« また教会に消火器投げ込み 神戸市中央区の教会(18日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(18日) »

2010年4月18日 (日)

顔中心に刃物傷十数か所 愛知・一家5人殺傷(18日)

 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で家族5人が刺され、一美さんら2人が死亡した事件で、5人がいずれも顔面を中心に数カ所から十数カ所の刃物傷を負っていたことが17日、県警への取材でわかった。殺人未遂容疑で逮捕された長男の無職高之容疑者(30)が家族全体に強い殺意を抱いていたことを裏付けるものとみて、豊川署は殺傷に至った経緯を調べている。

 また、高之容疑者がインターネット契約をめぐって口論をした母親と、同室にいためいの金丸友美ちゃん(1)から順に、2階から階下へと家族を次々に包丁で切りつけたことも、県警の調べで判明した。

 捜査関係者によると、出血性ショック死した一美さんは顔や首などに4カ所、三男(22)の長女で、遺体で見つかった友美ちゃんは額など3カ所に刺し傷があった。大動脈破裂の大けがをした母親(58)は顔や首に10カ所、約1カ月のけがをした三男の内縁の妻(27)は頭や顔、首に17カ所、約2週間のけがだった三男は顔などに10カ所の刃物傷があったという。

 高之容疑者は2階で友美ちゃんと一緒に寝ていた母親の顔を懐中電灯のあかりで照らして、「インターネットを解約したのは誰だ」と詰問。「弟が解約した」と答えると、1階台所から包丁を持ち出して2階に戻り、母親と友美ちゃんを刺した。さらに1階に下りて、就寝中の一美さん、三男と内妻を次々に刺した。内妻には両手に防御の際などにできる傷もあり、2階での騒ぎに気づいた可能性があるという。

 同署は、高之容疑者の家族が今月12~15日、計8回、警察に通報したり署を訪れたりして、同容疑者が父親名義のクレジットカードを使ってネットオークションなどで買い物をし、利用額などが200万~300万円にのぼっていたことを相談したうえ、ネット接続を止めていたことを明らかにした。この間、同容疑者と家族が口論になることもあったといい、ネット上の多額取引で家庭内での孤立を深めた容疑者がネット契約の解除を契機に不満を爆発させた可能性があるとみている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« また教会に消火器投げ込み 神戸市中央区の教会(18日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(18日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔中心に刃物傷十数か所 愛知・一家5人殺傷(18日):

« また教会に消火器投げ込み 神戸市中央区の教会(18日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(18日) »