛丼店に刃物を持った男が押し入り、売上金などおよそ32万円を奪って逃走しました。警察は強盗事件として捜査しています。

 17日午前4時頃、神栖市波崎の牛丼店「すき家」に男が押し入り、持っていた果物ナイフのようなものを店員の男性に突きつけ、「金出せ」と脅しました。

 男は店員にレジと金庫を開けさせ、売上金などおよそ32万円を奪って逃走しました。

 警察によりますと男は20代とみられ、身長170センチから180センチほど、茶色のニット帽にサングラスとバンダナのようなもので顔を隠し、茶色のトレーナーとベージュ色のズボン姿だったということです。

 警察は強盗事件として、逃げた男の行方を追っています。(17日15:03)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4429566.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

30億円横領容疑 元会計士逮捕 警視庁(17日)

資産運用のための特別目的会社から預かった現金約30億円を着服したとして、警視庁は17日、元公認会計士で経営コンサルタント会社「エフコンサルティング」(破産手続き中)元社長二又正行容疑者(35)=東京都港区六本木7丁目=を業務上横領容疑で逮捕し、発表した。

 捜査2課によると、二又容疑者は今年1月、不動産投資顧問会社「シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ」(東京都千代田区)が設立した特別目的会社4社から預かった預金通帳と印鑑を勝手に使い、13回にわたり口座から計約30億2千万円を引き出し、着服した疑いがある。

 二又容疑者は特別目的会社から会計帳簿や議事録の作成などを委託されていた。二又容疑者は引き出した現金を外国為替証拠金取引(FX)につぎ込み、最終的にほぼ全額を失ったという。

 捜査2課は、二又容疑者が別の取引で多額の損失を抱えたため、FXで利益を上げて穴埋めしようとしたとみている。

 シンプレクス側が資金が勝手に移動されていることに気づき、今年2月に警視庁に告発。実質的に被害を受けた投資家には、同社が被害分を弁済したという。二又容疑者は4月、公認会計士の登録を抹消された。

 シンプレクス社のグループは、投資家らから集めた資金を運用するほか、不動産開発などを手がけている。

 二又容疑者は2002年にエフ社を設立。同社は会計帳簿作成の代行や投資の助言などを行っていたが、今年3月に自己破産手続きが東京地裁で始まっている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小2女児、路上で刺され重傷 殺人未遂容疑で女逮捕(17日)

 17日午後2時半ごろ、大阪市東住吉区今川8丁目の路上で、「女の子が首を切られている」と通行人の男性から119番通報があった。東住吉署によると、近くに住む小学2年の女児が、30代の女に刺されて重傷を負った。意識はあるという。同署は女を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、詳しい事情を聴いている。

 近くの工場で働く男性は、女児が路上に倒れ、そばに女が立ちつくしているのを目撃したという。「お前がやったのか」と尋ねると、うなずいたため、110番通報するとともに、別の人に119番通報を頼んだ。警察官が駆けつけ、女を引き渡した。男性は「女児のことはよく知っていた。苦しそうで、かわいそうだった。救急車が来るまでやきもきした」と話した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

三社祭でスリ「体力衰え、雑踏転向」の70歳(17日)

 東京・浅草の三社祭(14~16日)の見物客から財布を盗んだなどとして、警視庁は17日、東京都台東区日本堤2、無職三戸康司容疑者(70)ら男女計3人を窃盗や窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕したと発表した。逮捕は15、16日。主催者発表によると、三社祭は3日間で昨年より約17万人多い約162万人の人出を記録。同庁はスリが多発する恐れがあるとみて警戒を強めていた。

 発表によると、三戸容疑者は15日午後1時20分頃、同区の浅草寺境内で、

神輿

(

みこし

)

を見学していた男性(61)のズボンの尻ポケットから現金8000円入りの財布を盗んだ疑い。

 他の2人は財布を盗もうとした瞬間を捜査員に見つかり、窃盗未遂容疑で現行犯逮捕された。

 三戸容疑者は約50年前から電車内でのスリを専門にしており、同庁の捜査員の間では名を知られた存在だったという。調べに対し、「最近は体力の衰えから、雑踏でのスリに切り替えていた」と供述しているという。(2010年5月17日15時37分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人:庭先で腹刺され70歳男性が死亡 岩手(17日)

