« テレ朝:金属入り脅迫文届く(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年4月23日 (金)

「中国側の説明合理的」 福島毒ギョーザは「?」(23日)

 中国製ギョーザによる薬物中毒事件で、日中の捜査当局による情報交換会議が終わり、警察庁は「中国側の説明は合理的だった」と評価しました。

 警察庁によると、中国側は呂月庭容疑者(36)を逮捕した経緯のほか、メタミドホスの入手ルートや注射器の発見状況などについて詳しく説明しました。中国側は呂容疑者が千葉県と兵庫県の事件に関与したとみていて、日本側に捜査協力を要請しました。袋に穴がないのにメタミドホスが検出された千葉県の事件については、今後、呂容疑者の供述と照らし合わせながら日中でさらに捜査する方針です。しかし、福島県でジクロルボスが検出された事件については、中国側は、呂容疑者の関与の可能性は低いとの見方を示したということです。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200423000.html

 

« テレ朝:金属入り脅迫文届く(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48160767

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国側の説明合理的」 福島毒ギョーザは「?」(23日):

« テレ朝:金属入り脅迫文届く(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »