« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | APEC:警察庁がサイバーテロ対策指示(20日) »

2010年4月20日 (火)

真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(20日)

栃木県警の幹部らが、足利事件で殺害された女児(当時4歳)の母親に会い、真犯人を捕まえられなかったことについて謝罪していたことを同県警の高久均刑事部長が20日、定例記者会見で明らかにした。

 県警によると、県警幹部と警察庁幹部の4人は今月8日、宇都宮市内の警察関連施設で母親と会った。4人が「真犯人を検挙することなく、公訴時効が経過してしまったことを申し訳なく思います」と謝罪すると、母親は「警察が懸命に捜査をした上で間違ったという結果なので仕方ありません」と話したという。

 その後、足利事件の捜査を巡る問題点の検証結果について報告し、再発防止に向けての取り組みを約1時間かけて説明した。母親は「再発防止策通りに頑張って下さい」と話したという。

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | APEC:警察庁がサイバーテロ対策指示(20日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48138636

この記事へのトラックバック一覧です: 真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(20日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | APEC:警察庁がサイバーテロ対策指示(20日) »