 17日午前5時15分ごろ、岩手県奥州市水沢区真城の無職、佐藤諭(さとし)さん(70)が自宅庭先で腹部から血を流し、あおむけに倒れて死んでいるのを妻(64)が見つけた。佐藤さんの腹部に刃物で刺されたような傷が数カ所あり、県警は殺人事件とみて捜査を始めた。

 県警捜査1課によると、佐藤さんは16日夕から外出し帰宅しなかった。午後7時半ごろ、近所の人が佐藤さんの家の方で叫ぶような声を聞いていた。凶器は見つかっていない。佐藤さんは妻と2人暮らしという。

 現場はJR陸中折居駅北西約1.5キロの住宅地。【宮崎隆】

毎日新聞 2010年5月17日 10時59分(最終更新 5月17日 13時08分)

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100517k0000e040021000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不法投棄:容疑で6人逮捕 田畑に産廃3万トン 愛知(17日)

愛知県美浜町の田畑などに建築廃材を不法投棄したとして、県警生活経済課と緑署などは17日、同県常滑市神明町、産業廃棄物中間処理・収集運搬会社社長、林王奎(おうけい)容疑者(62)ら計6人を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕した。県警は、計約8000平方メートルに約3万トンを不法投棄し、正規の処理費用数億円を免れたとみて調べている。ほかに逮捕された5人は、同社役員や元従業員の男。

 容疑は、4月7日と21日、美浜町の田畑に木くずや廃プラスチックなど計33トンを埋めたとしている。県警の調べでは、不法投棄が始まったのは08年3月。地権者に「無料で土地をかさ上げしてあげる」と説明をしていたらしい。【中村かさね】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100517k0000e040067000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

町職員、妻に絞殺される 奈良・香芝(17日)

17日午前5時35分ごろ、奈良県香芝市平野、奈良県河合町職員、芳倉政輝さん方(52)で、「父と母がけんかし、2階で父が死んでいる」と長女(28)から110番があった。

 駆けつけた香芝署員が、2階の寝室のベッド横で、首にタオルを巻き付けられて死亡している芳倉さんを発見。近くにいた妻の美鈴容疑者(51)が「私が殺した」と容疑を認めたため、殺人容疑で美鈴容疑者を現行犯逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 美鈴容疑者は署員が現場に到着した当時、睡眠薬を飲んでおり、病院で治療を受けたが命に別条はないという。

 逮捕容疑は同日午前1時~午前5時半までの間、自宅で芳倉さんの首を絞め、殺害したとされる。

 同署によると、芳倉さんは美鈴容疑者、ともに会社員の長女と次女(24)の4人暮らし。

 近所に住む50代の女性は「芳倉さんはおとなしそうな感じの人。奥さん(美鈴容疑者)はガーデニングが趣味で、夫婦2人で買い物に行くなど仲が良さそうだったのに」と驚いていた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石川議員の聴取始まる 都内のホテルで(17日)

 民主党小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が17日午後、元会計事務担当で衆院議員、石川知裕被告(36)=同罪違反で起訴=から任意で事情聴取を始めたことが関係者への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き 検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことを受けた再捜査の一環。石川被告の再聴取は都内のホテルで午後1時ごろから行われているとみられる。

 特捜部は、政治資金収支報告書の記載内容をめぐる小沢氏とのやりとりを中心に聴き、小沢氏の虚偽記載への積極的関与などを改めて確認しているとみられる。小沢氏と石川被告らとの共謀が立証できるか否かを判断する。

 検審は4月27日の議決で、石川被告や元会計事務担当で元私設秘書、池田光智被告(32)が「収支報告書を提出する前に小沢氏に報告し、了承を得た」などと供述したことを重視。この供述を「直接証拠」と評価し、小沢氏と元秘書3人の共謀が成立すると認定した。

 これに対し、小沢氏は1月に行われた聴取で「記載内容について報告を受けたことはない」などと主張。今月15日に行われた3回目の聴取でも、虚偽記載の関与を全面否認した。

