« 息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待(13日) | トップページ | 文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(13日) »

2010年4月13日 (火)

6カ月長男虐待 祖母のフォローで事件発覚(13日)

危ないところで幼い命を救ったのは祖母だった。今年1月24日昼、木邨容疑者の自宅を訪ねた妻の母親は、一目で長男の目の周りが真っ黒なのに気づいた。激しく殴られたような内出血の跡。「これは虐待に違いない」。すぐに大阪市内の病院を受診した。

関連記事

記事本文の続き 診断結果は、くも膜下出血のほか、顔のあざ、眼底出血など虐待を疑わせるものばかり。病院は府中央子ども家庭センターへ通告し、長男は保護された。

 同じマンションの住民に「ちゃらちゃらしていて買い物でカートごと商品を持って帰ってきたりする非常識な人」という印象を持たれていた木邨容疑者。

 虐待は昨年秋から常態化していたとみられ、近所の人も家族の中では「虐待しているのかも」とうわさしていたが、仕返しなどを恐れ、通報していなかった。

 ただ、大東市の担当職員は昨年12月、乳児を対象にした全戸訪問で木邨容疑者宅を訪ねたが、長男の異変は分からなかったという。

 児童虐待問題に詳しい花園大の津崎哲郎教授は「子育ての準備ができないまま大人になったような若い夫婦は多い。行政や近所だけでなく、身内の積極的なフォローで虐待の早期発見は可能だ」と話している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待(13日) | トップページ | 文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(13日) »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6カ月長男虐待 祖母のフォローで事件発覚(13日):

« 息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待(13日) | トップページ | 文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(13日) »