カテゴリー

« 「可視化」議連、法案取りまとめ方針を確認(8日) | トップページ | 警察庁の安藤隆春長官、埼京線で導入の車内防犯カメラについて痴漢の抑止策として評価(8日) »

2010年4月 8日 (木)

使い捨てライター:業界団体がCRの義務づけを支持(8日)

使い捨てライターを使った火遊びが原因とみられる火災が相次ぐ中、ライター輸入業者など80社で構成する社団法人日本喫煙具協会(東京都台東区)は8日記者会見し、子供が簡単に使えない機能(チャイルドレジスタンス、CR)を義務づけることを支持すると表明した。

 ライターには複数の着火方式があるが、経済産業相の諮問機関・消費経済審議会の作業班会合では、すべての着火方式を一括して規制すべきだとの意見が強い一方、同協会は最も多く流通し、CRも付けやすいとして、レバーを押し下げて点火する電子式使い捨てライター(直押し式)にまず導入し、他の方式に拡大する方法を主張している。

 この日の会見で(1)直押し式にCRを付けるのは年内にも対応可能(2)他方式のCRは欧米の事業者が特許を押さえていて利用できない--などの理由を挙げた。また、協会加盟社の使い捨てライター流通シェアが約5割にとどまることから、協会が先行して自主的にCRを導入することには難色を示した。

 消費者庁によると、04~08年に全国18政令指定都市でライターの火遊びが原因の火災は1319件あり、うち526件が12歳以下の子供によるものだった。【佐藤浩、山田泰蔵】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/today/news/20100409k0000m040050000c.html

 

« 「可視化」議連、法案取りまとめ方針を確認(8日) | トップページ | 警察庁の安藤隆春長官、埼京線で導入の車内防犯カメラについて痴漢の抑止策として評価(8日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使い捨てライター:業界団体がCRの義務づけを支持(8日):

« 「可視化」議連、法案取りまとめ方針を確認(8日) | トップページ | 警察庁の安藤隆春長官、埼京線で導入の車内防犯カメラについて痴漢の抑止策として評価(8日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