 特捜部は今後、池田被告や元会計責任者で元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)からも再聴取し、月内にも改めて小沢氏の刑事処分を決めるとみられる。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

空から事件を発見・通報! 北海道警、スカイスポーツ団体と協定(17日)

北海道警滝川署滝川市の地元スカイスポーツ団体などは17日、グライダー軽飛行機で飛行中に事件・事故をキャッチした場合、無線で通報する「スカイパトロール協定」を結んだ。同署によると、こうした取り組みは全国で初めてという。

 パトロールには、滝川市の滑空場「たきかわスカイパーク」に常駐している約30機のグライダー軽飛行機が参加。フライト中にパイロットがごみの不法投棄や、がけ崩れ、林野火災などを発見した場合に滝川署へ通報。また同署からの情報を基に、行方不明者の捜索や、不審車両の発見の手助けなどをする。

 たきかわスカイパークでは4~11月、愛好家のフライトや観光客らの体験飛行が行われるなどスカイスポーツが盛んだ。協定には、滝川署と滝川スカイスポーツ振興協会のほか、滝川市、隣接の新十津川町が参加した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100517/crm1005171459021-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

包丁強盗の女は70代? 札幌・白石のコンビニで10万円奪い逃走(17日)

16日午後10時50分ごろ、札幌市白石区栄通20、コンビニエンスストア「セイコーマートつかさ店」に女が押し入り、レジカウンター内の20代の男性店員に包丁を見せて「金を全部渡せ」と脅し、店員が差し出した現金約10万円を奪い、徒歩で逃走した。店員にけがはなかった。札幌白石署は強盗事件とみて捜査している。

 同署によると、女は70代半ばくらいで、身長約155センチのやせ形、黒色のサングラスをかけ、持っていたエコバッグの中から包丁を取りだした。店員は「驚いて追いかけられなかった」と話しているという。

47newslogo1_2 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/231726.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通トラブル、傷害容疑で会社役員逮捕(17日)

 16日夜、東京・新宿区で、タクシーを停めたまま乗客の女性と話をしていた36歳の男性が、後続の乗用車の男にクラクションを鳴らされました。

 男性が腹を立てて窓の外から男につかみかかると、車はそのまま発進し、男性は転んで頭に重傷を負ったということです。

 警視庁は、車を運転していた63歳の会社役員を傷害の疑いで現行犯逮捕していますが、「文句を言われ怖くなった」と供述しているということです。(17日03:17)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4429340.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽装結婚 ビザ切れ直前届け出  (17日)

甲府市内のフィリピンパブの女従業員の偽装結婚に関与したとして、山梨県職員の河野正紀容疑者(45)=同市高畑1丁目=が逮捕された事件で、偽装結婚したとされる時期が、同従業員のビザが切れる直前だったことが15日、県警の合同捜査班への取材で分かった。捜査関係者や飲食店関係者によると、河野容疑者とパブを経営するフィリピン人女性は親しい間柄で、河野容疑者が店の経営に積極的に関与していた。合同捜査班は、長期滞在させて従業員を確保する手段として偽装結婚を計画した可能性があるとみている。
 合同捜査班によると、河野容疑者同様、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕されたフィリピン国籍の同従業員、ムラナカ・ノーレン・フェルナンデス容疑者(22)=同市中央1丁目=は2008年11月3日、短期ビザ(90日)で入国。河野容疑者が経営に関与していたパブの従業員として働いていた。逮捕容疑となった同市の男(29)との偽装結婚の届け出は09年1月16日で、滞在期限が約2週間後に迫っていた。
 捜査関係者や飲食店関係者によると、河野容疑者はパブを経営するフィリピン人女性と数年前から親しかった。パブの出店時には河野容疑者が連帯保証人になったほか、ビル管理会社との入居交渉に当たった。開店後は頻繁に出入りするなど、飲食店関係者は「実質的な経営者」と認識していた。
 合同捜査班は、偽装結婚容疑について、ムラナカ容疑者のビザが切れるため、帰国せずに済む方法として考え、男を仲介した可能性があるとみている。ただ河野容疑者は調べに対し、2人を引き合わせたことは認めているが、「好きな者同士の結婚なので、何ら問題はない」と容疑を否認しているという。
 ムラナカ容疑者も「偽装ではない」と否認しているという。一方、ムラナカ容疑者と結婚した男は調べに対し、偽装だったことを全面的に認めていて、合同捜査班は近く同容疑で書類送検する方針。
 河野容疑者の弁護人によると、結婚相手の男はパブの元従業員だった。河野容疑者は2人が結婚すると聞き、入管の入籍手続きなどで協力はしていたという。
 河野容疑者は接見で、「2人は実際に夫婦生活を送っていた」と主張。「2人は入籍後はしばらく一緒に暮らしていたが、事情があって別居した。別居後の昨年11月には、子どもが生まれている」とも説明している。
 一方、合同捜査班は15日、河野容疑者とムラナカ容疑者を送検し、本格的な調べに入った。また関係先を捜索中、フィリピン国籍、昭和町清水新居、無職マリサ・ルル・デ・ラ・ロサ容疑者(44)を入管難民法違反(旅券不携帯)の疑いで、現行犯逮捕した。

