カテゴリー

« 都内のローソン4店舗 商品にカッターの刃(8日) | トップページ | ミツバチの盗難が多発 背景に輸入減と価格高(8日) »

2010年4月 8日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)

打ち首獄門じゃ

【治安解説
212

埼玉・飯能市の山中で、100匹の犬の死骸が遺棄されていた事件で、逮捕された動物葬祭業の男が、依頼者に別の動物の骨を渡していたことが明らかになった。埼玉県警は、詐欺容疑も視野に捜査すると言うが、人の悲しみにつけ込む奴は火事場泥棒と同じだ。最高の刑罰での送致を期待したい。

 自分も経験あるが、家族同様に飼っている動物に死なれた時の悲しみは例えようがない。我が家は「ウサギ」だったが、妻は半日以上、死骸を抱いて放心状態だった。「廃棄物」扱いとなるが、市に依頼し、現在は府中市の動物のお墓「慈恵院」で静かに眠っており、時々墓参りに行っている。

 今回の事件は、それをゴミ同然に捨てていたのだ。相談員をしていた時、やはり可愛がっていた犬が亡くなり、業者に火葬を依頼したら、うん十万円も請求された〝遺族〟がいた。特商法にも該当せず往生したことがあった。そういう意味では、「廃棄物扱い」だが、行政の処分は遺族を助ける。

 話は変わるが、今月15日から1週間、警視庁や埼玉県警など首都圏の警察は、120人規模の検挙特別チームを組んで電車内の痴漢の取り締りを強化するという。

 痴漢は容疑がかけられた段階で「否認」すると逮捕になる。それだけに電車に乗るときは細心の注意をはらうのだが、中には、降りるときなど、ちょっと身体が触れただけで、オーバーににらみつけてくるおばさんがいる。一度、逮捕され発表されると人生が終わるだけに、立件は慎重にしてほしい。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり全くの「平穏」(レベル1)をはずしています。カラーの数字がレベルを表示しています。

 

« 都内のローソン4店舗 商品にカッターの刃(8日) | トップページ | ミツバチの盗難が多発 背景に輸入減と価格高(8日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 都内のローソン4店舗 商品にカッターの刃(8日) | トップページ | ミツバチの盗難が多発 背景に輸入減と価格高(8日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