« 池袋・立教大生殺害に公的懸賞金を適用 警察庁(9日) | トップページ | 性犯罪被害者の引っ越し料、群馬県警が助成(9日) »

2010年4月 9日 (金)

中国、さらに日本人3人の死刑執行 いずれも麻薬密輸罪(9日)

 【大連(中国遼寧省)=西村大輔】中国遼寧省の瀋陽と大連で9日午前9時(日本時間同10時)、中国で麻薬密輸罪に問われて死刑判決が確定していた日本人、武田輝夫死刑囚(67)=愛知県出身=、鵜飼博徳死刑囚(48)=岐阜県出身=、森勝男死刑囚(67)=福島県出身=の3人の死刑が執行された。遼寧省高級人民法院(高裁に相当)から瀋陽の日本総領事館などへ通報があった。

 6日に赤野光信死刑囚(65)=大阪府出身=の刑が執行されたばかりで、わずか4日間に日本人4人が立て続けに死刑となり、日本側の対中感情に影響を与える可能性がある。

 日本人の死刑は、1972年の日中国交正常化以降初めて。中国当局から一連の死刑執行の通告を受けてから、日本政府は中国側にたびたび懸念を表明してきた。しかし、中国当局は4人とも、ほぼ通告通りに刑を執行した。

 武田死刑囚と鵜飼死刑囚は大連で、森死刑囚は瀋陽で刑を執行された。8日午前には、家族や知人らと面会していた。中国人死刑囚は死刑確定直後に刑を執行されることが多いが、中国当局は3人に対し、死刑確定から執行までに2年以上の猶予を与え、家族との面会も認めた点などで一定の配慮を示したといえる。

 武田死刑囚は2003年、運び屋の日本人らを通じて、覚せい剤約5キロを大連から日本に密輸しようとした▽鵜飼死刑囚は03年7月、覚せい剤約1.5キロを大連から日本に密輸しようとした▽森死刑囚は03年7月、覚せい剤約1.25キロを瀋陽から日本に密輸しようとした――とされる。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 池袋・立教大生殺害に公的懸賞金を適用 警察庁(9日) | トップページ | 性犯罪被害者の引っ越し料、群馬県警が助成(9日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国、さらに日本人3人の死刑執行 いずれも麻薬密輸罪(9日):

« 池袋・立教大生殺害に公的懸賞金を適用 警察庁(9日) | トップページ | 性犯罪被害者の引っ越し料、群馬県警が助成(9日) »