カテゴリー

« 警察庁の安藤隆春長官、埼京線で導入の車内防犯カメラについて痴漢の抑止策として評価(8日) | トップページ | 新幹線線路内に不審者 JR京都駅 30分間運転見合わせ(9日) »

2010年4月 8日 (木)

飲酒運転で免許取り消し者に警視庁が新講習 (8日)

飲酒運転で運転免許が取り消しになった人を対象に、警察庁は、カウンセリングや日記に飲酒量を記録するなど新たに取り入れた講習を実施することを決めました。

 運転免許が取り消された人が再び免許を取得する場合、これまで一律に違反者講習を受けていましたが、新しい講習は、飲酒運転が原因で取り消しになった人が対象になります。アルコールへの依存度を調べるテストや受講者同士の討論、カウンセリングのほか、30日間、毎日の飲酒量や飲酒の状況を日記に記録し、自分が設定した目標が達成できたか自分の行動を振り返ります。警察庁は、まず、今年の秋から4つの都道府県で試験的に導入し、その結果を分析したうえで、2013年から全国への導入を目指しています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news5.html?now=20100408212225

 

« 警察庁の安藤隆春長官、埼京線で導入の車内防犯カメラについて痴漢の抑止策として評価(8日) | トップページ | 新幹線線路内に不審者 JR京都駅 30分間運転見合わせ(9日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒運転で免許取り消し者に警視庁が新講習 (8日):

« 警察庁の安藤隆春長官、埼京線で導入の車内防犯カメラについて痴漢の抑止策として評価(8日) | トップページ | 新幹線線路内に不審者 JR京都駅 30分間運転見合わせ(9日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