« 改造マイカー「偽装タクシー」が見破られたきっかけは…(10日) | トップページ | 大阪・寝屋川の女児虐待死:全身に20カ所以上の傷(10日) »

2010年4月10日 (土)

日本列島振り込め詐欺(10日)

振り込め詐欺:学生が予防ソフト開発 やりとりを疑似体験

2010年4月10日 15時2分

Logo_mainichi_s1

 振り込め詐欺の被害をなくすため、ものつくり大学(埼玉県行田市)の学生が、だまされないポイントを、ゲーム形式で学べるパソコン用ソフトを開発した。被害件数ワースト3位の埼玉県警が依頼した。「犯人とのやりとりをゲームで疑似体験すれば免疫力がアップするはず」(同県警)と、14日から同県内の高齢者向け講習会で活用する。【飼手勇介】

 ソフトは、製造技能工芸学科に所属する学生ら9人が4カ月かけて作った。これまでの事件の手口を基に、犯行場面を設定。ソフトを入れたパソコン画面の前に参加者に座ってもらい、複数の選択肢の中から「自分ならこうする」と思う回答を選んでいく。

 1問目は「電話の相手はかすれた声で『もしもし母さん?』と聞いてきました。どう答えますか?」。そこで選択肢の「(1)太郎かい? かぜ? (2)どちら様ですか?」を選ぶが、(1)と答えると「0点」。

 すべて回答して0点だと「完全にひっかかりました」とパソコンから判定される。同県警は、高齢者向けの講習会を自治会ごとなど“草の根”的に各地で開催する計画だ。

◇ 警察庁によると、金融機関での声かけなどの効果で減少傾向にあるが、09年の被害は約96億円。このうち、4割を東京(22億6000万円、1344件)、神奈川(8億1000万円、554件)、埼玉(7億9000万円、510件)が占める。首都圏が狙われる理由について、ある埼玉県警幹部は、なまりや方言が少なく犯人が息子や孫を装いやすい▽地方に比べ親族や地域間の関係が希薄--と分析。ソフト作成に携わった県警幹部は「振り込め詐欺を知っていても、多くの人がいまだに、だまされている。ソフトで繰り返し体験して」と話している。http://mainichi.jp/select/today/news/20100410k0000e040060000c.html

 

« 改造マイカー「偽装タクシー」が見破られたきっかけは…(10日) | トップページ | 大阪・寝屋川の女児虐待死:全身に20カ所以上の傷(10日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(10日):

« 改造マイカー「偽装タクシー」が見破られたきっかけは…(10日) | トップページ | 大阪・寝屋川の女児虐待死:全身に20カ所以上の傷(10日) »