« 交通切符入りのかばん紛失 「取り締まり相手」に持ち去られる(10日) | トップページ | 貸し倉庫内に身元不明男性の遺体 長野(10日) »

2010年4月10日 (土)

ラフでスイング、着火!ゴルフ場900平方m焼く(10日)

10日午後1時23分頃、宮城県大和町小野のゴルフ場「ミヤヒル36ゴルフクラブ」で男性客がボールを打ったところ、火花が散って芝生に火がついた。

 芝生や枯れ草約900平方メートルを焼き、ゴルフ場職員や消防署員が約25分後に消し止めた。けが人はなかった。

 県警大和署の発表などによると、県内の50歳代の男性客が17番ホール(513ヤード)で、ラフに入ったボールを5番アイアンで打ったところ、突然火が出たという。

 男性は、一緒にプレーしていた友人2人とともに帽子などで消し止めようとしたが火勢が収まらず、119番通報した。同署は、クラブがボールにあたった際に火花が散り、乾燥した芝生が燃え上がったとみている。

 宮城県内は、6日から5日連続で全域に乾燥注意報が発令されており、「火災が起きやすい状況だった」(仙台管区気象台)という。

 ゴルフ場関係者は「スイングで火災が起きるなんて初めて聞いた。驚いた」と話していた。(2010年4月10日20時41分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

« 交通切符入りのかばん紛失 「取り締まり相手」に持ち去られる(10日) | トップページ | 貸し倉庫内に身元不明男性の遺体 長野(10日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフでスイング、着火!ゴルフ場900平方m焼く(10日):

« 交通切符入りのかばん紛失 「取り締まり相手」に持ち去られる(10日) | トップページ | 貸し倉庫内に身元不明男性の遺体 長野(10日) »