« 6カ月長男虐待 祖母のフォローで事件発覚(13日) | トップページ | 福岡・能古島女性切断遺体事件 警察、両腕が見つかった福岡競艇場や河口付近を捜索(13日) »

2010年4月13日 (火)

文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(13日)

奈良市の奈良公園で3月、ボーガン(洋弓銃)の矢が刺さった状態で見つかった雌ジカが死んだ事件で、奈良県警は12日、30代の飲食店経営の男が関与した疑いが強まったとして、13日にも文化財保護法違反(天然記念物の毀損=きそん)容疑で事情聴取する方針を固めた。

 捜査関係者によると、男は3月12日夜~13日未明、奈良公園内の春日大社の表参道で、シカにボーガンを撃ち、死なせた疑いが持たれている。男が「シカを撃った」と知人に話しているという情報が県警に寄せられ、捜査していた。

 シカを保護した「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、雌ジカは3月15日に死んだことを確認。解剖で妊娠していたことが判明した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100413k0000m040111000c.html

 

« 6カ月長男虐待 祖母のフォローで事件発覚(13日) | トップページ | 福岡・能古島女性切断遺体事件 警察、両腕が見つかった福岡競艇場や河口付近を捜索(13日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(13日):

« 6カ月長男虐待 祖母のフォローで事件発覚(13日) | トップページ | 福岡・能古島女性切断遺体事件 警察、両腕が見つかった福岡競艇場や河口付近を捜索(13日) »