« 東京・練馬でコンビニ強盗、被害3万円(9日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年4月 9日 (金)

覚せい剤密売でイラン人逮捕 客のなかには歯科医も (9日)

東京・渋谷のセンター街で、覚せい剤などの薬物を売っていたとしてイラン人の男が逮捕されました。客のなかには歯科医もいました。

 逮捕された自称・イラン人のアブドラ・ハリッグ容疑者(42)は今年1月、中野区で無職の男性に覚せい剤を売った疑いが持たれています。警視庁によると、アブドラ容疑者は、仲間のイラン人を使って渋谷のセンター街で客に携帯電話の番号を書いた紙を渡し、高円寺駅や中野坂上駅に呼び出して覚せい剤などの薬物の受け渡しをしていました。アブドラ容疑者の自宅からは覚せい剤約130グラムや大麻、コカインなどが押収されているほか、仲間の自宅から現金約1250万円が見つかっています。客のなかには都内の歯科医もいて、すでに逮捕・起訴されています。警視庁は薬物の入手先などの解明を進めています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news4.html?now=20100409160031

 

« 東京・練馬でコンビニ強盗、被害3万円(9日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48039103

この記事へのトラックバック一覧です: 覚せい剤密売でイラン人逮捕 客のなかには歯科医も (9日):

« 東京・練馬でコンビニ強盗、被害3万円(9日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »