« 偽ブランド品販売で暮らしていた46歳女を逮捕(20日) | トップページ | 他人名義の偽造カードで買い回り  ナイジェリア人3人逮捕(20日) »

2010年4月20日 (火)

【明石歩道橋事故】元副署長を全国初の強制起訴 歴史的瞬間(20日)

 平成13年7月の兵庫県明石市の歩道橋事故で、榊和(かず)晄(あき)元明石署副署長(63)への起訴議決を受け、検察官役を務める指定弁護士は20日、業務上過失致死傷罪で榊元副署長を在宅のまま強制起訴した。検察審査会の議決に強制力を与えた昨年5月の改正検審法施行以降、強制起訴は全国初。起訴権限は事実上、検察官が独占してきたが、市民の司法参加を受けた歴史的な起訴となった。

 榊被告はこれまでの事情聴取で否認を続けているとみられ、指定弁護士は今後引き続き担当する公判で、業過致死傷罪の構成要件となる事故の予見可能性を立証。さらに公訴時効(5年)の経過については、部下だった元地域官(60)=上告中=との共犯が成立するため、刑事訴訟法の規定で時効が停止する、と主張していく。

 強制起訴したのは、神戸地裁から選任された安原浩(66)▽中川勘太(37)▽長谷部信一(31)-の3弁護士。地検から引き継いだ捜査記録の精査に加え、今月15日に榊被告を事情聴取するなど補充捜査を進めていた。

 神戸地検は「当日の警備を元地域官に委ねており、現場の危険性も認識していなかった」として榊被告を4度にわたり不起訴としたが、指定弁護士は「副署長として、自らまたは部下に指示して混雑状況を監視する義務があった」と指摘。

 過失の範囲についても、これまで地検が起訴した被告の場合とは異なり、事故当日の警備の不備だけでなく、警備計画の策定段階にもさかのぼる神戸第2検察審査会の議決内容を踏襲した。

 起訴状によると、榊被告は平成13年7月に明石市で開催された花火大会の際、見物客らの転倒事故発生が予想されたにもかかわらず、適切な措置をとらずに11人を死亡、183人に重軽傷を負わせたとされる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100420/trl1004201117002-n1.htm

 

« 偽ブランド品販売で暮らしていた46歳女を逮捕(20日) | トップページ | 他人名義の偽造カードで買い回り  ナイジェリア人3人逮捕(20日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48135672

この記事へのトラックバック一覧です: 【明石歩道橋事故】元副署長を全国初の強制起訴 歴史的瞬間(20日):

« 偽ブランド品販売で暮らしていた46歳女を逮捕(20日) | トップページ | 他人名義の偽造カードで買い回り  ナイジェリア人3人逮捕(20日) »