 県警の合同捜査班は15日、河野正紀容疑者が勤務する富士吉田市の県富士工業技術センターを家宅捜索し、河野容疑者の勤務状況を記録した書類などを押収した。一方、横内正明知事は同日、県職員の違法行為などに関する情報についての対応を見直すなど、再発防止策を検討する考えを明らかにした。
 同センターの捜索は約10人体制で、約2時間にわたって実施。センターの職員5人が立ち会う中、管理棟と試験棟の2カ所で河野容疑者の机やロッカーなどを調べた。
 横内知事は甲府市内で記者団に対し、約3年前、県に「河野容疑者が飲食店を経営している」との情報が複数寄せられたことについて「県が何回か事情聴取した際、本人は(疑いを)否定したが、もう少し突っ込めなかったかと思う」とコメント。「(県は)捜査機関ではなく限界はある。当時の対応に甘さがあったとまではいえない」とも述べた。
 再発防止に向け、「県職員の非行に関する情報が寄せられた際、もっとしっかり対応する必要がある」との認識を示した。
 県は河野容疑者の逮捕を受けて14日深夜、記者会見を開いた。佐野芳彦県商工企画課長、大森大一同センター所長らが出席し、「容疑が事実であれば公務員としてあってはならないことで申し訳ない」(佐野課長)と謝罪した。今後捜査の進ちょく状況を見た上で、処分を検討する。
 大森所長らによると、河野容疑者は無断欠勤や早退などはなかったが、ほかの職員より有給休暇を取得する日が多かったという。

47newslogo1 http://www.sannichi.co.jp/local/news/2010/05/16/1.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

資金管理団体土地購入事件 東京地検特捜部、石川知裕被告を任意の事情聴取へ(17日)

民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、小沢幹事長について再捜査している東京地検特捜部は17日、元秘書で衆議院議員の石川知裕被告(36)から任意の事情聴取を行う。
石川被告は「あした(17日)聴取をお受けすることになります。終わったらコメントを出しますので」と話した。
特捜部は、17日に石川被告から聴取を行い、うその記載について小沢幹事長との間でどのようなやり取りがあったのか、あらためて説明を求めるものとみられる。
一方、15日の小沢幹事長の聴取では、小沢幹事長が冒頭、検事から検察審査会の議決を受けて捜査中であることを告げられたほか、うその記載への関与を否定する新たな調書1通に署名したことが関係者の話でわかった。
さらに、検察審査会が議決の中で「絶対的権力者」と指摘した点についても説明を求められたという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪女性遺棄、殺害前に実家うかがう不審な男(17日)

大阪府高槻市の淀川堤防で4月、同府豊能町の宇野津由子さん(36)の遺体がポリ袋に入れられて見つかった事件で、宇野さんが殺害される数日前、大阪市西成区にある宇野さんの実家前で、室内の様子をうかがう不審な男が目撃されていたことがわかった。

