« 銀座の人気運転手監禁容疑で逮捕 「白タク仲間抜けた」(13日) | トップページ | 奈良の矢ジカ死、30代男聴取へ 文化財保護法違反容疑(13日) »

2010年4月13日 (火)

大学新入生狙うカルト集団、地方出身の一人暮らし要注意(13日)

各大学では入学式が終わり、今週から本格的に授業が始まる。クラブや同好会の新入生勧誘でキャンパスはにぎわうが、その中にはカルト集団の勧誘も混じっているので用心が必要だ。毎年春、正体を隠して接近してくる集団に取り込まれる新入生は後を絶たない。その勧誘の手口と、被害に遭わないための心構えを聞いた。

 「カルトに入るのは簡単だが、抜け出すには3年も4年もかかる。『自分は大丈夫だ』と過信する人ほど危ない」

 こう語るのは関東在住の男性会社員(30)。男性は、4年前に女性信者への性的暴行が発覚して問題となった韓国発祥の宗教団体の元信者だ。東京大4年に在学中の2002年に入信し、約4年間、信者として活動した。入信のきっかけは学校内での勧誘だったという。

 「部活を引退してちょうど暇になった時、食堂で7人ほどの学生の集団に声をかけられた。宗教色をまったく見せなかったため、警戒心は抱かなかった」

 その教団は、禁欲的な生活を強いるのが特徴。入信した学生たちは教団内で「伝道」と呼ばれる勧誘活動に駆り出された。「洗脳が進むと、勧誘活動に生きる意味を見いだしてのめり込むようになっていく」と男性は振り返る。

 勧誘のターゲットは、おもに新入生。(1)孤立している(2)一人暮らし(3)世間ずれしておらず純真-というのが標的にされやすい学生の共通点。地方から東京に出てきた学生は格好のターゲットだったという。

 同じく韓国発祥のキリスト教系宗教団体に入っていた女性会社員(33)も、新入生の時に勧誘され、大学卒業まで信者仲間と集団生活を送りながら勧誘活動に明け暮れた。

 「合宿用の施設が各地にあり、これが洗脳の舞台。まず、週末開催の短期合宿に参加させられ、ゴールデンウイークには5日間の合宿があります。夏休みにはさらに長期の『新人研修会』があり、3段階の“工程”で洗脳される。夏が終わるころには信者ができあがる仕組みです」

 女性によると、春・夏の長期休みには教団の活動資金を獲得するため、物売りもさせられたという。軽い気持ちで勧誘に乗ったことで、女性の大学生活はすべてカルト宗教に支配されてしまったわけだ。

 相次ぐカルト被害を受け、大学も対策に本腰を入れ始めた。昨年3月には宗教学者らの呼びかけで、情報共有サイト「全国カルト対策大学ネットワーク」が発足。現在、78校が参加し、大学の学生課職員や心理カウンセラーらが情報を交換している。

 カルト問題に詳しい恵泉女学園大の川島堅二教授(宗教学)は「目標がはっきりしていない学生は注意が必要です。最近のカルトは、そういう学生に『生き甲斐』を示して魅了する。大学に入っても、親は子供に関心を持ち続けることが一番の対策です」と話している。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 銀座の人気運転手監禁容疑で逮捕 「白タク仲間抜けた」(13日) | トップページ | 奈良の矢ジカ死、30代男聴取へ 文化財保護法違反容疑(13日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学新入生狙うカルト集団、地方出身の一人暮らし要注意(13日):

« 銀座の人気運転手監禁容疑で逮捕 「白タク仲間抜けた」(13日) | トップページ | 奈良の矢ジカ死、30代男聴取へ 文化財保護法違反容疑(13日) »