« マッサージ店に4人組強盗 入口と裏口から侵入(28日) | トップページ | 未公開株詐欺事件 被告社長らから4000万円恐喝容疑で逮捕(29日) »

2010年4月28日 (水)

朝日阪神支局襲撃:23年に「疑問答えない」小尻記者遺族(28日)

 87年5月3日に起きた朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)襲撃事件の発生から23年になるのを前に、同社は28日、亡くなった小尻知博記者(当時29歳)の遺族の近況とコメントを発表した。

 広島県呉市に住む両親は、昨年夏から介護サービスを受けるようになり、今年初めて、命日の早朝墓参を取りやめるという。母みよ子さん(78)は「お墓に行けなくなると、夢の中で話をするしかないですね」と話しているという。父信克さん(82)は「私どもの疑問には、まだ何の解答もありません」とつづった。

 殺人罪などの公訴時効を廃止する改正刑事訴訟法の成立に、強い関心を寄せていたという妻裕子さん(50)は「この先、事件のことも主人のことも忘れ去られていくのかもしれないと思うと、不安でたまりません。主人の命を奪った犯人を、なおさら許すことはできません」と訴えている。

 5月3日午前9時~午後7時、朝日新聞阪神支局に記帳・拝礼所が設けられる。【後藤豪】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100429k0000m040082000c.html

 

« マッサージ店に4人組強盗 入口と裏口から侵入(28日) | トップページ | 未公開株詐欺事件 被告社長らから4000万円恐喝容疑で逮捕(29日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48207620

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日阪神支局襲撃:23年に「疑問答えない」小尻記者遺族(28日):

« マッサージ店に4人組強盗 入口と裏口から侵入(28日) | トップページ | 未公開株詐欺事件 被告社長らから4000万円恐喝容疑で逮捕(29日) »