 宇野さんはこの頃、養父母と同居する豊能町の自宅を出て一時的に実家に戻っていたといい、府警は宇野さんが何らかのトラブルに巻き込まれ、男が宇野さんを捜していた可能性もあるとみて、男の特定を進めるとともに、事件との関連を調べている。

 近所の住民によると、男が目撃されたのは4月20日頃。夕方、宇野さんの実家をのぞき込んだり、家の前にとめた自転車を調べたりしており、住民が怪しく思い、声を掛けると、男は何も言わずに慌てて立ち去った。

 府警によると、養父母は「4月20日に外出し、同27~28日から連絡がとれなくなった」と説明。司法解剖の結果、宇野さんは同28日頃に殺害されたとみられている。しかし、外出の経緯や、死亡するまでの足取りははっきりしておらず、府警は養父母らから引き続き事情を聞いている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」(17日)

民主党の山岡賢次国対委員長は16日、収支報告書虚偽記入事件で東京地検から3回目の事情聴取を受けた小沢一郎幹事長について「不起訴という結論をもう一度出す。それが司法の専門家の結論になると思う」と東京都内で記者団に述べた。同時に、聴取に関し「新たな疑問が生じたからではない。前回と変わるはずがない」と指摘。「その都度感情的になっては人権も守れなくなる」と強調した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100517k0000m010093000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

62歳女性変死で母逮捕「娘が死にたいと」 枚方(17日)

 大阪府枚方市春日元町の民家で15日夜、62歳の女性が変死した事件で、枚方署は16日、殺人の疑いで、この民家に住む母親の無職、先田チカ容疑者(86)を逮捕した。枚方署によると先田容疑者は当初、「娘が死にたいというので私が殺した」と話していたが、逮捕後は「覚えていない」と供述している。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は15日夕方ごろ、自宅で、長女で病院事務員、栄野園子さん(62)=寝屋川市末広町=の首をさらし布で絞め、殺害したとしている。府警は状況から、自殺や第三者が関与した可能性は低いとみて先田容疑者を逮捕した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

はびこる「麻原彰晃」 逮捕から15年 オウム儀式やめぬ教団 (17日)

 山梨県の旧上九一色村にあったオウム真理教施設「第6サティアン」の隠し部屋で平成7年、現金約1千万円とともに教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(55)がみつかり、逮捕されてから、16日で15年がたった。麻原死刑囚の刑は確定したが、教団元幹部の裁判は最高裁で続き、手配中の元信者もいる。麻原死刑囚を崇(あが)める団体も存続し、公安調査庁は警戒の手を緩めていない。麻原死刑囚と教団は、今…。

 ■拘禁反応?詐病? 「独り言を言い、突然声を出して笑う。常時おむつをして、入浴時も職員が世話している」

 東京地裁は昨年6月、長期の拘束で精神に異常が生じる「拘禁反応」が出ているのに十分な治療をしていないとして、次女らが国などに賠償を求めた訴訟の判決で、麻原死刑囚の状態をこう指摘した。拘禁反応の可能性に含みを残しつつ、検査や診察で異常はないとして、訴えを退けた。「18年6月以来、面会できていない」と話すのは、麻原死刑囚の控訴審を担当した松下明夫弁護士。松下弁護士らは17年、精神科医に意見書作成を依頼。医師は拘置所で麻原死刑囚に問診し、「拘禁反応で意思疎通が図れず、訴訟能力はない」と結論づけていた。

 しかし、先月出版された「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」(徳間書店)の著者で、麻原死刑囚の四女は、19年に面会した印象から、「『父はやっぱり詐病だったんだ』と、はっきり悟った」とつづった。20年6月には、「寒いけど、大丈夫ですか」と尋ねると、麻原死刑囚は「今日、結構寒いね」と応じたという。

 ■逃げる3人 一連の教団による事件では、麻原死刑囚をはじめ、10人の死刑が確定。裁判が続いているのは、いずれも1、2審で死刑判決を受け、上告中の土谷正実(45)、中川智正 (47)、遠藤誠一(49)の3被告となった。

 

続きを読む "はびこる「麻原彰晃」 逮捕から15年 オウム儀式やめぬ教団 (17日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月16日 | トップページ | 2010年5月18日 »