« プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年4月13日 (火)

殺人罪の時効廃止法案、参院委で可決 4月中にも施行(13日)

殺人罪の「公訴時効」の廃止など、凶悪・重大事件の時効を見直す刑事訴訟法などの改正案をめぐり、参院法務委員会で13日、しめくくりの質疑が行われ、賛成多数で原案通り可決された。法案は参院で先に審議されており、本会議での採決を経て衆院に送られる。成立後すぐに施行されるため、早ければ今月中にも法改正が実現する可能性がある。

 時効の見直しについては、未解決事件の被害者遺族らの強い要望を受け、昨年10月に千葉景子法相が法制審議会に諮問。殺人など法定刑に死刑がある罪の時効廃止▽危険運転致死や傷害致死など、人を死亡させた罪の一部の時効を現行の2倍に延長する――などとする答申を元にした法案が提出され、今月1日に審議入りしていた。

 法案では、改正法が施行された時点で時効になっていない事件にも、適用されることになっている。この点について「適法だった行為をさかのぼって罰しない」と定めた憲法39条に違反するという意見が出ており、議論の対象となりそうだ。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺人罪の時効廃止法案、参院委で可決 4月中にも施行(13日):

« プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »